シグマの山木社長に、たってのお願い…

シグマ・85mmF1.4 DG HSM Art+キヤノン・EOS 5D Mk4

 シグマの新型85mmレンズを使ってみての不満は大きくて重いこと。描写性能がいいのだから、多少の大きさ重さはガマンしろという意見はもっともだとは思うが「大きさ重さ=操作性」と考えればいささか使いづらいレンズではある。
 操作性を犠牲にして描写性能を優先させたシグマの考え方をまったく否定するわけではないが、優れた操作性と描写性能を「両立」させた次世代のレンズを、ぜひシグマにはチャレンジして欲しい。シグマのいまの技術力(設計力と製造力)と勇気力(果敢な挑戦力)をもってすれば不可能なことではないと思う。

 操作性といえば、新しいプロダクトライン(コンテンポラリ、アート、スポーツ)を始めてから、とくにアートラインのレンズで手ぶれ補正内蔵がほとんど出てこない。大口径で優れた描写性を狙ったレンズを作ることに徹しているようだ。
 なにがなんでも手ぶれ補正をというわけではないが、大口径で高画質で手ぶれ補正内蔵のレンズが「たまに」出てきてもいいではないかと。




 シグマは新型レンズを発売するとき対応マウントはシグマ、ニコン、キヤノンの3本が中心。そのシグマ、ニコン、キヤノンのどのカメラボディにも手ぶれ補正の機能を備えていない。いつも必ず三脚を使うという人には手ぶれ補正は必要ないだろうが、手持ち撮影の人にとっては手ぶれ補正の機能はじつにありがたい。
 一眼レフカメラでいえばペンタックスとソニーがボディ内に手ぶれ補正の機構を内蔵している。だからレンズ内に手ぶれ補正の機能がなくてもいい。たとえばこの85mmF1.4レンズなどはボディ内に手ぶれ補正機能を備えたカメラとの相性はすこぶる良い。ボディ内手ぶれ補正を生かしながら、優れた描写のレンズを使って気軽に高画質な写真が撮れるではないか。
 ところが、ペンタックス(Kマウント)もソニー(α/Aマウント)のレンズは、いまのところない。

 ペンタックスやソニー用のレンズをシグマがラインナップしないのは、技術的な問題でもオトナの問題でもない。げんに、フルサイズ判用には35mmF1.4 Artレンズ、APS-C判用には18~35mmF2.8 Artレンズなど、ごくごく一部のレンズに限るがペンタックス用もソニー用はある。ところが多くのシグマレンズは未対応。
 作らない理由は期待するほど売れない(儲からない)からだろう。ペンタックスやソニーのマウントのレンズを作ってる「ヒマ」があればニコン用やキヤノン用のレンズを作って売ったほうがずっと儲かるからだろう。

 でもねえ山木社長、あれこれの事情はわかりますけど、「たまには(でイイです)」ペンタックスKマウントやソニーα/Aマウントのレンズを、「ついでに(でイイです)」作って売ってくださいよ。こうなったら、期間限定でも数量限定でもいいですから。
 お願いしますよ。

 PENTAX K-1ユーザーのぼくとしては、その85mmF1.4や20mmF1.4や24mmF1.4のような、あの素晴らしい描写力のレンズをぼくのK-1と一緒に使ってみたいですよ。多くのK-1ユーザーもきっとそう考えてるはず(ペンタックスに、フルサイズ判用レンズをもっと、と頼んでも「ない袖は振れない」と言われるのが関の山……)。
 山木社長が「うん、やろう」とひと言いえばできることじゃないですか。山木社長にもシグマにも、いまそれくらいの「チカラ」はあるんですから。

描写についてはどんなに褒めても褒めすぎることはない

シグマ・85mmF1.4 DG HSM Art+キヤノン・EOS 5D Mk4

 素晴らしい写りの85mmレンズである。
 最近のシグマレンズ特有の、やや線の太いコントラスト強めの描写ではあるが、なによりも解像描写力に優れている。F1.4開放で撮影しても画面周辺部まで充分な描写力がある。良く写ると評判のツアイスの同クラス ━━ 重い、大きい ━━ のレンズ(Otus 85mmF1.4)と比べても甲乙つけがたいほどの描写力である。

 しかし、そのツアイスの85mmはマニュアルフォーカスのレンズである。シグマの85mmはAF対応レンズ。MFレンズとAFレンズとではレンズ設計上の制約がだいぶ違う。こういっちゃナンだけど、ツアイスのあの大きさ、あの重さ、あの価格のレンズでもイイというのなら、あれくらいの描写性能のレンズに仕上げることは、いまならどこの国内メーカーにだってできる(はず)。
 ところがシグマは ━━ レンズの大きさ重さはさておき ━━ AFレンズで、あの価格で、あそこまでの優れた描写力のレンズを作った。そこに感心する。




 でも、ほんと、大きくて重いレンズだ。
 大きな径のガラスレンズをたくさん使った12群14枚構成で、重さは約1.1㎏。カメラにセットして構えてみると、レンズの重量バランスのせいだろうか約1.1㎏以上のずしりっとした重さを感じる。
 価格は大型量販店で約13万6千円。ちなみに、くだんのツアイスのOtus 85mmF1.4はといえば、なんと41万8千円だ。シグマ85mmはその1/3の価格じゃないか…で、写りはほぼ同じ。くどいようだけど、シグマ85mmはAFレンズだ。

 フィルター径は86mmで、最短撮影距離は85cm。フルサイズ判、焦点距離85mmのレンズで、F1.4大口径で、85cm至近距離で撮影すれば、ピントの合う範囲は薄紙1枚程度になる。ピント合わせにはかなり神経質にならないと、すぐにピンぼけになる。
 ヘボな一眼レフカメラで位相差AFに頼って撮影したりすれば、望んだようなピントは得られないかもしれない。

 フレア/ゴーストはとても少ない。それについてぼくには不満はまったくない。よほどのイジワルな逆光シーンで撮影すれば(実際にやってみた)少しフレアっぽくなりゴーストも出てくることがあるが、他の同クラスのレンズに比べればなかなか優秀。
 描写について強いて欠点(というほどのことでもないが)をあげるとすれば、開放F1.4で周辺光量不足が目立つことぐらいだろうか(撮影シーンによってはぜんぜん気にならないこともある)。むろん1~2段絞り込めばすーっと消えてしまう。

もし迷ってるなら買ってしまったほうがいいぞ、のレンズ

オリンパス・M.ZUIKO DIGITAL ED 30mmF3.5 Macro+OM-D E-M1 Mark2

 オリンパス30mmF3.5マクロは等倍を越える1.25倍の拡大撮影ができる珍しいマクロレンズ。現在のところ、無限遠から等倍を越える至近距離までピントの合わせられるAFレンズとしては、たぶん、この30mmF3.5マクロとキヤノンのEF-M 28mmF3.5 マクロ IS STMの2本だけだろう。そのことは前回のブログでも述べた。
 なぜ、等倍以上のクローズアップ撮影ができるマクロレンズがいままで出てこなかったのだろうか。理由のひとつは、「等倍撮影もできれば充分ではないか」という企画、設計側の"常識"があったのかもしれない。

 等倍以上の撮影にチャレンジしなかったもうひとつの理由は、フォーカス方式が全群(または前群)繰り出しのレンズでは、等倍を挟んでピントの合う点が2つ出てくるという現象があって(多合焦現象)、AFだと誤合焦してしまうからだということもあった ━━ 多合焦現象についてはぼくは説明できるほど詳しくないので、興味のある人はご自分で調べてください。




 その多合焦現象はインナーフォーカス(またはリアフォーカス)方式のレンズでは発生しないらしい。マクロレンズは前群(全群)方式が多かったのだが、ある時期からインナーフォーカス方式が主流となった。その大きな利点はフォーカスしてもレンズ全長が変化しないことで、これによりマクロ撮影での操作性がかなり向上した。併せて多合焦現象を気にしなくてもよくなった。

 「等倍で充分の常識」と「AFと多合焦現象」のふたつが、等倍以上のクローズアップが可能なマクロレンズが生まれてこなかった原因のようだが、文句なしに前者の「等倍常識」の壁が大きかったに違いない。

 カメラやレンズには、こうした古くからの「常識」にどっぷりと浸かって企画や開発、設計をおこなっているようなところが多くある。デジタルカメラがどんどん進化していくこれからは、カメラやレンズを取り巻く古びた「常識」を打ち壊していかないと、たとえばスマホや携帯内蔵のカメラに太刀打ちできないのではないだろうか。
 そういう意味でも、オリンパスの30mmマクロもキヤノンの28mmマクロも、いままでのマクロレンズの「常識」の殻を破ったという点で注目すべき製品である。

 オリンパス30mmもキヤノン28mmもそうだが、おもなユーザーターゲットを写真撮影の入門者や女性などに絞って企画されたレンズであることにも注目したい。誰でもが気軽に、身の回りにあるあれこれを自由自在にクローズアップして撮影できる手軽なレンズを作って売り出したことがいい。

 ただし、このオリンパス30mmレンズでは、思い切って小型軽量低価格にしたことで犠牲になったこともなくもない。たいしたことではないと思うが、限定した特定条件でフレア/ゴーストが目立つことがある。逆光撮影のときにちょっと気をつければいい。
 そのほかに、ちょっと気になったことは(性能でも操作性でもなく)レンズの外観デザイン。PENシリーズのカメラやE-M10などの小型ボディのカメラとの組み合わせるととてもいい感じなのだけど、たとえばE-M1 Mark2のような少し大きくてメカっぽいカメラボディにセットすると、はてな、どうしてなんだろうか、どこかアンバランスでさっぱり似合わないのだ(個人的感想……)。


「軽い小さい安い良く写る」のマクロレンズ

オリンパス・M.ZUIKO DIGITAL ED 30mmF3.5 Macro+PEN E-PL8

 いま、オリンパスはカメラボディのほうでは、E-M1 Mark2で盛り上がっていて同じ新型カメラなのにE-PL8のほうはかわいそうなほど注目されていない(ように感じる)。
 いっぽう、レンズのほうでも同じく、25mmF1.2や12~100mmF4 ISばかりが注目されて、これまた同時に発表、発売された30mmF3.5マクロレンズのほうは注目度がきわめて低いみたいだ。

 けれど、この30mmマクロは、25mmF1.2や12~100mmF4 ISのようなハデさや押しの強さはないけれど、オリンパスユーザーとしては(老若男女、初心者ベテランを問わず)大いに注目しておいていだろうレンズであります。
 
 価格は約3万2千円(オリンパスのオンラインショップの税込み価格)。この価格と描写性能、撮影機能のことを総合的に考えてみれば、大変なお買い得レンズであると思う。
 軽い(約128グラム)小さい(全長約5センチ)安い(約3万円)。と、"良いレンズのための三条件"を(まったく)満たしていないが、バランスのとれたとても優秀なレンズだ。マイクロフォーサーズのカメラと組み合わせると60mm相当の画角になる、お手軽で使い勝手の良いマクロレンズでもある。




 「軽い、小さい、安い、良く写る」が、この30mmマクロレンズの特長であるが、もうひとつ、大きな特長がある。最大撮影倍率が等倍以上、「1.25倍」までのクローズアップ撮影ができるマクロレンズであるということ。
 無限遠撮影が可能で、かつ等倍以上の倍率で撮影ができるマクロレンズは大変に珍しい。通常一般のAFマクロレンズといえば等倍、あるいは1/2倍がごくごく一般的であった。

 その常識を覆したのが、今年の初夏に発売されたキヤノンのEOS Mシリーズ用「EF-M 28mmF3.5 マクロ IS STM」である。
 EOS Mシリーズのカメラと組み合わせると45mm相当の画角になり、最大撮影倍率は(オリンパスの30mmマクロと違って切り替え操作が必要になるが)1.2倍と、等倍を越えるクローズアップができる。

 マイクロフォーサーズ用のレンズとAPS-Cサイズ判用レンズと比べるのもナンだけど、このマクロレンズも軽くて(約130グラム)、小さい(全長4.5センチ)、価格はオリンパスのものより少し高くてオンラインショップ税込み価格で約4万1千円。こちら、キヤノンの28mmマクロレンズのもうひとつの大きな特長はLEDライトを内蔵させていることだ。専用のシャレたフードもある。

 オリンパス30mmマクロレンズには、LEDライトはなし、レンズフードもなし(付属していないのではなく存在していない)と、キヤノン28mmマクロに比べると"残念"なところもなくもないが、無限遠から最大1.25倍まで切り替え操作なしにクローズアップ撮影ができるという利点もあるから、ま、がまんしてあげようじゃありませんか。

E-PL7からE-PL8になって、男性ユーザーが増えるかな?

オリンパス・PEN E-PL8+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mmF3.5 Macro

 オリンパスのレンズ交換式カメラには「OM-Dシリーズ」と「PENシリーズ」のふたつがある。PENシリーズの機種には、PEN-F、E-P5、E-PL8、そしてE-PL7の4機種が(いま、いちおう)ラインナップされている。
 「いちおう」と曖昧な言い方をしたのは、3年以上前に発売されたままのE-P5と、E-PL7が(おそらく)市場在庫のみになっていると思われるからだ。E-P5はオリンパスのホームページでは商品紹介ページがあるのだが、オンラインショップにいってみるとE-P5は消えてしまっている(E-PL7はまだオンライン販売中)。

 E-P5は生産を終了しているのだろう。市場に残った在庫のみ。つまりカメラ店などに「売れ残っている(イヤな言い方だけど)」ぶんだけだろう。でも、生産終了したからといってホームページから簡単に掲載をやめてしまうわけにはいかないという複雑な事情もある(中には返品してくるお店も出てこないとも限らない)。
 E-P5はEVFこそ内蔵していないがストロボを内蔵していて(E-PL7もE-PL8も、PEN-Fもストロボなし)、存在感ある質感のボディで、男っぽいカメラなんだけどねえ。




 もしこのままE-P5の後継機種が出てこないとなると、PENシリーズの「伝統とコンセプト」を受け継いでいるのはE-PL8のみになってしまう。PEN-Fはその「立ち位置」が微妙で、PENシリーズというにはちょっと異質な感じがしないでもない。

 えーっと、こんなシリーズ機種についての話なんてどーでもいいとして、E-PL8にまつわるちょっと興味ある話題に切り替えましょう。

 E-PL8はPL1から始まって1s、2、3、(4はなし)、5、6、そしてE-PL7とモデルチェンジを経て8機種目になる。もともとは、オリンパスが女性ユーザーを広めようとして企画された機種のひとつで、その狙いは大当たりしている。
 ちなみに、初代E-PL1の女性ユーザーは32%、それがE-PL5になると49%になり、E-PL6では53%にアップ。さらにE-PL7では58%となった。

 その58%のE-PL7女性ユーザーのうち、20~30歳台の若い女性がなんと49%にもなるという。さらにE-PL7の女性ユーザーは、お店に出かけて直接、店員とやり取りをして店頭で購入しているひとが40%以上にもなるというデーターもある。

 おもしろいデーターがもうひとつある。
 E-PL7を店頭で購入したひと(おもに女性)のうち1/3が、つまり3人に1人が専用の本革ボディジャケット(簡易カメラケース、約5千円)を購入し、さらにボディジャケット購入者のうち3人に1人が専用ズームレンズの本革レンズジャケット(レンズキャップ、約4千円)を併せて購入しているという。
 考えるに、きっと、店頭でE-PL7を購入するときに店員が上手にボディジャケットやレンズジャケットを勧めているのだろう。「こちらも一緒にお買いになってはいかがですか、ほとんどのお客さんがお買いになっていますよ」とかなんとかウマく言ってカメラアクセサリーを売っているのでしょうね(そこが店員の仕事でもある)。

 E-PL7までははっきりと女性ユーザーを見据えたカメラだったが、ところがE-PL8になってその女性狙いがやや曖昧になって男性ユーザーにもオリンパスはターゲットを広げようとしているように感じる。
 もう、これからの時代、カメラは女性向けとか男性向けなどと限定していくような「余裕」はなくなっていくのではないかなあ。E-PL7とE-PL8を比べてみて、そんなふうに考えた次第です。

マイナーなチェンジだけど、とても魅力的なカメラになった

オリンパス・PEN E-PL8+M.ZUIKO DIGITAL ED 30mmF3.5 Macro

 E-PL8は、約2年前に発売されたE-PL7をマイナーチェンジした後継機種。
 聞くところによると、今年の夏前には発売予定だったのだが熊本地震、つまりソニーのイメージセンサーの工場が地震による被害を受けて一時ストップしてしまったために、その供給が受けられず伸びに伸びて11月の発売となった。
 同じように他のカメラメーカーでも、発売時期が遅れたり商品の"品切れ"が続いたりした機種がたくさんあった。

 熊本地震の影響はソニーの工場だけでなく、他のデジタルカメラ用の電子機器部品を作っている工場も熊本にいくつかあったらしく、そこも被害を受けて各カメラメーカーにとっては大変だったようだ。
 言うまでもないことだが、もちろん、いちばん大変な被害を受けて困ったのは熊本県とその周辺で生活をしている人たちで、そういう人たちの日々のことを考えると、カメラの発売が多少遅れることぐらいなーんでことない、ちょっとの間ガマンすればいいじゃないか、と思わないでもない(カメラメーカーに対してはすまぬが)。




 E-PL7もE-PL8も、画素数、設定ISO感度、シャッタースピード、撮影機能など、カメラの基本性能はほとんど同じ。
 性能、機能での違い、と言えば、連写速度がPL7が8コマ秒だったのが、新型PL8では8.5コマ秒になったこと、クリップス動画モード(1~8秒の短い動画をカメラ内で自動的につなぎ合わせてひとつのムービーにする機能)が追加されたこと、セルフィー機能(自撮り機能)のインターフェースが少し変更になったこと……ぐらいだろうか(急いでメモしていたので不確か、すまん)。

 PL7からPL8への、もっとも大きな変更点はといえば、カメラ外観のデザインである。
 グリップ部の形状とボディ上部のデザインと材質(プラからアルミ)が変更されて、とてもすっきりとしてシャレた印象のボディスタイルになった。PL7にあった余分な「線(ライン)」がなくなり、PL8はとてもシンプルなデザインになった。古いバルナック型ライカのスタイルにちょっぴり似ていなくもない(言い過ぎか、な)。

 ボディカラーは、ホワイト、ブラック、ブラウンの3色があるが、ぼくの好みの順番で言えば1番目はブラウン、2番目がブラック、3番目がホワイト、といったところか。
 それにしてもブラウンがイイねえ。ただし組み合わせるレンズは、ブラックタイプは相性がよろしくなく、シルバータイプのレンズのほうがピッタリする(個人的意見)。その点、ブラックボディは黒レンズでも銀レンズでも似合う。

 カメラもレンズも、写真を撮る道具、色がどうのデザインがどうのと、そんなもんどーでもイイじゃないか、とおっしゃるのは重々わかっております。でも、このE-PL8のようなカメラは「見た目、外観」がなんといっても大事。そう思いませんか。センスの良いアクセサリーのようなカメラがあってもいいじゃないか、と。

 ところで、E-PL7はしばらくの間、E-PL8と「併売」となる。現在のボディ単体の販売価格はE-PL8が約8万4千円、E-PL7が約5万9千円(ともにオリンパス・オンラインショップ、税込み価格)。2万円ちょっとの差がある。
 さて、そこで「カメラの中身がそれほど違わないのなら安いE-PL7でもイイか」と考える方がおいでになるでしょうけれど、さてどうでしょうね。カメラを持ち歩いて、人に見られて、自分がちょっぴり良い気分になる、そこをどう考えるか。ぼくは2万円余分に出費しても充分にPL8のほうに価値があると思う。

 持って歩いているだけで、いつもとは違ったいい写真が撮れそうな、そんな魅力が隠れてるようなカメラだ。