描写についてはどんなに褒めても褒めすぎることはない

シグマ・85mmF1.4 DG HSM Art+キヤノン・EOS 5D Mk4

 素晴らしい写りの85mmレンズである。
 最近のシグマレンズ特有の、やや線の太いコントラスト強めの描写ではあるが、なによりも解像描写力に優れている。F1.4開放で撮影しても画面周辺部まで充分な描写力がある。良く写ると評判のツアイスの同クラス ━━ 重い、大きい ━━ のレンズ(Otus 85mmF1.4)と比べても甲乙つけがたいほどの描写力である。

 しかし、そのツアイスの85mmはマニュアルフォーカスのレンズである。シグマの85mmはAF対応レンズ。MFレンズとAFレンズとではレンズ設計上の制約がだいぶ違う。こういっちゃナンだけど、ツアイスのあの大きさ、あの重さ、あの価格のレンズでもイイというのなら、あれくらいの描写性能のレンズに仕上げることは、いまならどこの国内メーカーにだってできる(はず)。
 ところがシグマは ━━ レンズの大きさ重さはさておき ━━ AFレンズで、あの価格で、あそこまでの優れた描写力のレンズを作った。そこに感心する。




 でも、ほんと、大きくて重いレンズだ。
 大きな径のガラスレンズをたくさん使った12群14枚構成で、重さは約1.1㎏。カメラにセットして構えてみると、レンズの重量バランスのせいだろうか約1.1㎏以上のずしりっとした重さを感じる。
 価格は大型量販店で約13万6千円。ちなみに、くだんのツアイスのOtus 85mmF1.4はといえば、なんと41万8千円だ。シグマ85mmはその1/3の価格じゃないか…で、写りはほぼ同じ。くどいようだけど、シグマ85mmはAFレンズだ。

 フィルター径は86mmで、最短撮影距離は85cm。フルサイズ判、焦点距離85mmのレンズで、F1.4大口径で、85cm至近距離で撮影すれば、ピントの合う範囲は薄紙1枚程度になる。ピント合わせにはかなり神経質にならないと、すぐにピンぼけになる。
 ヘボな一眼レフカメラで位相差AFに頼って撮影したりすれば、望んだようなピントは得られないかもしれない。

 フレア/ゴーストはとても少ない。それについてぼくには不満はまったくない。よほどのイジワルな逆光シーンで撮影すれば(実際にやってみた)少しフレアっぽくなりゴーストも出てくることがあるが、他の同クラスのレンズに比べればなかなか優秀。
 描写について強いて欠点(というほどのことでもないが)をあげるとすれば、開放F1.4で周辺光量不足が目立つことぐらいだろうか(撮影シーンによってはぜんぜん気にならないこともある)。むろん1~2段絞り込めばすーっと消えてしまう。