10月5日


バス停で青年と睨み合いをする



 街を歩いているとあちこちから視線がこちらに飛んできてハッとすることがあります。見るとポスターの写真だったりしてなーんだと思う、ばかですねえ。

 人の視線にはなぜか敏感になっていて、もしカメラのレンズがこちらに向いていたりすると(たぶん職業病なのでしょうね)遠くてもドキッと反応してしまいます ━━ 自分も同じようなことやってるのに勝手なもんです、反省。

 なかでも最近、やや敏感に反応するのは監視カメラ。誰もいないからといって鼻くそをほじるのも気をつけるようになりましたよ、ほんと。


キヤノン・EOS 90D + EF-S 15~85mmF3.5~5.6 IS USM

 このEOS 90Dの事前の機種紹介資料には「APS-C一眼レフの完成形」と大きな文字が躍っていましたが、なぜか正式版カタログにはどこを探してもそのキャッチフレーズは見あたらない。
 いいキャッチフレーズだったのになあ。

 キヤノンとしてはオオヤケにはEOS 90DはEOS 80Dの後継機種と位置づけていますが、実質的には「EOS 7D Mark2とEOS 80Dを合わせた後継機種」という感じがします。今後はEOS APS-C一眼レフのトップ機種は、この90Dだけになるでしょう。

 90Dは、むろん良くできた魅力的なAPS-C一眼レフカメラですが、ぼくとしては(気持ちとしては)7D Mk2のほうが一眼レフカメラとしての信頼感、剛性感、安定性などは「上」だという気持ちも強くあります。数点の機能や性能を我慢すればという条件付きですが。

 7D Mark2のどのへんが「上」なのか、についてはおいおいと。





2019.10.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | -

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29