11月5日


苦悩する木




 ビルの狭い隙間です。一日のうち、ほとんど太陽の光を受けることのないだろう場所です。
 そのうえ、容赦なく幹を切られてしまい、わずかに残った枝で"花を咲かせて"いるように見えます。
 悩みながらも、けなげな木です。


リコー・PENTAX KP + HD PENTAXーDA★11~18mmF2.8 ED DC AW

 レンズ交換式カメラを使って撮影するときに注意すべき小さなこと。
 無限にある選択肢の中から、迷い悩みつつ1つを選び決めねばならないことがあります。撮影の必須条件と言えるかも。

 選択すべきおもな要素は、つぎのとおりです。無意識のうちに瞬時に最適な1つを選んで撮影している人もいるでしょうけど、きっとその人はプロ写真家(あるいは同レベルの人)でしょう。

 ① 無限のカメラポジション
 ② 無限のカメラアングル
 ③ 無限のシャッターチャンス
 ④ 無限のレンズと画角


 被写体に対して左右、前後のどの位置から撮るか、それがカメラポジションの選択。あわせて光と影のバランスもチェックしながら。

 カメラアングルは高さ低さです。おおまかに言えば、意図的なハイアングルとローアングル、そして自然なミドルアングルなどがあります。
 どのアングルで撮るかは、カメラポジションと同じく被写体と背景(または前景)との相関関係を見極めることです。

 一瞬の動きをタイミング良く捉えるシャッターチャンスと、静かにゆっくりと変化する中でベストな状態を捉えるシャッターチャンス、偶然の出会いを逃さず捉えるシャッターチャンスなどがあります。

 どんな画角のレンズを選ぶか。望遠レンズを選んで背景をシンプルにして部分をアップで撮るか。広角レンズを選んで遠近感を強調したり広い場面をいっきに写し込むか。レンズを選んだら絞り値も選択しなければなりません。

 …こんな初心の人向けの話、あまり役立たなかったかな。




2019.11.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | -

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30