11月11日


白い皿の上で寝たふりをしてみる




 SIGMA fpは動画撮影に重点を置いたカメラです。ほんらいはシネカメラ。言い過ぎかもしれませんが静止画撮影の機能は"ふろく"みたいなもの。ただし"豪華ふろく"ですけど。

 カメラマウントはライカ(SL/SL2)、パナソニック(S1/S1R)と共通のLマウントシステムを採用していますので交換レンズは(基本的には)互換性があります。


シグマ・SIGMA fp + 45mmF2.8 DG DN

 シグマはfpの発表と同時にLマウントレンズを3本発表し、すでに発売もしています。その3本のうち35mmF1.2と14~24mmF2.8の2本はやや大きくて重くて、おせじにもfpに"似合う"とは言えません。

 描写性能は45mmF2.8レンズだけがいままでのSIGMAレンズとはひと味ふた味も異端的で(ぼくは大好きな描写ですけど)、この異端児的な描写具合がfpになぜかぴたりと似合う。

 いまのところ、この45mmF2.8だけがfpと相性の良い唯一のレンズで、かつfpにはなくてはならないレンズでもあります。

 fpにマウントアダプターを介していろんなレンズを使ってみましたが、相性はやはり45mmF2.8に勝るものはありません。
 結局、おもにfpに45mmF2.8を付けっぱなしでレンズ交換もほとんどしない。まるで「レンズ一体型カメラ=ちょっと大きめのコンパクトカメラ」のように使っています。

 SIGMAはできるだけ早く45mmF2.8と同じテイストの、小型軽量でちょっぴり個性的な描写性能を備えたレンズを開発し発売してほしいものです ━━ もうとっくに企画しているでしょうけれど。


 写真は45mmF2.8レンズに金属製フード付き。いまは、そのレンズがあってこそのfpです。もし45mmF2.8がなくてfpを発表し発売していたら、はたしてどうなっていたか。
 このレンズについてはお話ししたいことがたくさんあるのですが、それはまたいずれ。




2019.11.11 | | Comments(1) | Trackback(0) | -

コメント

今のところ作例を見たりするぐらいですが、好きな写りです。開放・近接での柔らかさ。なんもかんもはっきり写し出してしまう最近のレンズと違って、曖昧にできる余地を残してくれているように感じます。ボケもくせが少なくて。上品。

2019-11-16 土 14:14:09 | URL | ひだりうま #dEc.uiHI [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -