12月14日(土)


オリンパスの新型OM-D E-M5 IIIについて・その5

 OM-D E-M5 IIIのアイポイントとファインダー倍率の話その続き「どんなふうに見えるか」です。

 再度、ファインダー(EVF)のスペック比較表を。

 ① E-M5 III ━━ 27mm、1.2倍~1.37倍(0.60倍~0.68倍)
 ② E-M5 II ━━ 21mm、1.3倍~1.48倍(0.65倍~0.74倍)
 ③ E-M1X ━━ 21mm、1.48倍~1.65倍(0.74倍~0.82倍)
 ④ E-M1 II ━━ 21mm、1.3倍~ 1.48倍(0.65倍~0.74倍)

 再度、オリンパスOM-Dシリーズの上位機種のファインダースペックを比較。アイポイント、ファインダー倍率(35mmフルサイズ判換算)です。

 ①E-M5 IIIと③E-M1Xのファインダー光学系は同じ新型で4群4枚構成、②E-M5 IIと④E-M1 IIのファインダー光学系は同じ古いタイプの3群3枚構成です。
 なお、ファインダー倍率が可変しているのは画面の表示方式が切り替えられるからです。リニアに倍率が変わるのではなく2種類に変化するだけです。


    左が3群3枚構成のE-M1 II、右が4群4枚構成のE-M5 III。


            ※クリックすると大きな画像に


 アイポイントは①E-M5 IIIを除き、すべてが21mmです。ファインダー倍率は、②E-M5 IIと④E-M1 IIは同じです。E-M1Xの倍率だけが高く飛び抜けて良い、さすが最高機種です。
 しかし、ここで奇妙に思ったのが、③E-M1Xと同じ新型ファインダー光学系なのに、①E-M5 IIIのファインダー倍率となると、ちょっと情けない数値になっています。言うまでもなく、センサーサイズは同じマイクロフォーサーズです。

 もったいぶった言い方はやめて理由を明かしますと、ファインダー画面を表示している液晶パネルのサイズが違うからです。
 ①E-M5 IIIのパネルのサイズが、③E-M1Xのそれよりも小さいので倍率が劣るというわけです。

 E-M5 IIIのパネルはOELD、ハイコントラストの有機液晶パネルですが、E-M1Xのほうは従来型のLCDパネル(最高機種なのになぜOELDを採用しなかったのかは不明)。
 なお、すべてのオリンパスの全機種に共通したことですが、液晶パネルのサイズはオリンパスだけ! が公表していない(これも、なぜ公表しないのか奇妙ですが)。

 同じように①E-M5 IIIと②E-M5 IIの新旧を比べると、やはり新型E-M5 IIIのほうが倍率が低い。アイポイントが長いから(つまり遠くから見ているから)小さく見える、のではないです。アイポイントの長さで倍率が変化することは(ほとんど)ありません。

 ファインダー液晶パネルのサイズが異なるので倍率が違っているのでしょう。






 新型E-M5 III 倍率1.37倍(上)と、旧型E-M5 II 倍率1.48倍(下)のファインダー内画像の見え方の違いです。1.37倍と1.48倍はこんなにも違います。

 しかしながら、画像の見え具合(クリアーさ、コントラストなど)は新型E-M5 IIIのほうが格段に良いのだけど画面は小さい、文字も小さい。見比べると旧型E-M5 IIは、どよーんとしてちょっと暗く見えるのだけど大きく見えるのが利点。



 なんだかヤヤこしくオタクっぽい話を続けましたけど、新型E-M5 IIIと旧型E-M5 IIのEVFだけにかんして「どちらが良いか(≒好きか)」と問われれば、ぼくは旧型E-M5 IIのほうを選びます。
 理由は以下の通りですが、皆さんはどうぞご自分の判断で。

 理由の1つは、E-M5 IIのほうがファインダー画面が大きく広々見えること(アイポイントが長いほうが良いのですが、ぼくは21mmでもほとんど不満はない)。作業デスクもPCディスプレイも広いほうが仕事がはかどるのと同じ。
 もう1つの理由は(現在の)有機液晶パネル(OLD)が見え具合がキライだから。コントラストが強すぎだし、色調もぎらぎらしすぎる。
E
 E-M5 IIIは強めの逆光状態でファインダーを覗くとシャドー部が真っ黒にツブれてしまってディテールがまったく視認できなくなる。ナニも見えず愕然とたことがあります。将来、OELDはもっと良くなる可能性はありますが、いまのはだめですね。
 その点、E-M5 IIのEVFならそこまで酷くシャドー部がツブれない。従来型LCDでじゅうぶん。

 ところで、喧嘩を売るつもりはありませんけど、EVFスペックでドット数に一喜一憂する人がいますが、ぼくはぜんぜんその意味がわかりません。EVFでどれだけきめ細かく見えたって、それがそのままに「写る」なんて保証はなにもないんですよ。



 というわけで、もう1つの注目テーマ、小型軽量化した手ぶれ補正ユニットの話を次回にしたいと思っております。OM-D E-M5 IIIの話ばかりでくどいですけど。




2019.12.14 | | Comments(2) | Trackback(0) | -

コメント

ファインダー

誤「有機液晶パネル(OLED)」
正「有機ELパネル(OLED)」
公式「アイレベル式OLEDビューファインダー」

誤「LEDパネル」
正「液晶パネル」
公式「アイレベル式液晶ビューファインダー」

文章中で液晶なのかOLEDなのか混乱しました。

2019-12-21 土 13:49:20 | URL | よし #- [ 編集]

EVF解像度

EVFの解像度、やっぱり、多いほうが撮影時に違和感が少ないことが、α7RIVを所有してよく分かりました。

2020-01-12 日 23:48:10 | URL | N.T #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -