1020万画素のコンパクトデジタルカメラ

カシオ・EXILIM EX-Z1000
 というわけで、とうとうコンパクトデジタルカメラにもオーバー1000万画素である。それが出てくるのは今年の秋頃か、と思っていたが、その予想より少し早かった。この1020万画素CCDは、スペック表記上はいちおう「1/1.8型」ということになっているが、じつは厳密に言うと「1/1.8型」ではない。じゃあ「1/1.7型」か、といえばそうではない。ちょっとワケありの、四捨五入の「約1/1.8型CCD」なのだ。ま、ソンなことはどーでもよくって、かんじんの1000万画素画質はどうかといえば、意外とこれが良い。いや、かなりよろしい。


 撮像素子サイズが小さいまま画素数を多くすることによるデメリットは承知了解の上だけど、しかし画素数が多くなって解像度が向上することによるメリットもある。このZ1000の画質を見ると、メリットがそのデメリットをオブラートにくるむようにして、小さな画素ピッチの七難をじょうずに隠しているかのようだ。画素数が多くなることのメリットは解像感の向上だけでなく、それが画質向上のための画期的なブレイクスルーを引き起こすような気もしないでもない。ぼくはソレに多きに期待をしている。そのためには、ともかく高画素化してみないことにはハナシにならない。やってみる。もしダメだったらやめればいいのだ。それを観念的概念的に「高画素化はだめだダメだ」と後ろ向きなこといってちゃあ技術の進歩はないでしょう。