最高ISO3200の“なんちゃって高感度”

カシオ・EXILIM EX-Z1000
 Z1000のISO感度はISO50から、最高ISO3200まである。いやはやカシオも思い切ったもんだ。2ミクロンを下回るかどうかというほどのちっちゃな画素サイズなのに、無理して高感度にすればノイズが目立ってくるのは自明の理。それを承知の上で“蛮勇”のISO3200である。で、そのISO3200は「使いものになるか」と問われればぼくは遠慮するけれど、しかし「これでも、写らないより写ったほうがイイ」と思う人もきっといるに違いないから、まあ、それはそれでいいんじゃないか思う。


 その高感度画像は、カシオがいつもやるようにノイズをべたべたにつぶす処理をしているから解像感なってあったもんじゃあない、ふにゃふにゃだ。まるで宇宙人の食べるお粥みたい。なんちゃって高感度。「アンチシェイクDSP」の意地もあったんだろうけどそこまで高感度に意固地になることもなかったろうにと思う。でも、その高ISO感度の画像だけをとりあげてZ-1000を“評価”するのは本末転倒だろう。逆にカシオのその勇気を誉めてやりたい。このZ-1000だけにかんして言えばカシオの画像処理はなかなか優秀。ISO200ぐらいまでなら1020万画素の“実力”を充分に堪能することができるんじゃあないだろうか。