たとえばISO感度の設定方法

キヤノン・EOS 5D + トキナー・24?200mmF3.5?5.6
 EOS 5Dの話が出たついでに、もうひとつ。日本カメラグランプリの“準グランプリ”の話ではない。ずーっと気になっている操作性の話。
 5Dも30Dも (10Dも20Dも…) そして1D系もそうなのだが、ISO感度やホワイトバランスなど、比較的頻繁に設定を変更するモードはカメラ上部の情報パネルを見ておこなう。モノクロ液晶の (決して見やすいとは言い難い) 情報パネルに表示されるちっちゃな文字やアイコンを見て設定する。つまり、ボディ背面の大きなカラー液晶モニターを持っているのに、ISO感度やホワイトバランスや、AFやドライブモードなどの設定がそこではできない。ところが、このキヤノンと同じように情報パネルと液晶モニターの2ウエイの表示方法を採用しているニコンの機種では、それらのモード設定がカメラ上部の情報パネルでもボディ背面の液晶モニターでも、できる。デュアル表示方式。これが便利なのだ。


 たとえば三脚にカメラをセットしたとする。ごく普通のアイレベルにカメラをセットしてフレーミングを決める。さて…と、ここでISO感度を変えたりホワイトバランスを変更したりしようとすると、アイレベルにセットしてしまった5Dではカメラ上部にある情報パネルが見えない。仕方なくカメラ上部が見えるように三脚のパーン棒をゆるめてカメラを傾けるか (せっかく決めたフレーミングがチャラになる) 、どこかから踏み台を探してきて5Dを上から覗き込むようにしないと見えない。
 ニコンの、たとえばD200だとボディ背面の液晶モニターでそれらの設定もできるから、なーんの苦労もせず、先ほどセッティングしたフレーミングをチャラにすることもなくISO感度でもホワイトバランスでも変更ができる。表示文字も大きいしカラーだし、一覧表示もされるので見やすい。
 こうした“些細な”操作上の配慮がキヤノンのカメラには欠けているなあと感じることが少なからずあってそれが少し残念。せっかく大型化したカラー液晶モニターなんだから、もっともっと有効活用するようにして欲しいんだけど、でも次の機種でも相変わらずなんだろうなあ。