EOS Integrated Cleaning System

キヤノン・EOS Kiss Digital X + EF-S 18?55mmF3.5?5.6 II
 EOS Integrated Cleaning System。つまり“キヤノンふう”のダストリダクション機能をKiss DXに搭載しています。いうまでもなく、本格的なダストリダクションをデジタル一眼に取り入れたのはオリンパス。しばらくは、ことダストリダクションにかんしては他メーカーを寄せ付けない独走状態でした。でありますから、ゴミで“痛いめ”にあっているユーザーもそうでないユーザーも、なにかにつけてキヤノンやニコンなど一眼レフ“大メーカー”にたいして「いったいお前ところはゴミ対策をどう考えておるんだっ、真剣に取り組んでおるのかっ」と叱責ばかりだった(そうだ)。でも、ま、ナンとか ―― いろいろタイヘンだったようですねえ、先日、そのへんの話をインタビューしてそれが「デジタルフォト」に載ってますが ―― そのゴミ取り機能を搭載してキヤノンは一息ついた。
 ソニーも“なんちゃってダストリダクション”と言われながらもやってますし、ペンタックスもK10Dで奇策を講じながらも対応したし、さあ、残るはニコン、D40でも音沙汰なし ―― あ、少しあったかなあ ―― いったいどーなっておるんだろう。


 このクルマはランチャ・ストラトス。たぶんレプリカではなくホンモノ、と思う。
 珍しいクルマです。ウエッジシェイブの典型的なベルトーネデザイン。さすが華の東京でも、街角でそうそう見かけるクルマじゃあない。もうかれこれ30年ぐらい前になるのかなあ、このクルマをベースにしてラリー仕様にしてWRCに出場、つまり世界ラリー選手権に出てダントツに速かった。だいぶムカシのことです。サンドロ・ムナーリがドライブするストラトスは、モンテカルロラリーなどで優勝したり、あの泥だらけほこりだらけデコボコ道ばかりのサファリラリーにも出場してこれまためちゃくちゃ速かった。
 恵比寿の裏道でこのストラトスを見たとき、おおーっ、ストラトスじゃないかッ、と、うなってしまったほどでした。というのも、ぼくがケニアのサファリラリーを取材したときにも、このストラトスのラリー車がまるで空を駈け飛ぶように走っていったのを見たのだけれど、恵比寿の裏道で偶然、スッピンのストラトスを見かけて、サファリのそれを昨日のことのように思いだしました。でも、こんなきれいなストレートなストラトスを見たのはぼくは初めて。ふつー、ランチャのオーナーたちはラリー仕様にデコラティブに飾り立ててるのが多いけど、これは素のまま。うーむ、でも、こんなふうに見るとまるでプラモデルを写したようだなあ、でも実車。

レンズ内モーター駆動

ニコン・D40 + シグマ・30mmF1.4 EX DC
 D40のボディにシグマ30mmをセットして、その姿を眺めてみるとちょっとブサイク、ナンだかカッコよくない。ボディに対してレンズが太くて大きすぎて、どうも見た目のバランスがいまいちよろしくないです。ぼくはシグマ30mmとの組み合わせてD40を使い込んでやろうと期待していたのですが少しガッカリでした。でも、当たり前のことですが、レンズ内モーター駆動式のこの30mmF1.4レンズはD40ですいすいとAFでピント合わせができます。いや、当たり前、とは言いましたけど、ひょっとしてニコンは自社製レンズ以外は同じレンズ内モーター駆動式であっても“使えなく”するんじゃあないかな、と思っていたのですが杞憂だったようです。


 でも、ま、多少のブサイクはがまんして ―― 少しフロントヘビーになるけどホールディングしたときの感じは悪くないです ―― D40と30mmF1.4の組み合わせは、これはこれで使っていて楽しいものでした。30mmぐらいの焦点距離でレンズ内モーターで(F値は無理して明るくしなくてイイですから)もうちょいと小型薄型の単焦点レンズ、そう、ペンタックスのパンケーキタイプのレンズのようなものが欲しいですねえ。
 ズームレンズは確かに便利なんですけど、そのレンズの便利さとデジタルカメラの便利さ手軽さがあわさると、ついつい写す側の気分も緩んでしまって緊張感もなくなってしまうことがあります(これはまったくもって撮影者側の責任であってレンズにもカメラにもナンの責任もないこと)。そこで、単焦点レンズとデジタルカメラを組み合わせてみると、俄然、写す気力が違ってきます。まあ、ダマされたと思って、デジタル一眼と単焦点で(少しがまんしながら)撮影してみて下さい。おやっ、と思う“発見”があるかもしれませんよ。

フォーカスエイド活用

ニコン・D40 + AF 20mmF2.8
 このD40、AF-Sレンズ、つまりレンズ内にAF駆動用のモータを内蔵したレンズじゃあないとAFが働きません。AFレンズであっても、いわゆるボディ内駆動方式のレンズだとマニュアルフォーカスでピント合わせしなくてはならない。D40のファインダーはといえば、D80と比べてもいささか“見劣り”するわけで ―― しかしD50のそれに比べると少し良くなってはいるんだけど ―― MFで、ピント確認のしにくいファインダースクリーンを見ながらの測距にはかなり苦労する。
 でも、フォーカスエイドの機能を利用すれば、これが実にカンタンに正確にピント合わせをすることができるんですよね。AF-Sレンズ以外のAFレンズをD40にセットすれば、自動的にフォーカスエイドが働くようになります。


 ファインダーを覗いてピントリングを操作して通常通りにピント合わせをします。するとピントが合うと画面下にある情報表示部の左端にグリーンマークが点灯します。ピントがはずれると消えます。この点灯を確認しながらピント合わせをすると、見づらいファインダースクリーンを見てのピント合わせよりも数倍も素早く確実に測距できます。ぼくはボディ内駆動のAFレンズをD40で使うときはこの方法を活用しています。ただ、AF-Sレンズを使って通常のAF撮影をするときは、合焦するとこのグリーンマーク点灯と同時に「ピッ」と合焦音がするのですが、フォーカスエイドのときにはその音が出ない。これがちょっと残念でありました。
 ところで、D40に少し小型の単焦点レンズを組み合わせると ―― これまた残念ながら小型単焦点レンズにAF-Sタイプのものがほとんどないのだけど ―― いやあ、これがカッコいいんですよ、持ったときのバランスもよろしいです。

やっと一段落したけれど

ニコン・D40 + AF-S DX 18?55mmF3.5?5.6G II

 やっと“ひと山”越して一段落したけれど、まだまだ…。

 さて、ニコンらしくない小型軽量一眼レフカメラの登場です。ニコンはそもそも小さなカメラを作ることが苦手、大きくどっしりしたカメラを作らせるとイイんだけど、小さなカメラは作れない。と、ぼくはずーっと思い込んでいたのだけど、このD40を見たとき「やればできるじゃあないか」と、つぶやいてしまいました。だいぶ前のことですが「小さなカメラはニコンじゃ作れないのかねえ…」とこのへんの事情に詳しいある人に聞いたところ、「いやそうじゃない。ごにょごにょ(ここではハッキリ書けない)などの理由で作らないだけです。作れる技術力は充分にありますよ」と応えてくれたのを思い出しました。その「ごにょごにょ」を乗り越えたというか、ばっさり断ち切ったのでしょうか。
 小さく軽くするために、あれこれ“省略”されてます。たとえば(これがほんとうに小さく軽くするために役立ってるかどうか)カメラ上部の情報パネルをなくしたり、AF動作のためのボディ内モーター駆動システムを取り払ってしまいました。


 安い、というのもD40の特長のひとつでしょうね。標準ズームとのセット価格で実販価格は7万円以下だとのことです。小型軽量低価格で、あちこちに初心者が一眼レフをわかりやすく扱えるような工夫が凝らされています。まるでコンパクトカメラのような印象さえ受けます。でも、かといって機能に手を抜いているかというと、決してそのようなところはなく、一眼レフカメラとしての機能は充分、フルスペックです。使い勝手はすこぶる良いです。多少、操作性でツメの甘さ、ふんぎりの悪さ、煮え切らない感じもなくもありませんが、しかし、あの堅物のニコン ―― ほんとは結構、ヤワらなか人もいるんですけど ―― のことを考えればよくここまでやったよなあと思いますよ。
 しばらく使い込んでみて、ぼくがいちばん感じよかったことはシャッターを切ったときの感触でした。軽ろやか、なんです。D2XやD200などのシャッター感触とは正反対ですが、ぼくは好きですねえ、こういった感触は。「おいおい、そんなにムキになって撮らなくてもいいじゃないか、肩のチカラを抜いて楽しく写しなさいよ」とD40にたしなめられているようで、不思議なんだけど、シャッターを切って撮る枚数がエラく多いんですよ、このD40で写していると。それで、良く写ってるんですよ、どのカットも。

レンズキャップ、その2

ペンタックス・K10D + DA 70mmF2.4 Limited
 レンズキャップの話の、つづき。
 ぼくは、いわゆるレンズ保護フィルターは使いません。でも、不用意にレンズにキズが付くことのないようにレンズキャップは頻繁に付けたり外したりしています。レンズ交換するときは、必ず、まず始めにレンズキャップをしてからボディからレンズを外し、次にリアキャップをして(そのまま)バックに放り込む ―― ことも多い、ですからぼくの使っているレンズの中にはレンズ部表面はキレイだけど鏡筒部がキズだらけのものがいっぱい。ボディにレンズをセットしたままバッグに入れるときも、必ず、レンズキャップだけはします。
 ところで、たとえばマクロレンズや望遠系レンズを使うときは(可能な限り)レンズフードを使うようにしている(ワイドレンズの場合はフードはほとんど使用しません)。しかしレンズによっては、キャップを外してフードをセットして、こんどはレンズをバックにしまうときにはフードを外してキャップをして、と、めんどうな操作を強いられるものもある。そこで、ぼくはそうしためんどうなレンズはフードをセットしっぱなしにして、そのフードの先端部にダイレクトにキャップをしてしまう。フードの“口径”にぴったりのレンズキャップを探し出してそれを取り付けている。こうすれば、フードの先っぽに付けたレンズキャップを外したり取り付けたりするだけのカンタン操作ですむというわけ。


 もうひとつ、レンズキャップの話の、おまけ。
 ペンタックスの21mm、40mm、70mmのパンケーキLimitedレンズには、金属製のこれまた立派なレンズフードとレンズキャップが標準についている。とくに21mmと40mmのソレはデザイン的にもおもしろく、見た目の注目度も高い。ところが、好事魔多し、レンズキャップの取り外し取り付けがちょっとめんどうなのだ(ぼくにはね)。そこで、思い切ってレンズフードとレンズキャップを取り外して机の引き出しの中に仕舞い込んでしまった。
 フードとキャップを取り外した3本のレンズは、文字通り超薄型のパンケーキレンズとなった。言うまでもなくフードとレンズキャップはセットになっているので、そのレンズキャップだけを使用することができない。そこで、レンズにダイレクトに取り付けられるレンズキャップを探したら、これまたGR DIGITALのワイコン用と同じ49mm径のキャップがぴったりなのだ。こうすると、ちょっと大袈裟だけど、レンズ3本ともセットで胸のポケットに入るぐらい薄型コンパクトになって、だからぼくは当分、これで使ってみようと思っております。ほれこんな具合です。左から21mm、40mm、そしてフードつき50mmマクロ。K10Dには70mmが付いてます。

レンズキャップ、その1

リコー・GR DIGITAL + GW-1(Wide converter)
 ぼくは自分でもカメラの取り扱いはそうとうに荒いほうだと思う。でも、荒々しい使い方をするけれど、それでも結構、気を使ってはいます。ぶつけないように、傷を付けないように、壊れないように、落とさないようにそれなりに工夫してカメラもレンズも取り扱ってますが、決して過度に神経質になるほどの扱いはしていません。カメラもレンズも道具だと割り切って使ってますが、いままでにカメラもレンズも落として壊したという記憶はない ―― ぶつかってレンズ側のマウント部が壊れて落としてしまったことは一度あるけれど。
 レンズを扱うときに気を使っている部分はリアのマウント部とフロントのレンズ表面です。レンズ表面は大きなキズが付かないように気を配ってます(細かなキズは気にしない)。ただし、あのレンズ保護のためのフィルターなんてのがありますが、あれだけは“ぜーったいに”使いたくはないですねえ。せっかく買ったレンズなのに最高の状態で使い倒したい。買ったレンズもボディも基本的には売るつもりはないし、だからとことん使いこなしたいのですよ。死んだらあとはどうなろうが知ったこっちゃない。あんな百害あって一利なしのフィルターを付けてまで描写性能を(ほんのわずかでも)落として使いたくありませんねえ、ぼくとしては。


 荒々しい使い方をしますから、だからとくにフロントレンズの表面にキズが付かないように気をつけてます。カメラバックに入れるときはできるだけキャップをするようにしてます(リアキャップは必ずします、少し神経質になります、こちら側はかなりデリケートですから)。ワイドレンズだと、ぼくはいつもフード類はほとんど使いませんから ―― ワイドレンズにフードなんてナンのヤクにもたたん、と思っとりますから ―― カメラを肩から下げて人混みの中などを歩くときや雨が降ってきたときは、よくレンズキャップをすることもあります。レンズキャップさえしておけば平気で裸のまま、ごろんっとカメラバックに放り込む、てなこともしょっちゅうやってます。
 というわけでGR DIGITALのワイコンのレンズキャップなんですけれど、これが悲しいほどにチャチイんです。ソノみすぼらしいキャップはすぐにゴミ箱に捨ててしまいまして、代用としてペンタックスの49mmパイのレンズキャップを使ってます。これが誂えたようにぴったりでして、ほれこんな具合に 、でもワイコンを取り外したときのリアキャップに適当なものがなく、いまそれを探索中であります。
 レンズキャップの話、まだつづく…。

海、空、光

リコー・GR DIGITAL
 石垣島、竹富島、そして西表島を巡ってきました。仕事でしたが結果的に大観光旅行となりました。ずーっと行ってみたかったのがようやく念願かなって初めて八重山諸島を訪れまして天気もまあまあで三日間充実した旅でした。一日に3?4回は店を問わず本場の八重山そばに必ず挑戦するぞ ―― それくらい沖縄のそばが好きなのだ ―― と、予定を立てておったのですが、もともとそれほどの大食いではないのでせいぜい一日2杯が限度でした(気分としては一日4店4杯は食べたかったがいつも“つまみ”にオリオン生ビールをジョッキ一杯飲むからおなかがいっぱいになってしまう)。むろん多少の当たり外れがありましたけれど、ハズれでも腹も立たない、それはそれ一期一会で愉しい。
 海と空がきれいでしたよ。石垣島から西表島までの約40分ほどのあいだ、ディーゼルエンジンの猛烈な音を聞きながら風にふかれて海と空だけを眺めていましたが不思議、まったく退屈しませんでした。


 八重山諸島巡りの撮影でのメインのカメラは一眼レフでしたがサブカメラとしてGR DIGITALを持っていきました。この前は初秋の北海道大雪山に持ち出して以来の久しぶりの“遠出”です。他のコンパクトデジタルカメラと違ってこのGR DIGITALを持って撮影をしてると、グラビア3ページぶんぐらいにまとめてみようかな、という気分になってくる。なーんでもない普段なら見過ごしてしまう風景が、GR DIGITALを右手で握っているだけで、きらりと光って見えてくる。重い機材を肩からさげていても、手の中にあるだけで気分が軽くなる。ヘンなカメラだと思う。
 今回はGR DIGITALの設定を少し変えてみました。画像設定モードでコントラストはマイナス1、シャープネスはそのまま、色の濃さ(彩度、のことですね)はプラス1にして、露出補正はマイナス1/3EVにセット。この石垣島モードにカスタマイズして撮影を続けましたが、ちょっとコッテリとした描写になって予想以上のいい感じに仕上がりました。

大阪出張中

ペンタックス・K10D +DA21mmF3.2 Limited
 まったくナニやってんだかセブ島とハノイから戻ってきてたまっていた仕事を(必死で)かたづけて(まだ残っている…)三日ほど大阪に出張で東京に帰ったらカメラの用意をして石垣島と竹富島にカラダをこんがりと焼きに行って(そんなわけないじゃないかっ)その撮影を終えたあと事務所に籠もってしばらく原稿書きしてから(Fさんすんませんねえ遅くなって)今度は金澤か四国に撮影に行こうよと誘われているんだけど(仕事なんだ)まそれがすめば少しのーんびりとできるんじゃないかとぼんやり考えながらいまホテル内にある大浴場の朝風呂から部屋に帰ってきたばかりで(今日の仕事までにはたっぷり時間もあることだし)元気づけにビールをぐっと飲みたいのだけどがまんがまん。そういえばムカシはもっと多忙だったときもありましてクルマの撮影のために一日に2?3回も東京と箱根を往復したりすることが数日続いてもるんるんこなしてたてこともありましたがそのころは若かったもんなあ。


 K10Dには新しい露出概念を取り入れた機能が入っております。Svモード(ISO感度優先AE)とかTAvモード(シャッタースピード値&絞り値固定感度可変準AE)の露出モードがそれです。従来の露出の概念ではシャッタースピードと絞りの二つのパラメータを組み合わせて“明るさ”をコントロールするというのが一般的だったのだが、デジタル時代になって露出を調整するためにISO感度のパラメータを積極的に使おうという傾向が出始めてきた(キヤノンのPowerShot G7なんかもそうですよね)。露出の調整パラメータとしてシャッタースピード、絞りにISO感度を加えて、積極的にその三つのパラメータを“駆使”して“明るさ”を自動調節し適正な露出にしてやろうというのがK10Dの「Svモード」そして「TAvモード」なのだ。
 SvモードはプログラムAEが基本でISO感度をダイレクト操作することでセットした感度を優先さてプログラムラインが変化するというもの。グッドアイディアなのだけど、使ってみてぼくはぜひこの機能を絞り優先AEにもシャッタースピード優先AEにもマニュアル露出ででもできるようにして欲しいと思いました。TAvモードの基本はマニュアル露出だ。シャッタースピード値と絞り値は最優先される。そこに被写体輝度に応じてISO感度を自動変化させることであらかじめ設定した露出値をぎりぎりまで保持しようという準自動露出モードなわけです(ISO感度の連動範囲外になると適正露出は得られない)。
 とにもかくにも、こうした新しい露出(設定)概念を盛り込んだカメラが ―― このほかにハイパーマニュアル(HyM)やハイパープログラム(HyP)といった素晴らしいモードも備えているんだけど ―― このK10Dで、まだ少し“生煮え”の部分もあるがそれはおいおい改善し煮込んでいけばよいことです。

 ところで写真が小さくてワカりにくいだろうけれどこれがK10Dで写したISO800の画像です。他メーカーの機種と比較したわけではありませんが、ぼくは結構イケてるんじゃないかと思いますよ、β版の機種ですよくどいようですが。