手ブレ補正機能万歳

シグマ・SD14+18?200mmF3.5?6.3 DC OS
 先日はキヤノンのボディにシグマの手ブレ補正レンズをセットして使用。今日はシグマの手ブレ補正レンズをシグマのカメラと組み合わた“純血ペア”で使用してみた。言うまでもないけれど ―― とでも言っておかないととんでもない思い違いをする人がいるのだよ、じょーだんじゃなくて ―― シグマのカメラと組み合わせたからといってシグマレンズの手ブレ補正の効き具合が向上するとか写りが良くなる、ということはない。
 そもそも、このシグマの手ブレ補正レンズのような汎用タイプのレンズは、レンズだけで性能や機能が完結するように作られているはず。先日、開発発表したタムロンの28?300mm手ブレ補正レンズもおそらくそのはず。つまり組み合わせるボディの種類によって補正効果が違ってくることはない。もし使用する機種によってブレ補正効果の具合が違ったとすれば、それはボディとレンズとの重量バランスなど外因によるものでしょう。


 ところが、たとえばキヤノンのISレンズやニコンのVRレンズなど、専用タイプの手ブレ補正レンズとなると自社のカメラボディとだけ組み合わせることが前提になっている。だから、ひょっとするとボディとレンズとでなにか秘密のやりとりをして、より補正効果がアップするようにコントロールしているかも知れない(まったくもってぼくの想像だけど) ―― シャッタースピードの情報を取得して、より低周波のブレに効くようにするとか、逆に高周波の小さなブレに対応させるようなアルゴリズムに切り替えるとか、ほかにもあれやこれや ―― 。
 ま、そのへんは、技術的にほんとに可能なのかどうかもまったくわかりませんけど、ことほど左様に、レンズ内手ブレ補正やボディ内手ブレ補正の方式の如何を問わず手ブレ補正というものは今後まだまだ進歩発展していく可能性は大いにあるわけで期待大だ。平行ブレや前後ブレの補正なんかも今後の大きな課題でしょう(角速度センサーだけでなく加速度センサーが必要になるだろうけれど)。

 キヤノンのカメラ、シグマのカメラともに、この18?200mm手ブレ補正レンズは、焦点距離135mm相当あたりで、1/8秒?1/6秒で撮影してほぼ70%ぐらいの確率で補正効果がありました(PCのディスプレイのピクセル等倍画像を目視チェック)。かなり高い手ブレ補正効果があると判断してよろしいでしょう。

シグマ2本目の手ブレ補正レンズ

キヤノン・EOS 30D+シグマ・18?200mmF3.5?6.3 DC OS
 数年前に、シグマ初の手ブレ補正機構(OS、Optical Stabilizer)を内蔵させた「80?400mmF4.5?5.6」が発売された。しかし ―― OSのデキはともかくとして価格といい焦点距離といい“シグマらしくない”レンズだったなあ ―― その後、いっこうにアトが続かず新製品レンズ発表のたびにがっかりさせられておったのだけど、ようやく、2本目のOSレンズとしてこの18?200mmが出た。いわゆるAPS-Cサイズ相当のデジタル一眼専用レンズであります。
 というわけで、例の爆発的に売れまくっているニコンのVR 18?200mmF3.5?5.6 Gレンズのことを考えてしまう。ニコンのほうは、この手の高倍率ズームにしては描写性能がかなりよろしいこと、望遠側のF値が少し明るいことが特徴。実販価格は(たぶん、いまなら)9万円を少し下回るくらいか。いまでも、すぐに購入することができないほどの品薄であることがネックである。これに対してシグマのほうはといえば、F値も焦点距離もはOSなしの18?200mmと同じ。描写性能は、比べたわけじゃないのでナンとも言えないけれど、別に取り立てて不満のある写りではない。必要にして充分な描写力がある。それに、実販価格が約6万5千円ぐらいと、ニコンに比べると“相当に”安い。


 でもねえ、とハナシは少し横道にそれるけれど、ニコンと同じ焦点距離ズームで、F値も少し暗く、後発で、といったことを考えるとシグマにはもうちょっとがんばって欲しかったわけですよ。たとえば、広角側を少しワイドにするとか望遠側の焦点距離をのばすとか、ニコンとは違う高倍率手ブレ補正レンズだとアピールすべきだったんじゃないのかなあ。
 ま、それはそれとして、ニコンユーザーとしては比較対象のレンズがあってあれこれ悩ましいところだが、いっぽうキヤノンユーザーにとっては、こうした小型軽量の高倍率ズームレンズでなおかつ手ブレ補正機構内蔵といったズームレンズがないので、このレンズには大いに魅力を感じる。同じシグマ製の手ブレ補正機構なしの18?200mmF3.5?6.3 DCと比べると(実販レベルで1万5千円ほど安いようだ)、レンズサイズはふたまわりほど大きくなって少し重くもなっている。もちろん、手ブレ補正のための補正光学系が入っているので、レンズ構成などはぜんぜん違ってくるのだからこれはしょうがない。18mmの広角端で少し樽型に歪むけれど、そこからほんのわずかに望遠側にズームするだけですーっと歪みは消える。ボケ味はナチュラルで柔らか。固くてとんがった印象はない。

いい加減なハナシだけどね

シグマ・SD14+18?200mmF3.5?6.3 DC OS
 SD14はSD9/SD10などと比べれば“飛躍的”に良くなっているけれどまだまだ不満 ―― 小さなモノだけど ―― がないわけではない。たとえば起動時間。実際的に「遅いっ」というほどのことはないが、他のどのメーカーの機種も相当に早くなっているためSD14を使うとなんだかエラく遅い感じがするのだ。電源まわりの管理もまだまだ不満。念願かなってJPEGでも撮影することができるようになったのだけど ―― SD9/SD10はRAWオンリーだった ―― そのJPEG画像のクオリティがいまいちでして、RAWで撮影して専用ソフトのPHOTO Proで現像した画像との“差”がありすぎ、結局、めんどくさいなあと感じながらもっぱらRAWで撮影しております。
 JPEGの画質向上は今後の改善の最優先項目にしてもらって、ぜひ、いっこくも早く(少しづつでもイイから)ファームウエアのアップデートしていって欲しいのだ。ついでにRAW+JPEGもできるようにね。ま、このJPEG画質向上については、DP1が完成したころには一緒にSD14のそれも良くなるんではないか、と期待してもいい理由もなくもない。


 というのも、SD14もDP1も基本的には同じFoveon X3の撮像素子を使っていて画像処理関係のアルゴリズムなども(たぶん)同じものを活用する。SD14とDP1の画像処理で大きく違う点は、SD14のほうは、どちらかと言えば「ソフト処理重視」なのに対してDP1は「ハード処理重視」のようだ。SD14のハード処理重視のメリットはファームウエアのアップデートなどでどしどし画質の向上が望める。DP1のほうはハード処理重視なので画像処理アルゴリズムなどを“完成”させたうえでそれをICチップに仕上げてしまう。それがDP1に搭載予定と言われている富士通との共同開発による画像処理DSP。
 ハード化のメリットは処理速度が速くなる、数が出れば比較的低価格にすることもできる、外販することもできる。逆にデメリットとしては、いったんICを作るなどハード化してしまうと、SD14のように「ファームウエアで改善する」ということがとても難しくなるつまり、DP1の発売がこんなにも遅れている理由のひとつは、その画像処理ソフトの完成に手間取っていて ―― SD14のように後で改善させていくわけにはいかんから、はじめから文句を言われないJPEG画像で撮影できるようにしなければならない ―― そのためにハード化できないでいるんではないか、と、ぼくは想像しているわけです(本気にするなよ、いい加減なナハシなんだから)。

 というわけでシグマ2本目の注目の手ブレ補正レンズ18?200mmについては話ができなかった。

しゃれた望遠ズームだね

シグマ・SD14+50?150mmF2.8 EX DC
 スマートで、大変にしゃれた印象の望遠ズームレンズだ。デジタル一眼専用レンズ。SD14で使用するとほぼ85?255mm相当の画角になる(×1.7)。
 レンズの外観デザインも操作性も、そして写りもなかなか良い。いわゆるインナーフォーカスで、さらにインナーズーム方式なのでピント合わせをしてもズーミングをしてもレンズ全長はまったく変化なし。最短撮影距離はズーム全域で1メートル。そのうえ、大口径F2.8のコンスタントF値なのでズーミングしても開放F値は変化なし。このへんの的を射たスペックが、ニクいなあシブいなあ。ズームリングの操作感もじつにスムーズ。左手でレンズを下から支えるようにホールドして親指一本だけですいすいとズーミングができる。そのようにズーミングしながらAFでピント合わせをしても、レンズのウエイトバランスがまったく変化しないというのもこれまた良い。


 このレンズに、もし手ブレ補正の機構が内蔵されていれば万々歳、鬼に金棒、弁慶に機関銃、みたいなもんなんだけど、しかしそれはいまのところは夢。
 ところが、ペンタックスやソニーにはボディ内手ブレ補正の機構を備えたボディがあるというのにペンタックス用やソニー用マウントのレンズはない。手ブレ補正はレンズに頼るしかないシグマ用、ニコン用、キヤノン用しかラインナップされてない。
 ペンタックス用やソニー用こそ欲しいんじゃないか、と思うけれど、しかし考えてみればこのレンズはHSM、つまり超音波モーター内蔵タイプなのだ。でも、ペンタックス用やソニー用は調整(制御アルゴリズムの解析)に少し手間取っているだけで、たぶんシグマのことでありますから、すぐに対応させたものをラインナップしてくるんではないでしょうか。

DP1はまだかいな

シグマ・SD14+17?70mmF2.8?4.5 DC
 じつにユニークな撮像素子であるFoveon X3を使った個性的なデジタル一眼レフカメラであります。そのFoveonのセンサーを使ったカメラとしては現在、このSD14のただ一機種だけ。注目のDP1(Foveon X3センサーを使ったコンパクトデジタルカメラ)は発表されたものの発売の気配も見えないけれど、もっともっと評価されてもいい撮像素子であり、そしてカメラであると思う。
 初代がSD9、それをマイナーチェンジしたのがSD10で、このSD14はあれやこれや旧型から大幅にモデルチェンジさせて“格段”によくなっている。SD9/SD10に比べればとっても良い一眼レフカメラに仕上がっていると思う。
 デジタルカメラとしての実力も十二分にある。ただ、デジタルカメラとしてややクセが強すぎる。だから、その実力を充分に発揮させてSD14を使いこなすには、それなりの技術と知識、覚悟と忍耐が必要不可欠なのだ ―― それが愉しいのだというユーザーも多い。ぼくもSD9、SD10、そしてSD14と使い続けているけれど、しかし、いまだに自分で満足できるほどに使いこなせていないような気もしないでもない。


 というわけで、SD14の実力のうち、まだまだ50%ぐらいしか発揮させていないんじゃないかと思うときもあって、われながらじつにもどかしい。
 でありますから、ぼくとしては「SD14使いこなし同好会」というようなもんを設立してお互いに情報交換できたらいいなあと思うときもあるほどで、たぶん、ユーザーの人たちも同じような思いを抱いているんではないでしょうか。たとえばシグマがSDシリーズだけの「ブログ」のようなものを作って ―― そう、あのGR DIGITALだけのブログのような ―― ユーザーを大事にしてくれればいいんだけど(そんなことやってくれてるのかなあ…ぼくが知らないだけかな)。
 DP1のことでそれどころではないという気持ちもわからぬではないけれど、いまのシグマを見ていると、釣った魚にはもうえさなどはやらん、という感じもしなくもないぞ、山木さーん。

GX100ネタ、その3

リコー・ Caplio GX100
 いささかクドいが、GX100ネタ、その3。

 GR DIGITALも相当にカスタマイズ可能なカメラだが、GX100はそれにわをかけたように、あれやこれや設定したり登録したり、事細かにカスタマイズできる。まるでレンズ交換式のデジタル一眼レフカメラ並み、と言ってもよいほどだ。そのうえ、そうした設定をちょいと変更して撮影するだけで、仕上がりの画像や操作性がこれほどまでに変化(激変豹変)するカメラも珍しいと思う(けなしているのやらほめているのやら…)。
 だから、GX100に備わっている各種機能をどれくらい理解して、どの機能をどのように組み合わせるかによってGX100は、がぜん使いやすくなるし、そうでもなくなる。各種パラメータを自分好みに組み合わせて設定したものを、一括して登録しておけるマイモードというのがあって ―― これ、便利っ ―― モードダイヤルをクルッと回転させるだけで瞬時にあらかじめ一括登録したモードに切り替えて撮影することができる。この機能なんぞ、ぼくはしょっちゅう活用しております。


 GX100のぼくのカスタマイズを事細かに説明していけば10回連続ネタにもなりそうなので、以下、カンタンに少しだけ。なぜその設定を選んでおるのか、といったような詳しい説明は省略。ご想像にまかせます。

 露出補正を「常時マイナス1/3EV」にするのがぼくのGX100の基本設定。「Fnボタン」にはブラケット撮影モードを登録(1/3EVブラケットで撮影)。「ADJレバー」の登録順序は1、露出補正、2、ISO感度、3、ホワイトバランス、そして4、画像設定。画像設定のディフォルトは「軟調」だ。画像設定1には「コントラスト0、シャープネス?1、彩度?1」、画像設定2には「コントラストー1、シャープネス?1、彩度0」の組み合わせ二つを登録。画質モードは「JPEG・F」にして、アスペクト比は「4:3」モード(GX100での「3:2」モードはまるで興味ない)。AFモードはいうまでもなく「スポットAF」で、測光モードはこれまた文句なしに「マルチ測光」だ。中央重点測光やスポット測光など金輪際使わない。露出モードは、約98%が「プログラムAE」で、残り約2%が「絞り優先AE」。GX100を使ってマニュアル露出で撮影したことは一度もないし、たぶん、将来も使うことはないだろう(雑誌などの試用レポートのときはべつ)。ISO感度は「オートまたはISO100」。ホワイトバランスは「オートまたはデーライト」。手ブレ補正は常時ON(OFFにしたことはない、するつもりもない)。
 なお、上記の設定は“標準”であって、気分や被写体や状況によってしょっちゅう変更する項目もある。マイセッティング1(MY1)には「RAW+JPEG・F」を、マイセッティング2(MY2)には「1:1」スクエア撮影モードを登録しております。とうぜんながら、MY1もMY2も、ISO感度やホワイトバランス、画像設定などの各種パラメータの組み合わせは、通常のぼくの標準設定とは大幅に変えて(かなりオタクっぽい内容で)登録してます。動画モードでは…うーん、キリがないので以下省略。

GX100ネタ、その2

リコー・ Caplio GX100
 GX100には着脱式の液晶ファインダー(VF-1)が付属しております。GX100の発売ぎりぎりまで、このVF-1がないモデルとそれをキットにしたモデルの両方を販売するつもりだったようで ―― 結果的にはキットモデルだけになったのだけれど ―― 使用説明書を見るとそのことがよくわかる。ぼくはこのファインダーが大好きで、使うときも使わないときも常時、付けっぱなし。VF-1をセットすると少し嵩張りジャマに思うこともあるが、いまじゃあそれがないGX100なんて考えられない。
 そのVF-1には視度補正機構があって、ファインダー接眼部を回転することで視度調整ができる。GX100を使い始めたころから気になっていたのだが、この接眼部の回転がヘナチョコですぐに動いてしまってせっかく合わせた視度調整がズレてしまう。バッグに出し入れするだけでズレる。肩や首からGX100をぶら下げてるだけで知らぬ間に接眼部が回転していることもあり、ファインダーを覗くたびにムカついておりました。


 ぼくの使っているVF-1は初期ロットのもので、いまのモデルでは改善されてもう少しカタくなっているかもしれないが、とにかくぼくのはくるくるとよく回転してしまうのだ。回らないようにテープを張り付けて固定しようとしたのだがどうもウマくいかん。接着剤でも使って“永久固定”しようとも考えたのだけど、それはあまりにも乱暴。
 苦節数日、そこで考えました。また他愛ないアイディアだけど、細い木綿糸をファインダー接眼部が回転する隙間に巻き付けてみた。コンマ数mmぐらいの少しの隙間なんだけど、そこに黒い木綿糸を、くるくるきゆっ、と数回巻き付けただけで不用意に回転して視度調整が狂うことがなくなった。もし視度調整をしなおしたいときは少しチカラを入れて回転すれば動く。視度調整がすぐにズレてお悩みのあなたに、この方法はおすすめですぞ。
 でもしかし、レンズキャップにしてもそうだけど、ユーザーがあれこれ工夫をしなければ気分よく使えないようなカメラを作るなよ、とリコーに不満もあるけれど、デキの悪いムスコほど可愛いともいいますから、ぼくはいま愛着持ってGX100を使っております。

 というわけで、GX100をこんなふうに改良して使っておるぞ、というグッドアイディアがあればぼくにも少し教えてくださいね。

GX100ネタ、その1

リコー・ Caplio GX100
 以下の話、GX100ユーザーでないと、内容がちょっとわかりづらいだろうし、読んでもおもしろくもないぞ。その1。

 撮影のたびにレンズキャップを外さなきゃいけないのがGX100の大きな不満点だよね。そう、レンズバリア内蔵式ではない。チャチっぽい挟み込み式のレンズキャップを付けたり外したりしなければならない。これが実にめんどう。キャップを外すのを忘れてメインスイッチをONにすると「キャップを外しなさい」と液晶モニターに警告がでてくる。
 ぼくはソレが鬱陶しいので ―― レンズキャップの着脱も、液晶モニターの警告も ―― ハナからレンズキャップを外したまま使うことにした。レンズキャップなしでカバンに放り込んだり、片手でボディを掴んだままぶらぶら歩いたりしてた。だからとうぜん、レンズ表面はムキだしだなのでゴミはつく汚れる。キズが付かないように、それなりに気も使わなければならん。汚れればシャツかなにかできゅっきゅっと拭けばいいのでそれは別に気にはならないのだけど、なぜだろうかGX100のレンズはよく汚れるのだよ。気づいたら拭くようにしてるのだけど、しまいにジャマくさくなってきて、ふたたびレンズキャップを使うようになった。軟弱者。


 それに、もうひとつGX100のレンズキャップのイカンことがある。ワイドコンバージョンレンズを取り付けようとするとレンズキャップを外してから、さらにレンズ鏡筒にあるバヨネット式着脱のリングキャップを外さなければならない。取り外した細くてちっちゃなリングキャップをしまっておくところもない。そのうえ、このリングキャップを外してしまうと、さあ今度はレンズキャップができない。レンズキャップをするためにはリングキャップが必要不可欠なのだ。
 ぼくは頻繁にワイコンを使うから、レンズキャップを外す、リングキャップを外す、ワイコンをセットして撮影する、撮影をすませてワイコンを外す、リングキャップを取り付ける、レンズキャップをする、てなことを愚直にやってたわけだ。
 でも、いつまでもソンなばかばかしいことやってられない。そこでレンズキャップとリングキャップをテープでがっちりと貼り付けて固定一体化してしまった。こうすれば、まるでバヨネット式のレンズを交換するようにレンズキャップがワンタッチで着脱できるようになった。ワイコンを使うときもスピーディーにできるようになりすこぶる操作性が向上。(なお、ボディにキャップ部をするときにはバヨネット式なので指標合わせをして取り付けなくちゃならない、そこで取り付け位置がハッキリとわかるようにキャップ部に白い指標をつけておいた)
 じつに他愛ない“改造”なんだけど使い心地は大変にイイですぞ。