2007年のグランプリ「コンパクトデジタルカメラ」

リコー・Caplio GX100
 というわけで、2007年度のコンパクトデジタルカメラ部門のグランプリは、リコーの「Caplio GX100」としたい。準グランプリとしてはソニーの「Cyber-Shot T2」と、同じくソニーの「Cyber-Shot G1(改)」の2機種を選んだ。

 GX100はちょっとクセのあるカメラである。使いこなしにそれなりの知識とテクニックも必要である。だから広く多くのユーザーに勧められるカメラであるとは言い難いが、数ばかり多くあって無個性的なコンパクトデジタルカメラの中で、ひときわ“異彩”を放つという点で評価できる。よくここまで思い切って“とんがった”機能を採用してバランスの良い製品に仕上げたという点でも大いに評価をしたい。24mm相当からの超広角ズームにもかかわらず小さくて性能の良いレンズに仕上げていることや、着脱式の液晶ビューファインダーを標準セットにしていること、CCDシフト方式の手ブレ補正機能を内蔵させていることなども誉めたいが、とにもかくにも、ぼくとしては、使っていてこんなに楽しく良い気分にさせられたカメラはそう数多くはない。


 準グランプリの1つ、Cyber-Shot T2は、4GBもの画像記録のためのメモリーを内蔵してることに大注目。このほか、デザインの良さ、タッチパネル式操作部のデキの良さ、そして笑顔認識自動撮影機能のレスポンスの良さ、などどれもが素晴らしかった。とくにその外観デザインはシンプルなスクエア形状で実にアカヌケしている。ヘツらったところがなく潔い。タッチパネル方式は、ま、しょうがない、これはぼくの好み。とはいえ、将来的にはたぶん、もっともっと多くのカメラ(コンパクトカメラだけでなく一眼レフカメラも)が採用していくに違いない“これからのインターフェース”だと思う。笑顔認識はオリンパスのそれとは比較にならないほど認識レスポンスは良いのだけれど、笑顔認識モードにしてしまうと「笑顔を認識しなければ金輪際シャッターが切れない」ことが困ったが、これも愛嬌(でも、次期製品ではぜひ改善してちょうだいね)。

 G1は、いかにもソニーらしい進取の気概あふれた製品で“夢”もある。ただ1つ2つ難点を言えば、操作が煩雑であること、ボディがやや大きく重いこと、ソニーの新型カメラにもかかわらずタッチパネル式でないこと。G1(改)は2007年始めに発売されたG1をファームウエアアップデートさせて新しい機能が使えるようになったもので、それで(改)とした。G1(改)のおもしろさはいくつかある。くどくどと説明は省略するが、その1つとして無線LAN機能を利用して撮影した位置を情報として得て、地図上に撮影位置を表示させる機能がおもしろく将来性もある。これもまた ―― 無線LANかGPS利用になるか不明だけど ―― たぶんいずれの時にか多くのデジタルカメラに当たり前のように搭載される機能の1つとなるだろう。

2008年の新年にあたって諸兄の「福招く」を願う

2007年のグランプリ「デジタル一眼レフカメラ」

ニコン・D3+AF-S 24?70mmF2.8G
 2007年に発売されたデジタル一眼レフの中では、ニコンのD3がずば抜けて素晴らしかった。次が、キヤノンのEOS-1D Mark IIIだった。

 D3は新しく搭載した機能 ―― たとえばシーン認識システムを活用した51点AFシステムや、約10コマ/秒の高速連写の機能、そして高I感度での優れた画質などなど ―― のどれを1つ1つを取り上げてみても、その仕上がり度の高さに感服。さらに、それらの機能の今後の改良と進化に大いに期待させられる。このD3の出現によって、今後のニコンのカメラは飛躍的に進んでいくのではなかろうかとさえ思う。
 中でも、高ISO感度での撮影機能は写真史のとってもエポックメーキングと言ってよいだろう。この高感度の撮影機能の評価すべき点は、いままでは写せなかった場面が「写せる」という、このことにつきる。「写らなかったシーンが写せる」。写真で表現するものにとってこれ以上のプレゼントはない。このことで写真表現の領域が大きく一歩広がったのだ。


 D3がグランプリとすれば準グランプリはEOS-1D Mark IIIだろう。完成度の高さ、デジタル一眼レフカメラとしてのバランスの良さ。フルサイズ判のEOS-1Ds Mark IIIよりも、実際に使ってみるとむしろ1D Mark IIIのほうが「心地よさ」を感じる。確実に写る、失敗なく写ってくれる、といったカメラとしての最低基準を備えたカメラに仕上がっている印象を強く受けた。あとは撮影者の表現力の問題だけだ。「費用対効果」というか「コストパフォーマンス」を考えても、1Ds Mark IIIよりも1D Mark IIIのほうではなかろうかと思う。
 同じ年に発売された他のデジタル一眼レフカメラに比べて、この2機種はすべての点において群を抜いていたように感じる。この2機種が発売されたことだけとっても2007年はデジタル一眼レフカメラにとって「大豊作」の年であったと言ってもよいだろう。