μ1020の素晴らしいッこと残念ッなこと

オリンパス・μ1020
 μ1020の、なんと言ってもその注目点はボディの薄さだろう。いや、薄さ、ということだけを見ればカシオの3倍ズームレンズ内蔵のEX-S10などは感動的なほどの薄さと軽さと小ささで ―― ボディの厚みは約1.5cm、約100g、こりゃ凄い ―― さすが、これには及ばないものの、しかし約2.5cm厚のμ1020には、なんと37?250mm相当の7倍ズームレンズを内蔵している。いわゆるレンズ一時待避型ズームではなくて真っ向勝負の直進式ズームだ。
 オリンパスが得意とする両面非球面レンズや、特殊低分散ガラスの非球面レンズ、精度の高い高屈折率ガラスレンズを使うなどして ―― ナンだかカタログの受け売りみたいだけど ―― 超小型超薄型の直進型高倍率ズームレンズに仕上げたというわけだ。ズーミングすると三段式のレンズ鏡筒が前後に伸縮するのだが、鏡筒そのものがただ前後に伸縮するだけでなく同時にクルクルと微妙に回転しながら伸び縮みする。この様子がいかにも精密機械といった感じで少し感動的。


 と、まあ、こんなふうに、オリンパスのコンパクトデジタルカメラに内蔵しているズームレンズは精密精緻小型軽量なのだが、しかしなぜなんだろうか、翻ってEシステム一眼レフ用の交換レンズとなると、とたんに、なりふり構わず大きく重く高価なレンズばかりになってしまう。

 さて、μ1020にはひとつ残念なことがありまして。
 μと言えば防滴、防滴と言えばμ。フィルムカメラの時代からμのウリの最大のポイントは防滴仕様だったわけで、それがデジタルμになってもきちんと受け継がれていて、くどくど説明するまでもなく「μといえば防滴仕様」だった。防滴仕様のカメラ、なんてとても思わせないシャレたスタイリングで、しかしじつは水道水を多少じゃぶじゃぶかけたところでビクともしない防滴性能を持っていた、というとろがμの隠れた大きな魅力だったのだ。
 ところが、このμ1020は、そのμのアイデンティティーであったところの防滴仕様をやめてしまって、タダのありふれた水に弱いカメラに“成り下がって”しまったのだ。ぼくとしてはじつに悔しいし、こりゃあμファンに対する裏切り行為ではないかッ ―― かなり大袈裟 ―― とまで思うわけだ。これから続く新型μが同じように防滴仕様をやめてしまうのかどうか知らないけれど(不安だなあ)、そりゃあないよ、と思うけど、こんなこと、ぼくが“些細な”ことにこだわりすぎなのかなあ。
 そういえば、μ1020にはマイクロSDカードが使える特注xD-ピクチャーカードアダプターを同梱しはじめたのだけど…、いやいや、これについて話をし始めればキリがなくなるので、やめておきますね。

網羅的ラインナップ

オリンパス・μ1020
 オリンパスのコンパクトデジタルカメラはいささかややこしくて、機種ごとの基本性能の違いがイマイチわかりにくい。そのわけはといえば、種類が多いうえにμシリーズやμのSWシリーズやFEシリーズやSPシリーズが入り混じっている。別シリーズの中の機種がほとんど同じスペックで外観だけが少し異なるなんてのもあって、さらに春夏秋冬、季節の変わり目にごっそりと(ときには、さみだれ式に)モデルチェンジする。今年の春に発表されたカメラだけでも(いまのところ)、あれやこれや7?8機種あるのではなかろうか。昨年からの継続販売のモデルを含めればワケわからん。
 こうした機種が多いのは特定の販売店スペシャルモデルがあったり、海外の特定の市場(国)に限定して販売するためだったりするからで、いや、そのような新製品のラインナップづくりは、なにもオリンパスだけがおこなっていることではなく「チカラ」のあるメーカーはどこでもやっていることだ。


 ただ、極端な言い方をすれば、オリンパスの場合、種類で勝負、数で絨毯爆撃、というところがなきにしもあらずなのだ(カメラのデキは二の次、数打ちゃ当たる、という意味ではない、むしろデキはどの機種もそこそこによろしい)。価格的に数千円づつ違えて ―― 2万円以下から5万円以下まで ―― “下から上まで”網羅的に隙間なくラインナップを揃えているんじゃないかと思えるほど。さらに、機種が多い上にカラーバリエーションも多く揃えているのもオリンパスのコンパクトデジタルカメラの特徴の1つだろう。
 というわけでμ1020であるが、この機種もカラーバリエーションがいっぱいあって、エレガントシルバー(光沢感のある表面加工)、エナメルブラック(これ、よろしい)、ロイヤルブルー(シャープな印象のブルー)、ローズピンク(おじさんが持つには恥ずかしい)、リリーホワイト(これがいちばんイイかも)の5色。
 さて、μ1020の中身にかんしては、ぼくにとってはいくつか“大注目の件”もあるのだけど、ま、それはおいおいと。それはそうと、ラインナップから昨年10月に発売されたばかりの1200万画素のμ1200がもうなくなってるんだねえ…。

プチK20D

ペンタックス・K200D+DA55?300mmF4?5.8
 K20Dと同時発表されたK200Dだが、K20Dのほうに注目度が高くて、なぜかこちら、K200Dのほうの注目度が薄いような印象だ。ぼくとしては ―― ある部分をガマンしさえすれば ―― このK200Dのほうが“だんぜんお買い得”なようにも思えるのだ。
 K200Dはカンタンに言ってしまえば、K100DのボディにK20Dの(K10Dではないぞ)機能をそっくり盛り込んだカメラだ。機能的にはK10Dを大幅に越えているんではないか、と思われるところが多々あるほどだ。プチK20D、ミニK20D、セミK20D、と言えなくもない。それほどに、限りなくK20Dに近いカメラに仕上がっている。実販価格で4?5万円ぐらいの“差”があるようなのだけど、撮影機能はてんこ盛り。相当にコストパフォーマンスは高い。ペンタックス出血大サービス機種か。


 K200Dが“安い”理由はむろん、ある。その1つがファインダー。「ある部分をガマンしさえすれば」と言ったのはこのこと。プリズム使用のK20Dに比べるとファインダーの視認性がだいぶ違う。ルーフミラー式のK200Dのファインダーが特筆するほど悪いというわけではないのだが、両機種を同時に使ったりすると余計にその違いを感じてしまう。2つめがライブビュー。K200Dにはライブビュー撮影機能が備わっていない。ちょっと残念ではあるが、しかし、ま、これについては(ぼくは)それほどに気にならない。その他、K20Dとの小さな“差”をあげれば、画素数(しかし1020万画素あれば充分だろう)、連写速度(2.8コマ/秒だからK20Dと大差ないか)ぐらいだろう。
 AF機能と性能は同じ。露出モードはほぼ互角かそれ以上。K200Dにはシーンモードやピクチャーモードまである。さらに、K20Dの目玉機能であるカスタムイメージ機能やダイナミック拡大、ファインシャープネスの機能も備わっているし、ボディはK20Dと同等の防滴防塵仕様だし、手ブレ補正もゴミ取り機能もある。現行デジタル一眼ではボディ単体で唯一、単3型乾電池が使用できる機種であるなど、もっともっと注目してもいい機種だよね。

ライブビューと手ブレ補正

ペンタックス・K20D+DA18?55mmF3.5?5.6 AL II
 K200Dで使っている撮像素子がCCDなのでライブビュー機能を搭載することが大変に難しく、そのためライブビューはできない ―― いや、まったく不可能、ということはないと思うけれど現状では相当に難しい。K20DはCMOSなのでそれが可能。
 K20DのメインスイッチのレバーをON位置からさらに回転すればライブビューモードに入る。AFでもMFでもピント合わせができる。AFでのピント合わせは位相差AF方式で、コントラストAF方式の機能は備えていない。ライブビュー状態でボディ背面にあるAFボタンを押す。すると、いったんミラーが下りて画面がブラックアウト。その状態でAF駆動してピントが合うと(だから正確にピント合わせしたいならファインダーを覗きながらAF測距する必要がある)自動的に再びライブビューモードに戻る。
 MFでピント合わせするときは、液晶画面をブラックアウトさせずにそのまま画面を見ながらレンズのピントリングを操作する。ライブビュー画面は4倍と8倍に拡大表示できるので、それを利用すればMFでのピント合わせはより正確にできる。ただ、8倍拡大モードは少し表示画像がよろしくないので、4倍拡大を活用する方がよろしい。


 ライブビューモードで手ブレ補正の効果の様子がモニター画面上ではっきりと見られてこれがおもしろい。チャンスがあればカメラ屋さんかペンタックスのショールームなどで、ぜひ試してみるとよろしいのだけど、ゆらりゆらりと画面が揺れる様子や、カメラを小刻みにぶるぶる震わせても画面がぴたりっと“張り付いたように浮いている”様子がリアルタイムで体感できる。
 同じ撮像センサーシフト方式のオリンパスのE-3やE-510も同じようにライブビュー中に手ブレ補正効果が見て確認できるのだが、ゆらりゆらりふわふわ、の様子はK20Dのほうが大きく、視覚的にも愉しい。また、オリンパスの場合は「ISボタン」を押さないと手ブレ補正効果を“見る”ことはできないし、たった5秒間ほどで自動的にOFFになってしまう。ところがK20Dでは手ブレ補正機能をONにしていれば常に、ゆらりふわり、が見られる。ただし3分間だけ。3分間たつと自動的にOFFになって、ゆらりふわり、は見られなくなる。が、すぐさまライブビューのON/OFFをすれば、再び、ゆらりふわり、が3分間、連続して見ることができる。

ダイナミックレンジ拡大機能・その2

ペンタックス・K20D+DA55?300mmF4?5.8
 ダイナミックレンジ拡大機能はK20DだけでなくK200Dにも搭載されている。注目してよい新機能だと思う。K20DとK200Dの両機種で、その機能を使って撮影してみたけれど、K20Dのほうが“よく効く”ということはなく、同じようにK200Dでも“よく効く”。
 ONにするとハイライト部だけ約1EVほど階調描写が広がる。被写体条件によってはその効果が実感できないこともあるが、シーンが当たれば「おおっ」というほどハイライト部のディテールが再現描写される。ただしシャドー部の階調描写についてはOFFのときのままで、ニコンのアクティブD-ライティングのようにハイライト部もシャドー部も広がる、というものではない。白飛びを抑えるだけで黒つぶれについては対処していない。今後の課題か。


 ダイナミックレンジ拡大をONにすると、その処理のため少し、ほんのわずかだけど書き込み速度が遅くなる。遅くはなるが、3コマ/秒の連写速度に影響するほどのものではない。もうひとつ、高感度でこの機能を使うとシャドー部で少しノイズが目立ってくることがあるようだ。でもほとんど気にするようなレベルではない。ノープロブレム。それよりも、その効果 ―― ハイライト部のディテールの描写が出ること ―― によるメリットのほうが魅力的。
 このダイナミック拡大機能は、基本的にはハイコントラストの被写体で使用するのがおすすめだ、とのことだが、そんなこと知ったことか。ぼくはもともと階調豊かな軟調気味の描写が好きなので曇り日であろうが快晴であろうが常時ONで使う、つもり。被写体の条件によってON/OFFをきめ細かく使い分ける、のが正しい使用法であるのは、そりゃあわかっているけど、そんなめんどうなことできるか、ばかばかしい。写真というもんはそーゆーもんではない。写真を撮るのに、理屈をあれこれ考えたりぐだぐだ言う必要はない。気に入ったカメラを使って、ばしばし、どしどし撮ってしまえばいいのだよ。写真は撮ってなんぼのもん。ウマいヘタはそのあとの問題だ。

 ダイナミックレンジ拡大機能のわかりやすい「比較写真」は、次号(2月20日発売)の「デジタルフォト」に掲載しているので興味のある方はどうぞ。写真がちょっと小さいかもしれないけれど。

 東京があまりに寒いので宮古島に避寒に出かけたけれどここも猛烈に寒くて、仕方なく沖縄本島に逃げてきた。

ダイナミックレンジ拡大機能・その1

ペンタックス・K20D+DA 35mmF2.8 Macro Limited
 「ダイナミックレンジ拡大機能は撮影するときに露出アンダーにしてハイライト部のディテールを出す。そして露出アンダーになったシャドー部だけを“持ち上げて”画面全体の調子を整えるのだ」と考えてる人がいるようだけど、それは間違い。ちょっと近いけれど、かなり違う。ニコンのアクティブD-ライティングがそれに近い方法でダイナミックレンジを広げている。アクティブD-ライティングの場合はON/OFFで「露出値」が違ってくるが、このペンタックスのダイナミックレンジ拡大は「露出値」はまったく同じで変化なし。そういう意味では、キヤノンの高輝度側・階調補正と(ほとんど)同じやり方、と考えていいだろう。フジフィルムの新型のFinePix S100FSのワイドダイナミックレンジもそれと似ていなくもない。
 ちなみに、ソニーのα700のDレンジオプティマイザーはシャドー部だけを持ち上げる方式で(ハイライト部はイジってないのだぞ、ソコを間違えるなよ)そのへんが根本的に違う。とはいえ、どの方式も結果的にデジタル画像の階調描写を広げてくれる優れた機能なのであるけれど。


 この機能は当初、CMOSを使うK20Dだけができる機能だろうとぼくは思い込んでいた。ところがK200Dにもそれがあって、CCDでも同じようなことがやれるのか、ふーん、と少し意外だった。
 ダイナミックレンジ拡大機能のON/OFFはISO感度設定画面でおこなう ―― それにしてもなぜ、ISO感度設定メニューのところになんぞ放り込んだんだろうか、わけのわらんことをするよなあペンタックスは、ISO感度を変えたところでダイナミックレンジ拡大が変更されるわけでもないんだよ、概念的にまったく別もののはずだ ―― 。
 ISO感度設定画面でFnボタンを押すとトグルでON/OFFが切り替わる。ディフォルトはOFF。ISO100のときだけダイナミックレンジ拡大をONにすると“勝手に”感度はISO200になる。OFFにすると、もとのISO100に戻る。ISO200以上の感度に設定してればON/OFFで“勝手に”感度が変わることはない。ISO感度がISO100からISO200に変わるから、ダイナミックレンジ拡大がISO感度をコントロールしてナニかをやっているのだろうと考えるのは ―― ま、あたらずも遠からず、だけど ―― そのヘンのメカニズムをきちんと知らないからだ。このへんのことを説明するのはタイヘンに難儀なので省略。知りたければ自分で調べなさい。…ヒントはA/D変換処理だ。

ファインシャープネス、こりゃあイイぞ

ペンタックス・K20D+DA★200mmF2.8 ED SDM
 K20DとK200Dの両機種に新しく搭載されているファインシャープネス機能は素晴らしい機能なんだけど、これを設定するのがタイヘンに難しい。いや、設定方法が難しいというのではなく、ファインシャープネスそのものを「どこ」で設定すればよろしいかの、場所探し、が難しいのだ。もし使用説明書を一読もせずに、「10分以内に」ファインシャープネス機能をささっと見つけ出し、設定できたら明日からすぐにペンタックスの優秀な営業マンになれるだろう。ペンタックスデジタル一眼マイスター。

 ファインシャープネスはカスタムイメージモードの奥底に“隠して”ある。まるで隠し機能のようだ。カスタムイメージモードはちょうどキヤノンのピクチャースタイル、ニコンのピクチャーコントロールと同じよなものと考えればよい。ペンタックスにもようやく採用されたわけだ ―― ぼくは待ちに待っておった ―― 。「鮮やか」や「ナチュラル」のほか「人物」、「風景」、そして「雅(MIYABI)」なんて、たおやかな印象のモードなどもあって計6種類がプリセットされている。それぞれのモードでは彩度や色相、コントラスト、そしてシャープネスなどのパラメーターを調整し、それを「登録」しておくこともできる。
 で、パラメーター設定のいちばん“下”にシャープネスの設定バーがあるわけだが、そこにカーソルをあわせてからコマンドダイヤル(後ダイヤル)をクリック。すると、シャープネスがファインシャープネスのバーに切り替わる。
 と、まあ、そーゆーわけだが、実際にK20DやK200Dを手にしてソレをやってみないことには相当にわかりにくいと思う…。


 たとえば、ファインシャープネスをプラスにして(プラスマイナス4段まで設定可能)撮影した画像と、ディフォルトのシャープネスを同じくプラスにして写した画像を比べてみると、文句なしにファインシャープネスの画像のほうがいい。シャープネスのプラス画像はエッジ部がガリガリした描写で下品。それに対してファインシャープネスの同じプラス画像はエッジ部が滑らかでそれでいて切れ味があって上品な描写なのだ。
 なぜ、このファンシャープネスのほうを「ディフォルト」にしておかなかったのだろう。なぜ、隠し機能のようにこっそりと入れておいたんだろうか。そのへんの、ペンタックスの考えていることが(いつものことだけど)よくわからん。いくつかのシーンでシャープネスとファインシャープネスの撮り比べてみたけれど、ファインシャープネスの画像のほうが断然良い。ディフォルト設定になっているシャープネスのパラメータなど、必要ないじゃないか、と思うほどで、逆にファインシャープネスを選んで撮ることのデメリットがぼくにはわからなかった。
 というわけで、K20DとK200Dのぼくの「標準設定」は、すべてのカスタムイメージモードでシャープネスをファインシャープネスに切り替えることにした。そして、もうひとつはの変更はダイナミックレンジ拡張を、ほぼ常時、ONにしておくこと。なお、ファインシャープネスもダイナミックレンジ拡大の機能も、RAWで撮っておいてあとで処理、なんてことができないのでその点、ご注意を。

あの「騙し討ちAF」だけはヤメてくれ

ペンタックス・K20D+DA55?300mmF4?5.8
 撮像素子はサムスン電子製の1460万画素CMOSである。ペンタックスからの公式発表では、ペンタックス、サムスン電子、サムスンテックウインの「三社による共同開発」となっている。しかし実質的にはペンタックスとサムスン電子の「二社」による共同開発と考えていいだろう。半導体メーカーとしてはトップ企業であるサムスン電子が、一眼レフカメラ用の撮像素子を作るのは初めてのこと。当然ながらカメラやレンズの光学特性などの情報などなどがないことには最適なセンサーを作ることはできないのではなかろうかと思うわけだ。ペンタックス身贔屓での思い込みで言うのではないけれど、ペンタックスのカメラやレンズの重要な「情報(ノウハウ)」が相当に役立っているのではないだろうかと思うのだ。そのへんのことはニコンとソニーの関係を眺めてみるとナンとなくわかる。はたして、ペンタックスがどこまで「情報」を相手側に伝えているのか、そのへんがちょっと心配でもあるのだよ(国粋主義的ととられては困りますが)。


 サムスン電子とペンタックスの初めての撮像センサーにしては ―― エラそうな物言いだけど ―― 予想していた以上のデキではないかと思う。いや、撮像素子CMOSだけがどれだけ良くできていたとしても画像処理がウマくできないことにはどうしようもないことは言うまでもない。だから逆のことも言えるわけで、つまり、サムスン電子製造の撮像素子性能の足らざるところをペンタックスの画像処理技術をもってして、あそこまでの画像に仕上げたと言えるかもしれないのだ。が、そのへんの詳細については、ぼくにはわからん。
 K20Dは多くの人がK10Dで不満一杯だったAF性能と連写性能についてはそのまま“律儀”に受け継いでおりますね。3コマ/秒の連写については、ぼくはそれほど不満を感じないのだが ―― 秒間3コマ撮れれば通常の撮影では充分じゃないか、それ以上のコマ速が欲しければそれ相当のカメラを使えばイイだけ ―― けれどAFについては、ほんと、なんとかして欲しい。せめて、あの、例の、ピントを合わせたよんと言うから撮ってみたらピンぼけ、の“騙し討ちAF”だけはやめてくれんかなあ…。
 と文句を言ったけれどK20Dで感心した撮影機能もいくつかあって、ダイナミックレンジ拡大(将来はもっとよくなるだろう)と、ファイシャープネス(奥底に隠れているから探しにくい)、そして、そこまでやるかっと思えるほどの“徹底した”カスタム機能。ファインダーはK10Dと同じだけどやはり見やすくていいねえ。

多忙に付きしばらく頓挫中…

ニコン・D3+AF-S 70?300mmF4.5?5.6 VR
 昨年末からめちゃくちゃ多忙。なので、更新がしばし頓挫。
 そんなこんなの間に、とくにデジタル一眼や交換レンズなどがあれこれ発表になっておりますね。そのほとんどは“触って”おりますけど、ま、そのハナシなどは追って少しづつ…。


 いま、ニコンD3にハマってる。使うたびにそのデキの良さに感心する。とくに高感度と3D-トラッキングとアクティブD-ライティング。素晴らしいカメラだね、ほんと。そうそう、Kiss X2も、ぼくが予想していた以上のデキの良さで、突っこみどころ皆無の仕上がりで、徹底的にキヤノン的カメラ(イイ意味で)でありました。