もう1本の“当たり”レンズ

ペンタックス・K20D+DA 18?55mmF3.5?5.6 II
 ペンタックスのDA標準ズームレンズ2本をたまたま比較する機会があって、旧型に比べて新型が“相当に”良くなっているのに少しびっくりした。
 比較したのはDA 18?55mmF3.5?5.6の新旧レンズで、新型レンズのほうはK200Dの発売にあわせて旧型をモデルチェンジして発売されたもので「II」がレンズ名の後にくっつく。外観を見ただけではその違いはほとんどわからない。開放F値はまったく同じ。大きさも同じ。重さがごくわずかに異なる。その理由はレンズ構成枚数が違っているからだ。旧型が9群12枚構成だったのに対して、新型は構成レンズが一枚少なくなって8群11枚構成となったからである。
 ところで、レンズ構成枚数が多いほど良いレンズだと思い込んでいる人がいるようだけどそれはちょいと違いますね。理想的には、レンズ構成枚数は少ないほど良い。レンズ構成枚数が増えればそのぶんレンズ表面の反射によるフレアーやゴースト、そして光量の低下の原因ともなるからだ。むろん価格にも大きく影響してくる。さまざまな収差を抑え込むためにやむを得ず1枚、2枚、3枚…と構成レンズ枚数を増やしているわけだ。少ないレンズ構成で収差が補正できればそれに越したことはない。そういう意味で言えば、この新型18?55mmは理想的レンズに一歩でも近づいた(と言えなくもない)。


 旧型の18?55mmレンズがもともとナンだったのかもしれないが、新型「II」の描写は旧型と違って、開放絞り値から画面周辺部までじつにしゃきっと写る。広角18mmから望遠55mmまで均一で安定している。解像描写性能が旧型に比べて大幅アップしているし、ヌケも良くなっていて画像のコントラストもだいぶ違う印象だ ―― ただし正確にピントを合わせること、わずかもブラさないことは絶対条件だ。
 こうしたハナシは旧型18?55mmズームレンズのユーザーにはムカつく話だろうけれど事実なんだからこればかりはしょうがない。いやそうではなくて、もし新旧レンズが並んでいて旧型が「安い」からという理由だけでそちらを選んでしまうと結局ソンですよということが言いたかっただけ。
 そもそも標準ズームレンズというものは性能よりも価格が重視される傾向がある(ちょっと誤解を招きかねない言い方だけど…)。ボディとレンズとをセットにしてどれだけ低価格に設定できるかがポイントで、そのためどうしてもレンズ側に“しわ寄せ”がくるようだ。より安価で小型で軽量であることが大事な条件で、そこそこの写りでズーム比もそれなりであればそれでよし、といったところがなくもない。低価格の機種とセットになった標準ズームレンズだとなおさらそうした傾向がある。でも、この新型「II」ズームレンズは標準ズームレンズながら相当に“良い写り”をしているのを、しばらく使ってみてあらためて「発見」したというわけです。

開発中断、のほんとの理由(推測)

ペンタックス・645DIGITAL(仮称)+FA645 33?55mmF4.5
 使った「645DIGITAL」は完全な手作り品で、そのために撮影するための各種設定にはあれこれ制限があってワンカット写すにしてもそれなりの工夫と努力が必要だった。苦労はあったけれど、しかしその写り、その画質を見るたびに息を飲む。「画質調整はまだまだです、その写った画像でもって645DIGITALの実力を判断しないでほしい」といわれていたけれど、しかしどうしてどうして、実際に撮ってみれば、その素晴らしい解像力と描写力に大いに驚かされた。そんなことを伝えると「いや、調整をすすめればもっともっと良くなります…いまは実力の20%ぐらいの仕上がり状態です」とペンタックスの開発担当者はじつに悔しそうでありました。
 悔しさは十二分にわかる。ここまでハード面が仕上がっていて、後はソフト面の追い込みをがんばれば堂々と製品として世の中に出せる…。


 ペンタックスとしては645判のデジタルカメラを今後も継続して開発は進めていくと明言している。この「645DIGITAL」の発売は“やめた”ということ。「製品化」をあきらめた理由については、ペンタックスはいっさい黙して語らずだ(一部では穿った見方をしているようだけど、HOYA絡みでないことは確かのようだ)。技術的にどうのこのではないことも使ってみればよくわかる。手作りの試作機種でありながら完成度は相当に高い。

 じゃあ、なぜこれを製品化して売らないのだ、と。
 以下は想像だけど ―― ペンタックスはそうしたことについては貝になってノーコメント ―― たぶん、もっとも大きな理由は価格だと思う。プロはともかくとして一般の写真愛好家が買えるような価格にどうしてもできなかったからだろう。このまま製品化して売るとしても高価格になってしまう、それも相当に(100万円を大きく超えることは、ぼくでも予想できる)。そうした高価格のカメラがいったいどれほどの数が売れるというのか。だから仕方なく現在開発中のこの機種については「中断」して、あらたに仕切り直し、ということになったのではなかろうか。じつに残念無念なことだけど、“次の645DIGITAL”に期待したい。
 がんばって、もっと良い製品を作ってくださいね。

“幻”となったカメラ

ペンタックス・645DIGITAL(仮称)+FA645 80?160mmF4
 ペンタックス「645DIGITAL」は、数年間、地道に開発を続けていたけれど、結局、発売しないことになったのだ。その「未完のまま」の開発試作機種を特別に撮影させてもらうことができた。「645DIGITAL」の詳細やインプレッション、撮った写真などは、いま発売している「デジタルフォト6月号」に掲載している。ペンタックスが試作機種を使わせてくれて、それを記事にしたもの。「デジタルフォト」のスクープ記事、というわけだ。
 ぜひ見て欲しいのは、ワンカットを2ページ見開きにどーんと印刷した写真で、木々の小さな葉っぱまで、「これでもかッ」と言うほどに、微細にくっきりと描写している。肉眼で見るよりも数倍もきめ細か。撮った本人も (ぼくなんだけど) びっくり仰天の、とにかく“圧倒的な解像感”なのだ。使用した試作機種は“ローパスフィルター付き”だったが、発売時には“ローパスフィルターなし”も用意するつもりだったそうだ(デタッチャブル可能)。その撮影した画像を見て、もしローパスフィルターがなければどんなに凄い解像力なのだろうかとどきどきしたほどだ。
 (残念ながら下の小さな画像を見たってそのスゴさはわかりっこない。もっと大きな画像が見たい人は「デジタルフォト誌」をどうぞ)


 「645DIGITAL」 ―― 正式名ではなく仮の名 ―― は、フィルム中判カメラの「645N II」をベースにしたデジタルカメラで、レンズは645用のAF/MFレンズのすべてが使用できるように開発が始められた。撮像素子サイズは約44.2×33.1mm、約3200万画素のCCDで、コダック製。フィルム645判サイズが60×45mmだから、ちょうど35mm判フルサイズとAPS-Cサイズを比べたような“比率”になると考えればよい。645DIGITALの高解像力描写をならしめたのは画像処理技術ももちろんであるが、(1)約3.2MPの高画素、(2)大型の撮像素子サイズ、(3)レンズ描写性能、この3つのよるものではなかろうか。

 その使い勝手は、フィルム645判カメラとデジタル一眼のKシリーズとを「足して2で割った」ような感じだった。ボディサイズはフィルム645判カメラよりも「二回り」ほど大きい。が、ホールディング性はすこぶる良いしウエイトバランスもいい。とにかく、中判サイズのデジタルカメラがフットワークよく軽々とどこにでも持っていって撮影ができるということのこの意味は大きい。
 ただし、使いこなしはそれなりに難しい。正確にピントを合わせることと、ブラさないで写すことが大前提。極端なことを言えば、ほぼ無限遠に近い風景を撮るときも、きちんと狙ったところにピントを合わせて撮らなければいけない。それほどにピントにシビアなのだ。絞り込んで被写界深度をかせぐ、といったテクニックがほとんど通用しない。それほどのカメラだということ。しかしブラさずにピントをきちんと合わせて撮れば、期待以上の素晴らしい解像感の画像が得られる。ごくごく当たり前のことが確実にできないことには実力がフルに発揮できないぞ、というわけだ。

E-420とE-3そしてE-520ユーザー(予定者)に

オリンパス・E-420+ZUIKO DIGITAL 14?35mmF2
 (最新の)Eシリーズユーザーのための話、その2。
 E-420やE-3だけではなく、もうすぐE-520ユーザーとなる人たちに向けての話だ。それ以外の人たちにとっては、昨日と同じようにほとんど役に立たぬ話でしょう。2つある。
 1つめ。
 E-3とそれ以降の、E-420そしてE-520にはダイナミックレンジを拡大する撮影機能であるシャドー・アジャストメント・テクノロジーが採用されている。階調オート、というのがそれだ。メニュー内の「階調」で設定する。その階調設定項目のなかには、「階調オート」のほかに「標準」、「ハイキー」、「ローキー」の、合計4種類のモードがある。
 そこで、ユーザーにちょいと試して欲しいことがあるのだけど、AEモード(プログラムAEでも絞り優先AEでもなんでもよい)で、同一被写体で4つの階調モードを切り替えて撮影してみる。その画像の“階調”がどんなふうに変わるかをチェックしてみる。さらに次に同じ被写体で、こんどはマニュアル露出モードにして(露出値は一定にしたまま)4つの階調モードを変えて撮影してみる。同じように比較チェックしてみる。被写体はコントラストのあるもののほうがわかりやすいだろう。

 そして、まだやる気があるなら(このめんどうな比較テストを)、次は、AEモードのどれかを選んだのち、さきほどと同被写体をRAWで撮影をしてみる。そのRAWファイルをカメラ内現像をする。めんどうだけど、4つの階調モードをそれぞれ選んで現像する。こうして得られた12カットの画像を詳細に見比べてみると ―― 相当に高い眼力が必要だけど ―― いろんなことがわかってきます。階調モードのそれぞれがなにをやっているのか、どんなシーンでどのモードを組み合わせて撮影すればいいかがわかってくる(はず)。


 2つめ。
 カスタム設定の項目の中に「BULB中MF」と「dpi設定」の2つの機能がある。 ―― これらを、ユーザーの人たちに聞きますけど、実際に使ったことありますか。「こりゃあ役立つ機能だなあ」と思ったことありますか。
 BULB中MFとは、バルブ露光中にピントリングを操作すればピント移動ができる機能。言うまでもないが、バルブ露光中はファインダーは真っ暗でナニも見えない。だから“ピント補正”なんぞできるわけではない。いったいナニに使うのか、ナニをしたいときに使うのか。答えは「2つだけ」ある。ぼくが考えただけなので正解なのかどうかは不明だけど ―― 使用説明書には活用方法はなーんにも書いてない ―― 、1つは花火を撮影するときに露光中にピント移動させるとちょっと風変わりな花火写真にできる。もう1つは、夜景などの長時間露光中に、一定露光時間経過後にピントずらしをすると擬似的にソフトフォーカスのような写真が撮れる。
 逆に言うと、その、たった2つの、それもかなり特殊なシーンと表現目的のための機能としてしか役に立たぬ。

 dpi設定の機能はもっと特殊で珍奇。マニュアルとオートが選択できて、マニュアルモードではdpi数値が手動設定できる。そのデーターはExifに書き込まれる。画質にはまったく影響はない。これこそ、ごくごく一部の特殊な職業の、それも特殊な手法でプリントをする人のための機能で、なんでそんなピーキーな、とんがった機能をE-420やE-520に入れるんだろうか、と不思議でならない。これもまた使用説明書には解説いっさいなし。
  ―― いやそうじゃない、こんなふうな使い方をすると便利なんだぞ、という人が、もしおいでになるなら、ぜひぼくに教えてくださいませ、マジです。

 かくかくしかじかオリンパスEシリーズの「最近の機種」には、奥の深い、ちょいとオタッキーな機能や操作方法がまだまだたくさんあって、それを1つ1つ解説していくとキリがない。…オリンパスのカメラ開発には、ほんと、オタッキーな人が何人もいるんですねえ。

E-420の(そうとうに)ややこしい話

オリンパス・E-420+ZUIKO DIGITAL 25mmF2.8
 以下のハナシは相当にややこしい。とくに、E-420(と、E-520…)ユーザー以外の人たちにとっては、わかりづらいと思う ―― はっきり言うと、ほとんどわからないでしょう。

 E-420のライブビューでのAF測距(ピント合わせ)をするには、基本的には「シャッターボタンの半押し」または「AEL/ AFLボタン押し」の2つの方法がある。そしてAFモードには「イメージャーAF」と「ハイブリッドAF」そして「全押しAF」の3つがあって、その中からどれかをメニューで選ぶ。ディフォルトは「イメージャーAF」だ。
 さらに、ライブビューAFでは、「コントラストAF方式」と「位相差AF方式」の2つに対応している。でも、コントラストAF方式でピント合わせをする場合には、他のメーカーのように正確にジャストピントで撮影するには「対応レンズ(いまは3本のみ)」でないとだめ。それ以外の「非対応レンズ」では、コントラストAFでピントは合わせられるけれど、正確なジャストピントは得られない。露光直前に位相差AF方式の手助けを得て正確にピントが合う。


 つまり、E-420のライブビューでAF撮影をやろうとすると ―― 「シャッターボタンの半押し」、「AEL/ AFLボタン押し」、「イメージャーAFモード」、「ハイブリッドAFモード」、「全押しAFモード」、「対応レンズ」、「非対応レンズ」 ―― と、これだけの“パラメータ”を組み合わせるわけで、組み合わせ方によってはAFができなかったり、AFができてもピントが正確に合わなかったり、コントラストAFになったり位相差AFになったりする。
 ここでさらに、測距ポイント(3点または11点)を選んだり、移動させたりすると、ますます混乱してしまう。このへんがもうチットわかりやすく整理整頓できればもっと評価されていたのに。

 そこまできめ細かくAF対応するなら、操作方法を少しわかりやすくすべきではなかったのかということが不満点。いっぽうで、感心する点としては、よくもここまで、きめ細かくAFに対応しようと努力をしているよなあということ。
 ま、それにしても、オリンパスはE-420といった、どちらかと言えば初心者向けのクラスのカメラにも、手抜きいっさいせずに過剰とも思える高機能を惜しみなく盛り込んでいることには驚かされるけどね。使いごたえのあるカメラだ。

 E-420ユーザーのための、ややこしい話(奥の深い話)、さらに明日につづく。

E-420に手ブレ補正がほしいなあ

オリンパス・E-420+ZUIKO DIGITAL 14?35mmF2
 E-420の発売が始まったとたんに今度はE-520が発表されましたね。以前に、E-410とE-510のときにも言ったことだけど、ぼくとしては文句なしにE-520のほうがいいと思っている。というと、E-420を買ったばかりの人は不愉快に感じるかもしれないが、なにもE-420がワルいカメラだなんて毫も言っているわけではない。E-420の小型軽量は大いに魅力はあるけれど、しかしぼくは手ブレ補正があるという、その一点でE-520が好き。

 E-420で撮影しているとブレてばかり。これが困る。最近は、手ブレ補正内蔵のカメラやレンズ、あるいは、高感度でばりばり撮れるカメラばかり使っているもんだから、低速シャッタースピードでも暗くても、「だいじょうぶ、写る、写せる」と気分的にお大尽になってE-420でも、つい軽い気持ちでシャッターを切ってしまう。そしてブラしてしまうことが多い。結局は自分の責任なんだけどね。


 本心を言えばですよ、オリンパスにはぜひナンとかがんばってE-410からE-420にするときにボディ内手ブレ補正の機構を組み込んで欲しかった。
 あの小さなボディに手ブレ補正機構はとても入らない、むちゃ言うなよ、といわれるだろうし、そんなことするとE-520の「立場」がなくなるじゃないか、販売戦略上もめちゃくちゃじゃないか、いったいE-520は誰が買うんだよ、とのご意見ももっともでありますが、もしE-420手ブレ補正対応可能ならば、E-520には「プラスα」を入れるんですよ。
 例のとっておきの、ほら、あの“画期的な”機能を組み込めばいいではないですか。オリンパスはキヤノンのように“出し惜しみ”をしちゃあイカンですよ。いまこそ真っ向勝負ですよ。

マイナス25点の補足説明

オリンパス・E-420+ZUIKO DIGITAL 25mmF2.8
 E-420は総合得点75点。マイナス25点。その理由はカメラの操作が煩雑で非常に難しいからだ、ということを述べた。これについて多少、誤解を招いたようで ―― E-420を使っているがナニも難しくはない、むしろわかりやすくて使いやすいカメラだ、とのメールを頂いた ―― そこで、補足説明。
 そもそも、モノを単純に「点数」で評価するという手法がイカンですね。別段、深い意図も意味もなかったんだけど、これは反省。ただ、点数で「断定的」に表現したほうがわかりやすいところもなきにしもあらず、というのも事実なんですけれど。

 E-420に限らず最近のカメラはどれも、箱から出して電池を装填してそのままの標準設定で撮影しているぶんには、タイヘンに使いやすい。難しいところなどまったく感じないはずだ。初期設定では、誰でもが失敗なく簡単に写せるように、そんなふうに作ってあるからだ。
 そのことは、高級機種のキヤノン・EOS-1Ds Mark IIIでもニコン・D3でも、初心者向けのEOS Kiss X2でもD60でも、そしてこのE-420でもまったく同じである。搭載されている撮影機能についても、プロ用の高級機種も初心者用の低価格機種も基本的には「大差」はない。プロ用の機種だから超多機能で、初心者用の機種だからシンプル機能にしてある、といったようなカメラは、いまのデジタル一眼レフカメラではほとんどお目にかかれない。むしろ、初心者用のカメラのほうが機能が豊富で多彩であることさえある。E-420もそうだ。


 たとえばE-420と同じオリンパスの最高機種であるE-3を、撮影機能だけを比べてみたとき、ほとんど互角か、いやE-420のほうが機能的には上をいっていると感じるところもなくもない。超多機能なE-420ではあるが、備わっているあれこの機能を活用せずに、ほとんど標準設定のまま使うぶんには、まるでコンパクトデジタルカメラのように簡単に容易にわかりやすく使いこなせる。
 ところが ―― ここがかんじん ―― 一歩二歩、カメラの中に入り込んで備わっている機能を活用しようとすると、とたんに混沌の世界に迷い込んでしまうような(ちょっと大袈裟か)、E-420にそんな印象を受けたわけです。

 ライブビューモードで対応レンズと非対応レンズを使い分けたときのAF測距方法やシークエンスの複雑さ。Fnボタンとドライブモードボタンにショートカット機能を持たせたときの使い方。仕上がりモードの設定がスーパーコンパネ表示とメニュー画面から選ぶときのGUIが異なること。RAWモードで撮影したときにカメラ内の画像編集をどのように使えばいいのか。などなど、これらはほんの一部だけれど、ぼくには、とっても難しく感じたわけだ。
 その点、EOS Kiss X2など、憎いほど、わかりやすくできている。D60も、多機能だけどよく整理整頓されている。ペンタックスのK200Dも操作性が良く使いやすい。これらのカメラは、機能を活用しようとカメラの中に入り込んでも、迷ったり悩んだりすることが少ない。

 というようなことを軸にして考えてみると、どうしても「マイナス25点」になっちゃったわけです。「25点」の数字に論理的な理屈はないです、イメージです。
 ちょっとしたことだと思う。ほんの少し、ユーザーの使い勝手のことを考えてインターフェースを工夫してくれれば、E-420は、もっともっと素晴らしいカメラに仕上がっていたと思う。オリンパスに今後の改善を希望しての「マイナス25点」と思ってください。僭越ですけど。

総合得点75点

オリンパス・E-420+ZUIKO DIGITAL 14?35mmF2
 E-410のモデルチェンジ機種。撮像素子はほぼ同じで(少し性能アップ)画素数も約1000万画素で変わらず。以下、E-410とE-420の相違点など ―― いい加減にメモしてたのでそっくり信用しないように、ご注意。順不同。

 (1) 液晶モニターが2.5インチ型から2.7インチ型に少し大型化 ―― 画面サイズが大きくなって、さらにだいぶ視認性も良くなった、キレイ。(2) 「階調オート」機能を搭載 ―― 階調オートとは、例の「シャドーアジャストメントテクノロジー」機能のこと。不満がなくもないが注目したい機能の1つ。詳細は機会があればいずれまた。
 (3) 撮像素子のNMOS(Live MOS)センサーの性能が向上 ―― E-3のそれと、性能的には“同じ”との感触を受けた。オリンパスは、E-3のそれのほうがだんぜんイイっ、と言い切っていたけれど。E-420の画質もイイです。高感度性能アップ、ノイズレベルが改善されたそうだ。画質などについての詳細は、いずれまた。

 (4) ワイヤレスフラッシュ機能を搭載 ―― E-3の機能と同じく、内蔵フラッシュがコマンダーとなってコードレスでストロボ自動発光。使ったことがないので詳細不明。(5) 連写スピードが3.0コマ/秒から3.5コマ/秒にアップ ―― 体感的にはまったくわからん。あんまり興味なし。


 (6) ライブビューモードでコントラストAFが可能に ―― コントラストAFに対応するレンズに制限あり、14?42mm、40?150mm、25mmなど数本のみはやや高速でAF。AF測距だけについては好印象。詳細については(ハナシが長くなりそうなので)いずれまた。(7) 顔検出機能搭載 ―― フェイスキャッチテクノロジーによりAEも補正、最大8人までの顔検出。ライブビュー撮影のときに有効。
 (8) オートホワイトバランスの精度向上 ―― 安定性が相当に向上しましたからぜひチェックしてみてくださいね、と自信満々に説明された。乞うご期待。でも半信半疑…。(9) コンパクトデジタルカメラで初めて採用された「パーフェクトショットプレビュー」機能を新搭載 ―― ライブビュー中の液晶画面に露出補正やホワイトバランスの設定を変えた画面を分割し比較表示する。その画面を参考にして最適な設定を選びなさい、というもの。

 価格も安いし、小型だし軽量なのがセールスポイント(でも、手ブレ補正機能がない、これがいちばん残念っ)。細かなところで、あちこちツメの甘いところがあるけれど ―― カメラづくりのウマいオリンパスだから、なおさら不満も大きくなるのだ、でも、総合的に見れば良くできた魅力的なカメラに仕上がっております。総合得点、75点。意外に思われるかもしれないが、カメラの操作が煩雑で非常に難しいことで、マイナス25点。