いま、コンパクトカメラに求められるべきもの

リコー・GX200 + TELE-CON(TC-1)
 昨日のつづき。
 画質が「良いとか悪い」とかの客観論的な評価軸にいつまでもしがみついているんじゃなくて、そのカメラの画質が「好きか嫌いか」といったもう少し自分自身に根ざした評価軸で画像を見てみるべきなんじゃないだろうか。そういう意味で言えばGX200の写る画像は、個性的で独自性があってぼくは好きですねえ。画質が良いか悪いか? 良いですよ、ノイズ処理のやり方にぼくとしてはちょっと不満もあるけれどGX100に比べれば格段にシャープで解像力も高く、階調描写力も良くなっている。コンパクトカメラとしては上等じゃないでしょうか。……でもツマらないよねえ、こんなハナシするの、ほんとナンセンス。
 ところで、コンパクトデジタルカメラの画質の“悪さ”を証明したいがために、デジタル一眼を持ち出してそれとコンパクトカメラを撮り比べる人がいますね。「ほら、デジタル一眼のほうが画質がいいじゃないか」って。なーんにもわかっちゃいませんね。やってることがめちゃくちゃ。


 ぼくがコンパクトカメラの高ISO感度での、とくにノイズにたいして、もともと淡泊なせいかもしれないが、それにしてもコンパクトカメラの画質がもうここまできてるんなら、それでまぁ良し、ほぼ合格点でいいんじゃないかなあと思う。
 ここでひと言つけ加えるとすれば、「画質」ってひと言でいってるけれど、通常感度のでの写り、高感度でのノイズの処理、それによる解像感の低下具合、階調描写性能や発色傾向、AWBの安定性、そしてレンズ描写力などなどを総合的に「見て」、そうしたうえでそのカメラのポジショニングやユーザーターゲットなども「見つつ」、良いとか悪いとかを言うようにしているつもりだけどね、ぼくは。

 むろん、いまよりもさらに画質が良くなるに越したことはない。そう望みたい。いや、だからといって、画質を向上させるためにカメラ開発のパワーの多くを投入しすぎて、結果的にコンパクトカメラに求められる他の大切なものの進化がストップしてしまうのは、それはいやだね。

 先日、コンパクトカメラに求められる大切なもの、について少し感想を言った。繰り返すけれど、いまのコンパクトカメラに大切なものは、操作性、愉しさ、そして外観デザイン、この3つではないかと思う。
 そのへんのこともリコーはよくわかっていて、そのあたりの“ツボ”を押さえたカメラを作ってきている。なお、言わずもがなのことだが、だからといってリコーの開発の人たちが画質のことを二の次に考えているというわけではない(と思う)。GX200の画質向上のための新しい機能を見てみるだけでなんとなくわかるけれど、相当にがんばってあれこれ工夫も凝らし画質を少しでも良くしようとしてますよね。

画質、画質っ、画質うーっ

リコー・GX200
 先日、このGX200の記者発表会があった。近頃、新製品コンパクトカメラの、たった一台のために、わざわざ発表会をするなんてメーカーはリコーぐらいしかない。それだけ見てもリコーの元気さと新製品に対する意気込みが伝わってくる。さて、ひととおりの説明が終わったあとに短時間のQ&Aがあった。そこで、出席者の1人が「GX200の画質はどうなんですか、GX100と比べて良くなっているんですか?」といったような質問をした。なんと…。
 そもそも、発表会の席上で、カメラの作り手側の責任者に向かって質問するような内容ではないと思うよね。「悪くなってます」とか「まあ、そこそこですね」なんて言うわけないし(最近の新製品のカメラが“悪くなっている”なんて考えにくいし)、とうぜんながら「良くしています」「良くなっています」と言うに決まっている(責任者としての立場上もね) ―― 実際、その通りのきっぱりした回答だったけど。たとえば、生まれたばかりのこどもの父親に向かってですよ、「可愛いと思いますか」と聞いているのと同じ。極めつきの愚問。


 画質がそんなにも心配なら、自分で撮るなり比べるなりして ―― ここがかんじん、大切 ―― 自分の眼力でしっかりと判断して、そうしてから自分の意見として画質をどうのこうのと言えばいいことではないのか。メーカの、それも責任者にですよ、新製品のお披露目発表会の席で、わざわざ問いただすことでもなかろう。質問の「真意」もよくわからないなあ。

 じつはもうそろそろ、コンパクトカメラの新製品が出るたびに、画質がどうのこうのと目くじら立てて言うをやめりゃあいいんだよね。なんだか、最近それがとってもナンセンスなことのような気もする。もちろんコンパクトカメラの画質がどーでもいいなんてことを考えているわけではない。一眼デジタルがいまのような状況になっているからこそ、コンパクトカメラには画質よりも「大切なもの」があると思うからだ。それに、最近のどのメーカーのどのコンパクトカメラの画質も必要にして充分なレベルにある。もし、それでもなおコンパクトカメラの画質にこだわり神経質にならざるを得ないというのなら、迷わず高級一眼レフに目を向けるべきだね、いまの時代なら。

苦肉の、自動開閉式レンズキャップ

リコー・GX200
 このGX200は、言うまでもないがGX100の後継機種。そのスタイリング(外観デザインや操作系、大きさ重さなど)は旧型とほとんど同じだが、しかし中身は相当に進化している ―― GR DIGITALからGR DIGITAL2になったときとよりも改良点は多い。
 ユーザーからの要望や不満やらを文字通り真摯に受け止めて、マジメに改良に取り組んだ様子がGX200を使ってみるとよくわかる。そのコンセプト、というかカメラの狙いも、ユーザーターゲットもよくわかって作っているようだ。最近の、GR DIGITAL2やR8や、そしてGX200を見ていると、リコーは自分たちの“歩むべき道”をよく理解してきたかのように思う。少し前まで、どこに行くべきかちょっと迷っているところがあったのが、ここ1?2年ですっかり、そうした迷いが吹っ切れてしまったようだ。なんだかエラそうな物言いになりましたけど。


 コンパクトデジタルカメラを作っている多くのメーカーが、いま暗闇の中で壁に突き当たってしまって自分たちの進むべき道がわからなくなり ―― “自分の両足”を使って進める道はたくさんあると思うんだけど ―― 国内や海外の他メーカーに放り投げてOEMやODMでカメラを作ってもらっている状況で、リコーのように元気一杯に歩いていると、販売台数がそれほど多くなくても、目立ちますねえ。

 さてGX200、とにかく機能は“てんこ盛り”だ。まるで、「デジタル一眼レフが相手だ、さあ、かかってこい」、と言わんばかりの雰囲気がGX200のあちこちから滲み出ていて、それを見ているだけでも、じつにおもしろい、たのしい。
 GX200の注目のあれこれ機能については、ま、機会があれば紹介するとして、なんといってもいちばんの目玉は、自動開閉式レンズキャップだろう。はじめてそれを見たとき、笑うよりもまえに、そのアイディアの奇抜さと、それを製品化した勇気に驚いた。GX100でのレンズキャップの不満がどれだけ大きかったか、リコーがどれだけツライ思いをしてきたか、この新型レンズキャップを見ると手に取るようにわかる。
 さぁ、どんな動きをするのか。ま、ちょっと この開閉シーン を見てくださいよ。カシオ・EX-F1を使って写した約20秒ほどのスローモーション動画。実際は、もっと素早くシャキッと開閉する。まるで、びっくり鳩時計だね、こりゃあ。

良い写真を撮るための形而上的ヒント、つづき

キヤノン・EOS Kiss F + EF 24?105mmF4 IS
 以下、大上段に振りかざして言うほどの内容でもないけれど。
 カメラを構えて「さぁ、これから写そう」、としている被写体は、後左右ぐるりと空間が繋がって広がっていて時間も、継続連続した世界だ。そのうえ、写真の中には封じ込めることのできない音や匂いや風やなにやかやが複雑に絡み合って、それを見て感じてそしてなにかに感じて(感動して)、カメラを構えて「表現」をしようとしているわけですね。感動に強弱、大小はあるにせよ。
 でも、そうした“現実”のもろもろの状況は写真には写らないわけです。音も匂いも時間も、連続した空間も写真に写すことは(不可能とはいわないけれど)写すのはひじょうに難しい。写せるのは、上下左右に広がった三次元空間(立体世界)の中から、限定された四角の部分を切り取った範囲だけであって、そのうえ範囲を決めて写したとたんに二次元空間(平面世界)に変換されてしまう。その瞬間、被写体の空間的時間的な連続性は断ち切られてしまいます。


 くどいようだけど、現実を写した写真は、現実のように見えるけれどそれはまったく違う。虚構の、完全平面の、四角い枠で囲われた限定された空間世界です。結局は、写真を見る人 ―― 家族であったり友人だったり、まったくの見ず知らずの人たち ―― の想像力に頼って「現実世界」をアタマの中で創り上げてもらうわけだ。そこで初めて写真を撮ったあなたの視線と感動を“共有”してもらえるわけです。

 これが“撮影”ということなんだ、ということを少し知ったうえで撮るだけで、たぶん、それを考えもせずに撮っていたときよりも写真はぐんとよくなると思う。中には、そんなこと毫も考えずにウマい写真を撮る人がいるけれど、それは生まれつきのセンス。ついでに、誤解を恐れずに言ってみれば、カメラやレンズや画質の良し悪しは、写真の良し悪しとはあんまりかんけいないと思いますよ。

良い写真を撮るための形而上的ヒント

キヤノン・EOS Kiss F + EF-S 55?250mmF4?5.6 IS
 写す被写体は、家族でも風景でも花で虫もなんでもいいとしましょう。その写真を撮ろうとしてカメラを構える。そして、フレーミングする。こだわりの程度の差こそあれ、まず、写す範囲を、構図を考えるわけですね。
 このとき大切なことは、まず、アタマを切り替えて ―― ここが大切 ―― ファインダー(あるいは背面液晶)の画面に集中することです。これから写そうとしている被写体が映し出されている画面に集中すること。ファインダーの画面を隅々までよく見て、そしてその画面内を整理してみる。余分なものが写り込んでいないか、かんじんなものが欠けてないか、ものがバランス良く配置されているか、写真の明るさをどのように仕上げるのか、などなど。そういった画面構成をするのです。
 ここでは、可能な限り出来上がりの写真をイメージすることだ。仕上がりをイメージしながら、そう、ちょうど絵を描くように画面を構成することです。ここもポイント。


 画面の構成は急いで直感的に素早くやってもいいし、じっくりと時間をかけて構成をしてもよろしい。悩む時間の長短、そんなことはどうでもいい。かんじんなことは、カメラを構えたら、そこでいったんアタマを切り替えて、これから写そうとする画面をどのように構成しようかという気持ちになることです。絵づくりする気持ち。被写体をよく見つめ、それからファインダー画面をじっくりと見つめる。写真はすべからく「見る」ことに始まり「見る」ことで終わる。心眼だけでは写真は写りません。「思わずシャッターを切った」と言ったりする人がいますけれど ―― 気持ちはわからぬでもないが ―― そりゃヘタな人です、そんなことしてればいつまでたっても写真はウマくなりません。
 被写体が家族だろうが、花や風景だろうが、見慣れた日常の景色だろうが見たものを写すということは「表現する行為」そのものじゃないですか。表現するからには、そこにわずかでも工夫がなけりゃいけません。被写体を見て、カメラのファインダーを見て、その画面を構成することが、すなわち表現のための工夫です。シャッターを切る前に、少し工夫すれば写真は必ず良くなります。
 プラスアルファの魅力が乏しいカメラ、と、このKiss Fのことを言ったけれど、でも、そんなKiss Fにも「工夫」を手助けしてくれる機能がいっぱいつまっておりますから、それを使って工夫して写せばきっと良い写真がものにできると思いますよ。

CITROEN DS21 Pallas

キヤノン・EOS Kiss F + EF-S 55?250mmF4?5.6 IS
 EOS Kiss Fの発売は日本とアジア、そしてヨーロッパだけでアメリカはいまのところ発売が未定。なぜ、アメリカで売らないのだろうか。このへんがとても興味深い。いずれ時期がきたらアメリカでも売るだろうけれど、あれだけの大きな市場を、さておいて、というのが不思議な感じもしないでもない。
 円高のせいだという人もいれば(相当に低価格で輸出しなければならない)、国内のシェアを、とにもかくにもニコンから奪うことが第一目的だからという人もいる(今年のキヤノンは国内シェアについては“首位奪還”のためになりふりかまわずなのだ)。いっぽうでは、Kiss X2のせっかくの売れる市場をこのFで“喰いあう”んじゃないのかと心配する人(や、楽しみにする人)など、いやはやなにかと話題のカメラですね。


 まだ発売前だけど ―― 今月末の予定 ―― 発表した時には、キヤノンが希望する販売価格が「7万円前後」ということらしい。でも、使ってみた印象では、そりゃあちょっと高い(ように感じた)。たぶん、実販価格は早々にボディが5万円半ばに、標準ズームキットが6万円半ばぐらいに落ち着くのではなかろうか(見方がアマいかな…)。

 Kiss Fのカメラとしての性能や使い勝手、機能がどうのこうのだから、“7万円は高い”と思ったわけではない。Kiss FはKiss X2に負けずとも劣らぬほど良くできている。ごくごくふつーに使っている限りでは、性能的には不満などかけらも感じさせない。備わっている機能も必要にして充分。ところが、ナニかが足りないのだ。
 うーんなんと言えばいいのかなあ、Kiss Fで写真を撮っていても、もうひとつ、わくわくどきどきしないのだ。備わっているあれこれの機能を活用し、チャレンジして写してみようという気持ちにも、あまりならない。当然だけど、撮った写真を見ても、「おおっ、こんなふうに写っていたのか」といった驚きは皆無。ふーんっ、あ、そう、といった感じをよくする。
 なんでだろうか、と、つらつら考えてみたら、「プラスアルファの魅力」が乏しい(ない)からではないかと。これからの、とくに低価格のデジタル一眼は機能、性能一辺倒、ではだめで、機能や性能とは別次元の、もうひとつの「プラスアルファの魅力」が盛り込まれていないと値頃感として高く感じてしまうんではないだろうか。ウマく言えないけれど…。

流し撮りモード

カシオ・EX-F1
 F1は超高速連続撮影の機能やハイスピードムービー撮影の機能ばかりが注目されているけれど、ほかにも、いくつか魅力的な、そして見逃せない(おおいに将来性のある)機能がある。その一つが「流し撮り」なのだ。撮影者は、いちおう被写体の動きにあわせてカメラをパーンしながらシャッターを切る、といった本来の流し撮りの作法をおこなわなければならないが、しかしF1のこの流し撮りモードで撮影すれば、初心者でもヘボでもドジでも(よほどのへそ曲がり的ヘタ以外は)プロ並みの流し撮り写真が得られるというものなのだ。
 高速連写の機能を応用して、瞬間的に複数枚の画像を得て、その中から数枚を選び画像処理をおこなって重ね合わせ、その結果、擬似的な一枚の流し撮りの写真に仕上げるというものだ。擬似的、とは言ったけれどよほど目を凝らして見ないことにはまったくわからないほどの“プロ並み”の流し撮り写真になる。自慢じゃぁないですが、ぼくはそもそもクルマの撮影が専門で、F1(こちらはレーシングカーの)からWRCのラリー車や草レースなどなどで、もうイヤっ、というほど流し撮りをやってきましたから、流し撮り写真については相当にウルさい。そのぼくが、うーんこれは良くできておる、と感心した。


 そこで、「いったい、どんな処理をやっておるんでしょうかねえ?」とカシオに尋ねたんだけど、しかし「あれこれありまして詳細はいっさいお話しできません」と相当にクチが堅い。ま、それはそれでしょうがないよなあ、それを話してしまうと、この先、つぎにカシオがやろうとしていることが見えてくるんだもん。なお、上の写真を子細に見れば、勘のいい人ならどんなことをやっておるのかがわかるはずですぞ。

 流し撮りモードはBS(ベストショット)モードの中の1つ。流し撮りを選ぶと、自動的にシャッタースピードは1/60秒に固定される。つまり1/60秒のシャッタースピード優先AEになる。ほんらいの流し撮り撮影は、(1)被写体のスピード、(2)被写体との距離、(3)被写体の移動する方向、(4)レンズの焦点距離、(5)ブラす量、などを考えて最適なシャッタースピードを選ぶのだが、F1では1/60秒固定。だからゆっくりと動く被写体を流し撮りしても、それほどブレが大きくはならず“動感”が表現しにくい。
 ところが、F1の流し撮りモードで写すと、あら不思議、背景がキレイに流れていかにもスピード感溢れる流し撮り写真になっておるのだ。クルマ、バイク、自転車、走る人、歩く人、昼間、夜間などなどで試してみましたけれで(おもしろいんだよ、これが)、結果は予想以上でしたね。

60コマ/秒の高速連写

カシオ・EX-F1
 すでにご存じのことだろうけど、超高速連写や超スローモーション動画が撮れるカメラとして話題になっている ―― 「いた」かな ―― のがこのカシオのF1。高速処理が可能な600万画素CMOSを活用しての高速撮影機能である。今年末から来年春にかけて、このようなCMOSを撮像素子に使ったカメラがあちこちから出てきて、20コマ/秒や30コマ/秒の高速連写機能なんて、たぶん当たり前、となってくるだろう(むろんCMOSだけじゃなく高速の画像処理チップも必要だけど)。
 このF1はといえば、最高60コマ/秒のハイスピードで600万画素フル画像が記録できる。ただし撮影可能枚数は最大60カットまで。ということは撮影時間はたったの1秒間だけど、しかし、タイミングに合わせてシャッターを押す直前のシーンを記録し続けくれる機能もあるので、ソレを利用すればタイムラグのせいで一瞬のチャンスを逃すこともない(パスト連写機能)。


 さらにハイスピードムービーの機能も、愉しい、すごい、驚き。秒300フレーム、600フ
レーム、そして1200フレームで動画撮影ができるのだ。F1のカタログには「今まで業務用の映像機材でしか撮影できなかった超スロー映像を手軽に記録することができます」と自信満々に書いてあるが、まったくもってその通りだと思う。
 F1の動画は、300フレームの画像が512×384pixelサイズはまあいいとしても、600フレームや1200フレームになると、画面中央部をクロップしてがっくりと小さな画像サイズになり、そのうえパノラマ画像じゃないかとおもわれるような横長の画像になってしまう。使い始めたときにこれには相当に戸惑った。

 ところで、先日、ある新聞のまるまる1ページを使ったF1の広告があったけれど、そこで(たぶん)1200フレーム/秒の“威力”を伝えるためだろう大きな実写写真(水を含ませた風船がわれる瞬間)が掲載されていた。でもどう考えても、1200フレームのあの小さな画像から、いくら新聞の印刷とはいえあれだけのクオリティの高い画質はないだろう…なーんて“大人げない”ことを考えてしまった。とはいえ、いままでに視覚的に経験したことのないようなシーンが手軽に写せて愉しめる。そのことだけでも大変に価値のある「カメラ」だと思う。

ラブ度

富士フイルム・FinePix Z200fd
 「恋するタイマー」とは、それにしてもいいネーミングを選んだもんだ。しかし、その英語表記はといえば、まったくもってどーってことない「カップルタイマー(COUPLE TIMER)」。もし日本語表記でこんなネーミングだったら興味半減、愉しさ半ばだったろうと思う。
 いまのコンパクトデジタルカメラは、ココが大事、ソコがポイントなんですよ ―― 画質がどーの、ノイズがどーの、と、むろんそれをまったく無視するわけにはいかんだろうけど、でもねえ、まるで錐の先で揉み込むようにそんなことばかりに汲々とするようなもんでもないよコンパクトカメラは、ほんと、いまこそもっと大切なものをユーザーもメーカーも見きわめる必要があると思いますよ。コンパクトカメラのイノチは、使い勝手の良さと愉しさとデザインです。


 「恋するタイマー」モードは、基本的には二人の顔をカメラを検知して自動的にシャッターが切れるのだが、その顔の近づき具合(距離)を3ステップの中からあらかじめ設定をしておく。その近づく距離3ステップを「ラブ度」とフジは名付けた。これもウマいネーミングだ。ちなみに英語表記ではディスタンス(DISTANCE)、これじゃ即物的すぎてツマらん。やはり「ラブ度」しかない。
 そのラブ度の3ステップは、「お友達(手をつなぐ距離)」、「仲良し(肩を寄せた距離)」、「ラブ(顔を寄せた距離)」である。ラブ度の距離が近くなるに従ってハートマークが出てくる(おじさんはちょっと照れるけど、まあ、いい…)。たとえば最強の、「ラブ」モードにすると、二人が密着するほどに近づかないとなかなかシャッターが切れない。しいて不満を言えば、シャッターが切れるまでの「演出」にちょっと工夫が足りないことか。ドラマチックな演出まではいらないけれど、もう少しわかりやすく愉しく演出してくれれば、たぶんこどもにも大うけするに違いない。このへんに、フジのカメラ開発者の人たちの“照れくささ”が見え隠れして、笑ってしまう。

 そうそう、Z200fdはカメラとしては、ごくごくまともです。フジのオーソドックス。露出補正はめちゃくちゃ設定しにくい。でも、そんなことはどーでもいいんです。「恋するタイマー」と「みんなでタイマー」の機能がZ200fdの“すべて”。おじさんたちや少しシニカルな若い人たちはばかにするだろうけれど、いやいや、いまイチオシのコンパクトデジタルカメラじゃないかなあ、買ってソンした…と感じないと思いますけどね、愉しめますよ。

恋するタイマー

富士フイルム・FinePix Z200fd
 メチャクチャおもしろカメラだ。ここ数年に発売されたコンパクトカメラの中で、ぼくはダントツに愉しいカメラだと思う。各カメラメーカーのコンパクトカメラ開発担当者は、このカメラを子細に、徹底的に使い込んで、アタマを柔らかくして、今後、どんなことをすべきか、このカメラにナニが足りないのかをよーく検討してみるといいでしょう。

 Z100fdからこのZ200fdになったわけだが、画素数が800万画素から1000万画素に変わったぐらいでカメラのデザインなどはそのまま。しかしZ200fdには顔検出機能を利用したまったく新しいセルフタイマーモードを搭載。これがおもしろいのだ。「恋するタイマー」と「みんなでタイマー」。そのセルフタイマー撮影の機能を使ってみて120%以上愉しみました。ぼくだけじゃなくて、若い夫婦、親子、中年夫婦、オジサンどうしオバサンどうし、恋人どうしじゃない若いもんどうし、などなどの間で、とにかく大うけだった。大ブレーク。
 その、とあるパーティーで、「恋するタイマー」に大ブレークして愉しんだ人たちの写真が(ちょっとゆえあって)紹介できないのがじつに残念だ。


 どんなセルフタイマーの機能なのか、ま、ぜひ自分で試して欲しい。実際にやってみればその愉しさが(ぼくがあれこれ言うより)百倍以上、よくわかると思う。ただし、カメラ屋さんの店頭などで「試写」するのには、他人の冷ややかな視線を無視する勇気と、それを一緒にやってくれる仲間が必要だけど。もし、その勇気がないならこのZ200fdを買ってこっそり二人で試してみるというのもいいでしょうね。きっと後悔しないと思う。

 「恋するタイマー」はカンタンに言えば、自分たち(二人)にカメラを向けただけで顔の近づき具合を自動検知してピントを合わせ露出を合わせて自動的にシャッターが切れるというもの。お互いの顔の近づき度合いをあらかじめ設定できる(3ステップ)というワザを入れ込んでいる。
 でも、よくもまあ、あの、カタブツ揃いのフジのカメラ設計のひとたちの中から ―― 皆んな知らないだろうけど、ほんとカタブツでマジメ一徹おじさんばかりなんですからねフジは ―― こんなにもユニークで斬新で思い切ったアイディアが湧いて出たもんだと感心することしきりであります。ちなみに、この「恋するタイマー」の素晴らしいネーミングは入社数年の若い女性社員だったそうだ。いやしかし、その提案をOKしたフジの担当者の“勇気”に大拍手を送りたいです。

完全マニュアル露出モードを搭載

ソニー・Cyber-Shot W300
 ほんと良く写る。素晴らしい解像描写力だ。少しカタボケがあったのは残念で、それはぼくの使ったカメラだけかどうか不明だけどレンズそのものの「素性」はとても良い。画像処理も大変にうまい。レンズはたぶんどこかからユニットで買ってきてそれを組み込んでいるんだろ。カタボケの原因はレンズ製造側か組み立て側かわからないがいずれにしても製造技術の品質管理をもう少し向上しないといけないですね。今後、もっと高画素化が進むのだろうから、製造上のちょっとした“甘さ”が顕著に結果に表れてくるようになるに違いない。カメラやレンズを作る側としては辛い時代になっていると思う。
 ま、それはともかく、今年の秋か来年の春に出てくるかもしれないソニーや、ソニー以外の1400万を越える画素数のコンパクトカメラがどんな写りをするのかおおいに楽しみだ。画素数がアップして、レンズもぐんぐん良くなり、画像処理技術も向上して、手ブレ補正機能やAF性能もさらに安定してくればコンパクトカメラはもっともっと良くなるはず。


 画質ももちろん良くなるだろうけれど、今後、まったく新しい撮影機能が盛り込まれてくるに違いない。とにもかくにも一眼レフとは違ったカタチでコンパクトカメラが進化していかないことには ―― コンパクトカメラならではの、画期的な機能や斬新なデザイン(スタイリング)は必須条件 ―― そうしたものが欠けていれば、そもそもその存在意義もなくなってしまうじゃないか。いままでのコンパクトカメラの企画や開発のセオリーをいつまでも踏襲してカメラを作っていったのではどうしようもない(と思う)。
 このW300だってそうだ。確かに高級一眼レフに匹敵するほどの高画素で高解像力の写真が気楽に撮れるけれど、はっきりと言ってしまえば、ただそれだけじゃないか、と言えなくもない。露出補正をすることさえままならぬのに、このW300には“完全マニュアル”露出モードを備えている。フジのようにオートだけどネーミングだけマニュアルというのとは違い正真正銘の、絞りもシャッタースピードも自分でコツコツと合わせるマニュアル露出モードだ。とくにWシリーズはアメリカ市場を最優先しているカメラのようだけど、アメリカ人てマニュアル露出で撮影することってそんなに多いのか、はてな。

1360万画素のコンパクトカメラ

ソニー・Cyber-Shot W300
 1/1.7型の1360万画素CCDのコンパクトカメラ。この1360万画素CCDを使ったカメラが、キヤノンやオリンパスやニコンなどから今年の春モデルとして続々と出てくると予想していたのだけど、ぼくの、大はずれ。出てきたのはただソニーの1機種だけ。
 ソニー以外の各社が1360万画素CCDを“見送った”のは「そのCCDはあまりよろしくない…」ということらしい(だいぶ前にそんな話を聞いた)。ところがどっこい、このW300を使ってみて写りの良さに驚いた。なかなかいいじゃないですか、これ。まだ比べてはいないけれど1200万画素CCDよりも“素性”が良さそうな気もしないでもない。いや、CCDがどうのこうのというよりも画像処理が良くなったのだろうか…どうもそのへんのことが、いまのところソニーのこのW300だけなもんだからよくわからない。それはともかくも、やはり高画素による解像力の圧倒的な威力は素晴らしい。


 いややはり1360万画素も、いずれやってくる1400万画素を越える撮像素子の時代になれば ―― オーバー1400万画素はもうすぐだろう ―― レンズ性能が今後さらに、もっと重要になってくる。この、ぼくが使ったW300の内蔵レンズは、(ソニーにしては…)相当に良かったのだけど、それでもやはり広角側の画面周辺部でわずかだけどカタボケが見られ、そこの描写は1360万画素の高解像度だから余計にアラが目立った。もっと低画素ならこれほど気にならなかったかもしれない。そんな程度のカタボケ。
 でも、このズームレンズはちょいと望遠側にズームしたり広角側でも画面真ん中あたりの描写性能はすごく良い描写でありました。惜しむらくは、ごく平凡な3倍のズームであったこと。ズーム倍率よりも描写性能を優先させたのだろうかソニーは。
 操作系での不満は露出補正のやりにくさ。従来の機種を見返してみても、ソニーはころころと、露出補正ボタンをオモテに出したり引っ込めたり、ほんとよく気が変わる。どうして露出補正の設定をメニューの奥底に仕舞い込んでいるの、とソニーに聞いたら「調査してみるとソニーのコンパクトカメラはカメラまかせのオートで撮影する人が多いから」というのが理由なんだそうだ。なんだかよくわからん回答でした。