リコーのダイナミックレンジ拡大機能

リコー・CX1(試作機種)
 リコーはおもしろい(興味のある)カメラを、“シラフ”の顔をして、つぎつぎと出してくる。この新しいネーミングの「CX1」もそうだけど、新シリーズのカメラかと思いきや、 R10の後継機種だがR11とせずに、しらーッと、CX1としたことも、いかにもリコーらしい。
 ごく短期間だけど先日、少し使わせてもらった。ボディの外観スタイルはR8やR10とそっくりなんだけど ―― カメラのデザインはR8がいちばん良いと思う ―― 従来のRシリーズとははっきりと違う機能や機構がいっぱい入っております。
 以下、カンタンに言うと、1つは、1/2.3型の910万画素CMOSを採用していること。リコーはなにも教えてくれないが、たぶん、カシオのEXILIMシリーズ、サンヨーのXactiのHD2000が使っているモノと同じだろう、ソニー製か。このほか、コンパクトカメラに1/2.3型クラスのCMOSを使っているのはキヤノンのPowerShot SX1があるけれど、このCMOSはキヤノン自社開発(と、言っている)。小さなサイズのCMOSは、今後、コンパクトカメラの撮像センサーの主流となるのは確実で ―― いまは、ちょっとある事情があって各社とも採用に踏み切れないようだけど ―― CMOS採用になれば、いままで「不可能」だったことがいっきに解決して撮影機能は飛躍的に広がるに違いない。その証拠に、カシオの新しい撮影機能の数々を見ればわかるし、そう、このリコー・CX1の新しい撮影機能もCMOSならではのものだ。
 …カンタンに、と言ったにもかかわらず、また、くどい話を続けてしまった…。


 CX1の注目する撮影機能としては、最大で12EVもの ―― この数値の解説は省略、詳しく述べれば、また話がくどくなる ―― 広いダイナミックレンジの画像が得られる「ダイナミック拡大」の機能を備えていること。フジのFinePix F200EXRと“似た”ところも多々あって、両機種を撮り比べてみると(少しだけ試してみた)いろんなことがわかって、じつにじつにおもしろかった。
 そのほか、「マルチパターン・オートホワイトバランス」モードというまったく新しい概念のAWBモードや、3.0インチのVGA92万ドットの液晶モニターを採用しているし(コンパクトで3.0インチのVGA・LCDは“初”かな)、そして最大画像サイズで最高4コマ/秒の連写ができるほか、60コマ/秒(2秒間)や120コマ/秒(1秒間)の高速連写ができたり、それを新しいファイルフォーマットのMPFで1ファイルとして記録したり、そこから静止画像を自在に抜き出したり、「マルチパターンAF」機能というのもあって、7コマの自動ピントズラし撮影ができたりもする。

 ま、これらの機能も含め、機会が合れば順々にお話ししていくつもりではありますが、ところで、このCX1なんだけど、いま、誰でもが手にして動作確認することができる試作カメラが「たった一台だけ(リコーの話)」ありまして、それは銀座四丁目の角にあるRING CUBEの8階だったか9階だったかに置いてあるんですよ ―― ぼくはたまたま、数日前にRING CUBEに行ってソレを「発見」しました。「ダイナミックレンジ拡大」と「+標準画像撮影」を合わせて設定して試し撮りしてみると、おっ、と驚くことでしょう。

スーパーiフラッシュ、素晴らしいぞ

富士フィルム・ FinePix F200 EXR
 フジは、ムカシから内蔵フラッシュの調光制御がウマかった。フィルムカメラの時代には「DP(デジタル・プログラム)方式」とよんでいたフジ独自のフラッシュ発光コントロールを搭載していた。
 このF200 EXR以前の機種は、DP方式をさらに進化発展させた「iフラッシュ」を搭載していて、たとえばライトアップされた建物を背景にして人物フラッシュ撮影するときの定常光とストロボ光とのコントロールが絶妙でウマかった。
 ところで、ハナシは少しワキにそれるけど、「定常光」というのは、ストロボ光は瞬間的に光るが、太陽光や電灯光などは常時“光って”いるので、ストロボなどの瞬間光に対してそれらを定常光とよび習わされるようになった。ストロボ撮影でもっとも難しいのが、この瞬間光と定常光の制御バランス。基本的な制御方法は、瞬間光の光量コントロールは絞り値でおこない、定常光の露出コントロールはシャッタースピードでおこなうことなのだ、が、そのような撮影テクニックのハナシを詳しくしてられないので次に進む…。


 さて、フジのそのiフラッシュのストロボ制御をさらに進化させて、新しく“スーパーiフラッシュ”としてF200EXRに搭載されている。このストロボ撮影機能が、タイヘンに優れている。他社のそれとは雲泥の差といってもよい。やや大袈裟な評価だと思われるかもしれないが、このスーパーiフラッシュの撮影機能のためだけにF200EXRを購入してもイイんじゃないか、と、それくらい良いんですよコレが。
 ナニが凄いって、近接ストロボ撮影での写りの良さだ。定常光とのバランスが難しい暗い場所でのマクロ撮影したときも素晴らしい写りをする。メイン被写体が適正露出であることはもちろんのこと背景とのバランスが、これが絶妙なのですよ。広角側のマクロ至近距離は5cm。その最短撮影距離5cmでストロボ撮影をしても(上の写真)、まったく白飛びしないうえに、電灯光で定常光で照明された背景もキチンと写る。不満はただ1つ。フラッシュ発光部の位置がグリップ側にあって指にかかることがある点だ。

 その制御メカニズムについては「いっさい極秘」だそうで、フジはヒントも教えてくれないのだが、なんとなく、ぼくにはその秘密の手がかりが掴めなくもない。ストロボ光と定常光の調光は、絞り値、シャッタースピードに加えて、距離情報、発光光量(ここがミソ)とISO感度もその制御パラメーターに加えることができる。その“解明”はメーカーの技術者が少し調べればすぐにわかることでしょう。ぜひ、がんばってフジのスーパーiフラッシュの内容を解明して、F200EXRとそっくりとは言わないけれど、フジに負けないほどのフラッシュ制御機能を搭載するようにしてくださいね。

天こ盛り

富士フィルム・ FinePix F200 EXR
 繰り返すけれど、ほんと、使いこなしの難しいコンパクトカメラだ。機能を“天こ盛り”しすぎているからだろうか。だから、このF200EXRをうまく使いこなそうとするなら、とにかく自動撮影モードを活用しカメラにお任せして撮るのがイチバンだと思う。

 F200EXRには、露出モードとして、「完全オートAE」、「EXR AE」、「プログラムAE(P)」、「SPシーンポジションAE」、「ナチュラルフォトAE」、「高感度2枚撮りAE」、そして「マニュアル露出(M)」モードなどがある。この中で、ぼくがおもに使用したのはP/MモードとEXRモード。で、そのモードを選んで、さて、F200EXRの“ウリ”の機能を使ってみようとすると、これが思ったようにウマくいかんのだ。
 “ウリ”の機能とは、「4つのEXRモード4種類」 ―― EXRオート、高解像度優先、高感度低ノイズ優先、ダイナミックレンジ優先。「フィルムシミュレーション5種類」 ―― PROVIA、VelVia、ASTIA、白黒、セピア。そして「ダイナミックレンジ5種類」 ―― AUOT、100%、200%、400%、800%、である。これらの組み合わせが自由にできない。あちらを選べば、こちらが選べない…。


 たとえば、露出モードの「EXR」を選べば、4つのEXRモードのうちどれでもが選べる。このとき、フィルムシミュレーションの5種類も、同時に選んで組み合わせて撮影することができる。ここまではよろしい。
 しかし、5種類のダイナミックレンジは、EXRモードの中のダイナミックレンジ優先モードを選んでおかないと設定ができない(メニュー画面でその設定がブランクになる)。
 P/Mモードを選んだときには、なぜか、4つのEXRモードが選べなくなってしまう。フィルシミュレーションは5種類すべてが選べるが、ダイナミックレンジモードの目玉である800%は設定できず、最大400%までしか選ぶことができない。このシーンは800%の広ダイナミックレンジで撮りたい、そう思うのであれば、露出モードは「EXR」、EXRモードは「ダイナミック優先」、そしてフィルムシミュレーションの「スタンダード」を選んでおかないとダメ。

 つまり、かくかくしかじか ―― ぼく自身が、ますます混乱してしているので、図表を描いてそのメモを見ながらこれを書いているのだけど ―― F200EXRは機能が天こ盛りで、それをガツガツとみんな食ってしまおうとすると、どこから、どんなふうに食えばいいのかと茫然自失としてしまうような、ま、そんなカメラなんだけど、でも、食ってみれば、それがなんともウマいカメラでクセになりそうで困った…。

本日も多忙…

富士フィルム・ FinePix F200 EXR
 凝った使い方をしようとすると、めちゃくちゃ難しいカメラだけど、しかし、その難しいことをやろうと思わないで“カンタン自動撮影モード”でカメラにおまかせして撮れば、ほかのコンパクトデジタルカメラなんぞ「おとといこいっ」と言うほどに良く写る。

 「EXR」はフジが新開発したCCDの名称で、正式には「スーパーCCDハニカムEXR」という。EXRは Extreme から作った。従来のスーパーCCDハニカム「HR」の、革新的な新バージョンと考えればよいだろう。あれやこれや、他社が使用するCCDとは相当に違うところもある。CCDを形成する一つ一つのフォトセンサーにはB・G・Rそれぞれのフィルターが被さっているのだが、このフィルターの配置も異なるし、フォトセンサーの「カタチ」も違う。これにより、従来のCCDに比べて、「解像力」と「ダイナミックレンジ」と「感度」を向上させた。
 「高解像力」も「広ダイナミックレンジ」も「高感度」も、同時にこれらを達成させることは、とくにコンパクトカメラでは難しかったのだが、それをこのF200EXRはやってのけたわけで、さらに、他にも注目すべき機能も搭載していて、まったくもって贅沢満載のカメラであります。


 このF200EXRが備える機能の詳細を語ればキリがないのでカンタンにすませるけれど ―― それでも、チョットややこしいゾ ―― 。

(1) 撮像センサーにスーパーCCDハニカムEXRを使用していること(撮像センサーの高画素化による1つの回答だろう)
(2) EXRモードとして、「高解像度優先」、「ダイナミック優先」、「高感度低ノイズ優先」のシーンモードを設けていること(3つは同時に選べない、それぞれは排他的)
(3) それら3つの優先モードは手動でも設定できるが、「EXRオート」に設定しておけばシーンを自動認識して自動的に切り替えてくれること(これがカンタン撮影モード、この機能が優れている、F200EXRのおすすめナンバーワンモード)
(4) PROVIA、VelVia、ASTIAなどフジのカラーリバーサルフィルムの色再現性に近づけたモードが選べること(これが愉しい、その気にさせてくれる…)
(5) ダイナミックレンジを最大800%広げる機能を備えていること(これが注目、とくにハイライト部の描写に驚く)
(6) スーパーiフラッシュの制御技術が素晴らしいこと(近接で撮ってみれば感心することしきりでしょう)
(7) プログラムAEのほか、絞り優先AE、マニュアル露出モードまで備えている(プログラムAEだけで十分だと思うけど、このへんにフジのこのカメラに対する意地、意気込みを感じるよなあ)

 というわけで、まだまだあるんだけど、ぼくも忙しいので、本日はここまで。

大きなレンズと、小さなレンズ

ペンタックス・K20D + DA★55mmF1.4 SDM
 このレンズのAFは、SDM(超音波モーター)によるレンズ内駆動方式オンリーで、だからボディ内AF駆動式オンリーの*ist DシリーズではAFは動作しない。
 SDMの内蔵を始めたばかりのレンズ ―― DA★16?50mmF2.8やDA★50?135mmF2.8 ―― は、ボディ内モーター駆動方式のAFにも対応するメカニズムを、わざわざ内蔵させていた。SDM非対応の*ist Dなど古い機種で使用すると、自動的にボディ内駆動AF方式となり、K10D以降の機種ではSDMを使ったレンズ内駆動AFに切り替わった。
 ニコンはボディ内AFからレンズ内AFに切り替わったときは、ペンタックスと違ってあっさりと一部の旧型ボディに対応することを見限った(それはそれでしょうがない、と思うけど)。ところが、ペンタックスはといえば「律儀」にも、じつに複雑なメカニズムで両方式のAFに対応していて、それを見たときはペンタックスの「クソまじめさ」に、ほんと感心しまくりました。

 でも、いつまでもそうした両AF方式対応を続けられるモノではないだろうとは予想はしていたが、その後に出てきたDA17?70mmF4 SDMでは、とうとうレンズ内AFオンリーとなりボディ内AFに対応できなくなった。つまりこのDA★55mmも同じように、ボディ内AF駆動方式のカメラではAFでピント合わせができないということなのだ。


 FA50mmF1.4は、35mm判フルサイズ対応のレンズ。DA★55mmは、言うまでもないことだがAPS-Cサイズ対応のレンズ。ところが、これら2本のレンズを並べてみると、相当に大きさが違う。大きなイメージサークルを確保しなければならないはずのFA50mmレンズが、じつにコンパクトである。それに対し、DA★55mmは小さなイメージサークルをカバーすればイイだけなのに、なんだこれは、と思うほどに(2本を比べると)大きい。APS-Cサイズ専用レンズなのだから、もっとコンパクトに設計できないのだろうか、と不思議に思うだろうが、それはもっともだ。

 ところが、じつはAPS-Cサイズ専用レンズには、ふた通りのレンズ設計方法があるのだ。1つは、ただ単純に小さなイメージサークルをカバーするためだけに、コンパクトにレンズ設計するという方法。高倍率ズームレンズなどはこうした手法で設計されたものだ。
 もう1つは、レンズの大きさにはこだわらずに描写性能を最優先させたレンズ設計。余裕を持って贅沢にレンズ設計ができるので、当然ながらレンズ性能は良くなる。この手法で設計した代表的なレンズがオリンパスのスーパーハイグレードシリーズのレンズ群だ。あのちっぽけなフォーサーズ撮像センサーをカバーするのに、なぜあんなに大きくでかいレンズが必要なのかというのは、じつはこうした理由がある(だから、オリンパスのそれらのレンズは、めちゃくちゃ良く写る)。
 というわけで ―― と、いつものようにハナシが長くなってしまったが、このDA★55mmは小型軽量よりも描写性能を優先させて設計された贅沢仕様のレンズなのでありますよ、ということ。

クルマのワイパーと、レンズフード

ペンタックス・K20D + DA★55mmF1.4 SDM
 こうした大口径レンズは一般的な傾向として、開放絞り値では、ピントは合ってはいるのだが解像感がいまいち物足りないことがある。ちょっとネムい感じの描写とでも言えばいいか。でも、開放から少し絞り込むと解像感が出てきて画像もシャープになる、といったレンズがある。ペンタックスでいえばフィルム時代に設計されたFA50mmF1.4などにそうした傾向が少しあった。

 ところが、このDA55mmF1.4は開放絞り値からじつにシャープでコントラストもあり、解像感も十分にある。ふわっとした柔らかな印象の描写なのだが、それは画面全体にボケ部分が多いからであって、ピントを合わせた部分はキリッとした線の細い描写をしている。フレアーも、とても少ないレンズで、だからぼくは、フードをほとんど使わずに撮影をしていたほどだ ―― ぼくのマネしないでくださいよ、このクラスの焦点距離のレンズでは無精をしないでフードは使ってくださいよ、ただし広角レンズではフードなんてほとんど屁の突っ張りにもならないと思うけど。


 フレアーが少ない(と、感じた)のは、じつは新開発のコーティングのせいかもしれない。
 ニコンのナノクリスタルコート、キヤノンのSWC(Subwavelength Structure Coating、…なんてまあ難しいネーミングなんだ)などと同じ特殊コーティングが採用されていて、ペンタックスのそれはABCコート(エアロ・ブライト・コーティング、Aero Bright Coating)というもの。レンズ表面での反射を少なくして透過率を向上させる働きがあるという。構成レンズ群の真ん中あたりのレンズにコーティングされている。

 このような特殊コーティングとその技術については ―― 一枚コーティングするにしろ相当にコストのかかるもので、どんなレンズにも気安く使えるというモノでもないらしいが ―― 各社とも開発を進めていて、非球面レンズやEDレンズなどと同じようにレンズ性能を飛躍的に向上させている。もっと進化すれば「レンズフードのいらないレンズ」てのが将来、出てくるかもしれない。
 そもそも、あのレンズフードというのは、クルマでいえばちょうどワイパーみたいなもんだよなあ。大昔から旧態依然としたスタイルで続いていて、新型のスタイリッシュなモダンカーに乗るたびにワイパーを動かして「なんじゃこりゃ」と思ってしまう。ワイパーのないクルマ、フードのいらないレンズ、早くほしい。

崩れない丸ボケ

ペンタックス・K20D + DA★55mmF1.4 SDM
 焦点距離55mm、ということはK20Dなどで使用すれば、ほぼ85mm相当の中望遠レンズの画角となる。標準レンズではない。かって、ペンタックスにはFA★85mmF1.4の名レンズがあって ―― やや、ずんぐりしたスタイルの、大きくて重いレンズだが(いまもぼくは愛用しているが)じつに良く写るのだが、残念ながらだいぶ前に生産は中止 ―― そのレンズの外観に似せてフードも、いま流行の花弁型ではなくオーソドックスな丸型フードにしている。
 FA★85mmのカラーはシルバーだったが、このDA★55mmはブラックである。レンズ鏡筒のデザインはじつにシンプルでストイックな印象で、ペンタックスのレンズらしくていいなあ。フードの内側には植毛が施されているなどとても丁寧な仕上げである。


 その描写の1つの特徴は、ボケ味。とくに、高輝度ボケの輪郭がくっきりとしているのが目立つ。被写体によっては、このボケ描写を見て“二線ボケだ”とカンチガイしてしまうかもしれない。そういった意味では、やや堅いボケ味の印象を受けるだろうが、ボケのカタチが崩れにくく、芯があってふにゃふにゃにならないのが、ぼくは気に入っている。
 ピントは開放絞り値からとてもシャープ。線の細い描写、とでもいうのだろうか、この55mmはたとえて言えば、鋭利なカミソリでスッパリと切ったような描写なのだ。対照的に、線の太い、鉈で切り裂いたような描写をするレンズもあるが、ぼくは線の細い、切れ味鋭い描写のレンズの方が好みだ。かくかくしかじか、この55mm★レンズについては、独特のボケ味もあいまって、その描写を好む人と好まない人とで評価が分かれるかもしれない。しかし、好き嫌いは別にしてレンズ性能としては一級品であることは間違いはないでしょうね。
 遠距離、中距離、近距離で描写性能が一定していて、撮影距離の違いによるボケ味や描写の大きな変化もとても少ない。ペンタックスのレンズとしては(たぶん)初めての円形絞り機構を採用していて、F1.4開放絞り値から少し絞り込んでも、ボケが柔らかなままなのも良い。