大肉厚両面非球面レンズ、ってナニ?

オリンパス・E-P2+M.ZUIKO DIGITAL 9?18mmF4?5.6 ED
 今後、ミラーレス一眼はレンズ交換式カメラの主流となっていくだろう ―― こうしたカメラはメカ的にだが既存の一眼レフカメラとは桁違いに機構がカンタン。カメラ作りのノウハウや技術力がそれほどなくても、そこそこのカメラが、どこの国のどこのメーカーでも作れる可能性だってある。構造がカンタン、部品点数も少ないから材料費も安くてすむ。組み立てるにしたって人件費が安ければメチャ安のカメラだって作れる。
 そう、ちょうど電気自動車みたいなもんだね。モーターとバッテリーをどっかから買ってくれば、あとはタイヤを4つつけて上におおいを被せればよい。それでクルマになって、ともかくも走る。乗り心地や操作感、走る止まる曲がるのクオリティーは別。

 デジタルカメラだっていずれ、それに近い世界がやってくると思う。安い安いレンズ、超低価格の撮像センサー、捨ててもいいような電子基板。そんなもんを寄せ集めてカメラを作っちゃう。優れた描写性能や気持ちよい使い心地、耐久性や高級感なんてどーでもいい。
 とりあえず、ま、写ればよし、安ければよし。そんなカメラが世界中に出回る、のも、そんなに遠い未来ではないかもしれない。トイカメラモードだ、なんて愉しんで使ってるけど、いまに、トイカメラモードでしか撮れないデジタルカメラがいっぱい、ってこにもなりかねませんぞ。


 とくに当面、これからタイヘンなのはコンパクトデジタルカメラでしょうね。そして次にミラーレス一眼。だから、いま日本のコンパクトカメラは、そうした流れの中でどうすれば「生き残って」いけるのか。ここが勝負所。優れたカメラメーカーはすでにそうしたことを考えて、1つ2つと手を打っている……いやいやイカン、コンパクトデジタルカメラの話ではなくて、そう、オリンパスの9-18mmズームレンズの話をするんだった、ぼくは生来、集中力欠如症候群なので話していてもつい気もそぞろ、あっちこっちにトンでしまう。

 で、この9-18mm超広角ズームは大肉厚両面非球面(DSA)レンズを2枚使うことで高性能で超小型のレンズに仕上げている。両面非球面レンズを作ることさえそうそうカンタンでないうえに ―― 両面非球面の芯合わせが難しい ―― 肉厚、つまりレンズの曲率を大きくするためにレンズ周辺部が中央部に比べて極端に厚くなる。すると、こうした肉厚の両面非球面レンズを金型でイッパツで極めて精度の高く作ろうとすると、いやこれがタイヘンなのだ。
 まず高温でレンズを暖めて、それを金型(この精度が並大抵じゃあない)でサンドイッチさせレンズを作る。しかし、肉厚レンズだからよほど上手に冷やさないとレンズ自体の温度差ですぐに割れてしまう。「1枚レンズを作るのにどれくらい時間がかかるんですか?」とぼくはオンパスのその担当者に聞いたんだけど、そうしたらすかさず「そんなこと言えませんよ、ゼッタイに」と。そりゃあ、そうでしょうね、あははは、聞いたほうが悪かった。

興味があることと、ないこと

オリンパス・E-P2+M.ZUIKO DIGITAL 9?18mmF4?5.6 ED
 フォーサーズ/マイクロフォーサーズ用交換レンズの35mm判換算での、だいたいの画角を知りたければ、その焦点距離を2倍すればよい。だから9?18mmはほぼ18?36mm相当の画角になる ―― 厳密にはアスペクト比が違うことや、なにやら複雑な光学的特性などもあってカンタンに2倍するだけでは済まないようだけどぼくは専門家じゃないからわからない、それに興味もない。

 マイクロフォーサーズ用の超広角ズームレンズにはパナソニックの7?14mmF4という素晴らしいレンズがある。約14?28mm相当のズームでF4のコンスタントF値。ズームしてもF値が変わらないってのはイイよねえ。オリンパス9?18mmに比べると(仕方ないだろうけど)価格が高いことがしいての不満点か。でも魅力的なレンズだね。このレンズのためにカメラボディを買ってもイイくらい。ところで、ひょっとするとこのズームレンズ、シグマが作ってるのかもしれないけどね、いや、わからんなあ、でもそんなこと、ぼくはあんまり興味もない。


 オリンパスの9?18mmは、焦点距離ではパナソニックの7?14mmにはだいぶ追いつていないけど ―― これくらいの超広角レンズになると「たった1mm」の焦点距離でも実質的な画角ではめちゃくちゃ違うし、技術的な難易度も桁違いにアップする、望遠レンズの1mmと同じように考えてはだめ ―― それはさておき、オリンパス9?18mmにも高く評価すべき点も多い。

 小型で軽量で良く写り、そして(このクラスのレンズとしては)とても低価格であることだ。なにより、良く写る、ことに感心した。
 良く写る、ってことはシャープな描写、豊かな階調描写という意味だけではなく、とくに、このような超広角レンズになれば「自然な描写力」ということが大切になってくる。たとえば極端なパースペクティブを感じさせたりしてはいけないし、画面周辺部でディストーションが少ないことはもちろん、ディフォルメーションも小さい方がよい ―― とつぜん、宣伝するようなだけど、このヘンの説明はぼくのレンズの本を読んでみて、もし興味があれば。

 ディストーション、つまり歪曲収差だけど、オリンパスのPENシリーズなどのミラーレス一眼では、画像処理でそうした補正をどしどしやる傾向にある。むろんこの9?18mmも、画像処理でソフト的に歪曲収差の補正をやっている。でも、実際に撮ってみると、その歪曲収差が、これが結構残っている。
 完全に歪曲収差を取り除くことが技術的に不可能だったのか。いいや、そうではない。オリンパスは9?18mmでは、「わざと」歪曲収差を少し残しておるのですよ。理由は…ぼくからは言えません。レンズ設計者は、とくに興味があるでしょう…でもオリンパスのとの約束で言えない。

 なんだかひとりごとのような内容ばかりで、まるで twitter だね、こりゃあ。

超小型超広角ズーム

オリンパス・E-P2+M.ZUIKO DIGITAL 9?18mmF4?5.6 ED
 小さい広角ズームだなあ。昨年だったかEシリーズ用に「小型超広角ズームだ」とのふれこみで出した「ZUIKO DIGITAL9?18mmF4?5.6」はアレなんだったんだ。かたや一眼ミラーレスカメラ用、かたや一眼レフカメラ用、という違いはあるけどそれにしてもこんなに小さく作れるんだよね。そして、良く写るんだコレが。

 一眼ミラーレスカメラは今後のトレンドになるのは確実だけど、やはり「小型レンズ」というのは必須条件になるでしょうね。どれだけ小型で性能のよいレンズが作れるかがキー、と思うよ。


 懸案の仕事が(とりあえず)一段落したのでちょいとこれから旅に。
 帰ってきたら9?18mmレンズのつづきを…。じゃあ。

 おお、そう言えば、今年のカメラグランプリにオリンパスのE-P1が選ばれたんだ。オリンパスとしては初。いやあ、いろいろありましたけど、よかったよかった、おめでとう、おめでとう。


645D「非公式/非公開」情報

ペンタックス・645D(β版)+FA645 MACRO 120mmF4
 645Dについてのペンタックスの「非公式/非公開」の話のつづき。どれも話が長くなるのでカンタンに済ませますね、興味のない人もいるでしょうから。

 (2) リモート撮影機能について。
 対応する可能性はあるようだ。真剣に検討検証しているまっ最中のような感触。この機能についてはとくにスタジオ系のプロカメラマンから強い要望があるようで「難しいけどやりたい」とのこと。K10DやK20Dでは「PENTAX REMOTE Assistant」という画像転送ソフトがあったので ―― K-7から通信プロトコルが変更されてそれが使えない、645DもK-7と同じプロトコルなんだそうだ ―― そのソフトをベースにして645Dの通信プロトコルに対応できるように改良を加えるのではないだろうか。もし、可能になればむろん有料になるだろう(ソフトの開発費用って決して安くはないのだ)。

 (3) SDXCメディア対応について。
 いま検証を始めているようですね(遅まきながら)。もし、対応できるとなれば、たぶんファームウエアのアップデートになるようだ。もし可能となれば、ソフト的な対応なのでSDXCの最大容量2テラバイトに対応はできるようだが、速度についてはハードウエアに依存するので対応は難しいようですね。


 (4) 既存の交換レンズのデジタル対応について。
 FA645レンズだけでなく、MFのA645レンズや6×7用レンズも含めて645Dに「セットできる」すべてのレンズについて、ペンタックスがあらためてすべての絞り値で徹底的にチェックしたみたい。その検証結果によると(内緒ですよ、と結果表をぼくに見せてくれた)すべてのレンズが「合格ライン」に達しているとのことだった。
 でも、ぼくの持っているFA645やA645レンズの中のごく一部のレンズで片ボケ現象が見られたんだけど、と文句を言ったところ、「たまたまタナカさんのレンズがハズレだったのかも…」なんて冷たく言われてしまった。ぼくの片ボケレンズは、20本近くあるレンズの中の1?2本だから諦めるか…。

 (5) いわゆる「プロ対応」のサービスについて。
 故障したときや、メインテナンス中の代替え機種の無料サービスなどの、いわゆるプロサービスは「とくに考えてない、従来通り」とのこと。プロ対応サービス、ってひと言でいうけれど、メーカーにとってはこれは大変な労力とコストのかかること。体力のあるメーカーでないとプロを満足させられるサービスはできないんですよ。こう言っちゃナンですがアマチュアとは、使い方や要求内容は桁違いですからね。ライカS2の場合なんか、ごく簡単な「プロ対応」を受けようとすると、約260万円のカメラが約315万円になってしまう。ただしそのサービスも2年間の限定。

 とりあえず、こんなところにしておきますね、キリがない。あれこれあるが、言えないことも多いので。

 ちなみに上の写真、カスタムイメージに新しく加わった「リバーサルフィルムモード」でプラス1.3EV露出補正して撮ったもの。言うまでもないけどリバーサルフィルムモードは別名「VelViaモード」。

さあて、坂本龍馬はどこにいる?

ペンタックス・645D(β版)+FA645 45?85mmF3.5
 京都・三条大橋から鴨川の河原を望む。坂本龍馬、らしき人物がおります。さあて、どこにいるでしょうか?

 「当初の予想を上回る注文」に対応できず発売を延期、なんだぞうだ。5月20日発売予定が、6月11日に延期になったとペンタックスからアナウンス。ばっかやろう、ですねほんと。だいぶ前に予約をしてですよ、支払いの工面をして5月20日の入手をずっと愉しみにしていて、その週末の撮影予定をしっかりと立ててた人もいたでしょうね。6月11日といえば梅雨に入ってしまうではないか。テンションさがるよねえ、ほんと…。
 来週から再来週ぐらいにかけてペンタックスの販売と開発の責任者に会う機会がありますから、がんがん文句とイヤミを言っておきますね ―― 言ったって、どーなるわけでもないけど、ぼく自身がCP+や645D発表のセミナーなどでアレだけ皆んなに薦めたんだもんね、気分がおさまらん。

 ま、しょうがないか、というわけでここで話は大きく変わる。
 以下の内容はペンタックスの公式発表ではなく、ぼくが個人的に645Dの開発の担当者などと話をしていて、その話しぶりから勝手に「推測」していること。たぶん、少なからずの人たちが知りたがっていること。


 (1) ローパスフィルターのオプション取り付けについて。
 具体的な予定は決まっていないようだけど、645Dにはローパスフィルターが取り付けられるスペースをあらかじめ確保して設計されているので、要望が多ければ、取り付けサービスをおこなう可能性はありそう。ぼくの“感触”では、もしやるとすればローパスフィルターの「後付け」ではなく ―― サービスセンター対応ではなくて ―― あらかじめセットされた専用ボディを販売するのではないだろうか。もちろんそうなると「注文生産」だろうね。価格はたぶんカルく100万円を超えるだろう。

 繰り返すが「要望が多ければ」の話である。注文生産といってもそうはカンタンにできない。それに加え、将来的には(近い将来、だろう)ソフト的に色モアレや偽色を大幅に低減できるようになるかもしれないし(デモザイキングなどの処理技術で)、あるいはプロの中では色モアレも偽色もウマく誤魔化してしまうテクニックを知っている人もいるし、そうなると高価なローパスフィルターなんぞ必要ないし、ないほうが画質的には文句なしにイイに決まってる。

 (2) リモート撮影機能について。
 うーむこれ、話が長くなりそうなので、その他も含めあらためて後日に。

 坂本龍馬は、ほら、ここだ。革靴を履いてるぞ。

中判デジタルで連続動体予測AF撮影

ペンタックス・645D(β版)+FA645 400mmF5.6
 645Dで高速連写をしようなどと考えてはいけない。そもそも、そーゆー使い方をするカメラではないからだ。高速で動くものを正確にピントを合わせて撮りたいならキヤノンやニコンのカメラを使うべきですよ。こうした中判デジタルカメラは「正確にピントを合わせてからブラさないように丁寧にシャッターを切って撮るべきカメラだ」と、ぼくは645Dのセミナーでも何度も申し上げていた。

 ところで645Dのピント合わせは、MFのほかにシングルAF(S.AF)とコンティニアスAF(C.AF)の2つのAFモードが選べる。ぼくはもっぱらシングルAFオンリーで、MFはともかくC.AFを使って撮影することはまったくなかった。
 コンティニアスAF(C.AF)は動体を撮影するときに使用するAFモードであるからして、645Dを使って動く被写体など撮ろうなんて、そんな大それたことを考えもしなかった(フィルム645ではクルマの撮影をよくやってたけど)。だからハナから無視してた。そもそも645Dの連続撮影機能は最高1.1コマ/秒というスローモーなカメラだ。連写とC.AFを組み合わせて動体を撮影したところで期待するような写真が得られるとは到底思えなかった。


 ところが、ある日ひょんなことから ―― どうせダメだろうと高をくくりながら ―― 動く被写体を1.1コマ/秒の「連写」と「コンティニアスAF」と「自動選択AF」の3つを組み合わせて撮ってみたら、これがナンと、ぼくの予想を遙かに超える素晴らしい撮影結果が得られたのだ。
 「おおーっ!これはスゴイじゃないか」と驚き、すぐさま近所の東横線の電車を撮りに行った。連続撮影をしてその最後に「撮れた」カットが上の写真だ。フルフレーム、トリミングなし、ピントばっちり。

 連写とコンティニアスAFを組み合わせることで、645Dで連続動体予測AF(予測駆動AF)撮影ができる。中判デジタルカメラでまさかこんなことが「できる」なんて思いもよらなかったのだ、ぼくには(ペンタックスには失礼だけど)。連続動体予測AFとは、高速で移動する被写体を連続的に自動でピントを合わせ続けながら(シャッタータイムラグを見越してピントを先送りしながら)連続撮影ができる機能である。
 これを活用することで、ほら、急行電車がこちらにどんどん近づいてくる様子を(最高1.1コマ/秒というスローな連写性能ではあるけれど)、400mm手持ち撮影で、すべてのカットがピントばりばりに撮れた。撮影はRAW+JPEG。645DはRAW+JPEGでも最大約13コマまで連写が可能なのだ。くどいようだけど645Dは中判デジタルですぞ、いやあ、驚きましたね、これには。

まずは正確なピント合わせから

ペンタックス・645D(β版)+FA645 80?160mmF4.5
 645DのAFは「SAFOX 9プラス」 ―― プラスは光源識別機能を備えている意味 ―― で、測距ポイントは11点。そのうち中央部の9点はクロスタイプである。AFエリア選択モードは、「オート(自動選択)」、「中央(中央1点AF)」そして「セレクト(11点中から任意の1点選択)」の3つのモードが用意されている。ファインダー横のダイヤルでワンタッチで切り替えることができる。
 ただし、11点のセレクトモードは、そのAFフレーム枠が画面の割には狭くて11点AFポイントが中央部に密集しすぎている。そのために、任意の1点を選んでもフレーミングの自由度が広がるかといえば、実際上あまり役に立たない。

 そこで、ぼくはもっぱら中央の1点AFモード。三脚を使ったときでもAFロックを頻繁に利用して撮影を続けていた。
 ピント位置を固定したまま数カット続けて撮るときは、その都度AFロック操作をして三脚の雲台を固定するのがめんどうだ。そこでAFでピントを合わせたらレンズのピントリングをスライドさせてMFモードにする(FA645レンズのほとんどはこうした操作ができる)。つまり「AF⇔MF」のワンタッチ切り替えを利用して撮影する方法をとった。


 それならハナからMFでピント合わせをすればイイじゃないか、とおっしゃる向きもありましょうが、いやいや、いくら大きく見やすいファインダーとは言えども、素早く正確にピントを合わせるにはAFに限るのだよ。MFよりもずっと“頼りがい”がある。

 セレクトAFモードはときどき思い出したときに使うことはあっても、自動選択のオートAFモードは“ゼッタイ”に使わなかった。理由は「より正確なピント合わせのため」だ。とくに645Dのように極端に被写界深度が浅く、狙ったところに正確にピント合せることに神経質にならざるを得ないようなカメラでは、ピンポイント的に錐の先で突くようにしてAF測距しなければならない ―― これは645D使いこなしの大切なポイント。
 だからオートAFのように“アナタ(カメラ)まかせ”にしてピント合わせすることは、AFの性能うんぬんではなくて、タイヘンにリスクが大きい。

 そこで、とりあえずですね、正確にピントを合わせて撮ると645Dはどれだけシャープで解像感の高い画像が得られるか、ま、それを見せますから参考にしてちょうだい。
 上のちっちゃな写真の ―― そんなの見たって645Dのスゴさは絶対にわかりっこないので ―― ここのあたりの部分をですよ、ほら、ディスプレイ画面にピクセル等倍表示してその部分をキャプチャしたのがこの画像であります(くどいようだけど画面をキャプチャした画像ですぞ)。

高知県は坂本龍馬がいっぱい

リコー・CX3
 本日はカメラのハナシではなく高知県の坂本龍馬さんについて。

 久しぶりの高知県だったが、そこに行って、いま坂本龍馬がこんなにも「脚光」と「注目」を集めてるってことをいまさらながらよーく知った。NHKの坂本龍馬のテレビドラマのせいだろうか ―― ぼくは一度も見たことないので知らぬけど ―― 高知県内を4?5日ほどクルマで走り回ったが、いやあ、あちこちでよくお目にかかりましたよ、龍馬さんには。
 龍馬さんの博物館やら記念館はあちこちにあり、蝋人形館、龍馬にあえるホテル、龍馬焼酎、龍馬まんじゅうなどもあって、そりゃあタイヘンな盛況ぶりだった。高知空港なんか、正式名称は「高知龍馬空港」って言うぐらいだ。


 たまたま覗いた古道具屋さんで、「これが坂本龍馬が使ってた拳銃だ」と見せられたときは、ぼくはつい反射的に「ええっ、ほんもの? 」と、バカな受け答えをしてしまった。そんなワケあるはずないよね、恥ずかしいよなあ、われながら。
 でもねえ、あれだけたくさんの坂本龍馬と会ってるから親しみも湧くし身近に感じてしまうじゃないか。古道具屋の店主は「龍馬が使ってたのと同じ型の拳銃」と言いたかったのだろう、ぼくの反応に呆れて返事もしなかった。

 そういえば5月3日付けの下の写真は、龍馬が生まれたという高知市内のとある場所の「龍馬の生まれたまち記念館」の中(間違って300円払って入ってしまった)。床の間の横に座ってるのが、ほら、坂本龍馬さん。

 他愛もないハナシですまんでした。そのお詫びに(と、いっちゃなんですが)CX3ユーザーにお知らせ。CX3のトップカバーを交換するサービスをやってる。ブルー、グリーン、オレンジ、そしてパープルの4色があり(シルバーは売り切れ)、各色が50個の限定、3500円。ブルーがいいなあ、でも残りわずからしい。なくならないうちに、ぼくも交換してもらおう。

『デジタル一眼レフ・こだわりレンズの極め方教えます』

リコー・CX3
 「写真を変えたいならカメラを買い換えずにレンズを買い足したほうがいいよ」、とか、「レンズを変えてみれば自分の写真も変わるかも」、といった気持ちを込めて交換レンズの本を編集し出版しました。
 宣伝めいてテレくさいけど、
 『デジタル一眼レフ・こだわりレンズの極め方教えます』(クリックすると Amazon に)

  ―― という本だがサブタイトルが大袈裟でハズかしいなあ…でも、内容はまじめ。B5変形サイズ、160ページのオールカラー。ぜひ手にとって見てちょうだい。
 交換レンズの基本的な構造や機能、その解説、レンズの焦点距離別(おおざっぱだけど)の使いこなし方と写真と撮影データーたくさん、撮影するときのちょっとした注意点。そして、各メーカーのレンズの名前の「読み方」、役に立つ(?)コラム、などなど。この画面の右端の表紙写真をクリックすると誌面の見本が少しだけ見られるようにしてます。


 というわけで、新刊本の案内は、また、ということで、リコー・CX3のつづきをもう少し。

 裏面照射型CMOSを搭載したコンパクトカメラは、そのほとんどの機種(たぶん、すべて)を使ってみた。むろん、同じクラスの裏面照射型ではない1/2.3型シリーズの撮像センサーを使った機種も同時に使って比較もした。とにかく自分で使って確かめてみることが大切。インターネット上で「実画像」を見て納得してはいかんですよ。他人が撮った写真を見たって(詳細は略すけど)あんまり参考にはならないですからね。

 たまたま先日、数機種(ニコン・P100、フジ・HS10などなど)とCX3とで暗いシーンでの動画を撮り比べてみた。P100やHS10はフルHD(1080p)、対してCX3はHD(720p)と画像サイズは異なるが、その“写り”がぜんぜん違ったのには少しびっくり。
 P100、HS10などが真っ黒けでほとんど写っていないのに対して、同じシーンがCX3はそこそこの写りなのだ。同じ裏面照射型CMOSセンサーを使って、いったいナニが原因なのかわからぬが、いやそんなことよりも「写っるか、写らないか」で言えば、文句なしに「写ってる」CX3の勝ち、圧勝でしたね。写真も動画も、まずは写ってナンボ、のハナシだもんね。