このレンズが5万円以下とはねえ…

ニコン・D300S+タムロン・SP 70?300mmF4?5.6 Di VC USD
 タムロンの光学式手ブレ補正・VC(Vibration Compensation)はアクチュエーターに磁力を利用し補正レンズの動きをスムーズにかつ高速におこなっている。ブレ補正効果は同じような光学式手ブレ補正をおこなっている他社にくらべても ―― 何度も比較テストした、やらされたその結果を見てみると ―― 補正効果は“アタマひとつ”ぬきんでている。

 他社のブレ補正の傾向として(光学式、センサー式を問わず)ある低速シャッタースピード以下になるとブレ補正効果が「かくんっ」と低下してしまうのにたいして、タムロンのVCはまだまだ余力を残した感じでブレを補正してくれる。つまりカンタンに言えば、低速シャッタースピードにメチャ強い手ブレ補正。画角200mm相当ぐらいの焦点距離なら1/8秒、運が良ければ1/4秒ぐらいでもブレ補正してくれることもあった。


 シャッターボタン半押しをしてVCを駆動させた状態でファインダー画面を見てみればよくわかる。ゆらりゆらりとしているその画面が、わずかに上下左右にカメラを振ってもファインダーフレームに“吸い付いた”ように安定している。画面をじっと見つめているとまるで宇宙酔いをしそうだ(実際に経験したことないけどね)。
 この良く効く手ブレ補正と、たとえばD3Sのような飛び切り優秀な高ISO感度性能のカメラと組み合わせれば、そりゃあ撮影は愉しくなりますよ。

 構成レンズには新しい特殊硝材であるXLD(Extra Low Dispersion)を使って色収差を補正している。XLDレンズは蛍石に近い低分散特性を持つというもので最近、他社でも使われ始めた注目の硝材。シグマではFLD(“F”Low Dispersion)と呼んでいるものと同じである。

 なぜかタムロンは積極的に“宣伝”をしないのだけど、このズームの絞り羽根は9枚でそれを使って「円形絞り」にしている。ただ、円形絞りと言っても(他のメーカーも似たようなものだけど)、ある絞り値よりも絞り込むとキレイな「円形」が崩れてしまうのは覚悟しておかなくてはならない。だいたいの目安として70mm広角側でF4?F8、300mm望遠側でF5.6?F11ぐらいまではキレイな円形絞りを保っているようだ。

 ところで、昨夜、阪神が快勝。首位に返りざいた。うれしいぞぉ。

タムロン初の超音波モーター内蔵

ニコン・D3S+タムロン・SP 70?300mmF4?5.6 Di VC USD
 この70?300mmズームレンズの開発発表があったのは今年春の「CP+」のこと。レンズもほとんど“出来上がって”いるような状態で展示してあった。発売は1?2ヶ月後、のような話も聞いた。ところが、いっこうに発売される様子もなく、とうとう8月の後半になってようやく「発売」ということになった。
 このところタムロンはこうした発表から発売までこうしたことが多い。よく言えば「じっくりと物作りに精進」しているともとれるが、悪く言えば「ちんたら時間をかけすぎ」ているようにも見えなくもない。SP 60mmF2 Di II MACROだってそうだったよなあ…。

 70?300mmズームについては、「安くても性能の良いレンズ」を作ろうと、高い“こころざし”をタムロンが掲げて挑んだもんだから、それで時間がかかりすぎたのだろうと思う。「いやあ、いろいろと苦労しましたよ。でも苦労した甲斐のあるいいレンズに仕上がりました」と担当者は自信たっぷりだった。詳しくは教えてもらえなかったけれど、やはり苦労したのは超音波モーターが原因だったようだ。


 いうまでもなく超音波モーター内蔵レンズはタムロンの「悲願」でもあったわけで、なぜかといえば、いま交換レンズを作っているメーカーの中では超音波モーター内蔵なしはタムロンとトキナーだけで、とくに大手の交換レンズメーカーのタムロンとしてはユーザーからの強い要望もあった。
 超音波モーターをレンズに組み込んでスムーズに動作させるのは後発メーカーであればあるほど難易度は高くなる(先発メーカーの採用した技術の隙間を縫うようにして新しい技術を見つけ出さなくてはならないからだ)。

 ともかくも、ま、そうゆうことでタムロンは超音波モーター(USD)をようやく完成させてそれを70?300mmズームに組み込んだ。タムロンのレンズを使うたびに例の独特の「ジーッジジッ」とAFの駆動音がしなくなり、なんだか他のメーカーのレンズを使っているような、そんな感じもしなくもない。
 AFスピードそのものは従来の非超音波モーターでも不満はなかったのだけど、やはり“音もなくすーっと”駆動してピントが合うというのは、やっぱり、スマートで近代的な感じもしていいもんであります。

タムロンの自信のズーム

ニコン・D700+タムロン・SP 70?300mmF4?5.6 Di VC USD
 タムロンの注目の望遠ズームレンズであります。35mm判フルサイズカメラ対応(Di)。光学式手ブレ補正を内蔵(VC)。タムロン初の超音波モーター内蔵(USD)。良く写る。素晴らしい描写性能だ。であるのに低価格(実販5万円以下)。
 70?300mmのズームで開放F値がF4(またはF4.5)?5.6クラスのズームレンズのなかでは、おすすめナンバーワン。イチオシだね。もちろんAPS-Cサイズ判カメラにも使える。まず始めにニコンマウントから発売され、順次キヤノンマウント、ソニー(α)マウントが予定されている。

 70?300mmクラスの“優秀なズームレンズ”としては、ニコンのAF-S NIKKOR 70?300mmF4.5?5.6 G VRがある。実販価格は約6万円。ニコンのレンズにしては“破格”の安さだ。しかし、しっかりとしたソツのないツクリで、手ブレ補正(VR)も超音波モーターも内蔵してズーム全域にわたって描写性能はすこぶる良い。
 この優秀なニコンのズームよりも、タムロンのズームのほうが解像力、シャープネス(ヌケの良さ)に勝り、画面周辺部までじつに安定した描写性能を保っておりました。


 キヤノンには70?300mmクラスのズームにはEF 70?300mmF4?5.6 IS USMがあるのだが、これは ―― ぼくがいまさらコメントするまでもなくユーザーがよく知っていることだが ―― うーん、イマイチなのだ。
 だからタムロンとすれば、ニコンマウントを最初に発売するよりも、キヤノンマウントを始めに出した方がずっとインパクトもあったろうし喜ぶユーザーも多かったに違いない。実際、ぼく自身もニコンマウントのレンズよりもキヤノンマウントのこのレンズのほうを早く自分の常用ズームにしたかったほどだ。

 ではなぜタムロンはあえてニコンマウントを先に発売を始めたのか。このズームにタムロンはよほどの自信を持っているのだろう。あの優秀なズームレンズと評価の高かったニコンの70?300mmF4.5?5.6に“真っ向勝負”をしても、充分に勝算あり、と考えたからではないか。
 あちこちで比較撮影されてタムロンズームのほうが「優れている」と評価されれば話題も高まる。そうすれば、その後にキヤノンマウントを発売しても(売れる本数から言えばキヤノンのほうが文句なしに多いはず)労することなく売れていく ―― というのはぼくの勝手な推理だけどね、考えすぎかな。

シグマとフェラーリ

シグマ・SD15+30mmF1.4 EX DC
 シグマに対して大変に失礼な物言いになるかもしれぬが、シグマはSDシリーズを作って売っていても、その売れている数を考えればほとんど儲けらしい儲けはないはず。いや、儲けなどハナから“度外視”しているのかもしれない。
 なぜか。シグマが考えている本当の理由はまったくわからないが、ぼくがずっと前から感じていることは、「シグマはカメラメーカーでありたいと願っている」からではなかろうか。交換レンズだけではなく「カメラ」も作り続けたいという「夢」。その夢を追い続けることで、仮に損があったとしても交換レンズで儲けたぶんで補填すればいいじゃないかという考え方。

 少し横道に。
 ところで、フェラーリというイタリアの有名な自動車メーカーがある。全社を挙げてF1レース出場にチカラを入れながら、市販車はといえば年間にたった8千から1万台程度しか生産し販売していない。社員は3000人ほどで、そのうちの約1/5にあたる約600人がF1レースに専属にかかわっている。残りの2400人ほどで8千?1万台の市販車を作って売っている。

 フェラーリは創業のときから、レースに出場して勝つこと、とくにF1で優勝することを最大の目的にしている。その目的のために市販車を作って売っているようなものだ、といわれている。F1出場のための費用は、市販車を作って売って儲けるて捻出する。むろんF1のレースを続けることでそこから得られる技術的なフィードバックも多くあり、それを市販車に反映させているメリットもあるが、とにかく、レースに出て勝つ、という「ロマン」を持ち続けている珍しい自動車メーカーだ。レースで勝って儲ける、なんてツユとも考えていないともいわれている。

 フェラーリは、すでに亡くなったがエンツォ・フェラーリという元レーシングドライバーが始めた会社。終生ワンマンオーナーであり続け、彼はレースで勝つことに情熱を傾け続けた。


 なんだか、このフェラーリの(姿勢の)あれやこれやがシグマに似ている部分もあって、ぼくはいつも奇妙に感じるときがある。ワンマンオーナーのエンツォ・フェラーリと、ミスターシグマとも言われる山木会長(高齢にもかかわらずいまも信じられぬほどお元気だ)と重なって見えるときがある。山木会長はシグマの創設者で現社長の山木さんの父上である。

 レンズのラインナップや価格を決めることはもちろんだが、一眼レフを始めたのもデジタル一眼にFoveonセンサーを使うことも、その後にFoveon社をシグマの100%子会社にしたこともすべて(たぶん)山木会長が決めたこと。儲けにならなくても、Foveonセンサーに対して毀誉褒貶があろうとも、それにめげずにSDシリーズを作り続けているのも山木会長の一存=ロマンではなかろうか(たぶん山木社長は苦労をしているとは思うけれど)。でも、素晴らしいカメラを作って売りたいというその「ロマン」がずーっと一貫して山木会長の気持ちの中にあるのではないか。
 と、ぼくは勝手にそう思っている。

 シグマは、デジタル一眼レフカメラを作り出すようになってから、レンズの性能がぐんっと良くなった。カメラ、とくにデジタルカメラを自らの手で作ることで、カメラにとってどんなレンズが必要なのかが明確にわかるようになったのではないだろうか。SDシリーズのユーザーからのフィードバックは ―― ハナシの結びつきがいささか強引かもしれぬが ―― フェラーリがF1のレースから得られるフィードバックに似てなくもない。

 一眼レフのSDシリーズもコンパクトのDPシリーズも、じつに個性的なカメラである。その個性的が過剰すぎて一般受けしないところもある。しかし、一部のへそ曲がり(ぼくのような)や横一線に並んだありふれたカメラを嫌う人たちに高く評価されている。使いづらく、不安定、気まぐれなカメラだけど、ときどき、ご機嫌が良いと素晴らしい写りをしてくれる。そんな“人間味溢れる”カメラが、中には1?2台あってもいいんではないか、と、まあ、そんなふうにぼくは思うわけですよ。

SD15がSD14よりも“良くなった点”あれこれ

シグマ・SD15+50mmF1.4 EX DG
 前回にSD15がSD14よりも“良くなった点”として、色のニュートラリティーが向上したこと、液晶モニターが良くなったことなどを述べたけれど、そのほかにもいろいろある。そのいろいろは ―― 他社のススんだカメラでは“当たり前だ”と言われそうな点もなくもないが、でもSD15が他社並みに使いやすくなったということでもあるのだ ―― SD15のカタログに詳しく記載されている。以下、カタログを参照しながら順不同。

 (1) バッファメモリーがSD14から「2倍」に増えた。これにより連写コマ数が最大6コマから21コマとなった。(2) 改良した画像処理エンジン「TRUE II」を採用することで、カメラ内での画像処理スピードを大幅に向上させた。起動時間は相変わらずノンビリしたところはあるけれど撮影レスポンスは小気味よくなったですね。(3) CFカードから、DPシリーズと同じSDカードになった。ハイエンド機種はともかく、今となってはキヤノンだけがなぜかCFカードにこだわっておりますねえ。

 (4) アナログフロントエンド(AFE)プロセッサーを採用してデジタル信号変換が効率的におこなえ、その結果、より高解像度で安定した色再現性を高めた。そう、いままでのSDシリーズはAFEを使ってなかったんですよ、これには驚いたなあ、知らなかったなあ、だから不安定だったのか。シグマはずーっとそれについてダンマリを決め込んでいた、悔しいっ。


 (5) 測光センサーが8分割方式からいっきに77分割方式となった。うーん、使ってみた印象ではこれについては(即断は避けたいけれど)納得できかねる結果もあった。もう少し様子見したい。全体として少しオーバー露出の傾向がなくもない。(6) カタログにはごくアッサリとした記述しかないが仕上がりモード(カラーモード)が新設された。スタンダード、ビビッド、ニュートラル(SD14と似た画像に仕上げたければコレ)、ポートレート、風景、白黒、セピアが選べる。RAW専用カメラのようなSD15としては(JPEG撮影もできるけど)あまり意味ないかもね。

 このほか、露出ブラケットが従来3コマから5コマまでセットできるようになったこと、最高ISO感度がISO1600からISO3200まで選べるようになり、新しくオートISOの機能もくわわったこと。こんなところじゃあないかなあ。

 Foveonセンサー(正しくはFoveon X3なんだけど)は基本的にはSD14と同じとのことだけど、微妙に改良されているような気がしないでもない。なお言い忘れていたことだけど、Foveonセンサーの特徴はその三層構造のために色モアレや偽色が発生しない。このためローパスフィルターを使用していない。ローパスフィルターはせっかくの高解像力を低下させてしまうという一大欠点があるのだが、Foveonセンサーはそれがないために、だからあんなにも高解像力でシャープで切れ味の良い画像が得られるんですよ。
 他社のカメラでは当たり前のようにローパスフィルターを使っているけど、じつはこのフィルターはですね……いやこのハナシはやめておきます、NDAのハナシに触れそうになってしまう。

SD14ユーザーには申し訳ないんだけど…

シグマ・SD15+8?16mmF4.5?5.6 DC
 シグマのデジタルカメラはFoveonセンサーを使った一眼レフカメラ・SD9が初代機となる。その以前にはフィルム一眼レフを長く作り続け、発売をしていて、その最終機種がSA-9。つまりSA-9のデジタル版ということでSD9とネーミングされた(そうだ)。
 画素数は約1000万画素 ―― Foveonセンサーの場合(ごく荒っぽく言えば)R/G/Bが三層になっているので「一層の画素数×3」として有効画素数を表記している。

 このSD9が、いやはやじつに使いづらいカメラでありました。いま正直に言いますけど、思い出したくもないほどの使いにくさだったんですよ。苦行でしたね。でも“当たれば”、ほほーっと感心するほどの他に類を見ないすばらしい画像が得られた。それにびっくりして惹きつけられてぼくの場合“SIGMA・Foveon蟻地獄”に落ちてしまった。
 そして、SD9をマイナーチェンジしたのがSD10。センサーは同じだがオンチップマイクロレンズを採用することで感度アップをしたことと、バッテリーをシンプルにしたのが大きな特徴だった。シビれるような使いづらさはそのまま継承…。


 SD10の次がSD14。SD9やSD10と同じセンサーサイズのまま画素数をアップして1400万画素にした。SD9、SD10がRAWオンリーのカメラだったのだが、ようやくSD14になってJPEGでも撮れるようになった。ただし、RAWかJPEGかどちらかが選べるだけ。RAW+JPEGは不可。フラッシュが内蔵されたり、バッテリーが充電式のリチューム電池になったり、液晶モニターが大きくなったりと、デジタル一眼レフカメラとしてだんだんと「性能アップ」してきた。
 SD9やSD10に比べれば(まだ多少の不満はあったけれど)格段に使いやすくなった。SD14とSD15はFoveonセンサーそれ自体は同じものだし外観デザインも大きな変化がないので、SD14ユーザーはSD15を横目で見ながらも「SD14でじゅうぶんだ」と、それを使い続けているユーザーも多いことと思う。

 だがしかし、であります。このSDユーザーを長く“務めて”おりますぼくから言わせてもらえば、SD15はSD14とは、大違い。桁違いにデジタルカメラとして使いやすくなっている。そしていろんな性能が向上している ―― まだ、ちょっとクビを傾げるような点もなくもないけれど、それはそれ、SDシリーズの“愛嬌”というべきものだし、SDユーザーはそうした難局試練に立ち向かいつつカメラを使いこなさなければならないのだ ―― 。

 とくにカメラの操作性ということについてはSD15はSD14から大幅に進化していて気持ちよく撮れるようになった。いちばん気持ちよく感じたのは色調のニュートラリティーが安定したこと。SD14までは、プリセットWBにしておいてもときどき、あれっ、というような色調になることもあった。それがなくなった。
 撮影した後に液晶モニターに表示される画像の色が、じつにマトモになったこともうれしい。液晶モニターの色かぶりがなくなっただけでも、大躍進だぞ(他のメーカーのカメラでは当たり前のことなんだけど)。ほかにもたくさん理由はあるけれど、ぼくとしてはもう二度とSD14には戻れませんねえ。

FoveonとKodachromeのあれこれの話

シグマ・SD15+30mmF1.4 EX DC
 Kodachromeフィルムは ―― そのコントラストやシャープネス、発色特性などもFoveonセンサーの画像と似てはいるのだけど、いや、それよりもむしろ ―― その独特のフィルムの構造と現像処理の方法が特徴でもあり、そのことがFoveonセンサーを使ったシグマのSDシリーズやDPシリーズのカメラにタイヘンによく似ている。

 多くのカラーリバーサルフィルムが発色カプラーをフィルム自体に内蔵させているのに対して、Kodachromeフィルムはフィルムそのものに発色カプラーを持たず現像処理液内にある。そのため、エクタクロームやフジクロームといった一般的なカラーリバーサルフィルムのことを現像処理方法の違いから「内式(うちしき、ないしき)」、Kodachromeフィルムを「外式(そとしき、がいしき)」ということもあった。

 現像処理の難易度から言えば文句なしに「外式」のほうが難しく、じつに厄介。現像設備も「内式」に比べればタイヘンに大がかりになる。Kodachromeが処理できる現像所も限定されていたし、時間もかかった ―― Kodachrome“終末期”には国内で1?2箇所だけになってしまったこともあった。また、「内式」では増・減感処理は当たり前にできたけれど、「外式」のKodachromeでは基本的にはそれは不可能だった(後年、一部の現像所では特別にそれをやっていたこともあったけど)。


 しながら、その厄介なKodachromeフィルムには、厚みのある色調とシャープネスの良さ、素晴らしい粒状性(画像の独自性、と言えばよいか)と、極めて高い耐久性があった。かれこれ40年ぐらい前にKodachromeで撮って仕上げたカラーポジフィルムはいまでもぼくの手元にあるがほとんど褪色もしていない。それに対して、たかが10数年前のエクタクロームのそれは茶色っぽく変色して惨憺たる状態。

 いやこんな話は過ぎ去った遠い昔話でどうでもいいんだけど(それに今となってはKodachromeを入手することも現像することもあたわなくなったし、そもそもKodachrome話をすればキリがなくなる…)、つまり、Foveonセンサーを使ったカメラも「撮影」と「現像」が同じように厄介で、多くのデジタルカメラのようにJPEGで撮ってほいっ、というわけにはゆかないということなのだ。
 低ISO感度を選び、必ずRAWで撮って専用の現像ソフトを使ってコツコツと仕上げてやる必要がある。

 Kodachromeフィルムの感度はISO25とかISO64といった低感度のうえ現像時に増感処理もできない。不安定で気まぐれなフィルム特性。同じようにFoveonセンサーを使ったカメラもまた高感度にめっぽう弱くて、感度特性が相当に良くなったと言われているこのSD15でさえISO200までが限界。ISO800になると、ノイズに寛容度のあるぼくでも少し遠慮したくなる。それにシグマのカメラも、いま時のデジタルカメラとしては珍しい“わがままさ”を備えている。

 いやしかし、それにもかかわらずFoveonセンサーのカメラには(シグマのデジタルカメラであるが)使いたくなる不思議な“魔力”と“吸引力”があって、じつは、ぼくはいつも困っておるんですよ。

使いこなすには努力と忍耐と工夫が必要なカメラ

シグマ・SD15+50mmF1.4 EX DG
 Foveon(フォビオン)センサー搭載の初めてのデジタル一眼レフカメラであるSD9(2002年秋発売)を使ったとき、その印象を「Foveonセンサーで撮った画像は、まるでKodachromeで写した写真のようだ」と述べた。それをどこかの雑誌のSD9の使用レポートで書いた。ずっーと前の話だが、いまではそれがすっかり“定説”になってしまっているようだ。
 Foveonセンサーは、ほとんどのデジタルカメラが使用しているベイヤー方式のセンサーとは構造が大きく違っている。やや大胆に言えばその構造がカラーフィルムとよく似ている。ベイヤー方式のセンサーがR/G/Bを「平面」に並べているのに対してFoveonのセンサーではR/G/Bが「垂直」に配置されている。

 撮影するにつけても画像を仕上げるにしても、相当に“クセ”の強い撮像センサーである。そこがカラーリバーサルフィルムのKodachrome(コダクローム)とタイヘンによく似ていたのだ。


 Foveonセンサーは写真画像に仕上げるための画像処理エンジンが難しいだけでなく ―― それだけだったら撮影者はほとんど苦労しなくてもすむのだけど ―― 撮る側にもそれなりの忍耐と技術と寛容性が要求される。撮影ISO感度も低感度「限定」というところもKodachromeと似ていてあれこれ苦労を強いられる。
 しかし、そうした使いづらさを我慢する忍耐力と、たまに起こる悪い仕上がり結果にも許せるだけの優しい心、そしてFoveon(と、シグマ製のカメラ)をじょうずに使いこなす技術力があれば、びっくりするような高画質で魅力いっぱいの独特の色調の写真画像が得られる。このへんもKodachromeとそっくり。

 SD14から基本スペックはあまり変わっていないが、しかしSD15になって一眼レフカメラとして“飛躍的”に使いやすくなった。SD9からSD10、SD14、そしてこのSD15を使い続けてきたぼくは(それだけではないDP1もDP2のユーザーでもある)、とはいえ、SD15のファーストインプレッションとしてはやはり相変わらず一筋縄ではいかぬ頑固で強い個性を持ったカメラであるなあというのが正直なところでありました。

iPhoneご近所散歩写真・3/3

アップル・iPhone3GS

 アップルのiPhone 3GSでご近所とぼとぼ散歩写真。恵比寿あたり編。









 この3回連続の「ブログでミニ写真展」は、今日はぼくの誕生日だったのでその“実験花火”みないなもんです。

 写真はだれもが手軽にできる自分表現のいい道具です。どんなカメラでも自分にもいい写真が撮れるんだ、と自信を持つことです。古い写真概念や価値観にとらわれず、自由自在に気持ちよく写真を撮って愉しんでみましょうよ。

iPhoneご近所散歩写真・2/3

アップル・iPhone3GS

 アップルのiPhone 3GSでご近所てくてく散歩写真。六本木あたり編。









 iPhone撮影用のアプリがたくさんあって、ぼくのiPhoneにはそれがいっぱい入っている。うん、愉しいぞ。…つづく。

iPhoneご近所散歩写真・1/3

アップル・iPhone3GS

 アップルのiPhone 3GSでご近所ぶらぶら散歩写真。代官山あたり編。









 …つづく。