ぼくだって詳細は不明なのだけど

オリンパス・E-PL2+M.ZUIKO DIGITAL 9?18mmF4?5.6
 PENシリーズはどれもこれも似たようなもの、のように見えるけど、じつはそれぞれが微妙にかつ大胆に違う。その詳細はぼくもよくわからんのだけど、E-PL2についていえば、このPL2だけが「できること」というのがいくつかある。
 たとえば、撮影した画像をBluetoothを使ってスマートフォンに素早く転送できる機能(別売のPENPAL・PP-1が必要だし、転送できるスマートフォンはアンドロイドなどに限られiPhoneはだめ ―― これはオリンパスが“悪い”のではなくアップルのほうにその責任がありそう…いやはっきりしたことはわからん)、そのほかに、アートフィルターの一部のモードで“調子”が変えられたり、その撮影した画像に黒いフレームを付けるということもできる。

 さらに(以下はカタログを見ながら書いているが ―― ぼくだって新型カメラのスペックにそれほど詳しいわけじゃない)、顔検出AFよりもさらにピンポイント的に瞳にピントが合わせられる「瞳検出AF」の機能、ピント確認が容易にできるようにボディ背面に専用の「拡大ボタン」を採用、「SDHC/SDXC」のメディアに対応、USBコネクターに接続するリモートケーブルが使用可能、などなどがPENシリーズのなかでPL2だけの機能や機構、というわけ。

●訂正●E-PL2のリモートケーブル使用可能になった件ですが、じつは、PENシリーズの中ではE-P1/P2は使用可能で、E-PL1/PL1sが使用不可でした。上記の一部分を訂正します。つまりPENシリーズではPL1/PL1sの2機種“だけ”がリモートケーブルが使えなかったというわけです。それでユーザーからだいぶ文句があったようでE-PL2で“復活”させたみたい。物知りの方からご指摘を受けました。ありがとう。


 PL2の発表とほぼ当時にいくつかの“アクセサリー類”が発表になった。PENPAL(コミニケーションユニット、って言うんだって)のほかに、3種類のフロントコンバージョンレンズ、マクロアームライト・MAL-1というのがある。マクロアームライトはフレキシブルに自由自在に動かせる2本の“棒”の先端に高輝度LEDが埋め込まれたもので、そのライトを光源にして撮影ができるというもの。ホットシューに差し込んで、電源はカメラ側から供給。これはオモシロイもんでっせアンタ、ただし、ホットシューの脇に専用コネクタを備えていないE-P1やEシリーズのカメラでは使うことができまへん。

 フロントコンバージョンレンズはマクロ、ワイド、フィッシュアイの3種類があるが、これはPL2のキットレンズであるM.ZUIKO DIGITAL14?42mmの新型の「II」でないと使用できない。コミニケーションツールについては先ほど述べたようにPL2だけにしか使えない。
 このへんの「差別化」が、オリンパスはじつにアッサリしているというか思い切っているというか。アートフィルターの「ドラマチックトーン」だって、RAWで撮っておけばどのカメラだってやれるはずなのに、ドラマチックトーンに対応したカメラのRAWにしか対応していない。
 過去の製品との互換性、その他いろんな機器との互換性などに重きを置きすぎると新しいことができないのはわかる。そのためには、どこかできっぱりと腹をくくって突き進んでいかなければならない、というのもよくわかるんだけど、しかしちょっと“やり過ぎ”って感じもしなくないぞ。

 上の写真、アートフィルターの「ポップアート」の「I」を選び(調子の異なるIとIIがある)、フレームを選択して撮ったものだけど、ぎざぎざの黒いフレーム、わかるかな。

屁を掴むような操作感のコントロールダイヤル

オリンパス・E-PL2+M.ZUIKO DIGITAL 14?150mmF4?5.6
 さて、新型E-PL2のもっとも大きな特徴は、液晶モニターにアスペクト比が「3:2」の45万ドット3.0型が採用されたことだろう。従来機種はアスペクト比「4:3」の23万ドットが続いていたのが ―― P1/P2は3.0型モニターである ―― このPL2で、オリンパスとしては初めて3:2のモニターを採用した(たぶん…、調べてないので、わからん)。
 ぼくはオリンパスの23万ドットの液晶モニターの“見え具合”が大好きで、45万ドットも92万ドットも「いらないぞっ」と思っていたのだが、PL2の45万ドットを見て、ま、これならイイか、とひと安心。ところで液晶モニターは、ドット数が多いほうがイイなんてことはない、ぜーったいにない、と信じております。

 それはともかくとして、使用している撮像センサーが「4:3」なのにどうして「3:2」のモニターなんじゃ、というツッコミは横に置くとしてして(「3:2」の撮像センサーを使いながら「4:3」のモニター、ってのもあるもんね)、おそらくその理由は、動画撮影(16:9)のときに少しでも“見栄え”を良くしようとしたのではないか、あるいは3.0型「4:3」の適当なLCDがなかったか(オリンパスに確かめたわけではないのでわからん)。


 操作系では、P1/P2で採用されていた十字ボタン操作も兼用するコントロールダイヤルが“復活”した。PL1/PL1sでは上下左右の十字ボタンだけ。
 ところが、相変わらずこのダイヤルの回転の操作性が悪い。指先(の腹)で回そうとしても、うーん、つるつる滑ってなんともままならない。ダイヤル部にギザギザはあるのだけど、そのギザギザが役立たずで操作感はまるで屁を掴んでいるよにむなしい(下品な表現を詫びる)。そこで指先に少しチカラを込めて回そうとすると ―― そのつもりは毛頭ないのに、十字キーボタンを押してしまってせっかくのモードが変更されてしまう。

 はっきり言って、これ、めちゃくちゃ操作性が悪いですよ。このような操作部の大切なパーツをケチってコストダウンなんかするなよ、と、これがPL2の唯一の不満点。なんで、こんな使いにくいダイヤルがオリンパスの品質保証部を通過したのか、そのへんがよくわからん、ぶつぶつ…。

 総合的に見ると、ぼくはPENシリーズの中でいちばんのおすすめカメラだと思うのだが(画質もいちばん良い、他のPENシリーズではできない機能も搭載)、いやはや、操作ままならないコントロールダイヤルだけが残念至極でありました。

PENシリーズの第5機種め

オリンパス・E-PL2+M.ZUIKO DIGITAL 14?150mmF4?5.6
 PENシリーズはE-P1に始まり“上級版”のP2が出て、その後、少し“廉価版”のPL1が、そしてそれをやや変更させたPL1sが続き、もうこなるとよくわからなくなるのだけど、ここでE-PL2という新型カメラが出てきた。こうも立て続けに似たようなカメラが出てくると、PENシリーズはたった5機種に過ぎないのだけど、どの機種がどーなのか、そのへんがよくわからなくなる。ぼくはいまも混乱中。

 いちおうPENシリーズとしては、P1/P2が上位機種となり、下位機種にPL1/PL1sがある ―― PL1/PL1sの2機種の違いは最高ISO感度以外に、ほかにナニがあるのかぼくにはよくわからんが ―― 。そうして最新型のE-PL2はといえば、P1/P2とPL1/PL1sの“中間”に位置する、ということになっている。


 初代P1から最新型PL2までのPENシリーズ5機種のすべてが、申し合わせたように同じ1230万画素のマイクロフォーサーズの撮像センサーを使用している(このへんが混乱の原因かも)。
 とはいえ、画質はPL1のあたりから少し変化が見られて、解像感、高感度画質などが、なんとなく、良くなっている。画像の切れ味、というか、シャープ感がPL1以前の機種と違う印象を受ける。このPL1あたりから、画像処理エンジン(など)が、微妙に(かつ内緒で、大幅に)進化しているせいではないか、と思うが、はっきりしたことはわからん。

 ただ、PL1sと、このPL2とは発売時期も近いので、画質的にも機能的にも“ほとんど”差らしい差は感じられない(撮像センサーも画像処理エンジンもまるで同じだもんね)。いやいや、もっと大きな違いがありますよ、それは液晶モニターの大きさが、新型のPL2では3.0型と大きくなりましたよね。価格も、だいぶ高くなっている…。

オリンパスCP+あれこれ雑感

オリンパス・E-5+ZUIKO DIGITAL ED 12?60mmF2.8?4.0
 この下の本日の写真は、CP+2011のオリンパスのブースに、そしてそのまた下の写真はペンタックスのブースに大伸ばしのプリントにして展示してあったもの。
 オリンパスのほうの写真は、とくにその解像描写力の素晴らしさに、B0サイズのプリントを見ていささか驚いた(自分で撮ってそれを言うのもヘンだけど、まあ許せ)。
 E-5は、E-3やE-30とはだいぶと違っていてひじょうに優れた描写力があることをあらためて知った次第。

 このことはCP+のトークライブでも話をしていたことだが、E-5で新しく取り入れた画像処理技術によってZUIKO DIGITALレンズの「隠されていた実力」が、だいぶと引き出せるようになったと思う。
 E-5が出てくる前までは、はっきり言ってZUIKO DIGITALレンズなんぞはオーバースペック、過剰品質の権化、との印象をずっと抱き続けてきたのだが ―― なかでもスーパーハイグレードレンズなどは、なんでこんなに大きくて重くて値段が高いんだ、と不満一杯だったのだが ―― ところがE-5が完成してそれとセットで使ってみて、「おお、そういうわけだったのか」と遅まきながら気づいた次第。
 E-5でようやくZUIKO DIGITALの「実力」が「日の目を見た」といってもよいだろう。この12?60mmズームも、こんなに良いレンズだとはE-5を使う前までは気づかなかった、恥ずかしながら。


 さて、CP+のオリンパスのブースはといえば、その中は、あれもこれも“天こ盛り”状態で、各種一眼カメラあり目が回るぐらい種類の多いコンパクトに加え、レンズありPENシリーズ用のアクセサリー類がいっぱい、まるでおもちゃ箱をひっくり返したようなそんな状態でありました。(ちなみにこんなふうでした。YoutTube。iPhoneで撮った動画ですから画質はよろしくない)
 その横で若手カメラマンのトークライブやコンサートやファッションショーなども賑やかにあって、とくにコンサートでは大音量だったために他のブースからクレームが出ていたらしく、CP+事務局の人が難しい顔をして音量計を持って“警告”に来ていたほどだった

 というわけで今年のオリンパス・ブースは若者たちをターゲットにした企画が目白押しで、そうした中でぼくのようなオジサンとオリンパスのカタブツ技術者とのレンズやカメラのメカ系の話(トークライブ)をオマケのようにやったわけだけど、それがけっこう浮いていて(そりゃあ当たり前だ)キッチュな(とは言い過ぎだけど)、そんな印象や雰囲気をキョーレツに醸し出していた。それはそれでおもしろかったんではないか…、と、そんなワケあるはずもなく、しらーっとした視線を感じ続けてましたよ、ぼくは、まったくぅ…。

ムカつくぞぉ、ペンタックス

ペンタックス・K-5+DA21mmF3.2 AL Limited
 35mm判フルサイズ対応のFAーLimitedレンズにはシルバーとブラックの2モデルがある。ところが、デジタル専用のDAーLimitedレンズのほうはずっとブラックモデルだけ。ぼくはシルバーが欲しくて、「シルバーも欲しい、ほしい」と言い続けてきたのだけど、それがようやく21mm、40mm、70mmの3本だけが数量限定でシルバーモデルが発売されることになった。
 しかしそれを発表した8日の数日後には(発売は4月上旬予定なのに)、限定の本数が文字通り「あっ」というまに予約完了してしまったそうだ。各レンズの限定本数はワールドワイドでたったの500本。ぼくは、シルバーモデルが出たら、まっさきに手に入れるぞぉ、と狙っていたのに、もう売り切れ。その“ムカつく”話を聞いたのは、そうCP+の真っ最中のことでした。

 で、CP+のペンタックスのブースでトークライブをやってるんだけど ―― レンズの話あれこれ ―― そこで「ほんとに欲しい人が手に入らないようなケチな本数しか、限定してシミったれた売り方なんかするなよっ、おーい、ペンタックスの人、聞いてるかっ」と腹立ち紛れに悪態をついたりしてます(ちょっと大人げないけど…)。
 FAーLimitedレンズのほうはブラックもシルバーも限定でもなんでもないのに、DAーLimited シルバーだけが数量限定にしてる、その理由がよくわからん。


 CP+は本日の12日が最終日。昨日は天気が悪かったにもかかわらずたくさんの人が見に来ていた。コンパニオンの女性たちばかりを撮影するオジサン、オニイサンが少なくなったと思っていたら、いやいや、昨日はやはり例年通り多かったです。でもね、確かにコンパニオンの女性たちは若くて可愛いし、愛想良くにこにこしてカタログを配ったりしているけれど、それにしても、見ず知らずの女性の写真を撮ってなにがおもしろいんだろうかなあ、どうしようとしているのか、ぼくはそのへんがよくわからんです。

 今年のCP+の見どころとしては、リコーはGXR用のライカMマウント対応のカメラユニット(これについて語ればキリがなくなる)。フジはなんと言ってもX100だけど、ただし触ろうとすると30分から1時間は行列しなければいかん。オリンパスはPEN用のカッコいい単焦点レンズ(スペックは未発表)、ペンタックスは645D用の中望遠(これもスペック未公開)と超広角25mm、それとGPSユニットがなにげなく置いてあるけどこれは注目。
 シグマはSD1(触れるカメラ台数は2?3台)と、そのβ版で撮影したプリント写真。ソニーは次期ミドルクラスの一眼レフカメラのモックとスケルトンを参考展示(その2台は情報パネルの大きさが違うのが不思議)。ニコンとキヤノンは、特段これといって注目のものはないが、ニコンはNASA仕様の一眼レフが参考出品していた。キヤノンは新型コンパクトカメラに、静止画撮影をするとその前4秒間の動画が自動撮影され、その動画が自動的に繋ぎ合わさって“一本”の動画に仕上げられるというオモシロい機能が搭載され、それを体験してみるのもおもしろいでしょう。

CP+ 2011

アップル・iPhone 3G
 昨日の9日から、CP+(カメラショー、みたいなもの)が横浜の「パシフィコ横浜」で始まった。12日の土曜日まで。Webで事前に申し込み手続きをしておくと入場料は“無料”になるとのこと(www.cpplus.jp)だが、11日(祭日)と12日(最終日)はカンタンな登録だけで入場料無料になるらしい。

 今年は、とくに「コレッ」といった目立った注目の新製品が少ないけれど、各メーカーのいろいろなカメラを手にして試すこともできるし、不明な点はメーカーの担当者が詳しく教えてくれるので、それはそれで愉しいと思う。
 数年前までは、こうしたカメラショーでは、カメラ好きのやや“おたくっぽい”人たちや、各メーカーのブースにいるコンパニオンの女性たちを撮影するのが目的だけの人たちが多かったのだけど、横浜で開催されるようになってだいぶ様変わりしてきたようだ。女性が増えたことと、休日になると子ども連れの若いカップルもよく見かけるようになったたりして、だいぶ華やかになった。とてもイイことだと思いますよ。


 昨日、ざっと各社のブースを見て回ったけど、フジフイルムのブースが大賑わいだったのが印象的でした。正式発表されたばかりのX100を試してみようする人たちが列を作っていて、ぼくが行った午後は「約1時間待ち」とのことだった。そこにも若い人たちに混ざって女性が何人も並んでいたり、ようやく手にした女性がX100をあれこれ操作をして担当者に質問を繰り返しているのを見ると、「うーん、カメラショーも変わったよなあ」と思いましたね。X100はクラシック(というか、懐古趣味的)なカメラスタイルのデジタルカメラで価格も13万円ほどする。ムカシの価値基準で言えば、“男性的”、“オジサン好み”のするカメラなのに若い女性が興味を示しているというのがオモシロイなあと感じた。

 ぼくは連日、ペンタックスとオリンパスのブースでトークショーをやっております。ペンタックスはリミテッドやスターレンズの話。オリンパスではE-5とZUIKO DIGITALレンズについてそれぞれ開発担当の技術者たちを交えて話をしております。オリンパスのE-5の話では、その防滴性能がどれだけ優れているかを証明するために、カメラにバケツの水をかけて動作確認してみるという“パフォーマンス”もやる予定。
 もし会場で見かけたら、声をかけてくださいね、そっけない態度はとらないつもりですので、うん。

D7000の「AUTO2」ってなんなのよ?

ニコン・D7000+タムロン・SP17?50mmF2.8 Di II VC
 いきなり、なんの説明もせずにD7000のもう1つのオートホワイトバランスである「AUTO2」について、RAWで現像できないのは不思議だ、って前回のこのブログで述べたけど、おっしゃる通りで、D7000のユーザーでもなければ ―― ユーザーであっても ―― AUTO2がどんな機能なのかわかりにくいですよね。ソレなんのこっちゃ、でしょう、うん確かに。
 ニコンが説明するAUTO2とは、「D7000のオートホワイトバランスでは、従来通り照明の色味を補正する制御に加え、電球色の光源下で撮影した際に暖かみのある画像に仕上げる制御も選べます」というもんです。

 つまりD7000にはAWBが2つ用意されていて、1つは、環境光にかかわらずできるだけ白いものを白く写すような補正アルゴリズムを持ったAWB(AUTO1)で、もう1つは、環境光(とくにタングステン光)の色味を残して雰囲気描写をするような補正アルゴリズムのAUTO2がある。
 ペンタックスにもAWBに2つあるけれど、もう1つのCTE(カラー・テンペレーチャー・エンハンスメント)とD7000のAUTO2とはまったく似て非なるもの(詳細解説は略)。


 AWBはどのカメラメーカーも、どの光源をどれくらい補正すればいいのかが悩みのタネで、補正しすぎれば「味気ない」と文句を言われ、逆にほどほどに補正すれば「色が濁っている」とクレームが出る。
 だからニコンなどは(根がマジメだから)、あちこちから要望が出ると、それに応えようとしてAWBの補正の調子が新型機種ごとにコロコロと変化していた。ある機種ではタングステン光をやや残す補正であるのに対して、こんどの新型カメラになると打って変わってタングステン光をがんがんと補正するアルゴリズムに変わってしまったということもあった。

 ただ、ニコンの場合、最近の傾向として色の補正をする方向に傾きつつあるようだ。たとえば、タングステン光を強く残すAWBの代表選手としてはオリンパスとペンタックスである。キヤノンはずっと一貫してタングステン光についてはその色味を残すメーカーだったのだけど、昨年だったかEOS-1D Mark4のころからAWBの補正の考え方を変えたようで、従来までの機種と違ってタングステン光の赤みを少し補正する方向に変化してきた。

 ニコンが、とくにハイエンド機種でAWBをやや強く補正するのには、聞けばうーむと納得する「理由」があるのだけど(それは内緒と口止めされてる)、しかしいっぽうで、多くの一般ユーザーにとってはタングステン光が少し残っていたほうが自然な写真の印象があって好ましい。
 というわけで、ニコンが悩みに悩んで新しく搭載したのが、タングステン光特有の赤みを少し残す補正アルゴリズムを備えた「AUTO2」というわけなんですよ(注・上の写真は「AUTO1」で撮ったもの)。