「背景ぼかし」と「手持ち夜景」

ソニー・Cyber-Shot HX7V
 自動的に複数枚(6カット)を高速連写して、その画像を重ね合わせて ―― そう、すなわち多重露出撮影をして ―― 1枚の画像に仕上げるのが「手持ち夜景」機能である。通常の撮影なら、たとえば1/2秒の露光時間がかかるようなシーンを6回「0.5秒/6=0.08秒」の“高速”シャッタースピードで多重露出すれば(計算上では)同じ明るさの写真に仕上がる。実際にやっていることは、こんな単純なことではないだろうけど、基本的な原理はそういうこと。

 少しでも高速のシャッタースピードで撮れる(ブレが少ない)、それほど高ISO感度にしなくてもよい(ノイズが少ない)などの利点がある。欠点としては、瞬間とはいえ多重露光するのに一定時間が必要となるから動体は被写体ブレをしてしまうため不向きであることだ。
 このような多重露出をして暗いシーンを撮影する機能は、もちろんソニー以外のメーカーでも採用している機種も多い。しかし、これまたソニーの処理がうまい。裏面照射型のCMOSだから高感度の画質がいいとは思わないけど、ソニーの「手持ち夜景」の画質には感心。


 「背景ぼかし」撮影機能は、これまたオリンパスやフジのカメラにも同じようなものがあったけど、撮影結果はだんぜんソニーのものが優れている。もう少しがんばれば(技術的な改良がすすめば)、この撮影機能は充分に使いものになる。
 この撮影機能の技術は単レンズで3D画像を作ってしまう技術と(たぶん)同じものなのだろう。背景ぼかし撮影は、簡単に言ってしまえばピントが合った部分を自動的に範囲指定して、それ以外の部分を画像処理でボケたように加工してしまうものだ。現段階での問題点は範囲指定した境界部分の処理だけではないかと思う。

 3D撮影もそうだけど、必ずしも2つのレンズユニットを必要としないで単レンズで撮影、あとは画像処理で3D画像に仕上げてしまう技術が(いまでもあるけど)、将来、もっと発展していくかもしれない。
 ぼくは、昔ながらの単純な静止画像(写真)を撮るための道具(カメラ)がなくなってしまうのはイヤだけど、しかし、写真も3D画像も動画含めた「映像」がどんどんと変化して膨らんでいくのは大歓迎だ。そこから、いままでになかった新しい表現力と想像力が生まれてくればおもしろいではないか。

 とはいえ、ソニーやパナソニックといった“新規参入”のカメラメーカーの、最近のカメラを見ていると、長い年月を経て作り上げられてきた「写真的画像の良さ」の機微を理解しようとしない。ブルドーザーが突き進むように「写ればいいじゃないか」という価値観だけでカメラが作られているようで残念で無念だ。それが知らず知らずのうちに「写真文化」を台なしにしなければいいけどなあ、と思うわけですよ。

「スイングパノラマ」と「3Dスイングマルチアングル」

ソニー・Cyber-Shot HX7V
 HX7Vには、ちょいと注目しておきたい撮影機能がある。そのうちのいくつかは、以前からの機種に搭載されているものや、他の現行機種にも搭載していものもある。中で、こりゃあおもしろいぞ、将来の進化が楽しみだぞ、と感じたものとして、「スイングパノラマ」、「3D撮影機能」、「背景ぼかし機能」、「手持ち夜景」などなどがある。
 いずれもデジタルカメラならではの撮影機能で、いややはりこうした技術はソニーは一歩すすんでいますね。

 カメラを左右方向にパーンするだけでパノラマ撮影ができる「スイングパノラマ」撮影機能は、他社のカメラにも同じようなものがあるがソニーのものがいちばんよろしい。もっとも完成度が高い。パーンしたときのブレも少ないし、パーンするスピードも適度(たとえば、フジのカメラはパーンスピードが遅すぎるし、その上、シャッタースピードが遅すぎるのか横ブレが目立つ)。

 このパノラマ撮影で将来に期待するのは、左右だけでなく上下の組み合わせ。左右にパーン撮影をして、さらに少し下にズラしてもう一度パーン撮影し、こうして左右だけでなく上下方向も「分割パーン撮影」する。この画像を合成して一枚に仕上げれば超広角画像ができあがる。てなことが、近いうちに(ほんと)きっと可能になるでしょうね。


 HX7Vの3D撮影の機能もおもしろい。たった1つのレンズでワンショットで3D画像が撮れてしまったりとか、3Dとスイングパノラマを組み合わせた3Dパノラマ画像もおもしろいが、とくに興味があったのは「3Dスイングマルチアングル」だ。
 3Dスイングマルチアングルの撮影方法は、カメラを被写体を向けてクルリッと左右に振る(パーンではなくスイング)。すると角度の違った静止画が自動的に15カットが撮れる。その複数の画像が3D画像として自動生成されるというわけ。

 一般的に3D画像は3Dに対応したテレビなどがないと愉しむことができない。一部のディスプレイを除けばメガネも必要。ところがこの3Dスイングパノラマで撮った画像は、HX7Vの液晶モニターで立体画像が見られる。それもメガネなし、裸眼で見られる。
 どのようにして見るかと言えば、モニター画面を左右に少し傾ける(スイングする)。するとレンチキラー方式の立体画像に似たようにちらちらと“なんとなく”立体ふうに見える。

 あははは、そんなもん、ふんッ…と皆さん鼻で笑ってばかにするでしょうけど、いやいや、こういう“斬新”なアイディアをばかにしちゃいけません。大切にしなければいけません。ソニーがエラいなあと感じるのは、こうしたことに積極果敢に挑むチャレンジ精神だ(ただし、こらアカン、と思ったらすぐにやめてしまうのがいけませんけど)。…つづく。

どちらかといえばHX9Vよりも“7V”だね

ソニー・Cyber-Shot HX7V
 ソニーの高倍率ズーム内蔵コンパクトカメラであるが、カメラのスタイリング、スペックが大変に似たHX9VとHX7Vの2機種がある。大きな違いはズーム倍率。9Vは24?384mm相当の16倍ズーム、7Vは25?250mm相当の10倍ズーム。
 撮像センサー、ISO感度、撮影機能、液晶モニターなどなどはまったく同じで、スペック表を比較した限りではレンズ以外には違いはない。どちらもGPS機能搭載だし、動画もフルHDで撮れる。ただしズームレンズが違うからカメラサイズと重量が当然違う。むろん7Vのほうが小さいし軽い。で、価格はといえば(現在のストリートプライスで)約1万円ほどの違いがある。

 撮ってみればレンズは9Vよりも7Vのほうがいい。だから写りは7Vのほうが良い ―― あくまで9Vの写りと比較して、という意味で、そもそもソニーのコンパクトはノイズリダクションの処理が強すぎてやや下品。
 7Vのほうはカラーバリエーション4色だが9Vは2色。そうそう、7Vと9Vの違いといえば、動画モードでの「新アクティブモード」というのが9Vのほうにだけ搭載されておりますね。動画撮影中の「回転ブレ」を補正するものらしいのだが、でも、静止画撮影では役立たず(たぶん)のようだし動画での効果も、さぁて…、といったところ。


 ということで、もしソニーの高倍率ズーム内蔵コンパクトという限定ならば、HX9VよりもHX7Vのほうをおすすめしますね。そのほうがカシコイ、と思う。
 なお、このことはソニーの9Vか7Vかの選択での話であって、他社のカメラも含めてその中で7Vがおすすめだという意味ではない。高倍率ズームコンパクトなら価格、画質、操作性で7Vよりも“魅力的”なカメラはある。

 ボディの外観デザインは直線を生かしたシンプルなもので、とても好感が持てる。そのシンプルなデザインにグリップを上手に組み入れているのがウマい。ホールディング感もよし。
 ただ操作系でひとつ、おやおや、と思われた点あった。ボディ背面の右上の端っこに「ワンタッチ動画スタートボタン」がレイアウトされているんだけど、このボタン、ちょっと触れただけでONになってしまう。
 撮影をしようとカメラを構えただけで動画モードになっしまうことが頻繁にあって、ほんと困った。困ったと言えば、ついでだから言っとくけどソニーのカメラはすべてがそうだが露出補正をするには、そのつどメニューの中に入らなくちゃならない。このことだけで最近のソニーのコンパクトカメラはどうも好きになれない。

 最近のカメラはコンパクト、一眼を問わず「ワンタッチ動画スタートボタン」をボディ背面操作部に配置している機種が多く、ときどき自分の意に反して動画ONになってしまうことがあって困ることがある。すぐに動画を撮りたい、という人のためのボタンなんだろう。それはそれでいいんだけど、不用意に動画ONにならないような配慮もしておいてくれないと困るよね。

自社開発の外光パッシブAFユニット

リコー・CX5
 リコーが以前の機種で搭載していた外光パッシブAFのユニットは、部品メーカーから購入していたもの。それがある事情で入手できなくなった。じゃあ、ということでリコーはみずからユニットを作り、それをCX5に搭載した。そんな話を前にした。

 部品メーカーから購入していたユニットに使われているセンサーは「ラインセンサー」だった。今回、リコーが新規に作ったユニットのセンサーは「エリアセンサー」だという。
 ラインセンサーからエリアセンサーになったことで測距ポイントが“飛躍的”に増えた。正確な測距ポイントの数は言えないが、一桁から三桁ぐらいになった、と思ってもらえばいいだろう。


 いや、でも測距ポイントが増えたから、それで万々歳、というわけにはいかない。ここが難しいところ。得られた情報を“整理整頓”して素早く“正解”を算出するためのソフトは、情報の数が多ければ多いほど計算処理が厄介になってくる。そのソフトもちろんそれもリコーは自分たちで開発している。このソフトが難しい。

 CX5を使ってみると、そのへんの、ま、なんといいましょうか、ソフトがまだまだ完成域に達していないような、そんな感じがしないでもない。でも、こうしたソフトは日々努力(と、ひらめき)で俄然と良くなるもので、それに大いに期待したいわけですよ、ぼくとしては。

 ところで先日、開発発表をしたGXRの「Mマウントユニット」に使用しているシャッター(たぶん、フォーカルプレーンシャッター)は、これまたリコーが自社で設計開発したものらしいのだ。外光パッシブAFユニットといい、そのフォーカルプレーンシャッターといい、リコーはまるで“自給自足”の体制にはいらんとしているようで、いやあ、おもしろいおもしろい。

 CX5とまったく関係ないけど、本日のPhoto、なんだかわかりますか? ここへ行ったことある人いますか? わかった人、twitter にでもどうぞ。

外光パッシブAFの将来

リコー・CX5
 CX5の外光パッシブAFはシャッターの“イッキ押し”のときに効果を発揮する。200mm相当以下の焦点距離では“イッキ押し”すると、0.2秒以下のシャッタータイムラグでAF撮影ができるという。ただし、半押しシャッターをしたり200mm相当以上の焦点距離では撮像センサーによるコントラストAFのほうが優先される。外光パッシブAFも測距に利用して、少しはスピードアップに貢献するだろうけど。

 いずれにしても“イッキ押し”をゼッタイにしないぼくとしては、せっかくリコーが作って搭載した外光パッシブAFはいまのところ役には立ってくれない。
 ところでこのリコーの外光パッシブAFシステムには1つ“欠点”がある。モノとしてのユニットが必要で、それが結構、大きなスペースを占める。部品としての価格もばかにならない。長持ち思想を徹底しているリコーはカメラボディのデザインを変えることなくそのまま使い続けていて、それに新しくユニットを組み込んだのだから、ぎゅうぎゅう詰め状態。

 だから、ストロボ発光部がそれでなくても指にかかって困っているのにさらに指に近くなってしまった。ストロボ撮影をするときはカメラの持ち方をよほど工夫しなければならない。


 だがしかし、その外光パッシブAFユニットというのは将来“オオバケ”する可能性を秘めているんではないかとぼくは考えるわけだ。だから、いまのところストロボ発光部が指にかかってもがまんする。将来に期待するからだ。

 つまり、外光パッシブAFとセンサーコントラストAFを最適化して組み合わせれば、センサーコントラストAFは飛躍的にAFスピードがアップするはず。撮像センサーそれ自体に位相差式のセンサーを組み込んだりしなくてもいい。
 期待に応える外光パッシブAFのユニットに仕上げるには難問はいっぱいあるだろうし、ひょっしたら、完成させるまでに他の画期的なハイスピードのコントラストAFシステムが開発されるかもしれない、でもそんなこと言っていても始まらない。そのときはそのときだ。ともかくもがんばれよリコー、ですね。

外光パッシブAFユニット

リコー・CX5
 リコーのデジタルカメラには、だいぶ前から ―― いつごろからかは忘れたけど ―― 外光式のパッシブAFの機構を内蔵させていた。これと、撮像センサー面で測距するいわゆるコントラストAFとの“2本立て”でスピーディーにピント合わせができるのが特長だった。

 外光式パッシブAFは、ごくごく簡単に言えば一眼レフカメラに内蔵されている位相差方式AFと似ている。ただAF精度は一眼レフのそれに比べればだいぶ劣る。そこそこのAF測距はもちろんできるが、メリットはピントを合わせようとする位置が「近いか遠いか」がわかることだ。
 コントラストAFの最大のデメリットは、被写体の位置が瞬時に「近いか遠いか」がわからないことで、だから測距スピードが遅い。いったんレンズを前後に駆動させ(スキャンして)狙った被写体の位置を探ってから測距するからだ。これを補うのが外光パッシブAFで、コントラストAFの測距のスピードアップにつながる。


 ところが、そう、ちょうどGR-Dが「I」から「II」にモデルチェンジされたときに、この外光パッシブAFユニットをリコーはなくしてしまった。リコーは省略した理由として「コントラストAFで充分に高速なAFができるようになったから」といっていたが、でも、そんなことはウソっぱちであることはぼくはわかっていた ―― わかっていたけど“その当時”には公言できなかったのだ(オトナの事情ってもんだ)。

 つまり、リコーは外光パッシブAF用のセンサーを部品メーカーから購入していて、それがある事情で手に入らなくなり(このへんは深く詮索するな)、それでやむなくGR-D IIから外光パッシブAF機構を省略したというわけだ。
 ところが、省略したもののやはり外光パッシブAFの効果はそれなりにあって、リコーはずっと「なんとかしたい」と思い続けてきた(たぶん)。じゃあ、ということでリコーはその部品を自分たちで作ってしまった。ここがリコーの素晴らしさ。それを搭載した初めてのカメラがCX5なのだ。
 というわけでリコー自社開発の外光パッシブAFユニットの話はもう少し続けるつもり、次回をお楽しみに。

リコーの長持ち思想

リコー・CX5
 CX5には大きな特徴が「3つ」ある、と先日ここで述べた(3月11日)。繰り返しになるけれど、旧型と同じレンズを使い続けている、というのが1つ。ボディ外観のデザインもほとんどそのまま。2つめは、いったんリコーのカメラから消えてしまった外光パッシブAFの機能がCX5で復活したこと。3つめが、リコーでは初の超解像の撮影機能を盛り込んだことだ。

 それにしても、内蔵レンズも外観デザインも、継続してここまで我慢強く使い続けるというメーカーは他にはほとんど見当たらない。徹底した「長持ち思想」だ。リコーの哲学さえ感じさせる。感服、感服。
 その内蔵レンズは28?300mm相当の高倍率ズームで、これをCX2からCX3、CX4そしてこのCX5とずーっと使っている。初代のCX1だけは28?200mm相当のズームレンズだった。

 内蔵28?300mmズームは、むろん、モデルチェンジごとにスペックにはあらわれないようなごくマイナーな改良などはされているだろうけどレンズ構成はもちろん開放絞り値などもまったく同じ。さらにこのズームはGXR用のカメラユニット・P10にも使われている(こちらはやや大きめの変更はされているけど基本構造は同じレンズ)。


 いやべつに、そのことが悪いと言っているわけではない。むしろその逆で、モデルチェンジのたびに、「どこかを変えなければ売れない」と強迫観念のようなものを抱いて企画し開発しているカメラメーカーが多い中にあって、このリコーの姿勢は潔いというか合理的というか徹底的というか。吝嗇というか、骨までしゃぶり尽くそうという哲学か。

 ボディの外観デザインだってそうだ。
 モデルチェンジされるたびに、少しは変えてはいるけれど基本的なデザインコンセプトはキープしたまま。モードダイヤルの形状も大きさも、メインスイッチの位置も、ズームレバーのデザインも寸分も違わないし、背面の操作ボタン類も液晶モニターのサイズも、もう、なにからなにまで同じ。感服、感服。そういえば、バッテリーはCX2からCX3になったときに変更されたが、これはCIPAの約束事でリコーが積極的にやったことではない。

 ボディ外観デザインはグリップ部を少し変更しているぐらい。シリーズの中では、グリップがキチンと付いているCX2とCX3が、やはりいちばん良い。それに比べるとグリップ部のないCX4もCX5も、はっきり言ってカメラデザインとしてはあきません。
 しかしデザインはあきませんけど撮影機能的にはやはり最新型のCX5がよろしいし、カメラとして安定熟成しておりますね。

喪にふくす…

リコー・CX5
 都内は夜になると計画停電とはかかわりなく、あちこちで明りが減じられて薄暗い街になっています。走るクルマもめっきり少ない。六本木もそうでした。震災で亡くなられた人たちのことを思い街全体が喪にふくしているようでした。

 東京タワーもライトアップをやめているため、薄暗い街のなかにぼんやりと見えるだけでした。東京タワーを眺めていた六本木ヒルズあたりも、がらーんとして暗く人も少ない。夜空だけがやけに明るくて星がいっぱい見えました。
 震災に遭われた人たちのことを思うたびに、非力な自分が歯がゆく、なにができるのか、なにをすればいいのかと忸怩としています。


 CX5にはシーンモードの中に「夜景マルチショット」の撮影機能が入っています。CX3だったかCX4からだったろうか、搭載され始めた撮影機能で、夜景など暗いシーンを撮るときに手持ち撮影でもブレの少ない高画質な写真が撮れるというものです。手ブレするぎりぎりのシャッタースピード(約1/10秒ぐらい)で、数コマを高速連続撮影(つまり多重露出)、その画像を合成処理をして(比較的)ノイズの少ないブレの少ない写真に仕上げてます。

 その「夜景マルチショット」で手持ち撮影をしたのが、ライトダウンした東京タワーの上の写真です。連続撮影はほとんと“一瞬”ですが、やはり、しっかりとブラさないようにカメラを保持しながら撮影することは大事。なので、拡大してみると少しブレております。
 こうした高速連続撮影による撮影機能が可能になったのはCMOSセンサーならではのもので、他社のカメラにも採用され始めています。今後、こうした撮影機能はもっともっと発展し良くなっていくでしょう。

震災のお見舞い


 昨日の震災の被害に遭われた方々、またその関係の方々にこころよりお見舞い申し上げます。とくに被害に遭われた方々はこれから大変でしょうけれど、どうぞ元気をだしてがんばってください。

 ぼくのほうは、事務所内の棚からカメラやレンズや本が落ちて散らばる程度で、いたって軽微でした。今日一日かけてかたづけです。

5代目のCX

リコー・CX5
 CXシリーズはリコーのカメラの中では、というよりも国内で見てみれば“ベストセラー”のカメラの1つだ。だから、CXシリーズはマイナーなモデルチェンジを繰り返しながら、とうとう5機種目となった。それがこのCX5というわけ。

 CX5には、ぼくは「3つ」の大きな特徴があると思う。1つめ、CX2からずーっと同じレンズを使い続け外観デザインもほとんと変化なしという“長持ち思想”を貫き通していること。2つめ、一度はリコーのカメラから消えてしまった外光パッシブAFの機能をCX5で復活させたこと。3つめ、今後の進化が期待できる(かもしれない)超解像の画像処理を利用した撮影機能を盛り込んだこと。


 ところでCX5には3色のカラーモデルがある。ブラックと、淡いピンク色のローズピンク、明るい光の下でないとよく見えないほどの薄い緑色をしたグリーンシルバーであるが、文句なしにグリーンシルバーがよろしい。色が上品だし控えめだし、カメラのストレートを基調とした外観のデザインにも、“純”シルバーのレンズ鏡筒ともぴったり似合っている。
 こういっちゃナンだけど、リコーにもこうした色をカメラに採用するハイセンスな人がいるんということなんですね。新しい発見。むろん、ぼくは迷うことなくグリーンシルバーを選んでそれを使っている。とにかく、いっけんの価値ありますからカメラ店でご覧になってみることをおすすめします。

 というわけでCX5の「3つ」の特徴についてはのちほど、ということで今日はこれだけ。
 ブログでぐだぐだと長い文章を書くなよ、いまは twitter 140文字の時代だぜ、とのお叱りも受けましたので(その通りだ、もっともだ)、今後は、簡潔に、をモットーに、できるだけブログ更新の“間”があきすぎないようにしますね(の、つもり)。