シグマの2本のレンズ

キヤノン・EOS Kiss X50+シグマ・50mmF1.4EX DG HSM
 ここしばらく、シグマ「50mmF1.4」と「85mmF1.4」の2本の単焦点大口径レンズをニコンやキヤノンの“低価格機種”と組み合わせて使ってきた。Kiss X5もX50も、D5100も小さくて軽いボディで、そのボディに“大きくて重いレンズ”をセットして使ってみたわけだが、メーカーが“推奨”する小さくて軽くて安い標準ズームレンズの「写り」とはひと味もふた味も違うことをあらためて実感した。
 これらのレンズを使うと、大きくて重くなりハンドリングはけっしてイイとはいえないけど、期待以上の「写り」をしてくれる。F1.4大口径のF値にも勇気づけられて「よしっ撮ってみよう」とい気持ちにもさせくれる。

 このシグマの2本の「F1.4レンズ」はフルサイズ判カメラ対応のレンズだ。APS-Cサイズ判カメラに、それも低価格機種で使うのはちょっぴり“贅沢”な気分。でもね、あえてそうした“贅沢”をしてみるのもよろしいのではないか、と思うわけです。
 安っぽくて写りもそこそこの標準ズームレンズ(とは、言い過ぎだけど)を使って、のほほん、と写真を撮ることをいったんやめて、気合いのこもったレンズを使って、エイヤッ、と撮影してみるのも(たまには)よろしいのではないか。
 ひょっとすると、おおっ自分にはこんな写真センスがあったのか、とあたらめて見直すかもしれませんぞ(保証はできないけど)。

 ぼくは以前にも言ったことがあるけど、「カメラを買い換えても自分も写真も変わらないぞ。レンズを変えれば自分も写真も変わるかも」と。


 さて、シグマの50mmF1.4と85mmF1.4だけど、85mmF1.4のレンズほうが50mmよりも描写性能は“だいぶ良い”ですね。とくにF1.4の開放絞りでの描写は、50mmレンズでは球面収差のせいかややフレアーっぽくて切れ味もよろしくない。むろん、1~2段絞り込むだけで良くはなるけど、それは当たり前のこと。
 いっぽうの85mmの描写は、50mmレンズとはだいぶ違って開放絞りF1.4でもじつに切れ味がよくフレアーっぽさがほとんどない。同じシーンを同じF1.4で撮り比べたのだけど、85mmF1.4レンズでは“いっぱつ”で満足できたのに、50mmF1.4レンズでは「ピントが合ってないんではないか」と何度も撮り直したほどだ。
 どちらのレンズか、と言えば文句なしに85mmF1.4のほうですね。ボケ味も(だんぜん)85mmF1.4のほうがいい。ボケても像に芯があって自然だ。50mmF1.4はふにゃふにゃ像が崩れすぎる。

 ぼくはレンズをチェックしたり評価したりするときは、徹底して「実写主義」を通している。「実写」というのは、室内でレンズチャートを写して解像度やコントラストをチェックすることではない。格子模様の壁を写して歪曲収差をチェックしたり、青空を写して周辺光量不足をチェックしたりすることではない。そんな“机上テスト”をしたり“アラ探し”したって、レンズのほんとの実力なんてわかりっこない(レンズの“一面”を見ることはできるだろうけど)。

 自分の手で、自分のスタイルで、自分がいつも撮っているような被写体を、距離を変えたり絞りを変えたりして、あれこれ写す。撮影シーンも撮影条件も自分ではよくわかっているから、写した写真を見ての正しい評価もできる。これがぼくの言う「実写」だ。だからぼくは他人が撮った写真を見てゼッタイにレンズの評価なんかしませんよ。そんなもん、ハナっから信用してない。

スペシャルエフェクトモード

ニコン・D5100+シグマ・50mmF1.4 EX DG HSM
 D5100の特徴を「3つだけ」をあげるとすれば、(1)横開きのバリアングル液晶モニター、(2)D7000と同じセンサー同じ映像エンジン、そして(3)スペシャルエフェクトモード搭載、となるだろうか。
 スペシャルエフェクトモードには「セレクトカラー」、「ミニチュア効果」、「ハイキー」、「ローキー」、「カラースケッチ」、「シルエット」、そして「ナイトビジョン」の7つがあって、このモードのどれかを選ぶだけで ―― モードダイヤルに新しく「EFFECTS」が設けられた ―― 静止画でも動画でも“ひと味違った”表現ができる。静止画でも動画でも“できる”ってところがミソ。

 7種類のスペシャルエフェクトモードのほかに、16種類のシーンモードもあるし、従来のニコンの一眼レフ機種と同じピクチャーコントロールもあるし、さらに、撮影後にカメラ内で画像加工できる19種類もの「画像編集メニュー」もある。むろん、グリーンモードのフルオートも、P/A/S/Mもある。そのうえ、D5100ではニコン初の「HDR(ハイダイナミックレンジ)」の撮影機能も搭載。てんこ、てんこ盛りだ。
 動画は30fpsのフルHDが撮れる。キヤノンと同じくMOVファイルとして記録される。ささいなことだけど、D7000もフルHD動画が撮れるが、こちらは24fps。


 ニコン初のHDRもメチャおもしろかったけど(詳細は略)、スペシャルエフェクトモードの「ナイトビジョン」がおもしろかった。
 これは、真っ暗けのけ、のシーンが撮影できるというモードだ。D5100の最高ISO感度は標準モードではISO6400までだが、感度拡張することで最高ISO25600相当まで“増感”することができる。で、ナイトビジョンだけど、これを選ぶと感度は「ISO102400相当」に設定され、画像は白黒となり、ピント合わせはAFがキャンセルされてMFになる。すべて、強制的にウムをいわさずにそうなる。

 ISO102400相当の超高感度で白黒画像だから ―― カラー画像だと色ノイズがめちゃくちゃ目立ったので白黒画像にしたのだろうけどそれがおもしろい効果を出している、タナボタ効果 ―― いっけんオリンパスの「ラフモノクローム」のような感じだが、ラフモノクロームよりもかなりフラットな調子。
 強制的にAFキャンセルMFにしたのは、あまりにも暗いシーンになると位相差AFの測距可能輝度範囲の限界をこえてしまってピントが合わなくなり(少し工夫すればピントはあわせられるのだけど)、おそらく「ピントが合わないぞ」とクレーム対応するのをニコンがイヤがったのだろう。ただし、ライブビューモードにすればコントラストAFでピントを合わせることはできる(こっちのほうがピントは合いにくいのにねえ…)。

液晶モニターのアレとコレ

ニコン・D5100+シグマ・50mmF1.4 EX DG HSM
 前モデルのD5000の画素数は約1230万画素でCMOS。D5100ではそれがD7000と同じ約1620万画素になった。もう1つ、D5000からD5100になって変化したことは、バリアングル式の液晶モニターが「上下開き方式」から「左右開き方式」になったことだ。ちなみにKiss X5は左右開き。というよりも以前から、コンパクトもそうだがキヤノンは左右開き式だ ―― 実際には「右開き」はなく「左開き」だ、そして以下の話はカメラ横位置に構えたときのハナシ。

 上下開きが良い点は、モニターを開いたときのモニター画面がレンズ光軸から少ししかズレないことだ。視線(目玉)をわずかに“移動”させるだけでいい。対して、左右開きだと視線をズラすだけでは間に合わず顔そのものを画面側に向けてやらなくては良く見えない。
 カメラを構えて被写体を見つめる。それから構図を決めようとモニター画面を見つめるためには顔の向きを変えなくちゃならない。遠くの被写体ならともかく、近いものを写そうとすると、アッチ見てコッチ見てと、これがじつに不自然に感じる。

 おそらくニコンも、そのへんの上下開き式のメリットと左右開きのデメリットを知っていて、だからD5000では上下開きを採用していたのだろう。


 しかし、この上下開き式には、1つ、大きなデメリットもあるのだ。モニターを自由に可動させるためのヒンジ部がボディの底部で少なからずスペースをとってしまうことだ。
 このヒンジのせいでボディの全高がどうしても高くなってしまいカメラが大きく“見えて”しまう ―― 同じスペースを占めても「左右方向」と「上下方向」を比べると、上下増し、つまり高さ方向が少し増すだけで左右増しよりも感覚的に「大きく」感じてしまう、クルマだってそうだ。

 とくにD5000やD5100などのクラスのカメラは、「小さいこと、軽いこと、安いこと」が“ゼッタイ3条件”である。というわけで、カメラを少しでも小さくするためにニコンは(たぶん、しぶしぶ)左右開きのバリアングルモニターを採用した(のだろう)。
 これによりD5100はD5000よりも、「7ミリ」も全高が低くなり、見た目もぐんと小さくなった(コンマ数ミリの確保をせめぎ合っているボディ設計にしてみれば7ミリはスゴイことなのだ)。

 ここでD5100とKiss X5のバリアングルモニターについて追加話をひとつしておくと、D5100はアスペクト比4:3の3型の約92万ドットである。Kiss X5はアスペクト比3:2の3型(ワイド)の約104万ドットだ。昨日、画素数以外のスペックはD5100の“勝ち”だと言ったけど(これを訂正)、液晶モニターもKiss X5の“勝ち”の1つに加えておきたい。モニター解像度が104万ドットだから“勝ち”なのではなく、「3:2」のアスペクト比であることが“勝ち”の理由なのだ ―― このへんの話は長くなるので、またいずれ、だ。
 次回はD5100の愉しめる撮影機能などについて(予定)。

D5100、とKiss X5

ニコン・D5100+シグマ・50mmF1.4 EX DG HSM
 使ってみるまでD5100が、こんなにも魅力的なカメラに仕上がっているとは予想もしていなかった。愉しい撮影機能がいっぱい盛り込まれていて、ぼくのようにカメラの新しい機能大好きなものにとっては、まるで「おもちゃ箱」のようだ。とにかく使って愉しそうなカメラで、長く愉しめそうなカメラだ。

 D5100はそこそこの低価格にもかかわらず ―― Kiss X5よりもざっと1万円ほど安いのだ ―― その中身は、すべてにおいて平均点以上。「眼福」、「指福」についても、とりたてて不満なし。D5100の諸々のスペックをKiss X5と比べれば、画素数だけはわずかに“負け”ているけど、そのほかのスペックでは“勝って”いる。ニコンはよくがんばったと思う。


 撮像センサーは約1620万画素のCMOSで、画像処理エンジンはEXPEED 2である。
 そう、この中身はそっくりD7000である。Kiss X5が約1800万画素CMOSで、DIGIC 4で、それはEOS 60Dとそっくり同じものであることと、同じ。
 このように、画質性能だけを見比べれば上位機種も下位機種もない、ニコンもキヤノンも“仲良く同じ”になってしまったわけだ。

 D5100とKiss X5を使いながら比べていると、早稲田と慶応、大阪と東京、ニューヨークとパリ、味噌汁とお吸い物、ニッサンとトヨタ、のような“違い”を、今回ばかりは強く感じてしまった。いや、どちらがどちらなのか、とか、どちらが良いの悪いの、ではなくて、D5100とKiss X5にはそれぞれ独特の主張(考え方、哲学)があってそれが、ぼくにはおもしろく感じた。両方を同時に使っていると知らず知らずにニンマリとしてしまいましたよ。

「写り」は申し分なしだけど

キヤノン・EOS Kiss X50+シグマ・85mmF1.4 EX DG HSM
 お知らせを、ひとつ。
 今日、11日は大阪でのぼくの写真展の最終日。ですので、午前10時から午後3時の終了まで会場にずっとおります。お近くにこられたら、ちょいとお立ち寄りください。たぶん、ヒマにしていますから展示写真の説明でも(もしご希望なら、カメラやレンズのQ&Aでも)、どしどしやりますよ。場所は地下鉄「本町駅」で、四つ橋筋と中央大通の交差点あたりのオリンパスプラザ大阪です。

 さて本日のお題は、Kiss X50であります。X5の“弟分”となるカメラ、EOSシリーズの“末弟”。モニターはバリアングル液晶ではない固定式だ。アスペクト比が4:3の2.7型サイズ(X5は3:2の3型サイズ)、ドット数は約23万ドット(X5は約104万ドット)。動画撮影は720pのHD(X5はフルHD)。そうそう、撮像センサーは約1220万画素のCMOSで、いわゆるゴミ取り機構(セルフクリーニングセンサーユニット)がない。

 X5と比べての大きな“違い”はこんなところ。カメラの基本的な機能については、実質的には五十歩百歩である。初心者用のデジタル一眼レフカメラとしては充分(過ぎるほどの)の機能を持つ。
 カメラボディの価格は ―― いま現在の平均的な実販価格だが ―― X5が約9万円に対して、X50は5万円。その差は4万円。X5よりも4万円も安い。4万円といえば、それなりのいいレンズが買える。X50が、もしX5に“劣る機能”があるとすれば、それは「ウデ=テクニック」でカバーすればいい。備わっている機能を考えればゼッタイにX50のほうがお買い得だ、お気軽お手軽デジタル一眼レフではベストワンだっ、と。


 と、ぼくはそう思い込んでいましたよ、X50を使う前までは。

 ところが、X5を使ったあとにX50を使ってみたら、いや、なんと申しましょうか、期待はずれ。がっかり。4万円をケチっちゃいかんです、やっぱり。X5のほうが断然イイですね。
 あ、測光とかAFとか、写りとか高感度とか、それはX5とほとんど変わらない。そうじゃなくて、カメラとしての「格」と言えばいいのか、それがない。うーむ、シャッターを切ってみればわかりますよ、なんとなく。カメラボディをぐっと握りしめたその手のひらに伝わってくる感触もたよりない。そう、ぼくがよく言っておりますが「指福」感が薄い。指先に伝わってくるカメラとしての精密感、信頼感がどことなく乏しいのですよ。

 くどいけど、写りはまったく問題なし、じつに良く写る。良いレンズと組み合わせれば(当たり前だが)EOS 1D系で撮った画像に負けずとも劣らない。「眼福」は充分に感じられる。でも、「指福」がなあ…。ボディ背面の操作ボタン類の配置デザインにしても、背面のグリップ側に集中的にぎっしりと詰め込まれている感じで、もう、ごちゃごちゃの大混乱。
 でも、X50のボディをあらためてじっくりと眺めてみると、「キヤノンのカメラ開発技術の粋を集めて」徹底したコスト削減があちこちではかられているぞ、とそんな印象を受ける。安いカメラを作ることが、それほど「得意」でもないキヤノンが精一杯がんばって作ったカメラ、それがKiss X50ですね。

ものたりない動画編集の機能

キヤノン・EOS Kiss X5+シグマ・50mmF1.4 EX DG HSM
 前モデルであるKiss X4と比べ、「Kiss X5の特徴を5つあげよ」と、ぼくに問われたとすれば、うーむうーむと懊悩呻吟したあげくに、結局「3つ」しか特徴を言うことができない。その3つにしても、「うわっスゴい!」と感動するようなものではない。むしろ、キヤノンのくせに、なんだこの程度の…と“逆ギレ”してしまうような3つだ。

 1つ、「バリアングル液晶モニター」を採用(EOS D60と同じ)。2つ、全自動撮影機能に「シーンインテリジェントオート」を搭載(シーンに応じて最適な露出やピントや、なんやかやを自動設定してくれる)。3つ、「ビデオスナップ」と「動画デジタルズーム」のムービー撮影機能を搭載(数秒の細切れ動画をつなぎ合わせてショートムービーを作る機能、動画撮影中に3倍から10倍までのデジタルズームができる機能)。


 バリアングル液晶モニターの機構は、そりゃあ、ないよりあったほうがいいけれど、ぼくは(ぼくは、ですよ)、なければないで困ることもないので、X5を使っていても感動は極めて薄い。シーンインテリジェントオートは、これは全自動撮影モードでないと効果が出てこないもので、これまたぼくは、全自動撮影モードは使わないのでその機能の良さ、ありがたみがさっぱりわからない。試しにやってみたけど、撮影結果を見て「効果」がさっぱりわからん…。フツーにきれいに写ってました。

 それに比べ、ビデオスナップと動画デジタルズームのほうが、まだ「愉しいかな」と感じるところがあった。動画デジタルズームは(たぶん)将来、多くのカメラに搭載されてくる機能の1つでしょう。その先鞭をつけたという意味でX5を評価したい。ただし、このモードを設定するといきなりズーム比3倍から始まってしまう。1×からズーミングできるわけではない。
 ショートムービーのほうは、機能としてはおもしろいと思うけど、新機能のせいか使い勝手についてもイマイチ熟成されていない感じで、そのへんが少し残念だった。次機種に期待。

 こうした動画撮影の機能よりも、もっともっとぼくが欲しかったのは、「もちょっと気の効いたカメラ内の動画編集機能」だ。
 X5の動画編集では「前を切る」または「後を切る」だけだ。切ったいくつかの動画をつなぎ合わせて1本に仕上げる「編集」ができない。そんな機能は、数年前のサンヨーのフルHD動画が撮れるデジタルカメラにとっくに搭載されている。
 キヤノンの実力をもってすれば、カンタンなことだと思うんだけど、さて、どんなもんなんでしょうね。

もう少し愛嬌のあるカメラなら

キヤノン・EOS Kiss X5+シグマ・85mmF1.4 EX DG HSM
 評価のムツかしいカメラです。ぼくはこのKiss X5の魅力をどのように“見つけ出し”て評価すればいいのか、うーむ、困っております。
 「平凡」と言ってしまえばこんなに平凡なカメラはない。しかし、ナンと言いましょか、不特定多数に向けたデジタル一眼レフカメラとしては素晴らしいデキであります。が、おもしろくないカメラ。どことなく愉しくないカメラ(とは少し言い過ぎだけど)なのだ。使っていて感じるのは「ふーん、そう、よく写るねえ、エラいエラい」と、それくらいしかないんです。

 備わっている撮影機能は充分だし操作性も良い。写りも良い。デジタル一眼レフとしては軽い小さい。ほんと良くできたカメラだ。まったく“スキ”のないカメラで、だから可愛くないというか、使っていて“いとおしさ”も感じにくい。理屈っぽくて目から鼻に抜けるような受け答えをする美人…か。ボディのデザインもウマいよねえ、腕も頭もいいカメラづくりのプロ集団が作ったカメラですよ。


 たとえばの話だけど、あまり親しくもないがちょいとうるさ型の誰かから、「おすすめのデジタル一眼を教えて」と問われれば、「あ、キヤノンのKiss X5がいいと思いますよ」と答えてしまいますね、ぼくなら。
 「良く写らないぞ」とか「使い方が難しい」とか「こんな機能がついてないじゃないか」なんて、あとで不愉快な対応をされる心配もまずないでしょう、このKiss X5なら。あまり深く考えずに人に勧められるカメラだ。ただし、「良いカメラを教えてくれましたね、ありがとう」、なんて感謝を言ってもらえることもない、そんなカメラです。

 撮像センサーはEOS 7DやEOS 60Dと同じ約1800万画素CMOS。画像処理エンジンはDIGIC4だし(7Dだけはデュアル)、最高ISO感度も同じ。実際の写りは、露出レベルがややオーバー傾向ではあるが(ユーザーターゲットに合わせているのかな)、画質的にはこころなしかKiss X5が良いように感じた。
 でもね、くどいようだけど、デジタルカメラは「画質だけ」で判断しちゃいけない。「画質だ、画質が」と言う人に限って、どうしてなんでしょうね、写真がウマくないんですよねえ…。

これから「カメラ」はどうなるだろうか

オリンパス・SZ-30MR
 デジタルカメラがわたしたちにとってのごく一般的な“道具”となってから、「たかだか10年そこそこしか」たっていない。フィルムカメラの長い歴史とは比べものにならないほど短い。
 「デジタルカメラは始まったばかりだ、これから素晴らしいカメラがたくさん生まれてくるだろう」と断言する人が多くいる。ぼくもその一人だし、その意見には「もっともだ、その通りだ」と考える。これからデジタルカメラがどのように「進化」していくだろうか、それを考えるだけでこころ浮き立つ思いだ。

 ただし、このデジタルカメラの変化(と進化)を前にして、わたしたちは「カメラとはいったいなんだろう」ということを、あらためて考えておかなくてはならない。これはとても大事なことだと思う。
 ここで注意しておかなければならないのは、古くからあるフィルムカメラの概念や論理から抜け出ないまま、これからのデジタルカメラを眺めたり考えたり評価してはいけない、と思う。でないと、きっとデジタルカメラが新しくなるたびに戸惑いや反感を抱くだけにもなりかねない。


 そのひとつのたとえだが、フィルムカメラは静止画を撮る「だけ」のカメラだったのに、デジタルカメラは静止画だけでなく動画も「同時に」撮れるカメラが当たり前になりつつある。
 いまは、静止画も動画も同時に撮れるようになったばかりだ。しかし、近い将来には静止画も動画もそれぞれの“垣根”がきれいさっぱりなくなり、静止画も動画もシームレスに、いつでも、あるはい同時に撮影ができて、撮った両方の映像をごく普通に愉しめるようになる、とぼくは考えている。きっとそうなると思う。デジタルカメラも進化(変化)し、そしてそれにつれてインフラも発展し便利になるに違いない。

 というとたぶん「動画撮影の機能なんて余計だ」と反対したり反発したりする人がでてくるだろうけど ―― そりゃあ人それぞれだからいんだけど ―― でも、今後のデジタルカメラの進化の“足を引っ張る”ことだけはやめてほしいよなあ。

 これから日々、カメラは変わる。映像の愉しみ方も変わる。それにつれて「映像表現」の方法も、フィルム時代のそれと違って大きく変化していくでしょうね。どんなふうに変化するの? と問われても具体的にはぼくにもよくわからないけど、ただ一つ言えることは、いままで技術的な問題で表現不可能だったことが、新しいカメラの出現によってそれが可能になるに違いないということ。たとえば高感度撮影がそうだし、高速連写機能だってそうです。静止画と動画の同時撮影もそうです。むろん一眼カメラも変わる、大きく変わる。
 つまり、それによっていままでわたしたちが想像もしなかったような「新しい映像表現」が生まれつつある。ぼくはこれに「大きな夢」を抱いておるわけです。

 と、そんな“やや大袈裟な”ことをSZ-30MRを使っていて、うすぼんやりと考えていたわけです。

SZ-30MRの話、再び

オリンパス・SZ-30MR
 少し“間”があいたが、オリンパス・SZ-30MRの話を再開。
 このカメラ、コンパクトカメラだとばかにしちゃあイケませんぞ。じっくりと眺めていると、一眼も含めたデジタルカメラの将来の姿が垣間見えるかも、と、ぼくにはそんな気もしないでもないのだ。

 さて、SZ-30MRの「SZ」は「Super Zoom」の略だ。「MR」は「Multi Recording」の略。スーパーズームは24倍の高倍率ズームであることはわかるが、では、そのマルチレコーディングってなんなのかと言うと、一度の撮影で、同時に(ここがミソ)、(1) 広角と望遠の2つの静止画とか、(2) 動画と静止画の両方とか、(3) 広角と望遠の2つの動画とか、(4) フィルター処理をした画像とオリジナルの画像の両方が撮れるとか、(5) 静止画撮影の数秒前と数秒後の動画が撮れるとか、のマルチな撮影ができる機能のこと。

 言うまでもないが30MRのレンズは一本だけ。ごく一般的なシングルレンズカメラだ。なのに、広角と望遠、動画と静止画が同時に撮れるのは、そうです、画像処理エンジンを2つ、ダブルで搭載しているからだ。


 2つの画像処理エンジンを使ってパラレルに別々の処理をさせることで、たとえば、動画をまったく途切れさすことなく、いつでも静止画の撮影ができたり(フォトインムービー)、ワイドな動画を撮りながら、その画面内の指定した部分だけをアップにして動画撮影ができる(マルチフレーム)、画像サイズの異なる静止画や動画を同時に撮影できる(マルチサイズ)、などなど。
 30MRの動画は、一眼のPENシリーズの動画をしのぐ、1080p(30p)のフルHD動画である。フォトインムービーでは1600万画素の静止画とフルHDの動画が同時に撮れる。ただし、マルチフレーム動画モードで撮影をすると720pのHD動画になってしまう(これはしょうがないよね)。

 動画撮影中に静止画撮影ができる機種は一眼、コンパクトにすでにいくつかあるが、そのどの機種も、静止画撮影をすると動画が動画が一時ブラックアウトしたりジャンピングしてしまったり、あるいは強制終了してしまう。しかしながら30MRでは、動画は静止画撮影の影響をまったく受けず、まるで2台のカメラで同時撮影をしているように写せる。

 というわけで、ぼくが感心したのは ―― むろんマルチレコーディングのアイデアそのものもだけど ―― 将来のデジタルカメラに必須だと思われるのは「静止画と動画がノンバリアで撮影し愉しめる」機能でありまして、つまり30MRはその“先駆け”となるカメラではないかと、ま、そー思うわけですよ。