アートフィルター・ドラマチックトーン(DRAMATIC TONE)

オリンパス・E-P3+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mmF2

 オリンパスの広報室が年に2回発行している技術情報誌がある。「OLYMPUS TECHNO ZONE」。その最新号(Vol.76)は第三世代のPENシリーズの特集で、それにかかわった開発者の人たちの座談会。ぼくには馴染みの人ばかり。皆さんの話がどれもおもしろい。
 その中から興味のある部分 ―― 「リアルカラーテクノロジー」と「デュアルコア画像処理」の話 ―― を抜粋紹介してみましょう。

 まず「リアルカラーテクノロジー」の話から。将来有望な、期待できる“内緒がいっぱい”の技術。発言は豊田さん、デジタル画像処理担当のオリンパスのホープ。

 『従来の画像処理では、ひとつの色をきちんと再現すると、別の色の再現性が低くなることがありました。とくに難しいのが、非常に鮮やかな色と比較的淡い色との両立です。花の色を鮮やかに表現しつつ、淡い色はおとなしく表現するには、細かく画質をコントロールする必要があります。
 この問題を解決するべく、社内の技術開発センター(*)と研究を重ねてきた成果が「リアルカラーテクノロジー」です。南国のエメラルドグリーンの海のような微妙な色あいを、撮影したときの印象に近い画質で記録できるようになっています。』

 (*)技術開発センターとは、ぼくたちが“オリンパスの秘密研究基地”と呼んでいる八王子・宇津木にある先端技術や要素技術を研究する施設。


 もう1つは「デュアルコア画像処理」の話。ライブビュー撮影での“欠点”を克服する技術となるか。発言は同じく豊田さん。

 『「デュアルコア画像処理」は画質向上よりも、カメラ動作の高速化への寄与が大きいです。一眼レフのように連続してシャッターを切るような軽快感を出すには、一枚撮影してから背面モニターにライブビュー画像が表示されるまでの時間をいかに短くするかがポイントになります。
 そこで撮影データを処理するための画像処理コアと、モニターに表示するための画像処理コアを2つ積んで、並行で処理するようにしています。その結果、まるで光学ファインダーを見ているようにテンポ良く(*)次々に撮影することができます。』

 (*)「光学ファインダーを見ているようにテンポ良く」とは豊田さん、そりゃあ言い過ぎだけど、数日前にここでぼくが、ミラーレスカメラの“欠点”のひとつとして連続撮影するとモニター画面がほとんどブラックアウトされてしまい「暗中模索状態」になる、と言っていたが、そのデュアルコア画像処理がもっと進化すると“欠点”が少しずつ解消されるかもしれない。

アートフィルター・ライトトーン(LIGHT TONE)

オリンパス・E-P3+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mmF2

 E-P3の高ISO感度の画質比較をE-P1やE-P2とやってみた。その結果を見て少し驚いた。ノイズレベルでISO感度比較すると約1段または1.5段の違いがあった。つまり、P1/P2のISO1600の画質が、P3ならISO3200からISO4500ぐらいに相当する画質だった。
 少し改良が加えられているとはいえ、P2とP3の撮像センサーは基本的には“同じ”もの。どちらも約1230万画素のLive MOSセンサーである。

 高感度画質が向上したのは、画像処理エンジン(TruePic 6)やらノイズ低減のアルゴリズムや周辺回路部の改良などなど進化によるものだろう。
 かくかくしかじかE-P3の画質は旧型に比べると相当に良くはなっているのだが、でも、ぼくにはE-5の画質のほうが“一枚上”のような気がする。たぶん、レンズのせいではないかと思うのだけど、じつのところよくわからん。

 もし、E-P3をカメラ店などの店頭で試す機会があったら、ぜひ試してみて欲しいのは、液晶モニターの表示の色あいが変更できる機能だ。


 E-P3は有機EL液晶モニターを採用している。有機ELモニターは、ややハデに見えすぎるという“欠点”がある。モニターを見てるぶんにはキレいで愉しいのだが、パソコン画面でその写真を見ると「えっ」と言うほど色あいが違って見えることがある。
 その違いを直すためにハデな「VIVID」(初期設定)とPC画面に近い「NATURAL」に切り替えられる機能を持っている。いかにもオリンパスらしい。それを、いっぺん試してみたらおもしろでしょう、という話。ちなみに、ぼくは「NATURAL」で使ってました。XZ-1にも、この機能が欲しいなあ…。

 もう1つ、オリンパスが画質面で胸を張っているのが逆光自動補正のASATである。従来のSATを大幅に改良して、うん、これが良く効きます。逆光シーンだけでなくハイコントラストな被写体でも効果てきめん。ニコンのアクティブD-ライティングに似た機能だ。ただし、まだ未完成なところもあって、シーンによっては「やり過ぎだよ」と感じることもなくもなかった。
 これも店頭でぜひ試してみることをおすすめしたいが、PENシリーズを使い込んだことのない人には、このASATのON/OFFをどこでやったらいいのか、まずわからないと思う。その設定方法を「発見」したら、胸を張って威張っていい。オリンパスPENマイスターになれるぞ。

アートフィルター・デイドリーム(DAY DREAM)

オリンパス・E-P3+M.ZUIKO DIGITAL ED 9~18mmF4~5.6

 E-P3でAFの合焦スピードが飛躍的に高速になったのは素晴らしいことだ。しかし以前からオリンパスのPENシリーズのカメラには、コントラストAFと手ブレ補正に「ある持病」を抱えている。それを早く治癒しなくてはならないのだが、「第三世代」のカメラをいっきに3機種も手がけていたものだから、たぶんそこまで手が回らなかったのだろう。
 でも、いまはもう一段落したのだから「全力」で持病の治癒にあたってほしい。がんばってくださいね。お願いしますね。

 さて、E-P3のAFの合焦スピードは、E-P1やE-P2に比べて「約3倍」も高速化したぞ、と、そのようにオリンパスは発表している。さらには、「シャッターを押し込んでAF合焦して露光するまでのスピードは、位相差方式AFの一眼レフカメラのスピードを越えた」とも言っている。
 ただし、このE-P3のAFのハイスピード合焦には「条件」がある。1つは、MSC機構を内蔵したレンズを使うこと。もう1つは、AF-S(シングルAF)のモードで、という条件付きである。


 実際に、MSC機構が備わっていない以前のレンズをP3で使ってみると、合焦するまでにフォーカスが“行ったり来たり”を何度も繰り返していた。それがMSCレンズになると“行ったり来たり”がほとんどなく、瞬間的にピントが合う、といった感じだ。撮影していても、コントラストAF特有のピントストレスがほとんどない。

 しかし、高速AFのE-P3といえども、コンティニアスAF(AF-C)や連写AFでの測距性能は、まだまだ位相差AFを越えることはできない。向こうからこちら側に高速で移動する被写体を連続的にピントを追い続け、シャッタータイムラグを見越してピントを先送りしシャッターを切ったときにジャストピントの写真が撮れる「連続動体予測AF」という機能は、現行の位相差AFの一眼レフカメラのほぼすべてに搭載されているが、コントラストAF方式のカメラでこれができるカメラは、コンパクトも含めていまだに一台もない。

 また、位相差AF方式の一眼レフカメラでは高速連写したときミラーアップによるごくわずかなブラックアウトはあるものの、ファインダーで被写体の様子をほぼ“見続ける”ことは可能だ。ところが光学式ファインダーを持たないライブビュー式のミラーレスカメラにはこれができない。連写中は暗中模索状態。
 コントラストAFはピント精度や測距可能範囲の広さについては位相差AFよりも優位ではあるものの、まだまだ改良し進化させていかなければならない点は多い。これもまた、がんばってほしい。

盛りだくさんの機能や機構

オリンパス・E-P3+M.ZUIKO DIGITAL 14~150mmF4~5.6 ED

 E-P3には新しい機能や機構が盛りだくさん。にもかかわらず、初代のE-P1の良きトレンドを守りつつ、新しい時代のデジタルカメラに仕上げている。そのE-P3の特長を「簡単に」述べることは大変に難しい。以下、公表されていることだけに限定して羅列しておく ―― たぶん、読んでいくと途中で飽きてしまう、と思う。

 E-P1、E-P2の流れを受け継ぐフルメタルボディ。それらのボディデザインを崩すことなく内蔵ストロボを組み込んでいる。ボディグリップを着脱式にする。グリップがあるほうがホールディング性は良いが、しかしグリップレスにすると見違えるようにすっきりとしたボディスタイルになる。ボディカラーはシルバー、ブラック、ホワイトの3色。文句なしにシルバーがぼくは好き。

 AFの測距スピードが高速になった。たぶん、コントラストAFでは最速だろう。AFの測距ポイントが35点になり、測距エリアもワイドになった。そのほかのAFの機能として、フルタイムAF、顔検出AFのみならず左右どちらかの瞳を決めてピントを合わせる瞳検出AF、性能を飛躍的に向上させた追尾AF(トラッキングAF)。いまさら、と少し不思議な感じもするが、PENシリーズでは初めてのAF補助光機構を搭載。とにかく、AFは速い。


 画像処理エンジンに新・TruePic 6を採用。撮像センサーは、画素数やパナソニック製であることなど従来型と同じである。約1230万画素のLive MOSセンサーだが、オリンパス独自のカスタマイズがされた新型(と、いうことになっている)。これに加えて、ファインディテール処理の技術とリアルカラーテクノロジーを組み合わせて、さらに高解像、高画質に。最高ISO感度をISO12800に。従来からある逆光補正機能のSAT(シャドー・アジャストメント・テクノロジー)を大幅に進化させたASAT(アドバンスド・シャドー・アジャストメント・テクノロジー)に進化させる。このASATは設定がめちゃくちゃめんどうだけど、注目。

 タッチパネル式の3.0型有機EL液晶モニター。アスペクト比は3:2。61万ドットであるがVGA液晶の92万ドットに相当する高精細。ライブビュー専用の画像処理コアを搭載するなどしてモニター画像の表示速度を高速にしたり、ライン読み出し方を工夫してEVFの見え具合を飛躍的に向上させた。ぼくは、このためE-P3ではEVFを常用していた。
 タッチパネル機能を利用したタッチシャッター、AFポイント選択、AFポイント拡大、再生画像送り、拡大再生など。従来はiAUTOのみで使用可能だったライブガイドがP/A/Sモードでも可能となり、さらにタッチパネル操作に対応。こうなると予想してたぞ、オレは。

 アートフィルター10種類に加えて、バリエーション、アートエフェクトも選べるようにした。アートフィルターブラケットの機能を使えば、ワンショットですべてのアートフィルターがイッキ撮影できる。AVCHDのフルHD動画(1080i)やMotion-JPEGのHD動画(720p)が可能。カメラ内蔵のマイクでステレオ録音可能。…といった具合です。

PENシリーズ第三世代

オリンパス・E-P3+M.ZUIKO DIGITAL ED 12mmF2.0

 オリンパスは先日、E-P3、E-PL3、E-PM1のニューモデル3機種を同時に「発表」した。とりあえずE-P3だけが、今月22日から発売が開始される。E-PL3とE-PM1のほうはといえば、発売日はまだ「未定」。いちおう「今秋」とアナウンスされている。ぼくの予想では、E-PL3が9月ごろ、E-PM1が10月ごろになるのではないか。

 いまのところE-PL3もE-PM1もまだまだモックアップモデルしかなく ―― と、ぼくは聞いているが、オリンパスのことだから、もうすでに、こっそりテスト撮影を繰り返しているのかもしれない ―― というわけで、とりあえずE-P3のβ版と、同時に発表になった新しいコンセプトの単焦点レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12mmF2.0」を使ってみる機会があったので、そのへんの感想をすこしづつ。


 ところで、新型3機種はPENシリーズを“一新”させるもので、オリンパスは「PENシリーズの第三世代」と位置づけている。相当にチカラが入っている。
 新PENシリーズの開発期間は長かったようだ。苦労も多かったみたい。いっきに3機種を同時発表するという、オリンパスにしては“暴挙”とも言える思い切ったことをやった。そりゃあ、そうでしょう。いままでは、第一世代のE-P1に続いてE-P2を発売したけれど、中身はほとんど同じ。そのあと第二世代になり、E-PL1、E-PL1s、E-PL2をサミダレ式に出してきて、これらははっきり言えば、第一世代のディチューン版、マイナーチェンジ版のようなものだった。

 いま考えると、E-P2の発売のあたりから「PENシリーズ第三世代」の開発が本格的にスタートしたようだ。深く広く静かに開発を進め、パワーもメいっぱい注ぎ込んだから余裕もない。だから、E-PL1、E-PL1s、E-PL2をぽろり、ぽろりと発表して、言い方は悪いけどそれで“お茶を濁していた”のだろう、きっと。
 しかし、「第三世代PEN」は相当に思い切った斬新、最新、新奇な内容を盛り込んだカメラを狙ったものだから予定したように開発が進まず、遅れに遅れて息絶え絶えになりながらようやく今回の発表にこぎつけたというのが実情ではないか(これ、ぼくの想像)。

 でも、苦労のし甲斐がありましたよね。そう思わせるカメラだ。世代が変わったぞ、とオリンパスが胸を張って言えるカメラに仕上がっておりました。
 E-P3を使ってみて、いやはや、よくもここまで盛りだくさんの内容をいっぺんに詰め込んだよなあ、と感心してしまいました、いやほんと。

P3でQを動画撮影

オリンパス・E-P3+M.ZUIKO DIGITAL 14~150mmF4~5.6 ED

 ちょっと贅沢な組み合わせだけど、オリンパスの E-P3 の動画で PENTAX Q をイジってるところを撮ってみた。バッテリーやSDカードのセットの様子なども撮ったのだけど、だらだら長いのもナンだと思って省略した。約1分20秒。東京でしか開催されなかったPENTAX Qのタッチアンドトライのイベントに行けなかった人に……。

 Q にセットしているレンズは、35mm判換算で約47mm相当のF1.9単焦点の「01 STANDARD PRIME」。このレンズと「02 STANDARD ZOOM」の2本は金属マウントだけど、“お気楽レンズ”の3本はプラマウントだ。金属マウントはボディにセットするとき、こんなちっちゃなカメラでも、レンズ交換式一眼カメラ独特の「カチッン」という音がする。ボディとレンズとのインターフェースである10ピンの電子接点が見える。内蔵ストロボはポップアップしなくても(つまり収納状態でも)発光させ撮影することもできる。

 あ、E-P3については、いずれじっくりとお話ししたいと考えております。E-P3は、うん、いいカメラですよ、撮影機能もてんこ盛り。


 ところで、すでにお気づきの人もいるでしょうけれど、先日、わがホームページを大幅にリニューアルしました。コンテンツなどは以前のものを多く流用したままでありますけれど、おいおいと新しいコンテンツを加えていくつもり(予定)です。…写真は、馬に食わせるほどたくさんありますから。

 リニューアルの大きな変更点は、このブログのページをメインのホームページの中に組み込んだことです。
 旧ホームページをご覧になった人も、まだ見てないぞという人も、気が向いたときはもちろん、気が向かないときでも、ぜひどーぞ。そして、ご感想などをお聞かせいただければうれしいなあ。思い起こせば、ホームページとブログをオープンして今年でちょうど10年目になるんですよ。

PENTAX Qの体感イベント

ペンタックス・PENTAX Q+01 STANDARD PRIME

 自慢でもなんでもないんだけど、ぼくはだいぶ前から、デジタルカメラ前のフィルムカメラのときから、「新製品カメラ」を人よりも先に使う機会が多い。発表前だったり、発表後であっても発売までだいぶ先に持ち歩くことが多い。
 新型カメラを持ってると 見ず知らずの人に声をかけられたり―― 発表前のカメラは見つからないように注意してるからソレはないけど ―― 知り合いが集まったときには(機種によっては)それをネタに話題が盛り上がることもある。

 でも、新型カメラといっても千差万別であります。カメラに詳しい人にとっては興味津々の機種でも、ごく一般の人たちにはまったく興味を示さず見向きもされないということはよくあることだ。


 ところがこのPENTAX Qは、カメラに興味ある人、ない人、男性、女性を問わず強い反応を示す。「なに、それ」とか「うわ、かわいい」とか「へー、これが例の」とか、とにかく皆さん、注目してきますねえ。そういう点で言えば、新型カメラを持って歩くことの多いぼくにとっても珍しいことだ。それだけ視覚的にも注目されるカメラだと言えるかもしれないですね。

 だから、例えばだけど、とにかく“目立ちたいっ”という人には(たぶん)うってつけのカメラかもね(半分、冗談ですよ)。

 そうそう、本日(9日)と明日(10日)の2日間、東京の新宿で、このPENTAX Qの「体感イベント」が開催されるんですね。交換レンズをつけたりはずしたりシャッター切ったりタッチアンドトライできるそうで、もしその機会があれば、よくシャッター音をチェックしてみるといいでしょう。シャッター音が良く聞こえるようにして連写モードで撮ってみるのもよし。そのときレンズは「01 STANDARD PRIME」または「02 STANDARD ZOOM」がおすすめだけど、お遊びレンズも試せればそれもおもしろかもね。
 ボケコントロール(BSモード)は、おそらく、まだまだの状態でしょうから、あまり期待しないほうがいいと思う。

 メニュー画面を見て操作し始めると、いくら時間あっても足りなくなるのでテキトーにしておいたほうがイイでしょう。クイックダイヤルにはチャレンジしてみるといいけど、これは説明をしっかり聞かないとわかりづらい(ぼくは、いまだに使い方がよくわからん)。
 今日か明日、ぼくもちょっと見に行こうかなあと思っております。見かけたら「やあ」と声でもかけてください。

レンズ名称の怪

ペンタックス・PENTAX Q+01 STANDARD PRIME

 コムツカしい説明をすればキリがなく、またその内容も実はおもしろいのだけど、でも、このPENTAX Qは、そんなことどーでもエエやないの、とも思えるカメラだ。使って愉しければそれでいい、キレイに良く写ればもっといい、持ってて「おおっ」と人から注目されればさらにいい、そんなカメラのような気もする。理屈っぽいことを言ってこのカメラの話をすれば、つるんつるんとスベってしまいそうだ。

 ということを前提にした上で、いま使っている交換レンズの「01 STANDARD PRIME」だけは、あまりにもヘンテコな名称なので、(いちおう)説明しておかなくてはなるまい。「01 標準 単焦点」ってナンなのよ、それがレンズ名なのか、だ。
 PENTAX Qの発表と同時に交換レンズが「5本」ラインナップされた。単焦点レンズとズームレンズ、それと3本の“お気楽”レンズ。それらのレンズに「通し番号」がつけられてそれが「01」だ。なので、ズームレンズは「02 STANDARD ZOOM」で、お気楽レンズが「03 FISH-EYE」、「04 TOYLENS WIDE」、「05 TOYLENS TELEPHOTO」となる。06、07と続けば99までラインナップできる(そんなワケないけど)。


 通し番号はまあいいとしても、ヘンテコなのは「画角」がわかるような数値の表記がないことだ。レンズには焦点距離が記されてはいるが ―― 01は焦点距離8.5mm ―― その数値を見て、すぐさま35mm判換算で約47mm相当の画角だ、とわかる人は、いれば余程めずらしい人だろう。むろん、APS-Cサイズ判カメラやフォーサーズサイズ判カメラの交換レンズも、すべてのレンズに画角がわかるような表記があるのか、といえばないものもたくさん。

 でも、そのレンズの焦点距離に「1.5」や「1.6」、「2.0」を掛ければ、35mm判換算での画角がすぐにわかる。じゃあPENTAX Qも同じように、使用する1/2.3型センサーサイズから「定数」を算出して、それを焦点距離に掛ければいいではないかという意見もあるだろうが、いや、それはとても一般的とは言えない。

 あーあ、こんな理屈っぽい話はするまいと思っていたのに、ついつい“蟻地獄”に落ち込んでしまった。
 つまりですね、はしょって雑に言えば、PENTAX Qは将来、1/2.3型サイズ以外のサイズの撮像センサーを使う「かもしれない」ので ―― 大きくなるか小さくなるか、それはわからん ―― そうなると同じ焦点距離のレンズでも当然ながら画角が違ってくる。だからそのへんを曖昧にしておかないといけなかったわけだ。

 追伸:ぼくの使ったPENTAX Q(レンズもベータ判)の写りは、皆さんが予想している「以上」のものです。ほーっ、なかなかヤルじゃないか、と、そんな感じでした。