レトロフォーカスタイプについて

富士フイルム・X-Pro1+カール・ツアイス・Touit 2.8/12

 写りについてだけ言えば素晴らしいレンズだ(しかし外観デザインは悪い、どこかでデザインの賞をもらったそうだが信じられない…)。
 F2.8の開放絞りで写して画面周辺四隅までこんなにぴしつと描写する超広角レンズは、ぼくはいままでに経験がない(X-Pro1のほんらいの画質の良さも手助けしているが)。

 その描写については、ひとまず横に置くとして前回のブログの続きだ。この「2.8/12」レンズが、なぜ、ミラーレス用交換レンズなのにバックフォーカスを長くするためのレトロフォーカスタイプをレンズ設計を採用したか。
 理由のひとつはテレセントリック性を求めたためではないだろうか。バックフォーカスを充分に長くすればレンズ後端から出てくる光をイメージセンサー面にたいして真っ直ぐにすることができる。周辺光量不足を目立たなくできるし、それほどレンズ設計に苦労しなくても画面周辺部での描写性能も確保できる。

 18mm相当という超広角画角にもかかわらず、描写にぜんぜんクセがなく、F2.8開放絞りでも中心部から周辺部まで歪まず流れず崩れずの写りをしているのは、ひとつにはそうした理由があるのだろう、と思う。


 しかし、テレセットリック性を求めるためだけに「2.8/12」はレトロフォーカスタイプを採用したのだろう。いいや、レンズ設計はそんなに単純なものではない。
 レトロフォーカスタイプのレンズの、あえて一般的な欠点をいうとすれば、バックフォーカスを長くするためにレンズが大きくなる(実際「2.8/12」はデカいレンズだ)、収差を効果的に補正するために非球面レンズなど高価な硝材が必要(非球面レンズ2枚使用)、ディストーションが目立ちやすい(どうもカメラ側の画像処理で歪曲補正しているようだ)、などなど。

 レンズ設計は、こうした長所や欠点、そしてコスト(これが重要)や製造技術などを考慮したうえで徹底した光学シミュレーションをしたうえで作られるものだ。ひとつの「目的」だけを求めてレンズ設計されることはない。

 この「2.8/12」レンズは撮影距離や絞り値にかかわらず、とにかく描写性能がすこぶる安定良好なのだが、使っていてつくづく「こりゃあ、相当に優れたレンズ製造技術や検査技術を備えたところで作っているんだろうなあ」と感じ入った(いままでに数百本におよぶ各社のレンズを使ってきたのだからソレくらいはナンとなくわかる)。
 レンズ鏡筒には大きな文字で「Made in Japan」とある。Carl Zeissはドイツの光学機器メーカーである。

ディスタゴンタイプのカール・ツアイスレンズ

富士フイルム・X-Pro1+カール・ツアイス・Touit 2.8/12

 カール・ツアイス(Carl Zeiss)から、富士フイルムのXシリーズとソニーのNEXシリーズの2つのミラーレスカメラ用交換レンズが2種類が"新発売"されることになった。それぞれ「Xマウント」と「Eマウント」の計4本が用意されている。そのひとつが「Touit 2.8/12」で、もうひとつが「Touit 1.8/32」である。
 古くはともかく、最近のCarl Zeissブランドのレンズは、「ソニー製」、「コシナ製」などがあるが、いずれも販売元はソニーだったりコシナである。ところが、これらTouitレンズはCarl Zeiss自身が販売をおこなうという。

 「Touit 2.8/12」について(ヘンてこなレンズ名表記だ)コレを説明すると、「Touit」、これはツゥイートと読む(らしい)。ミラーレスカメラ用の交換レンズに付ける新しいシリーズ名称ということである。Touitには語源的な意味はあるが、どーでもイイので省略。「2.8/12」は「12mmF2.8」のこと。だから「1.8/32」は「32mmF1.8」だ。
 くどいようだけど、なぜ、こんな"わがまま"な表記をCarl Zeissだけがしているのか、そのへんのことはぼくは知らない(ナニか理由があるのだろうけどそれには興味もない)。


 レンズ名称にこだわるが、この「Touit 2.8/12」にはレンズ鏡筒にくっきりと「Distagon(ディスタゴン)」と「T*(ティースター)」が刻印されている。いままでのCarl Zeissの方式だと正式なレンズ名には必ず「Distagon」も「T*」も付けるはずなのに、しかし今回はそれをしていない。
 「Distagon」とか「T*」といえば、Carl Zeissレンズにとっては「権威の象徴」あるいは「水戸黄門の印籠」みたいなもんなのに。それよりも「Touit」のほうを売り出したかったのだろうか。
 ちなみに、もうひとつの「1.8/32」のほうは「Planar(プラナー)」と「T*」が鏡筒に刻印されている。

 さて、Xシリーズ、NEXシリーズのカメラはともにAPS-Cサイズ判のイメージセンサーを使用している。「2.8/12」の焦点距離12mmの画角はフルサイズ判換算で約18mm相当の超広角レンズとなる。「1.8/32」は約48mm相当の標準画角だ。
 この12mmF2.8レンズは、バックフォーカスが長く確保できるレトロフォーカス構造の広角レンズである。Carl Zeissふうに言えば、そのままDistagonレンズということにもなる。XシリーズもNEXシリーズもバックフォーカスの短いミラーレスカメラである。バックフォーカスの長いレトロフォーカスタイプ(Distagonタイプ)にする必要がないのに、「2.8/12」がそうしたのはなぜだろうか…。

ブランド名

ペンタックスリコー・PENTAX MX-1

 MX-1についての追加情報 ―― それほど役に立つ情報ではないけど。

 リコーとペンタックスが一緒になってペンタックスリコーイメージングという新会社になったわけだが、それまでの"ペンタックス時代"のコンパクトデジタルカメラには「Optio」というブランド名が付いていた(すべて、ではないが)。ペンタックスリコーとなってから、だんだんと「Optio」が「PENTAX」に置き換わるようになった。
 防水耐ショックのWGシリーズも、WG-1、WG-2はOptioブランドだったのが、先日発売になったWG-3ではPENTAXブランドとなっている。
 だから、MX-1のことを「正式」言うならばペンタックスリコーイメージングのPENTAX・MX-1、ということになる ―― なんだかツマらん話を続けていると自分でもそう思うが、いきがかり上、付き合ってほしい ―― 。

 実際、ぼくたちに配られるプレスリリースには「PENTAX MX-1」と明記されているし、MX-1のカメラボディの背面にも「PENTAX」の刻印がある。


 ところが、同じペンタックスリコーイメージングのコンパクトデジタルカメラであるGRはというと、ただの「GR」だけ。「RICOH」のブランド名を付けて「RICOH GR」とは言わない。プレスリリースにもカタログにも「GR」と書いてあるだけでブランド名らしいものはどこにもない。
 しかしGRのカメラボディ背面にはMX-1と同じ場所に、同じように「RICOH」の"ブランド名"が刻印されている。PENTAX MX-1のように、なぜ、RICOH GRと言わないのか、そのへんの事情はぼくはわからない。

 と、ここまで書いてきてハタと気づいたことだが、こういったブランド名にかかわることは、ある面、とてもデリケートなことで、ぼくたちのような外野からとやかく言うことは避けたほうがいいと。
 リコーとペンタックスという違う会社が一緒になって、複雑なしがらみに目をつぶりながら整理し慣らしていかなきゃいけないところはたくさんある。あえてコトを顕在化させずに、なし崩し的に ―― コトバは悪いけど ―― 進めていかなくちゃいけないこともある。時間もかかる。
 それはそうと、実際、旧リコーのひとたち、旧ペンタックスの人たちが"一緒に"なったところを見ていると、思っていた以上にスムーズにウマくやっているように、ぼくはそう感じる。

デュアルSRのインプレッション

ペンタックスリコー・PENTAX MX-1

 MX-1デュアルSRの手ブレ補正効果のほどは予想以上によく効いた。センサーシフトSRと撮り比べて、ちょっとビックリの結果だった。こりゃあ使える。
 1/2秒~1/4秒ぐらいのシャッタースピードで、センサーシフトSRとデュアルSRを切り替えて同じシーンを同じように5~6カットづつ撮影してみた。その結果は、センサーシフトSRではほとんどがブレていたが、デュアルSRは1~2カットがわずかにブレているという程度で、他のカットはほとんどブレが目立たない。

 いうまでもなく、手ブレ補正は低速シャッタースピードになればなるほどその効果は薄くなる。たとえば、ブレ補正効果4段というものがあったとして、「オレは手ブレ補正がなくても手持ち1/8秒でブラさずに写せる」と豪語する人がいても、だからといって1/8秒から4段、すなわち2秒のシャッタースピードでその人がブラさすに撮れるワケない。せいぜい1/2秒が限度で1秒でも難しいぐらいだ。どれほど優れた手ブレ補正の機能でも、そーゆーもんだ(現在のところはね、将来はわからん)。
 それがデュアルSRでは、いきなり1/2秒でブレない ―― 厳密に言えばブレが目立たないで写せる、というのには驚くじゃないか。ウマく撮ればもう少し低速でも効果あったぐらい。


 いちおう上の写真の撮影データをいうと、撮影は広角側28mm相当の画角、シャッタースピード1/4秒、絞り値F2.8、ISO400。これとは別のシーンだけど、1/2秒やそれ以下のシャッタースピードで撮ったものもあるが、その「成績」はなかなか良かった(確率50%ってとこだったかな)。

 ただしこのデュアルSRをウマく使いこなすには、それなりの知識が必要、というと言い過ぎだけど知っておいたほうがいいこともある。
 まずひとつは、1/15秒以上のシャッタースピードではセンサーシフトSRと「差」はほとんどない。1/8秒以下1/2秒ぐらいまでのシャッタースピードでデュアルSRの効果が最大限に発揮できるということ。ふたつめは、きわめてデリケートな画像合成をしているので、シーンによっては「ハズレ」ることもあり、ブレが過度に目立ってしまうこともある。みっつめは、画像処理に時間がかかるため撮影レスポンスがわるくなること。とくにRAW+JPEGで撮ったりするとメチャ時間がかかる。よっつめは、画像合成で仕上げるために(とくに重箱隅突きたがる人は)画像が少し不自然に見えることもある。

 以上のことを「了解」して使うのであれば、デュアルSRは、いざというときに、結構役立つんじゃないか。なお、蛇足だけど、デュアルSRは被写体ブレには対応できないし、フレームの中に動体が写っていると逆効果が起こることもあるようだ。

手ブレ補正は将来、電子式化するか

ペンタックスリコー・PENTAX MX-1

 MX-1に搭載されている手ブレ補正(SR)の「デュアル」モードは、センサーシフト方式のSRと電子式(画像処理式)SR ―― と、いうかどうか ―― の"同時2本立て"方式である。画像処理だけに頼る単純な(というと言い過ぎだけど)電子式手ブレ補正ではない。前回の説明の繰り返しになるが、つまり、センサーシフトSRでもブレた画像を画像処理を施した電子式SRで補うというのがデュアルSRのキモであるわけだ。

 少し話が横道にそれる。
 いまは、手ブレ補正の方式としては、センサーシフト方式とレンズシフト方式のメカ式が主流である。レンズ交換式カメラもコンパクトデジタルカメラもほとんどがどちらかの方式だけを採用している。電子式は一部のコンパクトデジタルカメラなどに採用されているに過ぎない。
 センサーシフトとレンズシフトの両方をハイブリッド(デュアル)化ができれば、補正効果はもっと高くなるんではないかという考え方はずっと古くからある。しかし技術的にきわめて難易度が高く、どのメーカーもやっていない(できない)。


 ただし、そのハイブリッド手ブレ補正がまったく不可能、というわけではない。「可能性」はなくもない。もし仮に、センサーシフト方式とレンズシフト方式の両機能を搭載したカメラシステムが出てきたとすれば、まず第一歩として、望遠系レンズにはレンズシフト方式、広角系レンズにはセンサーシフト方式に「自動切り替え」するということも考えられる。

 しかし、メカ式手ブレ補正方式の"同時2本立て"ハイブリッド化が実現する前に、画像処理技術が飛躍的に進歩して電子式手ブレ補正がメカ式に取って代わる時代が来るだろう、とも言われている。
 メカニズムの微妙な制御はどうしても「限界」がある。コストも手間もかかる。それを解決するひとつの解がデジタルソフト的処理(=画像処理)ではないか。オリンパスが採用している5軸手ブレ補正などは、いまはすべてメカニズムに頼っているがそれがそっくり電子化(画像処理化)することも夢ではない。

 とかなんとか、手ブレ補正のあれこれについて話をしていると(ディープな話はいっぱいあるけど)、どんどんと横道にそれて話もくどくなってしまう。いかん、いかん。
 というわけでMX-1のデュアルSRを使ったインプレッションについては次回にすることにしましょう。

デュアル手ブレ補正ってなんだ

ペンタックスリコー・PENTAX MX-1

 ペンタックスの手ブレ補正は、一眼レフ、コンパクトデジタルカメラを問わず、一貫してイメージセンサーをシフトさせる方式 ―― ボディ内手ブレ補正方式ともいう ―― を採用している。ただし、最近、発売された645D用のMACRO90mmF2.8だけは方式が違って、ペンタックス初のレンズ内シフト方式を採用している。話は違うが、これすごく良いレンズ。

 で、MX-1だけど、これには手ブレ補正(Shake Reduction=SR)のモードとして「センサーシフト」と「デュアル」の2モードが選べるようになっている(もちろんOFFもある)。このデュアルSRは、ペンタックスのコンパクトデジタルカメラにはだいぶ前から搭載されている機能で、MX-1で初めて採用されてワケではない。


 デュアルSRとペンタックスが名づけたこの方式は ―― これには内緒のことがたくさんあってぼくも詳細はわからないのだが ―― カンタンに言えば、通常のセンサーシフト方式と画像処理でブレを補正する電子式手ブレ補正を組み合わせたものと考えればいいだろう。複数枚(たぶん2カット、どんな2カットかは不明)を撮影して、ジャイロセンサーから得た情報をもとにしてピクセルピッチで画像合成する。

 センサーシフトSRだけでは補正しきれずブレてしまうような低速シャッタースピードの暗いシーンでも、電子式SRを利用することでブレの目立たない画像に仕上げてくれるというメリットがある。

 MX-1の、もともとのセンサーシフトモードの手ブレ補正が、いままでのペンタックスの機種とはちょっと違ってブレ補正が効く感じがする(理由はナンとなくわかるけど)。
 そこで、よく効くようになったセンサーシフトSRと電子式SRを組み合わせた、デュアルSRの実力やいかに、ということであらためて試してみた。するとこのデュアルSRが、なんと、予想以上の効果があった…。

デザインのダサいカメラがウケる時代か

ペンタックスリコー・PENTAX MX-1

 ボディ外観デザインは「ダサい」とぼくは感じるけど、それが「悪い」とは思わない。その「ダサさ」が逆に、いま、という時代に受け入れられる余地(すき間)がありそうだからだ。ペンタックスはそのあたりをキチンと見抜いて、確信犯的にダサいデザインを狙ったのだろうか。

 目から鼻に抜けるようなスマートでスキのないデザインのカメラばかりの中にあっては、こうしたオッサンっぽいデザインのカメラのほうが、ココロの反動として「新鮮」に感じる人もいるかもしれない。だからこそ、そういう"新しい時代の人たち"に、部分的にペイント剥がれがあったり、非都会的なカメラ外観にも惹かれるのかもしれない。
 そのへんのことは、古い時代のぼくのようなオジサンにも、なんとなくわかるような気もする。古いけど新しい、ヘタだけどウマい、ってのがあるじゃないですか。

 ところが、ペンタックスはそこまで考え抜いてMX-1をデザインした…とは、とても思えないところもなくもない。そのひとつがこれ


 ストラップに吊したMX-1が、まるで顎をしゃくり上げたように、ふんぞり返ったような姿勢になっている。こんなの、こんな不格好なの、ありえない。
 歴史あるカメラメーカーのやるこっちゃない。ストラップを持ってカメラを吊したら、姿勢良く真っ直ぐになるのがフツーだ。百歩譲って、わずかにうつむき加減になるぐらいでもいい。それがどうだ、このMX-1は。デザイナーは、このへん、もうちょっと配慮してほしかった。

 ストラップ取り付け金具の位置が悪いからだけど ―― 金具の取り付け位置がなかった、とか、どんな言い訳があろうともですぞ ―― こうしたデザインが通るってことがイカン、と思うのだよ。
 MX-1を肩や首らから下げたときに、なんとも「おさまり」が悪くってこまる。

わざとエイジングした特別仕様

ペンタックスリコー・PENTAX MX-1

 このカメラ、ちょっとした紆余曲折があって(いや、確かなことは知らないけど)、結局、国内でも販売することになった。
 今年、春のCP+で参考出品して「予想外」の注目度があって、こりゃあイケる、と見込んだのだろうか。すでに5月上旬から発売が始まっていて、実販価格は大型量販店で約4万8千円ぐらい。海外はブラックとシルバーがあるが国内はブラックのみ。
 そのブラックモデルを貸してもらった。

 この写真を見ればおわかりのように、貸してもらったMX-1はいかにも使い古した雰囲気がでるように"わざと"ペイントを剥がして仕上げた「特別モデル」だ ―― ペンタックスのデザイン部の人が実際にペイント剥がれした古いカメラを参考にしつつ(不自然にならないように)、キメの細かなサンドペーパーで仕上げたものらしい。もちろん特別非売品。



 せっかくの新品カメラを、なぜこんなふうにハゲチョロに仕上げたのかは、このMX-1のボディ外装に真鍮(BRASS)を使っていてその黄色っぽい金属地肌が少し見えたほうが、おおっ使い込んでいるな、と見えなくもない、まあそこを狙ったというわけ。ウケ狙い、というと語弊があるか。
 真鍮金属の外装はカメラの上部と下部。

 カメラ外観のデザインは、うーん、ぼくは、はっきり言ってダサいと思う。
 いやしかし、このダサさが、この昭和中期のスタイルが、イイっというかたもたくさんおられる、ということを漏れ聞いた(蓼食う虫も好き好き…か)。たしかに、いまあるスマートなデザインのカメラとは"一線を画す"印象もなくもなく、そこがまた、イイのかもしれない。
 ところが、外観デザインからはちょっと意外な感じがするほど良く写る。オリンパスのXZ-2と比べると、レンズはほとんどそっくりなのに描写はMX-1のほうがシャキっとして切れ味も良い。