キヤノンのカメラの静止画と動画に対するスタンス

キヤノン・PowerShot SX280HS

 このSX280HSは、キヤノンの一眼レフ、ミラーレス、コンパクトカメラを含めた中でいち早く最新型のDIGIC6を採用している。つい最近発表されたEOS 70DでさえDIGIC5である。
 各社ともこうした画像処理エンジンを次々と新しくしているが、エンジンを新しくすることでナニが変わるかといえばイチバンは処理スピードの向上である。
 画像処理では膨大な量のパラメーターを高速で処理しなければならい。とくに高感度でのノイズ処理はいくらやってもやりきることはできないとも言われている。画像エンジンが高速化すれば「制限時間内」にやれることも多くなり結果的に画質が向上する。さらに、いままでできなかった新しい機能を追加することもできる。

 ただし「新型」を使うことによるリスクもある。初めて使い始めるわけだから小さな問題点が発生する可能性だってあるわけだし、使いこなしのノウハウも蓄積されていない。EOS 70DでDIGIC6を採用せず"旧型"のDIGIC5を使ったのは、そういう意味もあったのかもしれない(キヤノンは、このあたりは極めて慎重だ)。
 コンパクトカメラなら一眼レフに比べて処理の負荷も小さいだろうし、もし万が一、不具合が発生しても影響(キヤノンのカメラ事業に対する)も小さくてすむ。まずはSX280HSでDIGIC6を使い込んでバグをつぶし、より安定したDIGIC6に仕上げてからメインの一眼レフに搭載する。つまりは ―― こう言っちゃナンだけど ―― エスケープゴート、身代わりの役目をしたのがSX280HSと考えられなくもない(…考えすぎかな)。


 SX280HSはキヤノンのカメラにしては"出し惜しみ"がなく"全力投球"している印象がして好感が持てる。新画像処理エンジンのDIGIC6採用に始まり、Wi-Fi(無線ブロードバンド)対応、GPS機能も搭載するなどひと通りの「最新」の機能や機構は備えている。さらに動画は60pのフルHDが可能だし、動画での高感度時のノイズが旧型に比べて約2EVほど画質向上させた。
 このカメラのスペックを見ていて1つオモシロイことに注目した。動画のファイル形式が従来のMOVからMP4になったことだ。キヤノンはコンパクトも一眼レフもずっとMOVファイル形式だったのだが、このSX280HSで大きな「方向転換」をした。

 動画の圧縮コーデックはMPEG-4 AVC/H.264で、音声圧縮のコーデックは従来の無圧縮PCMからMPEG2/ACC-LCとなった。音声が無圧縮から圧縮形式を採用するようになったり、動画のほうもDIGIC6を活用して圧縮率をより大きくすることで ―― 動画の圧縮率が画像処理エンジンで変わるとはぼくは知らなかった ―― 結果的に従来比で約60%ほど動画のファイルサイズを小さくすることができたということだ。MP4を採用することでスマホやテレビとの互換性が向上するらしい。

 しかしキヤノンのデジタルカメラでは現状はこのSX280HS以外はすべてMOV形式のままで、とくに一眼レフの"EOSムービー"についてはすぐにMP4に"切り替える"とは考えにくい。いずれにしても(EOS 70Dを見てもそうなのだが)最近のキヤノンのデジタルカメラは、静止画よりも動画のほうに相当にウエイトを置いてきているように感じる。もう少し静止画のほうにもチカラを注いでほしいと思う。

ソニー・HX50Vとキヤノン・SX280HSを比べる

キヤノン・PowerShot SX280HS

 このSX280HSも、フラットスタイルの高倍率ズームレンズ内蔵コンパクトカメラ。ソニーのHX50Vと大きく異なる点は ―― ぼくが興味を持った点に限定だけど ―― (1) 25~500mm相当の光学20倍ズーム(ソニーのほうは24~720mm相当の光学30倍)、(2) イメージセンサーは1/2.3型の約1210万画素である(ソニーは1/2.3型の約2040万画素だ)。
 (3) 大型量販店での実販価格は約2.5万円(ソニーのHX50Vは3.5万円から4万円ぐらい)、(4) デジタルズームでは最大2000mm相当の80倍まで(HX50Vは最大2880mm相当で約120倍まで)、(5) 光学ズーム望遠側の通常での最短撮影距離は1メートル(ソニーのそれは2メートル)。


 使い勝手については、とくに超望遠にしたときのフレーミングのしやすさ、AFのピントの合わせやすさ、近いところを撮るとき、などについてはキヤノン・SX280HSのほうが良かった。レスポンスもSX280HSのほうがきびきびした印象でいい。しかし、ズーム倍率(デジタルズームも含めて)や画素数の点ではソニー・HX50Vのほうに魅力を感じる。描写性能はHX50Vのほうがいい。ただし価格は1万円以上と、だいぶ違うってソニーのほうが高い。

 ソニー・HX50VにはNEXシリーズと同じ「マルチインターフェースシュー」が備わっていてそこに外付けのEVFが取り付けられるという魅力もあるけど、ま、とりあえず高倍率フラットスタイルカメラを試してみようという人、ソニーのHX50VかキヤノンのSX280HSかどちらがいいだろうかと迷っている人には、キヤノン・SX280HSのほうが"おすすめ"かも。

 と、言い切ったけど、HX50VとSX280HSとの2台を比べたハナシであって、これらのカメラ以外にも「魅力的な高倍率フラットスタイル」カメラはありそうだから、慌てないほうがいいかもね。

超望遠はいいんだけどフレーミングが難しいぞ

ソニー・DSC-HX50V

 HX50Vの内蔵ズームレンズは24~720mm相当をカバーする光学式30倍である。フラットスタイルのコンパクトカメラとしては、ズーム比30倍はトップクラスだろう(他社のライバル機種のほとんどはズーム比はほぼ20倍程度)。開放F値はF3.5~6.3で、レンズシフト式の手ブレ補正を内蔵している。イメージセンサーは1/2.3型で、約2040万画素である。ぼくは高画素が「好き」だから、このコンパクトカメラには興味津々、魅力一杯。

 光学式30倍に加えて、いわゆるデジタルズームをプラスすれば最大で120倍にもなる。24mm×120倍=2880mm相当。このときの画像サイズは約2040万画素のまま。もし、10MPサイズなら170倍=4080mm相当、5MPサイズなら約240倍=5760mm相当、VGAサイズなら約324倍=7776mm相当という"とほうもない"ズーム倍率になり(結局は部分トリミングしていることになるのだけど)さらに超々望遠撮影ができる。

 しかし、とはいっても…。約5700mmとか7700mm相当ともなると(ここまでの焦点距離になるとほとんど"宇宙的画角"だ)、小さなカメラを背面のモニター画面を見ながら手持ちで狙ったところにピントを合わせて撮影することはほとんど不可能に近い。画面があまりにもふらふらして定まらない。


 カメラをしっかりと固定する三脚でも使わないことには、確実なフレーミングもなにもできやしない。その約7700mm相当の超々望遠でなくても、光学20倍(720mm相当)でもよほど望遠撮影に慣れてないと使いこなすのは相当に難しいだろう。ライブビュー状態での手ブレ補正の表示アルゴリズムを改善する必要があるように思う。

 ところでHX50Vには2つの"デジタルズーム"がある。1つは全画素超解像ズームでこれだと約60倍に、もう1つは一般的なデジタルズームでこれなら120倍になる。どちらも20MPのフル画像サイズ。通常の使用上では全画素超解像ズームを選んでおくのがおすすめ。

 HX50Vを使って感心したのは光学ズーム域での画質と、全画素超解像ズームの画質だった。高倍率ズームレンズの描写性能が予想以上に良かったことにも感心した。
 そりゃあもちろんピクセル等倍(やそれ以上)で見たりすれば"ツッコミどころ一杯"の画像ではあろうが、通常一般のサイズにプリントするぶんにはじゅうぶんな画質ではないだろうか。オーバー2000万画素もの高画素のその「メリット」である解像力が良い方向に働いているようにも感じられた。

 こうしたデジタルズームの画質に"文句"があるのであれば使わなければいいだけだ ―― ぼくは、これなら積極的に使ってみよう、と考えを改めたけど ―― 。そのデジタルズーム画質だけを取り上げてカメラそのものを全否定するというのは筋違いも甚だしいと思うぞ(画素数が多くなることもそうだけど)。

"超"高倍率ズーム内蔵の"超"高画素数コンパクトデジタルカメラ

ソニー・DSC-HX50V

 このHS50Vは、平べったいカタチをした ―― 沈胴ズーム内蔵フラットスタイルの ―― いわゆるコンパクトデジタルカメラである。小さくて軽くて、高倍率ズームレンズを内蔵していて、2000万画素オーバーのイメージセンサーを使っていることが特徴である。
 内蔵レンズは24mm~720mm相当の光学30倍ズームだが、デジタルズームを利用すれば最高約3000mm相当の超望遠ズーム撮影ができる。そのうえ、このコンパクトカメラは有効2040万画素の1/2.3型のCMOSセンサーを使っている。

 繰り返すが、24mm相当の超広角から約3000mm相当の超望遠まで撮影ができるズームレンズを内蔵して、裏面照射型とはいえ1/2.3型超小型センサーで約2040万画素もあって、カメラボディは小さくて薄くて軽い。価格は3万5千円ぐらい。
 デジタルカメラもほんとスゴイ時代になったなあ、と感慨ひとしおだ。

 こうした小型高倍率ズーム内蔵の薄型コンパクトデジタルカメラがソニー以外にも各社から出ている。どれも同じ1/2.3型サイズのイメージセンサーを採用しているが、画素数が異なるのと内蔵ズームレンズの焦点距離がそれぞれ違うこと、どのカメラもデジタルズームの機能があって超望遠化していることなどが注目点だ。


 ソニーのHS50Vのほかには ―― いずれもデジタルズーム利用の場合だけど ―― キヤノンPowerShot SX280HSが1210万画素で25mm~500mm相当の光学20倍でデジタルズームだと約1000mm相当に。オリンパスSTYLUS SH-50が1600万画素で25mm~600mm相当の光学24倍でデジタルズームを使えば約1200mm相当になる。ニコンCOOLPIX S9500は1811万画素で25mm~550mm相当の光学22倍でデジタルズーム併用で約2200mm相当になる。パナソニックDNC-TZ40が1810万画素、24mm~480mm相当の光学20倍でデジタルズームを使えば1920mm相当となる。

 これらの機種の価格はといえば、パナソニックのTX40なら2万円にプラス数千円で買える。他の機種も価格はだいたい似たり寄ったりで、安い(ただし、価格ではソニーのHS50Vが約3万5千円でいちばん高いけれど)。
 こうした超高倍率ズームの描写は、レンズ性能がそれほど良い訳ないのだから高がしれてる、と思って(試しに)数機種を使ってみたんだけど、いやいや、それはぼくの一方的な思い込みで、うーむ、こんなに良く写るのか、とびっくりの連続だった。

Qの魚眼レンズ

ペンタックスリコー・PENTAX Q7+03 FISH-EYE

 PENTAX Q用の交換レンズには、高性能レンズシリーズ(3本)とユニークレンズシリーズ(4本)に分けられている。高性能シリーズのほうは文字通り描写性能を優先した"まっとう"なレンズ。AF撮影ができる。
 いっぽうユニークシリーズのほうは、描写は二の次にして低価格と気軽さ愉しさをウリにしたレンズである。こちらはMF専用でAF撮影はできない。

 「03 FISH-EYE」はそのユニークレンズ4本の中ではイチバンのおすすめといってもいいだろう。いわゆる魚眼レンズで、PENTAX Qのカメラの小ささと相性も良くて、とにかく使ってて実に愉しいレンズなのだ。
 ただし、この03 FISH-EYEレンズもそうだが、07 MOUNT SHIELDレンズ以外のユニークレンズシリーズは、レンズがカバーする撮影範囲(イメージサークル)がQ7の1/1.7型センサーよりもほんの少しだけ小さい。つまり、そのままQ7で使うと画面の四隅が黒くケラれてしまう。そこでQ7では黒いケラれぶんが写らないように画面周囲をカットしている。


 画面周囲のカットはユーザーにはまったくわからないようにしている。JPEGはもちろんRAWで撮影して現像しても四隅のケラれは見えない。RAWファイルにその情報を埋め込んでいるからだ(ただし一部のマイナーなRAW現像ソフトでは情報取得に対応できないため四隅のケラれが出てくることもある)。
 Q7では自動的に画面周囲がケラれぶんだけカットされるとはいえQ/Q10よりも広く写る。03 FISH-EYEの画角で言えば、Q/Q10のときが160度だったのが173度に広がる。

 この03 FISH-EYEレンズは、使いこなしのコツというか注意点が1つある。ピントを正確に合わせて撮るようにすることである。魚眼レンズなのでパーンフォーカスだピントは大まかでいいだろう、と考えるのは大間違いだ。魚眼レンズに限らずだけど、広角レンズの「ピンボケ写真」ほどみっともないものはない。
 だからぼくはQ7で03 FISH-EYEを使うときは、必ず「MF時の自動拡大×6」と「フォーカスアシスト(ピーキング)」の2つの機能を使って、少し時間がかかってもいいからじっくりとピントを合わせて撮るようにしている。

 というわけでQ7の話はこれでひと休み。でありますが、Q7はいま、ほとんど毎日持ち歩いている。シャッター音を645Dにして、ホンモノ645Dと一緒に撮影することもしょっちゅう。うん、めちゃ愉しいです。