本日はヨッパライ説教オジサンになりました

オリンパス・E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 75mmF1.8

 E-P5に限らないことだがオリンパスのカメラには、AFとISに小さな持病のようなものがある。それは決して難病ではなくいずれ自己治癒されていくことだろう。時間の問題だ。しかし、いま急いで改善していかなければならないのは、オリンパス独特の論理と思考方法を備えた「オリンパス語」ではないかと思う。
 このオリンパス独特の言語を聞き分けたり理解できる人たち ―― 言い換えれば熱心なオリンパスファン ―― そういう人たちにとっては、ごくごくフツーのことで、まったく違和感を感じていない。しかしそうでない人たちにとっては、オリンパス言語こてこてのいまのオリンパスのカメラを使いこなすのはそれ相当の「努力」が必要だ。

 オリンパスはそんな ―― 少し言いすぎかもしれないが ―― 独善的な言語をベースにしてカメラを作っていっちゃあイカンと思う。もう少し皆んなが理解できる共通言語でカメラを作っていくべきではないか。

 PEN E-P5だってOM-D E-M5だって、総合的に見てみればフルサイズ判一眼レフカメラに匹敵するほどの実力と性能を備えている。それを越えることはないにしても、充分に"張り合っていける"だけのポテンシャルを持っている。
 問題はただ一つ、独特の(=独善的な)オリンパス言語と論理ではないだろうか。オリンパスの新型カメラのメニュー画面を見ながら、自分が使いやすいように初期設定を変更していくときに、いつもそんなことを感じる。他のメーカーのカメラと「作法」が異なる。


 独善的だ、なんてキツい言い方をしたけど(すまん)、オリンパスの姿勢は頑迷固陋で聞く耳を持たぬというふうではなく、ただ、暖かくて優しいオリンパスユーザーに囲まれて、のほほんとしてるだけのようにも見える。
 善意のカタマリのような従来のオリンパスユーザーをいままでどおり大切にしながらも、これからは新しいオリンパスユーザーも開拓していく「努力=オリンパス論理の切り替え=オリンパス語の払拭」をしていかなければならないのではないだろうか。

 なんだかヨッパライ説教オジサンのたわごとみたいになってしまったが、とにもかくにも、E-P5を使っていて感心していることは「とても良く写る」ということで、それもあわせて言っておきたい。その画質は、あまたあるデジタルカメラの中でトップクラスといっても言いすぎではない。それだけの実力を持っているのだから、いまのPENシリーズもOM-Dシリーズも(オリンパスユーザーも)もっともっと大切にする方向で、オリンパスは自分自身の閉鎖的現状を自覚しろよ、もっと冷たい外気に触れろよ、と言いたいわけですよ、ぼくは。がんばれオリンパス。

連続動体予測AFができるコントラストAFカメラ

オリンパス・E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 75mmF1.8

 E-P5の連写モードには「連写H」と「連写L」がある、と前回のブログで述べた。また(くどいけれど)その続き。今回は連写モードとAFモードの組み合わせの不思議(というか、不満だね)について。

 E-P5は(OM-D E-M5もそうだけど)、コントラストAFでしかピントの合わせられないカメラなのに連続動体予測AFの撮影ができる。これはスゴイことなんですぞ。
 動体予測AF(予測駆動AF)とは、高速でカメラに向かってくるまたは遠ざかっていく被写体に自動的にピントを合わせる機能である。ただピントを追いかけるだけの追尾AFではない。つまり、カメラにはメカ的なタイムラグ(たとえばシャッタータイムラグ)があって、どれだけ正確にAF追尾していても、シャッターを切った瞬間、AF追尾は"いったんお休み"状態になる。そのせいで、実際に撮影したときには被写体は先に進んでいて結果的にピンボケになってしまう。

 タイムラグがどれくらいあるのか、被写体のスピードはどれくらいなのかを「予測」して素早くピントを先送りしておかなくてはならない。それを連写をしながらやるというのが連続動体予測AFである。これは位相差AFの"独壇場"のAF機能で、コントラストAFでやるには大変に難しい撮影機能の1つだとずっと言われ続けてきた。


 くどいようだが、E-P5もE-M5もコントラストAFだ。位相差AFと違ってコントラストAFは瞬間的に被写体位置を検知するのが苦手。だから、レンズを高速で前後移動させてピント検出するウォブリング動作が必要なのである。だから高速で動体を追いかけながら写すことができなかった。にもかかわらず、連写しながら動体予測AF撮影ができる。
 ソニーはNEXー6で像面位相差AFを採用してはじめて動体予測AF撮影ができるようになった。それまでは、コントラストAFだったからせいぜいが追尾AFしかできなかった。

 ここで話が少し横道にそれるが、キヤノンのEOS 70Dは画期的だといわれている新しい像面位相差AFを採用している。なのに、それを利用したライブビューモードでは、追尾AFはおろか動体予測AFもできない。そりゃあないじゃないか。さらには、ライブビューモードで連写モードを選んだとたんに、最初の1コマ目でピントはロックされたうえ、液晶画面は真っ黒、ブラックアウト状態になってしまう。いったいどーしたキヤノンっ。

 で、話を戻して、E-P5でこの連続動体予測AFをおこなうには、まずAFモードをAF-Cにしたのちに連写モードを選ぶ。連写モードには「連写H」と「連写L」があるが、ここで必ず「連写L」を選ばないといけない。でないと、つまり「連写H」で撮影をすると、カメラからはナンの警告も注意もなく、勝手にAF-CからAF-Sに切り替わってしまって動体予測AFの機能がチャラになってしまう。
 おいおい、ひと言でもイイからなんか言ってくれよ、勝手に撮影モードを変えんなよ、と。せっかく素晴らしい機能を備えているのに、ユーザーブレンドリーじゃないんだよねえ…。

(追伸)
twitterで少し説明をしたけど、どうもぼくの説明が悪かったのか、意味が正しく伝わってないみたい。つまりですね、AF-C(C-AF)にセットしておいても「連写H」にすると、C-AFのまんまなんだけど実はS-AFと同じ機能になってしまう、ということ。ピントは1コマ目に固定されてしまい追いかけてくれない。実際に撮ってみればすぐにわかることなんだけどねえ…。

オリンパスカメラの不思議、前回のつづき

オリンパス・E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 75mmF1.8

 しばらくマがあいたが、前回のこのブログでの「オリンパスの不思議」の続き。

 さて、オリンパスの不思議はE-P5にもたくさんあって困惑することも多いのだが、それは連写モードにもある。
 E-P5の連写速度は「連写H」と「連写L」が選べる。連写Hにすれば最高約9コマ/秒で、連写Lを選ぶと最高約5コマ/秒となる。これは素晴らしい高速連写の性能だと感心。ただし9コマ/秒や5コマ/秒の"最高連写速度"で撮るには手ブレ補正をOFFにしなければならない。
 手ブレ補正ONのままだと9コマが約8コマぐらいに、5コマが約4.5コマぐらいにスピードダウンするらしい(正確な数値は不明)。最高スピードで連写するため手ブレ補正処理などの"足かせ"をなくしてできるだけ身軽なほうがいいからだろう。別にこれは不思議でもなんでもない。

 ぼくは9コマ/秒が8コマ/秒にスピードダウンしたところでゼンゼン困ることもない。それよりも手ブレ補正が効かなくなるほうがずっとイヤだ。だからE-P5の設定では手ブレ補正はON、つまり「IS-AUTO」にして使い続けている。自分でこの設定を変更してOFFすることはほとんどない。


 ところがE-P5では(OM-D E-M5もじつはそうなのだけど)、手ブレ補正ONの設定が"勝手に"変更されてOFFになってしまうことがある。「連写H」を選んだとたんに、なんのメッセージも警告もなく手ブレ補正がOFFになってしまう。
 この身勝手な変更がイヤなら、あらかじめカスタムモードで設定しておけというわけだ。つまり、高速の連写Hを選んでも、手ブレ補正はONのままになるようにメニューで設定の切り替えをしておかなければならない。これがわかりにくいのだ。

 カスタム設定のメニューの中に、『連写+手ブレ補正OFF連動』という項目がある。ディフォルト(初期設定)では「ON」になっている ―― 冗談でもナンでもなく"OFFがON"になっている。選択肢はONかOFFの2つ。OFF連動をONにすると、高速Hを選べば9コマ/秒が優先されて手ブレ補正はOFFになる。OFF連動がOFFだと、高速Hでも手ブレ補正が優先されてOFFにならずONのままになる。
 …わかりますか?

 その理屈とコトバの意味するところを落ち着いて冷静になって考えればわからないこともないが、しかし、始めてこのメニュー項目の『連写+手ブレ補正OFF連動、ON/OFF』を見た時は、いったいナンのことだろうか、とアタマが痛くなった。理解するまで相当の時間がかかった。
 じつはオリンパスのカメラにはこのような不思議で難解な機能や用語や設定があって ―― E-P5やOM-D E-M5に限らずだが ―― いつもほんと困るのだ。

オリンパスには不思議がいっぱい

オリンパス・E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8

 E-P3からE-P5が進化した機能、初めて採用された機構などはいくつかあるが、その中で注目度の高いものとしては(ぼくとしては)以下の2つをあげたい。(1) 改良5軸手ブレ補正の採用と自動検知式の流し撮りISモード、(2) PENシリーズでは初の1/8000秒の高速シャッタースピード、である。

 5軸手ブレ補正はすでにOM-D E-M5で採用されているが、それをそっくりE-P5に移植したと考えればいいだろう。と、簡単に言ったけれど、じつはそうはカンタンなことではなく、狭い場所に複雑な機構を組み込むのに相当に苦労したようだ。
 ISのアルゴリズムもOM-Dから改良されたようで、とくに低速シャッタースピードでの手ブレ補正の効果がアップしているように感じた。たとえば50mm画角相当なら、1/4秒程度のシャッタースピードでブラさずに写せる。確率は70%以上だったから、こりゃあすごい。

 ただし、オリンパスのカメラのすべてに言えることだが、手ブレ補正(とAF)は効くときは抜群の効きの良さを発揮するのだが、ときどき少し不安定というか"気まぐれ"なところがある。このE-P5も、おやっ、と感じるときがなくもなかった。
 その、やや気まぐれなISとAFが改善されれば ―― ファームウエアのアップデートでナンとかすると期待している ―― 間違いなくトップクラスのカメラになるに違いない。ほんらいは高いポテンシャルを備えたカメラなのだ。


 E-P5には初めて「IS-AUTO」のモードが搭載された。ディフォルトではこれに設定されている。静止した被写体を写すとき、動く被写体を流し撮りするとき、つまり撮影シーンにかかわらずこのモードにしておくだけで最適なISが働く。斜め方向の流し撮り撮影にも対応していて、カメラが自動的にブレ方向を判断してISが最適に制御される。斜め流し撮りができる手ブレ補正であると公式に言ったのはたぶんオリンパスが初めて。

 ところが使用説明書には、このモードを「流し撮り補正」と解説してあって、静止画撮影には適していないと誤解してしまう。IS-AUTOは静止画撮影にも有効で、全方向の5軸ブレ補正が有効に働く。誤動作の恐れがないからこそ、ディフォルト設定されているはずだ。

 すなわち「IS-AUTO」は、何でも来いっ、のオールマイティーの手ブレ補正モードであるのに、なぜか、従来通りのIS-1(全方向ブレ補正 ―― 流し撮りには非対応)や、IS-2(縦ブレ補正 ―― カメラ横位置にしての流し撮り用)や、IS-3(横ブレ補正 ―― カメラ縦位置にしての流し撮り用)の各モードが選べる。
 いったいどんな状況でこれらに切り替えて使うのか、そこらへんがぜんぜんわからない。こうした"オリンパスの不思議"は、とくにPENやOM-Dのシリーズにはたくさんあって困るんだよなあ。
 

良いデザインのカメラだ

オリンパス・E-P5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8

 E-P3発売から約2年ぶりのモデルチェンジ。「E-P4」ではなくE-P5である。心機一転、飛躍の気持ちを込めて"二段飛び"したのだろうか、それとも「四」の数字を嫌っただけの"験担ぎ"だろうか。ま、そんなことはどーでもいいとして(よくはないけど)、外観スタイルを見るとP3からあまり変わってないようだけど、その中身もデザイン(外観スタイルという意味ではなく、ほんらいの「デザイン」の意味)も、大きく進化している。

 外観スタイル(姿カタチ)はPENシリーズの中ではダントツにいい。前から見ても後ろから見ても斜めから見ても大変にカッコいいカメラだ。操作性もホールディング感もすこぶる良い。よく考えられたスタイルでありデザインである。ツクリも丁寧で上質だ。
 ボディカラーはシルバー、ブラック、ホワイトの3つがあるがぼくはシルバーが好き ―― デザインというものは「良し悪し」で判断し評価しなければいけないが、カラーだけはどうしても「好き嫌い」が判断基準になってしまう。


 スタイリングが最優先されたためだろうか、E-P1、P2、P3のイメージを一新させたかったからだろうか、そのためにデザインで少し犠牲になっているところもなくもない。
 たとえばメインスイッチ。PENシリーズのほとんどの機種がボタン式のメインスイッチだったが、このE-P5ではレバー式になった。ボディ上部の右端にちっちゃなレバーがあって、それを前後させてON/OFFする。

 PENといえばプッシュ式のメインスイッチで、それに慣れてきたものにとっては(些細なことだけど)戸惑う。電源ONのとき小さくLEDが点灯していたのだが、それもなくなってしまった。ON/OFFはレバーの位置を見て確認しなさいというわけだろうが、ちょっと不親切な気もするぞ。
 カメラ底部の三脚穴が、いままでのPENシリーズと違ってバッテリー/メディア室から少し離れた位置に変更されたを見て、ぼくはほっとした。右がE-P3、左がE-P5。たったこれだけのことだけどカメラを三脚にセットしたままでも(よほど大きな雲台プレートでない限り)電池フタを明けてメディアを交換することができる ―― 理想を言えばバッテリーとメディアは別々にしてほしいのだけど。