シグマの「最短撮影距離」について

シグマ・dp3 Quattro

 dp3 Quattroが好きな理由は(DP3 Merrillもそうだが)、75mm画角相当のレンズにしてはそこそこの近距離撮影ができることだ。
 レンズが「眼」の代役を果たすには、自分の眼と同じく遠くの景色から指先まで自由自在にピントが合わせられることがひとつの条件。撮影距離範囲(無限遠から至近距離までピントが合わせられる距離)が広いほど気分よく撮影ができる。人間の眼は年ふるに従って至近距離の測距性能が低下して、ナニかとストレスが溜まる。つまり遠距離も至近距離も区別なくスムーズに見える(ピントが合う)ということは大事だということ。

 さて、写真レンズはというと、望遠レンズでも広角レンズでも、だいたいの目安として至近30センチぐらいまでピントが合わせられれば文句はない。大満足。
 で、dp3 Quattroはというと、最短撮影距離が22.6センチ(スペック表によると)。




 ただし、そのdp3 Quattroがカタログなどに記載している「最短撮影距離」はセンサー面から被写体までの距離である。レンズ固定式カメラでは(ぼくが知っている限り)シグマのカメラだけ。
 通常一般に、レンズ固定式カメラではレンズ先端から被写体までを最短距離という。センサー面からの最短距離はレンズ交換式カメラの場合だけだ。これはムカシからの暗黙の約束ごと。ところがシグマのカメラ(dpまたはDPのシリーズ)は、レンズ交換式カメラと同じくセンサー面からを最短撮影距離としている。シグマがなぜ、そうしているのか理由がまったく不明。

 さらにヘンなのは、カタログやスペック表には最短距離がセンサー面からなのかレンズせんたんからなのか、その説明(付記)がまったくない。CIPA(カメラ映像機器工業会)のカタログ表記のガイドラインには最短撮影距離の定義と表記方法が記載されている。
 最短距離をどちらの測距方式でやって記載してもかまわないのだが、「測距方式」は必ず明記するように「指導」している。でも、シグマはそれもムシしている。
 ついでで思い出したことだが、シグマのカメラの使用説明書には索引ページがない。そこそこのページ数のカメラ使用説明書で、索引ページがないのはタイヘンに珍しい(だからめちゃくちゃ使いづらい)。

 このへんが、シグマの鷹揚さというかアバウトなところというか、呆れたところというか。ぼくは古くからシグマのそうした「姿勢」が好きで、だから大きな小さな不満はあれこれあるけどいまだにカメラやレンズを使い続けているというわけだ。

Quattroシリーズの中ではdp3がおすすめ

シグマ・dp3 Quattro

 Quattroシリーズには、28mm画角のレンズを内蔵したdp1 Quattro、45mm画角のdp2 Quattro、そして75mm画角のdp3 Quattroがある。加えて、夏前に発売予定の21mm画角レンズを内蔵したdp0 Quattroもある。昨日、そんな話をした。
 dp0 Quattroを除いて、これら現行3機種の中でぼくがもっとも好きなカメラは「dp3 Quattro」だ。旧型DP Merrillのシリーズでも、DP3 Merrillをもっともよく愛用していた。




 ところが、新型dp3 Quattroを使い始めて、うーむ、これはちょっと困ったぞ、と感じたことがある。他のQuattro2機種と色調が異なることだった。正確に言えば、Quattro3機種とも色調がそれぞれ違うのだ。
 QuattroシリーズになってオートホワイトバランスはMerrillシリーズに比べて格段に安定して、とても使いやすいカメラになった。それはいい、しかし、プリセットホワイトバランスで撮影したときに機種固有の「色調」がばらばらなのは困る。

 たとえば、dp Quattroの複数の機種をデーライトモード固定にして撮影してみると、微妙に色が異なることがある。DP Merrillもそうした傾向はなくもなかったのだけど、dp Quattroになって機種ごとの色のばらつきがいっそう顕著になったような気がする。
 このへんの色調の統一化は大切だと思う。できるだけ早くファームウエアのアップデートなどで対応してほしい。
 なお、Quattro3機種の中で色調がもっともニュートラルなのはdp2 Quattroである。dp1 Quattroは少しグリーンに、dp3 Quattroはアンバー系に色の偏りがある。シグマのカメラを使い込んでいるヘビーユーザーからは、「そんな些細なことに文句を言うなよ、その使いづらさがシグマのカメラの魅力なのだ」とひと言で片付けられてしまいそうだけど。

 その色調のことを除けば、dp3 Quattroはいいカメラだと思う。
 ユーザーインターフェースもわかりやすいし、旧型DP Merrillに比べてAFのスピードもピントの確実さもだいぶ向上した。色調が安定すれば(それまではオートホワイトバランスモードで写すこと)、dp3 Quattroがいちばんのおすすめ。いままでとは違った、どきっとするような、個性的な写真が撮れるかも。

Quattroよりも、Merrillのほうがなんとなく…

シグマ・dp3 Quattro

 このdp3 Quattroの前のモデルがDP3 Merrillである。レンズはQuattroもMerrillもどちらも同じ光学系で75mm相当の画角。イメージセンサーもまた同じFoveonセンサーではあるが、構造が(画素数も)多少異なる。
 QuattroとMerrillとでは外観のスタイリングはまるっきり違う。Quattroシリーズのような大胆なスタイルのカメラだと、Quattroカメラになにが起こってもびっくりはしない。なんでもアリのカメラ。
 でかくて重いのにたった1.2倍しかない望遠フロントコンバージョンレンズがきたって、歴史に残るような斬新な格好をしたLCDビューファインダーにしたって、おどろかない。




 Quattroシリーズは、まず初めに45mm相当画角のdp2 Quattroが、次に28mm画角相当のdp1 Quattro、そして3機種めのdp3 Quattroが発売された。Merrillも同じパターンだった。ただし、dp3 Quattroの発売時に、21mm画角相当のdp0(ゼロ) Quattroの開発発表があって、これが加わるとQuattroシリーズは4機種となる。こちらは夏前に発売の予定らしい。

 Quattroの3機種と、Merrillの3機種が、いま、手元ある。

 以下は、ぼくの"好み"の話で、良し悪しを論じるつもりはない。
 QuattroシリーズかMerrillシリーズかどちらを好むかと問われれば、やはりぼくはMerrillシリーズのほうが好きだ。3機種ともMerrillのほうが好み。
 とくに「3」についてはMerrillのほうがよかった。理由は画質、色調ともにMerrillの3機種のほうがFoveonセンサーらしさがあるように思うからだ。こういっちゃナンだけどカメラとしての総合的なデキもMerrillのほうがいいように感じるなあ。

 もちろん、Merrillには少なからずの不満はなくもない。しかし、そうした不満はシグマのカメラにはつきもので、細かなことにいちいち文句を言っても詮ないこと。カメラとしてのあれこれの欠点は、シグマの場合はそもも"魅力"のひとつ。アバタもエクボだと思い込む努力と工夫をして使うことだ。
 そんなふうにシグマのカメラのことを考えれば、QuattroシリーズもMerrillシリーズも、いっぱいイイところが見えてくる…はず。

PENTAX フルサイズ判一眼レフを予測する

リコーイメージング・PENTAX K-S2+HD PENTAX-DA L16~85mmF3.5~5.6 ED DC WR

 PENTAX K-S2の話題が続いたついでに、リコーイメージングが先月のCP+で開発発表した「35mm判フルサイズデジタル一眼レフカメラ」について、ぼくが知っていること(あくまで推測)を少しだけ。

 その件については、ぼくのメールマガジン「明日からの写真術」で、やや突っ込んだ内容を取り上げて解説した。そこでの内容をここで書くといけないので(勘違いする人が多いからなあ)誤解を招かない程度にセーブし、オブラートに包んで、以下はぼくのアテにならない予想。




 CP+に展示されていたモックアップモデル、あれは意図的に誤魔化した部分を盛り込んだショーモデル。CP+公開用に大急ぎで作ったもんでしょう。正直者の多いリコーイメージングの人たちでも、さすが、あそこでホンモノのモックアップを見せるわけない。外観デザインなどの基本的なスタイルはだいたい決まっているだろうけど、これから小さな修正も大きな変更も加えられるはず。
 もちろんあのモックを見て想像できる部分もなくもない。たとえば内蔵フラッシュ。モックアップを見るとそのまったく気配が感じられない。たぶんフラッシュは内蔵しないだろう。ぼくとしては残念だけど。

 いちばんの注目点は背面の液晶モニター。あのモックでは固定式のように見えるけど、そんなワケはない。可動式に決まっている。
 「バリアングル式ですか、チルト式ですか、固定式ですか、そのうちのどれでしょうか?」と開発総責任者の北沢さんに公開の場で聞いたら、「うーん、そのどれでもありません」と答えてた。その前に、北沢さんは新しいFF(フルサイズ判のことをリコーイメージングはそう呼んでいる)には世界初の機構(機能、だったかな)や、他社がやっていないものを「いくつか盛り込むつもり」とも言ってましたから愉しみだなあ。同軸縦横角度可変タイプ、かな。

 CP+で同時に開発発表していた画素ずらしによる超解像(解像感向上技術)は、当然新しいフルサイズ一眼レフには搭載してくるに違いない。ひょっとすると、その前に発表される機種に、先に搭載してくるかもしれない。
 リコーイメージングの発表したものは4画素ずらし。オリンパスのE-M5 MarkIIは8画素ずらし。それぞれの内容の詳細は省略するとして、PENTAXフルサイズ判にはその両方の方式が搭載されてユーザーが選択できるかもしれない(かなり強い個人的希望的推測)。

 ただし、この超解像はご存じのように露光中にカメラを完璧にぶらさないようにしなくてはならない。シャッターショックもだめ。となると画素ずらし超解像にはアノ機能が不可欠となる。これが最大の難問。うまくことが進めばいいけどなあ。
 使用するイメージセンサーはニコンD810と同じクラスの約3600万画素になるのだろうか。とすると、超解像がもしうまく搭載されれば「約1億画素相当」の解像感が得られそうだ。もし約3600万画素クラスのセンサーなら、リコーイメージングの高感度画像処理はなかなかウマいから期待できそう。
 センサーシフト式の手ぶれ補正はとうぜん搭載(ほぼ確実)。ローパスセレクター、水平補正、構図微調整、アストロレーサーは従来通り、さらに平行ぶれ補正と回転ぶれ補正も可能になるかも。

 うーん、ほかにもまだあるけど、話をしすぎてやばいことになってもイケナイので、本日はこのへんにしておく。

なんちゃってQuick-Shift Focus Systemだったとは…

リコーイメージング・PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE

 K-S2キットレンズの沈胴式ズーム18~50mmについて3月10日のこのブログで、「AFピント合わせのままMFピント修正が可能なクイックシフトフォーカスシステム(Quick-Shift Focus System)を内蔵…」と書いた。間違いではないが、やや誤解を招く書き方だった(ぼく自身の確認不足による誤解が原因だったのだけど)。




 結論をさきに言うと、じつはあの沈胴式18~50mmには、「Quick-Shift Focus System(クイックシフトフォーカスシステム)」を可能にするための精密メカニズムのユニット(上の写真がそれだ)が組み込まれておらず、ただ、レンズ内の小型モーター(AF駆動用)を利用してAFモードのままMFピント補正をしているにすぎなかったのだ。
 このユニットのサイズは約8mm(径)×約9mm(高さ)という小さなもの。横に写っているのは1円玉。

 ぼくはてっきり、その精密ユニットが入っているものと思い込んでいたのだ。モーター切り替えでAF/MFダイレクトピント補正する安易なやり方をQuick-Shift Focus Systemとよぶのは(実際にリコーイメージングはそう言っている)、いくらなんでも…PENTAXブランドのレンズとしては情けない。

 小さなギアやゴマ粒のようなボールベアリングを組み合わせて作った ━━ ぼくはベトナムのハノイ工場で若い女性がピンセットなど使ってひとつひとつ小さな部品を組み上げていくその様子を見て感動した ━━ その小さなユニットの中で精密なクラッチとギアと胡麻粒ボールベアリングが動いていることにAF/MF切り替え操作をするたびに「指福」を感じていていた。
 それこそがQuick-Shift Focus Systemであるべきなのに、なんてこった、モーターの電気的切り替え操作も同じネーミングにしているとは。なんちゃってQuick-Shift Focus Systemではないか。

 ほんもののQuick-Shift Focus Systemは、ユニットをほらこんな極薄のレンズにも組み込まれて正確に作動させているのだ。

 こうして、カメラやレンズからだんだんと精密メカニズムが消えていき、安易な電気仕掛けになっていくのかなあ。クルマもそうだけど、そのうちにピストンやクランクシャフト、ギアチェンジなど、メカニズムの動く音も感触もなにもしなくなるだろう。
 環境やコストのことを考えれば仕方のないことだろうけど、わがままを言うようだけどぼくはやはり、エンジンやギアやシャッターが動くメカニズムの音や感触のほうを選びたい。

一眼レフカメラとメカニズムのチカラ

リコーイメージング・PENTAX K-S2+HD PENTAX-DA L16~85mmF3.5~5.6 ED DC WR

 K-S1が発売されたのは昨年の9月後半、その上位機種となるK-S2の発売は約5ヶ月後の今年3月初旬。K-S2では新しくWi-FiやNFCに対応させたり、液晶モニターをバリアングル式にしたほか、いくつかマイナーな進化点がある。しかしデジタルカメラとしての基本性能はS1もS2もほとんど同じと言ってよい。




 小さな相違点はさておき、S1とS2がもっとも異なる点は、一眼レフカメラの開発の「取り組み方」「考え方」ではないだろうか。表面的な性能、機能や機構の違いではなく、もっと根源的なところでS1とS2とはだいぶ違う。ではその違いとはなんだろうか、このへんの説明はひじょうに難しい…。

 K-S1は、あれはあれで、新しいチャレンジをしていて愉しいカメラだと思うのだが、K-S2を手元に置いて見比べて考えると、S1はやや「飛び道具」 ━━ LEDを光らせたり、新しいUIを採用したり ━━ に頼りすぎたのではないかという気もしないでもない。
 リコーイメージングのPENTAX一眼レフカメラにユーザーが期待するのは、新奇性の強い一眼レフではなく、地道に開発したオーソドックスな一眼レフカメラではないだろうか。

 電気のチカラに頼った飛び道具で人々を惹きつけるような一眼レフカメラはPENTAXらしくない。古くから培ってきた優れたメカニズムと光学技術を土台にした一眼レフカメラこそがPENTAXには似合っているのではないかと思う。
 K-S1では一眼レフの今後の進むべき道を迷っていて自信喪失ぎみのところもなくもなかったが、リコーイメージング自身がそれに反省しかどうか、K-S2では「やっぱりPENTAXの一眼レフはやはりこの道を行くべきだ」というきっぱりと腹を括ったようなところが感じられる。

 K-S2は、K-S1に比べると表面的にはやや地味だけど、古くからのメカニズム大切にした、繰り返すがPENTAXらしい一眼レフカメラのように思う。K-S2を使っていて、なんだか「ほっ」とするような気分になるのは、カメラボディの中に潜んでいる精密で確かなメカニズムのチカラを大切にしているためではないだろうか。
 ミラーレスカメラは「電気」を利用して機能向上を狙ってもいいだろうけど(極論だが)、やはり一眼レフカメラのほうはガンコおじさんのように「メカと光学」に徹底的にこだわっていくべきだとも思う。

沈胴ズームの操作感は不満だけど描写は意外と良いぞ

リコーイメージング・PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE

 まだ、キットレンズの話はつづく。
 K-S2キットレンズのDA-L18~50mmは沈胴式(RE=リトラクタブル)。沈胴した状態、つまり縮めたときの全長は41mmになる。それが、薄いか、といえば、いいえ、と答えるしかない。存在感たっぷりの沈胴ズームレンズ。もうちょっと薄型にできなかったのだろうかという我が儘な不満もなくもない。




 細い幅のズームリングに ━━ このリング幅が細すぎて操作性をだいぶ損なっている ━━ 小さな押しボタンがある。それを押しながらズームリングを回転するとレンズが伸びて撮影スタンバイになる。沈胴状態に戻すには、同じように小さなボタンを押しながらズームリングを回転する。
 文句ばかり言うようだけど、その、レンズ伸縮の操作性がイマイチでしたね。
 もともとPENTAXはレンズ鏡枠のメカニズムやツクリには優れたワザを持っていて、どのレンズも操作性は良いはずなのに、この18~50mmは動きがぎくしゃくしていて固くて重い。あの優れた操作性のPENTAXの交換レンズじゃないみたい。

 レンズの伸縮がぎくしゃくしているのは、たぶん、防滴仕様になっているので「空気抜き」がうまくできてなくて、それで回転が固くて重いのかもしれない。レンズをボディから外して単体で伸縮させてみると、だいぶ軽くなる。
 ボタン押し操作も、ちょっと気配りが足りなかったような気もする。レンズを伸縮させるときは、ボタンを押さずにそのままくるりっと回転すればレンズが伸びるようにして、レンズを縮めるときにだけボタンを押しながら回転、でいいのに。

 操作性は褒められないけど描写性能は、無理をして沈胴機構を採用した低価格キットレンズにしては期待に以上に良く写る(いやほんと)。ぼけ味も、ズームレンズにしては上出来。ざわざわした感じはなくて、とても自然で立体的である。
 描写性能はそこそこに優れていること、レンズ収納時に少し薄型コンパクトになること、K-S2とキットで購入すればお買い得感があること、などが利点か。でも、操作性のことを考えるなら、もう少し奮発して他の標準ズームレンズか、思い切って単焦点レンズを選んでそれと組み合わせて使ったほうがK-S2にはしっくりとするような気もする。


赤いラインと緑のライン

リコーイメージング・PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE

 前日のつづきで、K-S2のキットレンズ「smc PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE」と、光学スペックなどはまったく同じで、レンズコーティングだけが異なる「HD PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE」(発表のみで発売日は未定)の2本のズームレンズについて。




 キットレンズ18~50mmのコーティングには「smc」にして少しでもボディとのセット価格を安く抑えようとしているのだろう。それに対して単体販売のレンズのほうは、いまリコーイメージングが積極的にアピールしている「HD」コーティングを施し、専用のフードとキャップを付属している。光学系や機構などはまったく同じ。
 こういう販売方法って、どうなんだろうね。ユーザーを混乱させるだけじゃないか。

 レンズ名も微妙に異なる。キットレンズには「DA L」となっているが、単体販売されるレンズには「L」は付かない。「DA L」キットレンズは単独では販売されない。K-S2とセットで購入しないと使えない。
 そのK-S2とキットになっている「DA L」レンズのスペックを調べようとして、カタログを見たのだが見つからない。ホームページの交換レンズの一覧解説ページを見ても、そもそも「DA L」レンズがどこにも見あたらない。正真正銘のPENTAX交換レンズなのに、オモテに出さない。

 「DA L」レンズって、まるで、おめかけさんのような扱いではないか。「DA」レンズこそが正妻、ってわけか。…あ、こんな例えは、なんとかハラスメントになってイケナイのかな。

 ところで、HDコーティングの単体ズームの外界を見て「あれっ?」と感じた人がいるはずだ。
 HDコーティングを施したレンズにはレンズ鏡筒に「赤いライン」、smcコーティングレンズは「緑のライン」と決まっていたはず。例えば、昨年末に発売になったHDコーティングされた「HD PENTAX-DA 16~85mmF3.5~5.6ED DC WR」は、ほら「赤いライン」だ。
 ところが、HDコーティングされた単体販売の18~50mmズームを見ると「緑のライン」になっている。HDなのに緑。
 いったいどーなっておるんだ?


K-S2のキットレンズについて

リコーイメージング・PENTAX K-S2+smc PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE

 K-S2のカメラの話ではなく、まず、カメラとキット販売されている沈胴式の新型標準ズームレンズの「smc PENTAX-DA L18~50mmF4~5.6 DC WR RE」について。

 このズームはキット販売専用のレンズで単体発売はなし。レンズ名に「DA L」とあるが、この「L」がキットレンズの証。単体売りのレンズには「L」はない。
 いっぽう、そのDA Lレンズとスペックはほぼ同じの「HD PENTAX-DA 18~50mmF4~5.6 DC WR RE」というズームレンズが発表され、こちらは単体発売(発売日は未定)。なお、「RE」はリトラクタブル(沈胴式)の略である。




 キットズーム18~50mmと単体ズーム18~50mmと、どこが違うのかといえば、レンズコーティングと付属品が異なるだけでレンズの光学系や機構などはまったく同じ。キットズームのほうは古くからのsmcコーティングだが、単体ズームのほうは透過率に優れた(フレア/ゴーストの出にくい)HDコーティングを採用している。
 レンズ付属品が単体ズームには専用のレンズフードが、そうリミテッドレンズに採用しているようなフードと、フードをしたままでもキャップできる被せ式専用レンズキャップがつく。キットズームはごく普通のレンズキャップのみが付属。

 キットズームも単体ズームもマウントはプラスチックだが、AFピント合わせのままMFピント修正が可能なクイックシフトフォーカスシステム(Quick-Shift Focus System)を内蔵していて、簡易防滴仕様(WR)である。
 さらに、どちらのズームレンズも、AF駆動用にレンズ内にモーターを内蔵(DC)。ただし、MF時のピント合わせは従来のPENTAXレンズのようなギアを介した方式ではなく電動式マニュアルフォーカスである。

 ぼくはこの電動式MFというのがどうにもなじめない。女子高生のような、理屈じゃない好き嫌いのレベルで言えば、大キライ。
 他のメーカーの電動式MFも同じだが、無限遠になっても最短になってもコツンッと止まらず、しどけなくクルクルと回る。指先に伝わる確かさなんてみじんもない。レスポンスもきわめて鈍い悪い。
 PENTAXレンズの場合、せっかく素晴らしい精密メカニズムのクイックシフトフォーカスシステムを採用しているのに電動式MFで台なしにしている。
 電動式MFはこれっきりにして、これからのPENTAX交換レンズは可能な限りギアを介した正統なフォーカシング方式でがんばってほしい。