贅沢余裕設計

シグマ・dp0 Quattro

 dp0 Quattroに内蔵の21mm相当画角の14mmF4レンズは8群11枚構成。それにしても、大きく長いレンズである。ズームでもないし、フルサイズ判をカバーするわけでもないのに。ただの(と、いっちゃナンだけど)APS-C判用の広角単焦点のレンズではないか。初めてこのカメラを見た時も ━━ 今年2月のCP+のときだった ━━ なんでこんなに長くて大きい21mm画角のレンズなんだろうかと思ったほど。
 その後、あれこれ話を聞くうちに大きい長い理由がおぼろげながらわかってきた。

 その理由のひとつが「贅沢余裕設計(@シグマ山木)」だというのだ。
 8群11枚のレンズ構成をゆったり余裕を持って設計することで、つまり通常ならサイズにこだわって小さくコンパクトなレンズに仕上げようとするところを、その逆に鏡筒を大きく長くすることで、贅沢なことだけど性能的に余裕のあるレンズを作ることができる。
 コンパクトなレンズにするには、とくに超広角レンズだと高屈折の光学レンズや曲率の高い非球面レンズを使い、ぎしぎしに詰め込むようにしてレンズを構成していかなくてはならない。そうした構成のレンズは製造組み立て時の調整(調芯)が難しく、狙った精度のレンズを作りあげることも難しくなる。時間も手間も、そしてなによりも優れた技術も必要となる。




 しかし、贅沢で余裕のある光学設計をすれば、高屈折の光学レンズなどを使う必要もなく、光をゆっくりと丁寧に屈折させることができる。ゆるやかに光を曲げて集めて焦点を結ばせれば、その結果として歪曲収差やその他の収差の発生を抑えることもできる。レンズそのものは大きくなるが余裕があるから製造時の調芯作業も比較的容易にできるし、製品のばらつきも大変に少なくできる。少し努力すれば設計目標値以上の精度を得ることも不可能ではない。

 そんなふうにして設計、製造されたのがdp0 Quattroの14mmF4レンズで、だから大きくて長いレンズにしたらしい。もともと「サイズ」と「かたち」にこだわらない自由奔放なdpシリーズだ。レンズが少しくらい(じゃないけど)大きくなったって外観が奇妙でも、コアなシグマファンは「dpだからしょうがないよなあ」と文句も言わないだろう(だろう)。…でも、それにしてもdp0はでかくてスタイルもトンがりすぎ、そのカタチからして収納性も悪い、首や肩からぶら下げて歩くと目立ちすぎて恥ずかしい…。

 話を替える。
 交換レンズは組み合わせるカメラボディがまちまちなので、レンズをどれだけ精度良く作ってもカメラとの相性が悪ければ、せっかくの優れたレンズの実力が発揮できないこともある。それに対してカメラボディ固定式のレンズでは、ひとつの個体(カメラ)ごとにレンズとイメージセンサーを調整して最適なカメラ仕上げることができる。レンズを「贅沢」に設計し製造してから、カメラボディに取り付けるときに調整を手間を惜しまず丁寧にやれば、相当に高精度なカメラができあがる。
 かくかくしかじかで、ひょっとするとシグマのdp0 Quattroは「理想的なカメラ」になっている可能性もなくもない(少しヨイショしすぎかな)。

dp0 Quattroの21mm画角の描写

シグマ・dp0 Quattro

 dpシリーズのカメラについては、MerrillもQuattroも、どんな辛辣なことを言っても大目に見てもらえるというか、シグマもユーザーもそんな評価にはまったく意に介さず(勝手に好きなこと言ってなさい、この良さがおまえらにわかってたまるかっ)と軽く受け流してくれるところがある、とぼくは常々思っているのでこのdp0 Quattroについても、他のメーカーのカメラと大いに違って自由闊達に感想を述べることができて、それはそれで愉しい。

 いやそれよりも、dpシリーズについてありきたりな常識的な解説記事を読むほどツマらん気分になることはない、よね。




 dp0 Quattroの内蔵レンズは8群11枚構成の14mmF4である。フルサイズ判換算で21mmレンズの画角に相当する。
 前回のブログでdp0の使いこなしが難しいと言ったけど、それは21mmの超広角画角のせいだけではないような気もするのだ。ぼくの感覚的な印象なのだが、いままで多くの21mm画角のレンズを使ってきたけど、それらのレンズとdp0の21mmとはどうも違う感じがする。
 いままでの21mmはもっと気楽に撮影ができた。超広角だから画面周辺部には少しは気を使うけどアバウトに1~2歩踏み込んで撮影すればなんとか写真になった。

 超広角レンズでは大なり小なりディストーションが目立ったり、周辺部で描写が少しだらしなくなったりするのがごくフツーで、そうしたレンズは多くある。だからというわけでもないが、撮る側が多少いい加減に写しても、レンズ側もそこそこテキトーな描写だから、お互いに「ま、いいか」という甘い関係がある。

 ところがdp0の21mmは周辺部の歪みはなく肉眼よりも良く写る(見える)。描写は真正直というかクソ真面目というか、謹厳実直厳格ストレートな写りで、情状酌量というものがまったくない。だから撮る側が、襟を正し背筋を伸ばして真剣に写さないと ━━ やや大袈裟に言っておるんだが ━━ レンズ側がそれにきちんと反応してくれない、ようなところがdp0の21mmレンズにはある。ぼくはそんな気がする。Foveonセンサーの高い解像描写性がその真正直さを増幅しているところも大いにあるだろう。「まあ、えんやんか…」と甘えて寄り掛かると「なめるんじゃないっ」と二枚蹴りされそうなところもなくもない。

 と、まあ、そういうことなんだけど、dp0を少し使い込んでみればきっとぼくが言っている意味が少しは理解していただけるものと思う。そういう意味ではとってもオモシロいカメラですよね。

dp0 Quattro、シグマのプロモーションのうまさ

シグマ・dp0 Quattro

 dp Quattroシリーズの4機種めにあたるのが、このdp0 Quattro。dp ゼロ。

 シグマのカメラにはコアなユーザーが多くいる。Foveonセンサーの画像と、そのセンサーを使ったカメラが、なにがなんでもスキだ、という人たちだ。やや「アバタもエクボ」の傾向なきにしもあらずで、カメラの操作性が少しぐらい悪くても、高感度の画質が大暴れしようが、AFやAEがわがままで気まぐれでも、許すぞ我慢するぞ、のユーザーがたくさんいることが他のカメラメーカーのユーザーとは大きく異なる点だ。(気に障ったら謝る、悪気はぜんぜんないです)

 そうしたシグマFoveonセンサー大好きユーザーたちに、いま「大絶賛」されているのがdp0 Quattroなのである。




 dp0 Quattroのシグマのプロモーションもじつにウマい。コアなシグマファンのココロをよく知り尽くしていて、そこをピンポイントに突いていく。可愛い姿をしたエンジェルがハートにピンクの矢を射るような、そんな感じもしないでもない。
 その仕掛け人が山木さん(社長)かどうかわからないが、山木さん自身が先頭に立って「ナマの声」でプロモーションして、製品の良さをパーソンツーパーソン、一対一で、丁寧に語りかけるようにするから、シグマファンにとってはたまったもんじゃない。効果覿面。

 むろんプロモーションする商品(dp0 Quattroだ)そのものに魅力も実力もあるからこそ、シグマ大好きなユーザーにストレートにシグマの気持ちが伝わる。
 dp0 Quattroの最大の特長はレンズである。
 他の3台のdp Quattroシリーズもレンズの良さが特長ではあるがそれよりもFoveonセンサーのほうが勝っている。ところがdp0 Quattroにかんしては、Foveonセンサーの存在を押しのけてレンズ、21mm相当のレンズの描写性能の良さが脚光を浴びている。

 ところで、じっさい撮影してみればすぐにわかることだが、dp0 Quattroに内蔵の14mmF4は素晴らしい描写性能のレンズだ。しかし、使いこなしはタイヘンに難しい。
 その描写は厳格、真面目、非情なところがあって、撮影者の甘えや適当さをぜんぜん許してくれない。ヘタが写せば情状酌量なくヘタのまま写る。ウマい人が写せばいい写真に仕上がるが使いこなしは簡単ではない。同じ画角の他の21mm画角のレンズとはまったく違った扱いにくさがある。そのへんのことを次回に考えてみたい。

GR IIについての、どうでもイイような雑感をふたつ

リコーイメージング・GR II

 GR IIについては語るべきコトがまだまだたくさんあるが、その中の一部は雑誌などのGR IIの新製品紹介の記事を読めばだいたいのことはわかる。ここのブログではソンなありきたりなことを書いてもしょうがない。一般メディアではゼッタイに書かないような雑感を述べておきましょう。

 前回のブログで「GR/GR II」の正式名称について書いた。それについての追加説明がある。どうでもイイといえば、ほんと、まったくもってどうでもイイ内容なので、説明するほうも(ぼくのことだ)気が引ける(これを読んでいる皆さんに対してだ)。

 GR/GR IIのボディ背面、液晶モニターの枠部分に「RICOH」と印字されている。製品パッケージ(化粧箱)にも同梱の使用説明書や保証書にも、いちばん目立つところに「RICOH」とプリントされている(目立たないようにリコーイメージングの印字があるけれど)。
 いうまでもないがGR/GR IIともに、製造も販売もリコーイメージング株式会社である。株式会社リコーは親会社ではあるが、現在はGRシリーズには直接は関係がない(はず)。




 ではGR/GR IIボディや関連品に印字してある「RICOH」はいったいナンだ、と。それはリコーイメージングとリコーのコーポレートアイデンティティのロゴが「RICOH」なのだ。リコーイメージングには独自のロゴを持っていないので、リコーグループとして「RICOH」のロゴを使っているのだ。
 だから、レンズ交換式カメラのKシリーズやQシリーズには「PENTAX」の製品ロゴが使用されているが、同時に製品パッケージ、使用説明書、保証書には大きく「RICOH」と印刷されている(小さく、リコーイメージングの文字もある)。

 ペンタックスはHOYAからリコーに、という具合に(不本意ながら)流転してきて、しかし「PENTAX」のブランドは多くのユーザーの熱い支援もあって守り続けている。
 同じように(いや、逆のケースかもしれないが)GRのほうは、リコーそのものの、リコーのアイデンティティそのものだったが、リコー本体からはじき飛ばされてリコーイメージングの中へ押し込まれてしまった。しかしながら、GRにとっては異郷にありながらも「GR」のブランドはしっかりと守り続けている。
 こんなヤヤこしい境遇のカメラメーカーって、いまではほとんど見あたらないですね。

 ところで、もうひとつ雑感を。
 GR/GR IIに手ぶれ補正の機能がほしい、との要望を良く聞く。これは、ぼく自身も強く望んでいることだが現状ではかなり難易度は高い。
 手ぶれ補正には大別して2つの方式がある。レンズ内、またはボディ内にぶれ補正機構を組み込む方式である。レンズ内方式はボディをシンプルで小型化できるメリットがあるが、優れた光学性能を確保するのが難しい。いっぽう、ボディ内はレンズの光学性能に負担をかけずにすむがボディが複雑になり大きく重くなる欠点がある。

 GR/GR IIの最大のウリは「小型軽量、優れた描写性能」である。とすると、レンズ内方式もボディ内方式もGRシリーズのコンセプトが犠牲になってしまう。将来の技術革新でコンセプトを犠牲にしないで手ぶれ補正が可能になるかもしれないが、いま現在の状況では諦めざるを得ないでしょうね。

GRってこんなカメラだ

リコーイメージング・GR II

 GRはそのままGRである。「RICOH GR」ではない。「RICOH GRシリーズ」でもない。GRは、RICOHも、もちろんPENTAXもアタマには付かない。素のまま「GR/GR II」である。
 GRシリーズはリコーで始まって、いまはリコーイメージングに引き継がれ、設計も製造もおこなっている。だから、むりして言えば「リコーイメージングのGR II」となる。

 ただしTHETA、これは企画、設計、製造はリコー(本体)がやっている。リコーの製品である。であるから正式名称は「RICOH THETA」である。いまのリコーのビジネスはBtoBがほとんどでコンシューマー向けの販売ルートを持っていない。そこでリコーイメージングがかわりに販売をいってにおこなっている。

 話がややこしい方向に向かうが、じゃあリコーイメージングで製造し販売している防水タフネスのコンパクトカメラのWG-5はどうなのかといえば、正式名称は「RICOH WG-5 GPS」とアタマにRICOHが付く。レンズ交換式のカメラはKシリーズもQシリーズも機種名のアタマにPENTAXが付く。
 つまり、WG-5のRICOH、Kシリーズ、QシリーズのPENTAXはブランドロゴ、THETAのRICOHは社名ロゴというわけだ。それぞれが機種名のアタマに付く。




 しかし、GR/GR IIはブランドロゴも社名も一切なし。「GR」そのものがブランドで、フィルム時代からGRはそうしてブランドイメージを高めてきた。とにもかくにもGRは、リコー(本体)にとっても、リコーイメージングにとっても、ずーっと「特別扱い」の機種なのだ。

 だからというわけでもないだろうけど、GRはとことん誇り高き孤高の存在で、他社が似たようなカメラを出そうが、マネをしようが、まったく我れ関知せず我が道をゆくのみ、と、まあ、そんなカメラなのだGRってのは。20年間もそうしてきたし、リコーもリコーイメージングも支える ユーザーも、そうさせてきた。
 そのようなGRの「立ち位置」に似たカメラは他社ではほとんど見あたらない。もし、仮に「初期のコンセプトを頑固に守り、時流に沿った変更はしない、しかし変えるときは大胆に」、ということであれば、SIGMAのdpシリーズがそうだしLEICAのMシリーズがそうかもしれない ━━ いや、GRはそれらともちょっと違うのだけど。

 古くからのコアなGRユーザーはそのへんのことは充分に理解していると思う。35mm相当のGRがほしいとか、フルサイズ判のGRがほしいとか、ズームレンズ内蔵のGRがほしいとか、そんな「希望」を持っていても、でも、高性能な28mm相当のレンズを内蔵させて薄型でシンプルでストイックなGRはそのままで変わってほしくない。いまのスタイルでいてほしい…、とココロは千々に乱れるわけですよ。
 今度のGR IIにしたって、AFが不満だと言いながらも(ぼくもそうだけど)、GRだからしょうがないかぁ…と達観してるんではないだろうか、皆さんは。

変えないモデルチェンジ

リコーイメージング・GR II

 約2年ぶりのモデルチェンジ。
 しかしフルモデルチェンジではない。「GR不変のアイデンティティ」をキープしての、いかにもGRらしい少しだけのモデルチェンジ。こうしたマイナーなモデルチェンジをGRは、フィルムGRからデジタルGRまで20年近くも続けてきている。時代に流されず、ゆっくりと、少しずつモデルチェンジをして「新しいGR」になってきた。
 それでイイのだ。GRとはそういうカメラなのだ。




 モデルチェンジしたGR IIではWi-FiとNFCを新しく内蔵させた。
 そんなモンいらない、と不満を持つGRユーザーもいるだろう。それよりもAFのスピードアップやもっと高感度でも撮れるようにしてくれよ、と。
 確かにぼくもそのとおりだと思う。GRを使ってWi-Fiの活用の機会はほとんどないし、いわんやNFCなんて、ぼくはAndroidのスマホもタブレットも持っていないからなんの役にも立たない。
 どうせなら、NFCよりもBluetooth Smartがほしかった。NFCは機器同士を互いをタッチしなければならないが、Bluetoothなら数メートル離れたところから電源のON/OFFなどもできる。あとはWi-Fiにまかせればいろんなコトが遠隔操作できるじゃないか。…いや、ま、いいか、Wi-FiやNFCを新しく組み込まれても、GRらしさはなにも損なわれていないのだから。

 くどいようだけど、AFスピードの改良だけでもしてほしかった。
 と、思うのだけど、コントラストAFはイメージセンサーからの読み出しスピードに依存するところもあるから、同じセンサーを使っている限り目に見えるような進化は難しいのかもしれない。それに、レンズ。AFのために動作させるレンズ群の見直しなどをしないと、そうそう高速AFは難しいのだろう。
 しかし、そこはそれ、なんとかがんばって、ほんの少しでもいいから「おっ、AF、良くなったね」と言ってみたかった。

 高ISO感度の画質、ノイズの具合だけについて言えば旧GRとほとんど同じ。しかし、高感度画像の色かぶりが新GRでは大幅に改良された。シーンによってはグリーンかぶりすることがあって、それは古くからのGRシリーズの"悪いクセ"のようなものだった。
 とくに、高ISO感度になるほどグリーンかぶりが強く出る傾向があったのだが、それが新型GR IIではキレいに消えてとてもニュートラルな色調になっている。そのことは旧GRと新GRを撮り比べてみればサルでもわかるほど違いがはっきりとしている。
 

嗚呼、なんちゃって4K動画

ニコン・Nikon1 J5+1 NIKKOR VR10~100mmF4~5.6

 ニコンのデジタルカメラでは初めての4K動画撮影ができるカメラ。
 ところがこの4K動画、あれこれ「残念」なところがあって、ニコンがいま、なぜこんな中途半端な4K動画機能をカメラに搭載したのだろうか…。
 良いように解釈すればニコンの「脱兎のチャレンジ精神」 ━━ 満を持して、なんて悠長なこと言ってられないからね、ニコンもいまは ━━ ということになるが、もしユーザーがニコンの4K動画撮影に期待してこのJ5を購入したとしたら、相当がっかりするに違いないだろう。

 以下、J5の4K動画撮影の機能についてだけ悪口を言うけれど、静止画撮影の機能に限って言えば素晴らしいカメラだとぼくは思っている。そもそもNikon1というカメラそのものがぼくは大スキなんだけどね。




 J5の4K動画の残念なところは三つある。
 一つめは、4K動画の撮影フレームレートが15fpsしかないこと。フルHDの動画のほうは最大で60fpsで撮影できる。今どき15fpsなんてフレームレートじゃあ、動きの速い被写体を写したりすれば古いチャップリンの映画のように見える。
 実際、同じシーンを4K動画の15fpsとフルHD動画の60fpsで比べてみると、動画撮影中のスルー画像を見ているだけでも15fpsの4K動画は、まるでパラパラ漫画のように動きがぎくしゃくしている。

 二つめの残念な点は、フルHDモードから4Kモードに切り替えたとたん、突然、画角が狭くなる。ズーミングもなにもしていないのに、フルHDから4Kに切り替えただけで、まるでクロップ撮影しているように望遠画角になってしまう。
 1インチ(2081万画素)のセンサーから4Kサイズ(3840×2160ピクセル)の動画を作り出すのはJ5にとって処理の負荷が大きすぎる。使用する画素を制限せざるを得なかった、ということらしい。ちなみに、フルHDでは1インチセンサーのすべての画素を使って、それをリサイズしながら1920×1080ピクセルの動画画像を作り出している。

 三つめの残念は、J5で撮影した4K動画を鑑賞するのにあれやこれやの制限があることだ。4K対応のテレビでJ5の4K動画を見ようとしてもそれはできない。J5と4K対応テレビとをHDMIケーブル接続しても4K動画を見ることができない。こちらの注意書きに、こっそりと書いてあるように、4K動画は強制的にフルHD動画になってしまう(このとき、15fpsは30fpsに「水増し」される)。
 もし、J5の4K動画を4K画質で鑑賞しようとするなら、4K対応のパソコンとディスプレイを使って、そのパソコンにニコンの専用動画ソフト「ViewNX-i」をインストールして、それの環境で使用するか、あるいはQuickTime Playerを使うしか方法しかないようだ。

 4K動画モードを選んだだけで画角が変わることといい、貧弱な15fpsといい、4K動画の鑑賞の制限といい、J5の4K動画はなんだかとても中途半端に思える。そもそも、静止画を写すことがメインのカメラに(4K動画を否定するわけでは決してないが)、いま、それほどまで無理をして4K動画の機能を搭載しなければならなかったのだろうか、そのへんがよくわかりませんです、ぼくには。


再び、オリンパスのFish-eye 8mmレンズについて

オリンパス・OM-D E-M5 MarkII+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mmF1.8 Fisheye

 すでにtwitterで少し報告したことだけど、オリンパスの専用画像処理ソフトである「OLYMPUS Viewer3」、この最新版(バージョン1.5)を利用するとFish-eye 8mm画像の直線歪みを修正して一般的な超広角レンズで撮影したかのような画像に仕上げることができる。
 下の2枚の写真のうち、上がFish-eye 8mmで撮影してオリジナルの画像。それをOLYMPUS Viewer3の中にある「Fish-eye 補正」の機能を使って補正したものが下の写真だ。






 Fish-eye 8mmの画角は約180度。それがOLYMPUS Viewer3を使って補正することで、フルサイズ判換算で約11.7mm相当の超広角レンズの画角とほぼ同じになる。魚眼レンズ特有の直線歪みが補正されて真っ直ぐな線になっている。ただし、この補正処理をすることで実質的な画角(写っている範囲)はFish-eye画像に比べるとだいぶ"狭く"なってしまう。
 言うまでもないが、こうした歪み補正は画像の四隅を引っ張って伸ばしたりしているため、当然ながら画質は悪化する。こうした画像処理による歪み補正については、あれこれ興味のある裏話がいっぱいあるのだけどそれはまたの機会に…。

 歪み補正をして得られた11.7mm相当の画角の画像というのは画面アスペクト比が「4:3」のときである。だから4:3のアスペクト比ではない3:2だとか、16:9のアスペクト比で切り出せばもっと画角の広い画像が得られる。
 計算上では、アスペクト比3:2だと「10.8mm相当」、16:9だと「9.16mm相当」の画角の画像が得られる(いずれの画角も対角線画角)。つまり、歪み補正をしたオリジナルの画像は(というのもヘンな言い方だけど)、こんなふうになっている。

 直線歪みを修正するとどうしても画面上下に、黒い半円状の"写ってない部分"がでてくる。この黒い部分を避けて、ぎりぎりまで切り出せば(横長写真になるが)もっとも画角が広く直線が真っ直ぐになった写真が得られる。こちらの写真はOLYMPUS Viewer3の操作画面で、右側にFish-eye補正の補正パラメータ調整画面が見える。画面上の枠はアスペクト比16:9を選んだところ。

 ところで、OLYMPUS Viewer3だけど最新版バージョン1.5になったときに、このFish-eye補正モードについてオリンパスはいっさい公表していない。Fish-eye 8mmレンズのユーザーにとっては大変に重要な情報だと思われるのに、なぜかオリンパスはなにも言わない。いつもの、オリンパスの不思議。
 さらに、このFish-eye補正モードはViewer3の初期設定ではどこにあるかさっぱりわからない。そのうえ、効果や使用目的がイマイチ不明なパラメーターの変更や設定もあるのに、オリンパスからの説明はなーんにもなし。
 そして補正処理に結構な時間がかかったりとか、ボディキャップFish-eyeレンズの画像はViewer3でまったく補正処理を受け付けてくれなかったり、あれこれ不満たっぷりなViewer3だけど、ま、とにかくFish-eye 8mmレンズのユーザーは要チェックです。