ユーザーが育てていくカメラ

リコーイメージング・PENTAX K-1+smc PENTAX-A 15mmF3.5

 PENTAX K-1はとても「感じの良い」カメラだ、ほんと。

 そりゃあ、言うまでもないが完全完璧100%のカメラではない。しかし、キヤノンのカメラで感じる「そっけなさ」がない。ニコンのカメラように「威張ったところ」もない。ソニーのカメラのように「お金持ち大歓迎的」なところもない。
 K-1には"写真的庶民"にそっと寄り添ってくれるような暖かさと優しさが感じられる(ぼくの勝手な感想ではありますが)。
 秀才三羽がらすのニコン、キヤノン、ソニーにはない(欠けている)、もう1つの大切なカメラの魅力がK-1にはあるようだ。




 AFが遅いっ、AFがウルさいッ、と皆さんPENTAXのカメラに文句を言う。K-1も同じようにそれについてボロかすに言うのを何度も聞いたし見たこともある。面と向かってそんな苦情を言われているリコーイメージングのカメラ開発担当者が、「…すみません、がんばります…」と消え入りそうな声で頭を下げている。
 キヤノンのAFのようにツーンッと目から鼻に抜けるような高速AFではないのは確かだが、そんなにボロかすに言うほどヒドくはないと思う。決して速いAFではないのはぼくでもわかるけど、でもピントをハズすことはめったにない ━━ と、言い切ると、そうじゃないぞ、と反発する人もいるだろうなあ。

 長年待ち続けたフルサイズ判デジタル一眼レフカメラなのに対応レンズ(FAレンズ)が少ないじゃないか、とレンズラインナップの貧弱さにクレームをつけている人もいた。その立腹はもっともだとは思う。でも、ない袖は振れない。リコーイメージングもそこは百も承知千も合点のことで、だから平身低頭し続けているではないか。
 足らざるところはフィルム時代の古いKマントレンズをだましだまし使うか、ややイレギュラーな使用方法だが、APS-Cサイズ判用のDAレンズの中にK-1のフルサイズ判をカバーするレンズが幾本かあるので、とりあえずはそれで「場つなぎ」するしかない。

 ユーザーと一緒になって育てていく、K-1は母性本能をくすぐるそんなカメラのような気もしないでもない。
 僭越なことだけど、ぼくはこれからも応援していくつもりだ。でないと、一眼レフカメラのメーカーはニコンとキヤノンだけになってしまうではないか。

K-1のスタイリングと、ホールディング性

リコーイメージング・PENTAX K-1+HD PENTAX-D FA15~30mmF2.8ED SDM WR

 K-1の外観デザイン(スタイリング)で、特徴的なことが2つあるように思う。

 1つはペンタプリズム上部が"四角錐状"に尖っていること。
 フィルムカメラではペンタ頂部は尖っているものが多く、それが「一眼レフカメラ」のスタイル的な特徴のひとつでもあった。ところがデジタルカメラの時代になって(ストロボがペンタ部に内蔵されるようになったこともあるが)、ペンタ部は平らや丸味をおびた形状ばかりになっていた。K-1を初めて見た時ペンタ頂部が「正統一眼レフカメラスタイル」をしている。そのことに(まったく超個人的な印象だけど)懐かしくてホッとした ━━ こうした外観デザインについては趣味趣向、好き嫌いで評価が分かれてしまうが、ぼくは好きだ。




 もう1つのスタイリングの特徴は、ボディ上部(軍艦部)に配置されている操作ダイヤル類が"正々堂々"と直立していることである。
 最近の一眼レフカメラはボディを小型に見せるために、必要以上に丸味をおびた形状にしたり、それにあわせるように操作ダイヤルを傾けているものも少なくない。傾いたダイヤルというのは(これまた超個人的な印象だが)、どうも軟弱で優柔不断な感じがしてどうも好きになれない。K-1は真正面や真後ろから眺めたとき操作ダイヤルがしっかりと直立していて、そこが魅力的。

 ホールディン性(グリップ性)はとても良いと思う。片手でK-1を握ったままぶら下げるように地面方向に向けて持っても、"つるりっ"と滑って落としてしまいそうな、そんな気配はまったく感じない。グリップ部が細いとか太いとか、握り部が浅いとか深いとか、そんな枝葉のことではなく、ボディを握ったときにボディ背面の親指、前面の3本指(人差し指はシャッターボタン)の配置具合がぴたりと決まっていて良い。
 シャッターを切ったときの手に伝わるショックもイイ感じだ。ニコンの上位機種のように切れ味鋭いメカニズム感はないけれど(とくにD5などD一桁のシャッター感触はじつに素晴らしい)、K-1のそれは控えめで誠実さが伝わってくる。

 そもそもホールディング性の良いカメラというのは重さをあまり感じさせない(個人的印象)。実際、K-1はけっして軽いボディではない。フルサイズ判一眼レフとしては小型であるが、しかしずしりっとした重さはあるしボディの厚みもけっこうある(ボディ内に手ぶれ補正機構を内蔵しているからしょうがないんだけど)。
 しかし、K-1を片手で持って歩いてみたり、カメラをしばらく構えていても、重さをそれほど感じないし、それほど気にもならない。

 そりゃあ、おまえ、K-1をひいき目で見ているからそう感じるだけだぞ、アバタもエクボだ、と言われれば、それはそうかもね……と、ぼくとしては反論はできませんけど。

K-1にはレンズキットモデルの販売はなし

リコーイメージング・PENTAX K-1+HD PENTAX-D FA 28~105mmF3.5~5.6ED DC WR

 レンズ交換式カメラの新型が発売されるとき、一般的にだがボディとレンズをセットにした"レンズキット"モデルが用意される。レンズとセットにすることで安い価格設定にして購入を促進しようという狙いがある。
 ところがK-1では、キット用レンズにぴったりの新型FA28~105mmF3.5~5.6があるというのにキットモデルにせず、ボディ単体のみの販売である。




 ニコンのD5やキヤノンのEOS 1D X Mk2などのフラッグシップ機種では、以前から当然のようにキットモデルは用意されていない。新規に購入するというユーザーが少ないこともあるが、そうしたフラッグシップ機を購入するユーザーはすでにたくさんの交換レンズを揃えている場合が多いからだ。
 富士フイルムのX-Pro2ではキットモデルが用意されていないのはきっとニコン、キヤノンと同じ理由だろう。

 ではK-1もまた、そうした理由でボディ単体販売のみなのか、といえば、どうもそうではなさそう。
 あれやこれや製造コストのかかっている ━━ カメラを少し見れば、いかに手間をかけて丁寧に作っているかがよくわかる ━━ K-1と、これまたしっかりと作り込んでいるFA28~105mmズームをセットにして、これ以上に価格を下げて売りたくないというリコーイメージングのぎりぎりの気持ちが込められての単体販売なのかもしれない。

 いやそうではなくて、キット販売するとすれば適応レンズがいま、FA24~70mmF2.8とFA28~105mmの2本あって、さぁどっちの組み合わせにするか、いや思い切って2つのキットモデルにするか、とかなんとか話がややこしくなるからボディ単体の販売としたのかも。
 K-1はKシリーズのトップモデルだし、645Zを別にすればペンタックス一眼レフのフラッグシップ機種であるのに、ニコン、キヤノン、富士フイルムのフラッグシップ機のように余裕綽々でカメラを売ることができないというあれこれの事情もあったのだろう。

 というわけでFA28~105mmズームの話。
 ごくフツーのスペックと価格のズームレンズだ。しかし、そのわりには意外に(といっちゃ失礼だが)じつに良く写るのだ。
 ペンタックスのレンズ設計・製造部門はムカシからそうなのだが、思いっきり肩にチカラを込めてがんばっていいレンズを作ろうとすると良品がなかなかできなかったり、発売が大幅に遅れたりする傾向がある。ところが、ふふーんっと気楽に設計して作ると、この28~105mmズームのように"期待以上"のデキの良いレンズがひょっこり生まれてくることがある。ちょっとヘンな会社だ。

 唯一の不満点は最短が50センチと、このクラスのレンズにしてはやや遠いことぐらいか。F値はF3.5~5.6とナンのヘンテツもないが、描写はとてもいい ━━ 超解像のリアルレゾリューションモードで撮影しても充分に持ちこたえている。逆光にめちゃ強い ━━ なんとかゴーストやフレアを出してみようとがんばったけどゼンゼン出てこない。
 価格と性能、操作性などを総合的に考えれば、こういっちゃナンだけど、FA24~70mmよりもこのFA28~105mmのほうがK-1との相性はいいと思うし、おすすめの"キットレンズ"だ。

一眼レフカメラメーカーは、いまたった3社しかない

リコーイメージング・PENTAX K-1+HD PENTAX-D FA 28~105mmF3.5~5.6ED DC WR

 現在、一眼レフカメラを作り続けているメーカーは3社しかない。ニコン、キヤノン、そしてリコーイメージング。
 ソニーもシグマも、つい最近まで一眼レフを作ってきたが、ご存じのようにソニーはトランスルーセントミラー方式を採用して可動式反射ミラーもペンタプリズムもなくしてしまった。シグマはSDシリーズで頑張ってきたがとうとうミラーレスのほうに方向転換してしまった。
 奇しくも、今年2016年春にその3社から、3社にとっての"フラッグシップ機種"の最新モデルが発表された。




 いずれもフルサイズの判デジタル一眼レフカメラである。ニコンはD5、キヤノンがEOS-1D X Mk2、リコーイメージングからはPENTAXブランドとしては初めてのフルサイズ判であるK-1だ。
 業務用カメラでもあるD5や1D X Mk2K-1に比べると、対象ユーザーも価格もスペックもだいぶ違いがあるものの、しかしリコーイメージングにとっては"念願"のフルサイズ判デジタル一眼レフだし同社にとってはまぎれもないトップモデルだ。

 ミラーレスカメラに比べると一眼レフカメラは、大きい重い、機構が複雑、将来性にやや難ありという「欠点」はあるものの、精密なメカニズムと視認性に優れたファインダー、カメラとして完成度の高いデザイン、複雑な機構ながら高い耐候耐久性があることなどの「利点」もある。
 トップクラスの一眼レフカメラを作る上で必要不可欠な精密ユニットというか部品が3つある。ペンタプリズムとファインダー(光学技術)、ミラー駆動システム(メカ技術)、AF測距センサー(光学技術)である。
 この3つの部品こそが一眼レフカメラの"きも"でもある。いま、その3つを製造できるのは世界中でニコン、キヤノン、リコーイメージングの3社しかないだろうともいわれている。

 一眼レフカメラが内燃式エンジンを使った古くからの自動車だとすれば、ミラーレスカメラはモーターを駆動させる電気または燃料式の近未来的自動車みたいなものじゃないでしょうか。
 ぼくのような古いタイプの人間にとってみれば、エンジンからの音や振動があって、ガソリンの臭いのするクルマのほうが「走っているぞ、自分がドライブしているんだ」という気分が高まる。でもいっぽうでは、そんな考え方はきっと「非合理的だ、感傷的だ」と一蹴されてしまうに違いないでしょう……それはわかってはいるんですが。

CP+2016雑感

オリンパス・STYLUS-1s

 先ほど大阪の八百富カメラ店のtwitterを見たら、「《生産完了のお知らせ》 オリンパス STYLUS-1s 生産完了となりました。しかも、後継機なしだそうです」と。オリンパスからはナンの案内もニュースもないのになあ……八百富カメラ店の情報収集力はすごいね。
 と、ここまで書いて再度twitterを見たら、「後継機なし → 後継機種の予定は現在未定」との訂正が加えられていた。どっちでもいいけど、いいカメラだったなあ。

 というわけで、いまでも現役ばりばりぼくの常用メモ&スナップカメラなのだが、後継機種の予定がないというのもちょっと淋しい。でもね、マイクロフォーサーズのレンズ固定式大口径または高倍率ズームコンパクトカメラ、というのもなくもないだろうからなぁ(おっと、あまり本気にしないように)。




 さて、こちらの写真はCP+の3日め、3月27日(土)の入場を待つ長い長い列。会場内も大混雑。しかし、翌日の最終日、28日(日)はコレに比べてだいぶ入場者数は減った。
 数年前に比べると(ぼくの気のせいかもしれないが)、若い女性の来客が大幅に少なくなったような…。

 今年のCP+は、ひさびさの新製品ラッシュだった。各社のブースでは新製品のカメラやレンズを実際に手にとって"タッチアンドトライ"ができるところも多く、こちらもあちこちで長蛇の列ができていた。
 ただし、「新製品」として華々しくお披露目したものの、発売はしばらく先、という製品も多かった。なんだか、CP+にあわせての参考出品という感じもしないでもない。
 キヤノンのEOS-1D X Mk2もEOS 80Dもそうだし、ニコンのD5もD500も、リコーイメージングのPENTAX K-1も、そしてシグマのsp Quattroも50~100mmF1.8 DCもソニーEボディ用のマウントアダプターも、それぞれ発売はだいぶ先になりそうで、そんなのばかり。でも、CP+はお祭りだぁ、と考えればそれはそれでよかったのかも。
 しかしCP+ではおなじみの「参考出品」が少なかったのは今年の特徴のひとつかも。

 ところで、会場内で目を引いたのは、ソニーとキヤノン、そしてニコンが、約8m×4m(355インチ)の超巨大な液晶モニター画面を使っていたことだった。昨年はソニーとキヤノンが会場で注目されていたが、今年はニコンも、というわけだ。
 その巨大液晶モニターはソニー製。正しくはソニーPCLの4K VIEWING。基本はレンタル設置のみで、基本料金は(昨年、取材した時点でだが)1日あたり約750万円。CP+4日間だと設置、撤去も含めて6日ほどのレンタルとなるから、しめて約4500万円…。しかし、これはあくまで"建て前価格"なので、キヤノンもニコンもそうした価格でレンタルしているかどうかは不明だ。ま、想像するに、その半額ぐらいではないか(それにしても高額)。