ミラーレスカメラとしては完成度は大変に高い

富士フイルム・X-T2+XF23mmF1.4 R

 X-T1に比べてX-T2は画素数が多くなっているが(ピクセルサイズが小さくなってしまったのに)、高感度の画質は良くなっているし、画像のキレ味も(かなり)向上している。ISO6400ぐらいなら(個人差はあろうけど)ほとんどノイズのことなど気にせずに撮れる。
 露出(測光)もだいぶ安定したようで、X-T1ではややオーバーぎみの傾向があったが ━━ ぼくにとっては、という意味で、だからマイナス0.3EVで撮ることが多かった ━━ ところがX-T2では、通常シーンでもほとんどマイナス露出補正をすることなく撮影ができるようになった。




 AFの性能も機能も、大幅にアップした。試しに望遠レンズを使って高速動体予測AFの撮影をしてみたが、いままでのミラーレスカメラとはひと味違う優れもの。向こうからこちら高速で走ってくる被写体でも平気でピント追従する。
 たとえば450mm相当の望遠レンズを使って、時速70~80Kmぐらいのスピードで向かってくる中型車を、ほぼ真正面から高速連写(H、C-AF)して、クルマがフレームアウトするぐらいアップにしてもしっかりとピントが合っている。EVFを覗いて撮影したのだが、ブラックアウトはほとんど気にならない。
 AF追従もEVFの見えも、予想していた以上の実力発揮に驚いた。

 ただし、と言っちゃナンだけど、やはり、高級一眼レフカメラの動体撮影とはちょっと違う感じがしないでもない。うーむ、うまく言えないが、手応え感がやや弱いというか…。高速流し撮りをするにしてもEVFの反応に少し「慣れ」が必要かも。

 AFのほかに感心したのはフィルムシミュレーションの「ACROS」モード。フジのモノクロフィルム・ACROSのテイストをデジタル画像で再現したものだ。すでにX-Pro2にも搭載されているのだが、今度、X-T2であらためてじっくりと使ってみたが、これがとてもイイ、良くできてる。フジの画像担当者のかなりの力作だと考えていい。
 X-T2にもX-Pro2にも、モノクロモードはこのACROSのほかにもう1つフツーのモノクロモードもあるのだが、撮り比べてみるとだいぶ違う。ACROSのほうが諧調豊かで(とくにハイライト部)、粒状感(ノイズとはちょっと違う)も独特で、フィルム描写によくここまで近づけたなあと感心した。デジタル臭いというか、あのツンツンした感じのするモノクロデジタル画像ではない

 もし、X-T1を持ってるしなあ、どうしようかなあ…、と迷っているなら思い切って買い替えた方がいいかも(無責任に勧める)。

使い手を選ぶが、いまイチ押しのミラーレスカメラか

富士フイルム・X-T2+XF50~140mmF2.8R LM OIS WR

 いいカメラだ。
 もう2ヶ月近くも使っているが、まったくストレスを感じさせないカメラである。
 ミラーレスカメラはまだまだ発展途上。だからどんなミラーレスカメラを使って撮影していても少なからずの不満があるものだが(ごくごく個人的な感想です)、このX-T2にかんしては、それがない。それ、ちょっと気味悪い、という気もしないでもない。




 評判の良かったX-T1の基本スタイル(アイデンティティ)を守りつつ、微妙に、大胆に、丁寧に手を加え改良したという感じがする。
 クルマもそうだが人気のある車種をモデルチェンジするときは大変に神経を使うという。たぶん、このX-T2も、どんなカメラに仕上げるかさんざん議論を重ねたろうし、X-T1よりも明らかに「良い」カメラに仕上げなければならないというプレッシャーがあったことだろう。
 X-T2をしばらく使っていて、旧型のX-T1にはもう戻れないなあ、という気持ちになってしまった。

 ただし、X-T2は(X-T1もそうだが)、カメラ初心の人にはちょっと不向きなような気もする。たぶん、使っても戸惑うことが多いだろうし失敗もするだろう。コンパクトデジタルカメラのような親切心(余計なおせっかい)はないカメラである。
 おすすめしたいのはカメラや撮影技術について多少なりとも"知識"のある人。ピント、露出、構図について、そこそこの要求度を持った人。そんな人たちに適したカメラだと思う(個人的感想)。

 先程からX-T2を手元に置いて、あれこれ操作をしたりファインダーを覗いたりして、なんとかひとつぐらい「問題点」を探そうとしているのだけど、それが見あたらない。
 しいて不満点を言うとすればバッテリーがもう少し持ってくれるといいのになあということぐらい。

 頻繁にメインスイッチのON/OFFをしても省電に務めていたのに300カットぐらいでバッテリーがダウンする。ミラーレスだからしょうがないのだが、でも最近の一眼レフは1000カットぐらい優に撮影できるし、そうしたカメラばかりしばらく使っていたところに、急にミラーレスX-T2を使ったから余計にそう感じたのかもしれない。
 X-T2に限らずミラーレスカメラすべてに共通したことだが、もう少しバッテリーのモチを良くして欲しいなあ。

いまの時代だからこそ、フツーのカメラじゃないところがイイ

SIGMA・sd Quattro+50~150mmF2.8 APO DC HSM

 同じことばかり言うなよ、くどいぞ、と言われそうだが、sd Quattroを使いこなして、そこそこの写真を得ようとするには「覚悟」と「根気」はどうしても必要だ。しかし「覚悟と根気」を持たずにsd Quattroを使って、さんざん文句を言ったりsd Quattroに悪態をついたりしている人がいるようなので(伝聞です)、くどく言ったわけですよ。
 フツーのデジタルカメラではないということ(良い意味でも、悪い意味でも)。

 sd Quattroのカメラのスペック表に記されている数値や文言は、他の多くのレンズ交換式カメラのスペック表と、かりに同じ数値や文言であっても「質的」にはかなり違う(ぼくの感覚的な印象)。
 ええいっこの際、遠慮せずにはっきり言うけどsd Quattroの公式スペック表を読んで、その性能を信じてはいけない。あくまで目安と考えておけばいい。そう、希望小売価格みたいなもんだ。




 でもしかし、このsd Quattroを使っていちばん驚いたことは、動くものにピントを合わせながら撮れることだった。ためしに連写モードにして(最高3.5コマ秒ではあるが)、コンティニアスAF(AF-C)で向こうからこちらに走ってくるクルマを撮ってみたら、意外や、そこそこの動体予測フォーカスでピントを追いかけているのだ。

 ナニを言っておるか、そんなことフツーのことではないか、とおっしゃる向きもあるだろうが、シグマのカメラ(レンズ交換式は初代のSD9からすべてをぼくは使っている)としては「画期的な機能アップ」だ。
 とはいえ、まだまだ信用はならんし(確率が低い)、sd Quattroを使って動体予測AFの撮影をするようなシーンもないし(リスキーだ)、また、その気持ちもになることもない。
 でも、シグマのカメラとしては目の覚めるような大進歩だと思う(将来に期待)。

 もうひとつの驚きは、撮影したJPEGファイルが(ほぼ)そのまま使えるようになったこと。いままではRAWで撮っておき、専用ソフトでこつこつと処理をして「写真画像」に仕上げなければならなかったのが、sd Quattroではその必要が極端に少なくなった(これには、いろんなご意見もありましょうが…)。
 オートホワイトバランスの安定性が大幅に向上したこともびっくりしたこと(いままでは、気まぐれ女の気持ちと秋の空、だったのだ)。

 ISO感度のノイズについては、考え方、見方を少し変えた方がいい。ことノイズについてちょっとISO感度をアップしただけで大変に目立ってくる。ヘタをすると標準感度でも目立つこともある。だからノイズを目のカタキにしている人には、sd Quattroはぜったいにおすすめしない。
 でも、ノイズをフィルムの粒子と同じように考えるような気持ちに余裕のある人には、sd Quattroのはそれほど気にはならないか、逆に好ましい(やや強引だけど)と感じるかもしれない。ノイズの「ツブ」が揃っていてシャープな粗粒子感がある。


 いや、いけない、いけない。sd Quattroについて、あれやこれや話をしだすといくらでも続く。今回はこれくらいにするとして、ところで、今年中に発売されるかもしれないAPS-HサイズのFoveonセンサーを使った「sd Quattro H」だけど、もし、少しでも高画質を求めるなら迷わず「H」を選んだほうがいいと思う。
 「H」の唯一の注意点は、交換レンズは35mm判フルサイズ用の、シグマでいうところの「DGレンズ」を使うことだ。このsd QuattroはAPS-CサイズFoveonセンサーなのでDC/DGレンズが使えたが、「H」ではDCレンズが使えなくなる(たぶん、ほとんどのDCレンズは)。

 価格がどれくらいになるかも気になるところではありますが、いま、ぼくは「H」のほうをとっても愉しみにしていますよ。