もひとつ話題にならないキヤノンのミラーレスカメラ

キヤノン・EOS M5+EF-M 11~22mmF4~5.6 IS STM

 もひとつ注目されていないようだけど、EOS M5は昨年2016年11月に発売されたミラーレスカメラで、そのMシリーズのトップモデルとなる(現在、M3、M10を加えて3機種がラインナップ)。
 ようやく、というか、やっと、というか、このMシリーズで初めてEVFを内蔵したカメラでもある。ぼくなんぞは、MシリーズのカメラにEVFを内蔵したことを「よくやったぞッ」と高く評価するのだが、しかしキヤノンは、やや拍子抜けするほどEVF内蔵をアピールしていない。

 キヤノンとしては、いまさら、という気もあったのかもしれない。その内蔵EVFにしたって、キヤノンらしい「さあ、どうだっ」というような機構や機能が備わってるわけではないから、控えめなアピールしかしていないだろう。
 でも、使ってみたら(覗いてみたら)これがなかなか良い。アイポイントが22mmと長いからぼくのようにメガネをかけているものにとっては嬉しい仕様である(フジのX-T2の23mmには及ばないが、オリンパスのE-M1 Mark2の21mmを越えている)。




 では、キヤノンはM5で、なにをイチバンのアピールポイントにしているかと言えば最新型の像面AFの搭載である。センサー像面で高速位相差によるAFを可能にした「デュアルピクセル CMOS AF」がそれ。
 従来のハイブリッドCMOS AFも同じく像面位相差AFができたのだけど、シーンによっては最終ピント合わせの時にコントラストAFに切り替わってAFスピードが遅くなってしまうことがあった(ウォブリング動作のため)。しかしデュアルピクセル CMOS AFでは、どんなシーンでも位相差AFだけでピント合わせして高速で確実なAFが可能になったというわけ。

 このデュアルピクセル CMOS AFは、なぜか、EOS 70Dなど一眼レフカメラにいち早く搭載されてきた。一眼レフカメラはおもに光学ファインダーを覗きながらAFする。専用AFモジュールの位相差AFを使うのが一般的である。たいしてミラーレスカメラはセンサー面でしかピント合わせができない。
 だからこそ、いち早くミラーレスカメラにこそ、最新の高性能なデュアルピクセル CMOS AFを搭載すべきだったのにEOS Mシリーズは「後回し」にされてきた。それがようやくM5に搭載されたというわけだ(やや遅きに失したという気もしないでもないけど)。

 そのほかにもM5にはいくつかの「新しい機能や仕組み」が採用されているが、それらの中でぼくがもっとも注目しているのが、キヤノンのカメラでは初採用となる Bluetooth(正しくは Bluetooth Low Energy(LE))である。Wi-Fiと連携して低電力と簡易操作でスマートフォン(とくにiPhone)など繋げて撮った写真を転送したり、スマホ側からカメラ操作ができるもの。
 Bluetooth のカメラ搭載は、まだかまだか、と長くぼくが期待していた機能のひとつ。ようやくキヤノンが重い腰を上げたという感じだ(NFCがもっと広がると多くのメーカーが考えていたのかもしれない)。

 Bluetooth LE をいちはやくカメラに搭載したのはオリンパス(AIR A01)とカシオのカメラで、その後しばらくどのカメラメーカーも「しらんぷり」をきめ込んでいたが、ようやく昨年、ニコンがぽつぽつと Bluetooth LE を採用したカメラを出してきた。ニコンは SnapBridge という新しいストレージサービスと連携させるなど意欲的なのだが、ところが動作が不安定で、これが…ぶつぶつ…いまいちウマくいかない。
 キヤノンはニコンのようなサービスをまだ展開していないが、キヤノンのことだもの、いずれ大々的にやるに違いと思いますね。

Foveonフルサイズ判の sd Quattro F はもうすぐ・・・

シグマ・sd Quattro H+85mmF1.4 EX DG HSM

 sd Quattro「C」もsd Quattro「H」も使用しているFoveonセンサーそのものは、基本的には同じ構造である。「H」はセンサーサイズを少し大きくした"だけ"と考えていいだろう。
 ただし「H」のセンサーのほうが新しいぶん(シグマは新開発と言ってるが)、少し改良が加えられているらしいが、実際に両ほうを使ってみたけど、写りも操作感も"ほとんど"違いがわからない。しかしスペック的には、「H」には「C」に勝るところがいくつかある。

 繰り返しになるが、「C」に対して「H」のほうの優位点は(やや強引なところもあるが…)、

 (1) センサーサイズが大きい(より広角が写せる)、
 (2) 画素数が大きい(解像力に優れる)、
 (3) 画像サイズが大きい(拡大倍率を大きくしたとき有利)、
 (4) 最高連写コマ速度がより高速(「C」の3.7コマ秒に対して「H」は4.4コマ秒)、
 (5) 専用RAWのX3Fのほかに「DNG」RAWで記録することもできる、
 (6) APS-HサイズのほかAPS-Cサイズにクロップして撮影できる




 ということろなのだが、しかし、(4)の連写コマ速度は確かに「H」のほうが(少し)速いけど最大撮影コマ数は「C」のほうは12コマまで撮れるのに、「H」のほうは画素数も多くなるためか最大8コマまでしか撮れない。
 (5)のDNGのRAWが撮れるようになったのはいいのだけど、「DNG+JPEG」で記録できない。DNGオンリー。さらに、同じシーンを撮影してJPEGのファイルサイズが約14MBだったとすれば、X3FのRAWファイルのサイズは約68MBになり、さらにDNGファイルとなると約142MBにもなってしまう。X3Fの2倍、JPEGファイルの10倍のファイルサイズだ。

 このようにあれこれ「ちょっとした言い訳」はあるものの、しかし「C」に比べると「H」のほうが魅力的に見える。いま、ぼくに、どちらかを選べ、と聞かれれば迷わず「H」のほうをとる。ナンだカンだと言ってるけど、やはりおすすめは「H」です。

 ところで、Foveonセンサーは、というよりもシグマは当初より、センサーサイズをだんだんと大きくしていこうと考えているのではないだろうか。
 Foveonセンサーを使ったシグマのカメラはSD9からスタートしたが、そのセンサーはAPS-Cサイズ判とはいうものも一般的なAPS-Cサイズと比べるとだいぶ小さなものだった。Merrillセンサーになったときに、ようやく「APS-Cサイズ判」とよべるサイズのセンサーになり、それがQuattroセンサーにも受け継がれた。そうして出てきたのが、このsd Quattro Hである。

 ゆくゆくは35mm判フルサイズのFoveonセンサーを使ったカメラを、という「シナリオ」をシグマは持っているような気がしてならない。
 ただ、ひとつ問題があるのだが、それは時間が、そう長くない時間が解決してくれるだろう。
 シグマは(じつは山木さんなんだけど)、ぼくがインタビューなどをしたとき、はっきりとは言わないが、「ソレ」さえ解決すればフルサイズ判のFoveonセンサーは可能だというような話をよくする。山木さんはことあるごとに「ソレ」について語る。

 たぶん、東京オリンピックまでには、いやもっと早くかもしれないが、シグマはフルサイズ判のカメラを出してくるだろう。sd Quattro 「F」だ。

 そうすれば、いまシグマSAマウントではなくの他社マウントDGレンズを持っている人は、新しいシグマのフルサイズ判カメラのデキを見て、マウント交換をすることで(そんなサービスをシグマはやっているのだ)、SAマウントのレンズとして使うこともできる。
 むろん、sd Quattro HとSAマウントのDGレンズを使っている人にとっては、フルサイズ判のsd Quattro「F」が出てきたときには胸を張って堂々と使えるというわけだ。

 少し夢みたいな話に聞こえるかもしれないが、そんなことないですよねえ、山木さん。

ニッチなニッチなカメラだからこそ、そこに価値があるのかも

シグマ・sd Quattro H+30mmF1.4 EX DC HSM

 以下、昨日のブログのつづき。

 sd Quattroの「H」も「C」も、同じシグマSAマウントである。SAマウントの交換レンズには、35mm判用の「DGレンズ」とAPS-Cサイズ用の「DCレンズ」がたくさんラインナップされている。ところがAPS-Hサイズ用の交換レンズというのは1本もない。
 たぶん、シグマはこれからも「APS-Hサイズ用レンズ」なんてゼッタイに作ることはないだろう。にもかかわずAPS-Hサイズのセンサー・・・。

 sd Quattro「H」でAPS-Hのイメージセンサーサイズを充分に生かして、かつ満足できる描写の写真を得ようとするなら、35mm判用のDGレンズを使う必要がある(シグマはそれを強く推奨している)。かつ、新しいプロダクトラインのレンズがおすすめ。




 APS-Cサイズ用のDCレンズでは画面周辺部の描写性能が悪くなったり周辺光量不足を招いたりすることがあるし、旧型のレンズではせっかくのsd Quattroの高解像力を引き出せなかったりAFでピントが合わなかったりする。
 とは言うものの、じつは、なんとかぎりぎり使えそうな新型DCレンズや旧型DGレンズはなくもない。上の写真はDCレンズで撮影したものだが、APS-Hサイズ判のままでAPS-Cサイズ判にクロップしてない。APS-Hでもとくべつ不満もなくそのまま使えそう。

 むろんsd Quattro「H」でいろんなDCレンズを使うことはできるが、ただし、そのときはAPS-Cサイズにクロップしなければならない。そうなると解像力も画角も、sd Quattro「C」とまったく同じになってしまう。sd Quattro「H」を使う意味がなくなる。利点もない。

 sd Quattro「C」に対して「H」の最大の優位点は、APS-CサイズにクロップせずAPS-Hサイズのまま使いこなすことにある。
 そのためには、35mm判用のDGレンズが必要だし、そうすると、せっかくの大きなイメージサークルを持っているのにそれを敢えて捨てて使うというモッタイナイことをしなければならない。

 その点、sd Quattro「C」だと、DCレンズだけでコトがすんでしまうので余計なことは考えなくてもよい。
 うーむ、こうなるとsd Quattroの「H」は「C」に比べると、使いこなすには少し"悩ましいカメラ"ということになりますね。

 シグマのカメラはどれもこれも使いこなしがいささか難しいのだが、このsd Quattro Hはそれに加えて、どんなシーンを撮影するのに適したカメラであるのか、どんなふうに「H」の利点を引き出せばいいのか、そのへんがとてもわかりにくい。
 sd Quattro Hは、ユーザーをぎりぎりに絞り込んだニッチなニッチなカメラという気がしないでもない ━━ もともとシグマのカメラってニッチなところの、さらにピンポイントで狙っていて、ソコがイイのだ、という熱い人もいる ━━ 。

 というわけで、山木さん、sd Quattro Hのほんとうの魅力ってどんなところなんでしょうね?

シグマの不思議、sd Quattro Hのナゾ

シグマ・sd Quattro H+50mmF1.4 EX DG HSM

 sd Quattro HはAPS-Hサイズ相当のFoveonセンサーを使ったカメラで、そのためカメラ名に「H」がついている(だと思う、未確認)。
 APS-HサイズはAPS-Cサイズのセンサーよりも"ふたまわり"ほど大きい(言うまでもないがAPS-Hサイズ、APS-Cサイズのセンサーは定まったサイズはない、メーカーや機種によって微妙に異なる)。画素数は ━━ シグマのカメラは画素数表記に独自のスタイルを通していて、それに倣うと ━━ 5100万画素相当ということになる。

 APS-Hサイズのセンサーを使ったデジタルカメラといえばキヤノンのEOS-1DシリーズやライカM8などがあった。いまはない。こちらのセンサーサイズは、sd Quattro Hのセンサーサイズよりも少し大きい。

 シグマには、このsd Quattro Hのほかにもう1台、同じFoveonセンサーを使った「sd Quattro」というカメラもある。APS-Cサイズ相当のFoveonセンサー採用で、3900万画素相当。しかし、APS-Cサイズセンサーを使っているのにカメラ名に「C」はつかない。ただの sd Quattro である。なぜか無印。
 というわけで、以下、勝手ながら「H」にたいして、APS-Cサイズのsd Quattroのほうは「C」として説明。

 それにしても、山木さん、いまさら、なぜAPS-Hサイズなぁんて"中途半端なサイズ"のイメージセンサーを採用したんでしょうか・・・。




 ところで35mm判フルサイズのイメージセンサーサイズは36.0×24.0mmである。APS-CやAPS-Hのセンサーサイズなどとどれくらい違うのか、数値だけではわかりにくいでしょうから図を作ってビジュアル化しました。サイズ比較図は、sd Quattroの「H」と「C」、35mmフルサイズ。

 こちらが3つのセンサーのサイズ比較図
 こうして見てみると、APS-CとAPS-Hのサイズ差はほんのわずかしかない。35mm判ともなるとやっぱりデカいし、APS-Hと比べてもだいぶサイズ差がある。

 ここで、APS-CとAPS-Hのサイズ差を見比べてほしい。「ほんのチョット」の差ぐらいしかないが、しかし、このチョットの差、少しのサイズ違いこそがsd Quattro Hの注目のポイントであり魅力なのだ。

 「C」も「H」も、イメージセンサーを構成する一つ一つの画素の大きさは同じなので、イメージセンサーが(少しでも)大きいほうが得られる画像サイズも大きくなる。イメージセンサーが(わずかでも)大きければ、より広角画角で写すことができる。同じ画角で撮影すれば(画素数が増えるぶん)解像描写力も良くなる。これが利点。

 ところが逆に「H」にはウイークポイントもある。それは使用できるレンズにチョイとややこしい制限があること。
 この話、ちょっと長く(ややこしく)なりそうなので、それについては次回に。