撮って愉しいレンズですよ、大きくて重いけど

シグマ・14mmF1.8 DG HSM / Art + キヤノン・EOS 6D Mk2

 この14mmF1.8レンズをシグマは「天体星座撮影用に最適だ」と強く押ししている。
 広い夜空をワンショットで写せる、大口径レンズなのでそれほどISO感度をあげなくても高速シャッタースピードで撮れる、F1.8開放F値を選んで撮影しても画面周辺の点光源(星)がそれほど流れて写らない、さらに、一段ちょっと絞り込めば(それでもF2.8)描写性能格段にアップする、などの理由(特長)でイチ押ししているのだろう。
 まるで星空撮影"専用レンズ"であるかのようだ(個人的な感想)。

 こんなふうに積極的に星空専用レンズを強調しているので、星空撮影以外の一般のスナップや風景写真、インテリア写真の撮影はおすすめじゃないのだろうか(そう考えてしまう人も多いのではないか)。




 いいや、そんなことは決してないです。
 被写体もシーンも選ばない。こういっちゃナンだが、星空だけを写すための専用レンズにするにはモッタイナイ(個人的な感想)。
超広角レンズ特有の描写の「クセ」も使いこなしの「難点」も、それを逆利用してみれば新しい表現につながるかもしれない ━━ 実際に使ってみれば、予想外に超広角レンズ特有の「クセ」が小さい、たぶんディストーション(歪曲収差)がほとんどないからだろう ━━ 。

 肉眼の視角を超えるという意味でも、使っててこんなに愉しいレンズはないです(個人的な感想)。

 ところで、つい先日、シグマがこの14mmレンズのための「リアフィルターホルダー換装サービス」を始めた。ユーザーからの強い要望があってそれに応えたという。

 14mmレンズは大きな前玉が飛び出していてレンズ全面にフィルターを取り付けることができない。そうしたレンズではマウント側のレンズ後端部に、薄いシートフィルターを差し込めるようなホルダーが設けられているものもある。
 フィルムカメラの時代では色変換や色補正のためにフィルターがどうしても必要な場合もあったのだけど、しかしデジタルカメラになって専用フィルターがなくても色変換も色補正もそこそこ自由にできるようになった。

 デジタルカメラの時代なのに、どんなシーンでフィルターを使用する必要があるのか、というと星空を撮影する人たちにとっては ━━ ぼくは星空撮影についてはまったく不如意なのだけど ━━ とくに超広角レンズではソフトフィルターが必須らしい。
 小さく弱く写ってしまいがちな星が、ソフトフィルターを使うことで光を滲ませ大きく写せるという。
 市販のシートフィルムをホルダーサイズにあわせてカットし、それをホルダーに差し込んで使う。

 星空撮影でのソフトフィルター使用以外にも、たとえばNDフィルターを使って超低速シャッタースピードで撮影するという要望にも応えることができる。

 フィルターホルダーの取付けは(基本的には)シグマが有料でおこなう。部品代を含め税込みで7560円。ただしキヤノンマウント用レンズのみで、ニコン用、シグマ用での対応は予定なし、とのこと(たぶんマウント部のスペースの関係で物理的にホルダーを付けることができないのだろう)。
 それにしても、ユーザーの要望に(それほど数が多いとは思えないけど)、きめ細かく対応していくシグマの姿勢にちょっと感心しました。