カメラ内蔵ストロボの話

オリンパス・OM-D E-M10 Mark III + M.ZUIKO DIGITAL ED 14~42mm F3.5~5.6 EZ

 オリンパスのOM-D/PENシリーズ(市場在庫機種を除く現行の5モデル)のなかでストロボを内蔵している唯一のカメラがこのE-M10 Mark IIIである。旧型E-M10 Mark IIも同じスタイルの中央ポップアップ式ストロボを内蔵している。
 ソコが大きな魅力。他の機種も、ぜひ内蔵式を、と願っている。

 オリンパスの他の現行機種は付属の小型ストロボまたは別売のストロボを使用する。
 どれだけ小さく軽くてもカメラとは別に外付けストロボを持ち歩くのは厄介だ。とくにOM-Dシリーズに付属のミニストロボは小さすぎるためなくしてしまいそうで逆にそれも気になる。

 すべてのレンズ交換式カメラにストロボを内蔵を、と無理難題を言ってるわけじゃない。防塵防滴とポップアップ内蔵ストロボを両立させるのが困難だろうし機構的にもコスト的にも負担がかかる。それは承知の上だが、でもカメラ本体の中に「小さな太陽」が隠されてる、いつでも利用できる、それだけでどれだけ便利か。

 高感度の画質が良くなり、明るいF値のレンズもあるから、ストロボの必要はない、とおっしゃるむきもあろうかとは思うが、いやいや、感度やF値にかかわらずストロボが必要なシーンはいっぱいあると思いますよ(調光補正や、絞り値とシャッタースピードの組み合わせなど細かな使いこなしや工夫は必要だけど)。




 というわけでオリンパスのカメラで撮影の場合、サブカメラを一台持っていく必要があるときには(今までは)まずE-M10 Mark IIを第一候補にしていた。
 ストロボを内蔵しているし、もうひとつ、OM-D/PENシリーズで"貴重"なチルト式液晶モニターのカメラでもあるからだ(他にはE-PL8しかない、あとはすべてバリアングル式)。

 オリンパスの、ぼくの常用カメラはE-M1 Mk IIである。
 ところが、そのM1 Mk IIとM10 Mark IIとの「相性」がいまいちよろしくなかった。操作上のことではなく画質だ。とくに高感度時の画質に少し差がありすぎた。
 ノイズレベルで比べれば確実に1EV~2EVほどE-M1 Mk IIのほうが良い。そのうえ、E-M10 Mark IIのほうはグリーンかぶりが強く出る傾向があって同じシーンを撮影しても色味が違ってくることもある。加えて、メニューのGUIがM1 Mk IIになって大幅変更されたため、古いメニューGUIのM10 IIとを同時に使うと戸惑うことも多い。

 ところが新しいE-M10 Mark IIIになって画像処理エンジンがパワーアップしたことで(E-M1 IIと同じTruePic8に)、高感度時の画質はだいぶ良くなった ━━ それでもやはりM1 IIのほうが良いけれど許容範囲。
 難点だったグリーンかぶりは大幅に少なくなったし、メニューGUIも基本的にはM1 IIと同じになった ━━ オリンパスの余計なおせっかいで撮影モードによっては「選べない」というものもあるけれど。

 そうそう話は変わるが、新型M10 IIIになって旧型M10 IIで使用できたカメラグリップが、新型M10 IIIに使えないだけでなく、新M10 III用のカメラグリップそのものがなくなった。初心者にはカメラボディを大型化してしまうグリップなどイラんだろうとオリンパスが考えたのか、それとも旧M10 II用のグリップの売れ行きがかんばしくなかったのか、そのへんは不明。