スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出し惜しみのない全力投球型カメラ

ニコン・D850 +AF-S NIKKOR105mmF1.4E ED

 D850の発売は昨年の9月のことだ。その発売前から大人気で、約5ヶ月にもなるのにその人気は衰えることなくいまだに「品不足」が続いているという。40万円近くもするカメラなのにこりゃあ凄いことだなあと感服している。
 昨年、一昨年とニコンにはあまり「イイことなし」で、やや暗くて重い雲が漂っていたのだがD850のたった1機種でいっきに空を覆っていた雲を蹴散らし快晴、皆さん、元気もりもりという感じになった。よかった、よかった。




 D850人気沸騰の昨年秋のことだったが、ニコンの、とある関係者に「D850、大人気でヨカッタですね・・・」と言ったところ、「あのねえ、打者がジャストミートして打った球が左中間深くてんてんと転がってるのに、かんじんのバッターが一塁ベース手前でばたっと転倒、てなことが往々にしてニコンにはあるんです、そうならなければいいんですけど、ね」と苦笑いしていた。

 その話を聞いてぼくは大笑いしたけど、ところが実際は、左中間のヒットどころか文句なしのホームランだった。
 こう言っちゃナンだけどニコンにとってはひさびさのホームラン。打った本人は、確実にヒットにはなるだろうけどまさかホームランになる、とは思ってなかったのではないか。発売後の長期間の品不足状態を見ていると、なんとなくソレがわかる。

 D850はスペック的にはコレといった特徴のある一眼レフカメラではない。しかし備わっている一つ一つの機能(や機構)が大変に優れている。こつこつとひたむきな態度で性能をアップさせている。
 優れた機能がバランス良く詰め込まれているのもD850の良いところ。その結果、高い総合力を発揮している。カメラ全体の完成度は、既存の一眼レフカメラに比べてアタマ1つ、いや2つほと飛び出ている印象も受けた。

 「わぁっ」と驚くような機能や機構が備わっているわけでもない。
 ニコンフェローの後藤哲朗さん言うところの「飛び道具」を持たない真っ向勝負のカメラである。なんとなく地味な感じがするカメラで、「冗談も言わず笑顔も見せずのマジメ秀才型一眼レフカメラ」というのがD850を使ってみてのぼくの感想。

 新しい機能を次の機種に置いておくといった「出し惜しみ」がない。全力投球で、それも好感が持てた。
 いま可能なことはどしどし搭載してしまえ、といった思い切りの良さがある反面、ちょっぴりもの足りない"未熟な"部分もなくもないが・・・。しかし(繰り返すが)総合的に見れば完成度はとても高い。ほんと、良いデキのカメラだと思う。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。