スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

1月30日(水)




オリンパス・E-M1 Mark2 + ケンコートキナー・Tokina Reflex 300mmF6.3 MF MACRO

 反射望遠レンズの話が出たついでに ━━ 前回をご参考に ━━ もう1つ、2つ反射望遠レンズを。

 ケンコートキナーから6~7年前に発売されましたが、いまひとつ話題にならず、しかし今も販売を続けているトキナーの300mm反射望遠レンズです。MF専用であることは理解できるとして、マイクロフォーサーズ対応レンズのみ、というのも思い切った企画でした。

 最大径は66mm、全長も66mm、重さは約300g。ポケットに入る300mmです。いや、フルサイズ判換算で言えば600mm相当になります。オリンパスのカメラにはよく効く手ぶれ補正が内蔵されてますから、600mm相当でも(シャッタースピードにもよるけど)結構ぶらさずに撮れます。

 最短距離は、なんと80cmです。なのでレンズ名にMACRO。その最短だと、CFカード(4.0×3.5cm)がほぼ画面いっぱいに写せます。




 この反射300mmはケンコートキナーの希望価格は4万円でしたが、いま、量販店での実販価格は3万円前後でした。

 フレアなどに注意して撮ればそこそこ良く写るレンズです。少し大きめのレンズフードが付属していますから、撮影のときはめんどでもフードは使ったほうがいいでしょう。

 そしてもう1つ、こちらは同じケンコートキナーで売っている反射望遠ですがケンコーブランドです。
 「ケンコー・ミラーレンズ 400mm F8 N II」がそれで、MF専用で、フルサイズ判カメラ対応です。おもしろいのはマウント交換式で、昔のタムロンアダプトールマウントのように自分でカンタンに交換可能だそうです ━━ 使ったことないので詳細は不明ですが。

 対応マウントは、なんと現行の一眼レフカメラやミラーレスカメラのほとんどの機種(9機種)のマウントが用意されています(さすがにニコンZマウント、キヤノンRFマウントはありませんけど、Nikon1のマウントまである)。




 写真の左が一眼レフカメラ用、右がミレーレスカメラ用です。
 もともとはケンコーの天体望遠鏡にも使用できるように作られたレンズのようです(だからレンズ本体のマウントはピッチ0.75mmのスクリューTマウント)。

 実販価格はネットショップで調べてみたら2万円以下で売ってました。機会があればケンコートキナーの田原さんに頼んで、一度使わせてもらってその報告などをしますね。




スポンサーサイト

2019.01.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | -

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
〓 -->
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。