2月18日(月)




ニコン・D850 + タムロン・17~35mmF2.8~4 Di OSD

 昨年の秋に、"ひっそり"と発売された ━━ そう感じた ━━ 広角ズームレンズです。「Di」ですからフルサイズ判一眼レフ対応のレンズ。ひっそりと発売、というのはぼくの勝手な個人的感想ですので気にしないでください。対応マウントはニコンF、キヤノンEFの2種類だけ。

 気になっていたので、借りて使ってみました。
 感想は、はっきり言って、いまいち"パンチ"にかけるレンズでした。ジミなレンズ。手ぶれ補正も備わっていない小型軽量と低価格がメインテーマのズームレンズだから(量販店で約7万5千円)贅沢を言っちゃいけないのでしょうけど。

 2003年発売の「SP AF17-35mmF/2.8-4 Di LD ASPERICAL [IF] 」のモデルチェンジ版だと思われます。
 タムロン独特の表記だと「G2」となるはずなのにそうではない。むろんレンズ構成は新規ですが、大きさも重さもフィルター径も最短距離も似たところがいっぱい。なのに「SP」レンズではないです。

 新しいところとしては、AF駆動用アクチュエータにDCモーターベースの「OSD(Optimized Silent Drive)」を使っていることでしょうか。でも、もう少し時代に即した「なにか新しさ」が欲しかったなあ。




 ところで、このズームを使ってみて、えっ!、と驚いたことがありました。
 もともとDCモーターですからしょうがないのでしょうけど、AF作動するとピントリングがぐりぐりと回転する。じーっじーっと音もする(音は小さいですが)。

 さあ撮影しようと、カメラとレンズをホールディング、左手の指先でピントリングを支えていたら、とつぜんピントリングが、ぐるっ、と回転して、そりゃあ驚きましたよ。最近の使うレンズで、AFでピントリングが回転するなんて、あまり経験がなかったもんですから。

 描写についての感想はのちほどとして、"厳選品"で借りたレンズが片ぼけしてて印象はちょっと悪かったです。


2019.02.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | -

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -