2月20日(水)




ニコン・D850 + タムロン・17~35mmF2.8~4 Di OSD

 かなり強い片ぼけのあるレンズだったので ━━ 17mm側ではそれほどでもないが35mm側では無残なほどの片ぼけ ━━ "正しい"評価はできないが、ピントが合ったところはそれなりにシャープでした。

 このレンズのセールスポイントは、"軽い、小さい、安い、そこそこ写る"、じゃないでしょうか。操作性の良さとか優れた描写性能については贅沢は言わない。

 タムロンはある時期から手ぶれ補正内蔵レンズにこだわり始めて、そんなに無理をして手ぶれ補正を搭載しなくてもいいのに、と思われるようなレンズもありました。でも、そこがタムロンの良さ、タムロンのがんばり、でした。
 ところがどうしたことか、最近になってその「良さ」と「がんばり」がなくなりつつあるようで、そこが残念に感じるところです。

 この17~35mmF2.8~4のズームだって、とうぜん手ぶれ補正を内蔵してしかるべきレンズなのに、コストダウンとレンズ設計のラクチンさを優先させて ━━ 手ぶれ補正の機構をレンズ内に入れなくてもいいとなると、光学設計はとたんに楽になる ━━ やや魅力のないズームレンズに仕上げてしまいました。

 また前回のことを繰り返しますが、AF作動させて(いまどき)ピントリングがぐるぐる回ってしまうなんて機構のレンズなんて、そりゃあないですよ。

 ニコンのカメラではボディ側にAF/MFの切り替えスイッチがあります。ぼくはいつものことだけどボディ側のスイッチでAF/MFを切り替えます。ところが17~35mmはその方法ではMFでピント合わせできません。アクチュエータと直結したままなのでピントリングを強引に回転するとゴリゴリと音がして重い。

 タムロンに問い合わせると「それはやめてくれ」と。
 MFでピント合わせするときは「必ず」レンズ側のAF/MFスイッチで切り替えてくれ、と強く注意されてしまいました。もちろん、AF合焦したあとにMFでピント補正なんてことはできません。

 ところで、今日、2月20日にタムロンから、3本のレンズを"開発発表"した、との案内が来ました。




フルサイズ判一眼レフ用が2本。
 (ニコン、キヤノンに対応)
・35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)
・SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)
フルサイズ判ミラーレス用が1本。
 (ソニー以外に、EOS RやZ6/Z7、LUMIXに対応するかどうか不明)
・17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

 発売日は、2019年度中頃(の予定)と。

 35~150mmズームのAF駆動用アクチュエータは、くだんの17~35mmズームに使用している「OSD」です。35~150mmズームもまたピントリングがぐるぐる回転するだろうか、気になるなあ。

 SP 35mmF1.4 のレンズも奇妙です。現在、タムロンには手ぶれ補正を内蔵したSP 35mm F1.8 があります。なのに、唐突に同じ焦点距離の単焦点レンズです。それも、人気にやや陰りに出てきている一眼レフカメラ用の交換レンズです。

 タムロンは、今後、ラインナップをどのように揃えていこうとしているのか。そこも気になるなあ。

2019.02.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | -

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -