11月2日


多重露出的都市風景写真




 霞ヶ関、大手町のビル街は東京の景色のなかでぼくの好きな場所のひとつです。

 ビル外の歩道では人影をほとんど見かけずシーンと静かなのに、ビルの中を少し覗き込むとたくさんの人たちがあちこちに向かってせわしなく歩いている景色に出会うことが多い。


リコー・PENTAX KP + HD PENTAXーDA★11~18mmF2.8 ED DC AW

 DA★11~18mmは防塵、防滴、耐低温の仕様を備えるほかに、夜間や早朝の野外撮影で起こりやすいレンズ前面の結露を防止の仕組みがあったり、ピントを合わせた後に不用意にピント位置がずれないようにするフォーカスクランプ機構なども備わっています。

 別売のレンズヒーター(ワイヤ式保温アダプター)をレンズ前部にある専用の溝に巻き付けておけばレンズが結露するのを防いでくれる。フォーカスクランプ機構は長時間撮影の時など、不用意にピントリングに触れてもピントずれしないという機構です。

 こうした"特別な機構"は、おもに星景写真を中心に風景写真を撮影するユーザーに役立つものです。そうじゃないユーザーには、せっかくのアイディア機構なのに「宝の持ち腐れ」になってしまいかねない。

 量販店での実販価格が約18万円。
 描写性能も操作感も素晴らしい超広角ズームレンズなのですが、この(やや高めの)価格がネックになっているのかイマイチ注目度が薄いようです。

 PENTAXの親切がアダになっているような、ちょっとかわいそうなレンズです。



2019.11.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | -

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30