11月29日


南西の空に飛び上がる秋






リコー・PENTAX KP + HD PENTAX-DA 21mmF3.2 AL Limited

 この21mm Limitedレンズについて話をするのは、うーむ、困ったなあ…。

 というのも、DA Limitedの中では20~40mmズームについで、ぼくには"出番"の少ないレンズです。思い入れも、こだわりもあまりない。
 正直に言うと、ぼく自身がうまく使いこなせない、このレンズを。32mm相当というヘンな画角がわざわいしてるのかなあ、よくわからん。FA Limitedの31mmについても似た印象。

 しかし、レンズの外観デザインや機能などは、DA Limitedシリーズの中ではダントツにイイです。カメラにセットして、首からぶら下げて、そう、ライカユーザーがいつもやっているように見せびらかしながら歩くにはぴったりのレンズ。

 ハイブリッド型非球面レンズを使い、フローティング機構も採用した"Limitedらしからぬ"レンズです。開放絞りでは画面周辺部ではちょっと甘い描写だけど、F5.6ぐらいまで絞り込むとかなり良好な描写になります。画面中央部の描写性能(解像力)は15mmのほうがいいかなあ。




 レンズフードは変形フジツボ型で中央部が少し凹んだデザイン。レンズキャップはフードの上からかぶせ式。すべてアルミ金属製です。
 レンズのフィルター径は49mmφですが、このレンズフードの内側に43mmφのフィルターネジが切ってあるので、そこにフィルターをレンズフード裏側に逆向きに取り付けることもできます。


 HD20~40mmF2.8~4.0 Limited も、FA Limited 3本についても、つづけて話をしようと考えてましたが、皆さん、あまり興味ないようなので DA/FA Limited レンズについては途中だけど中断、またいずれ、ということで。




2019.11.29 | | Comments(5) | Trackback(0) | -

«  | HOME |  »

プロフィール

田中希美男 thisistanaka

田中希美男 thisistanaka

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30