インターフェースさえ良ければ魅力いっぱいのカメラなんだけど

カシオ・EX-FR100

 こちら、下の画像は昨年の11月のこと、あるクラシックカーのイベントで撮影したもの。その時には、あれやこれやカメラを3~4台持って行っていたのだが、FR100は小さくて軽くて薄いのでジーンズの後ろポケットに突っ込んで撮影をしていた。「おお、そうだそうだFR100もあった」と思い出して、さっそくインターバル撮影モードにセット。FR100のカメラ部だけを取り外して、それを片手で持って並ぶクルマの中を数分、ただ歩き回って自動撮影。その後FR100で自動編集して仕上げた動画だ。

 その撮影で選んだインターバル撮影の機能はFR100のウリのひとつ。
 インターバルモードを選ぶだけで(種類が多くて中身が不明なのが気になるが)、あとはカメラが勝手に数秒ごと静止画やら動画やらを撮ってくれる。FR100を構えている本人には「いつ」シャッターが切れたのかもわからない。カメラまかせのシャッターチャンス。
 そのようにインターバルで写した静止画と動画をひとまとめにしてFR100で自動編集すると、1本の音楽付きハイライトムービー動画に仕上げてくれる。
 その動画。YouTubeにリンクしている。





 前モデルのEX-FR10と比べると(と言っても現行品で併売)、新FR100のほうはインターバル撮影の機能が多彩になったし、画角が16mm相当とぐんっと広くなって写る画像そのものがオモシロくなったし ━━ そういえば、以前ここで紹介したケンコーの14mm相当レンズを内蔵させたコンパクトカメラ「880DW」に似たオモシロさもある ━━ 、さらに本体コントローラー部の液晶モニターが3.0型になって(FR10は2.0型)視認性も大幅に向上した。
 2機種を同時に見比べると前モデルのFR10のモニターを見たとたん、すぐに「こりゃあ、あかん…」と感じてしまうほど。もう二度とFR10には戻れない(戻りたくない)。

 文句なしにFR100のほうがイイのだが、ただし、だ。
 FR10のスタイルをFR100はほぼ受け継いでいるから、FR10のさまざまな「欠点」もまたそっくり受け継いでいる。FR10から多少の改善、改良はされているけれど、カシオのガンコさや独善的なところはそのまま色濃く残っているのは少し残念。
 たとえば、カメラ部とコントローラー部のメインスイッチを2つONにしなければならないとか、その上、メチャ押しづらいのも相変わらず。アウトドア派をメインユーザーにしているのに、手袋などしてれば金輪際メインスイッチをON/OFFすることなどできない。全般的な操作性もおせじにも向上したとは言いがたい。

 撮影モードの設定も、タッチパネル式で画面上のアイコンをタップするのはいいのだけど、撮影機能のアイコンやその名称もカシオ流の独特なもの。その「カシオ言語」に慣れないとナニがナンだか、にわかには理解しがたいものもある。それが敷居を高くしている。
 つまり、ですね、FR100はカメラ操作そのものも含めて、撮影機能を選んだり設定したりするインターフェースをもう少し工夫してほしいわけです。ドメスティックすぎる。インターナショナルになって欲しいぞカシオ。

 カメラをウマく使いこなせれば(かなりの「努力」が必要だが)、既存のありきたりなデジタルカメラにはない魅力をいっぱい持っていて、とても愉しい写真や動画を生み出すことができるはずなのに、なんだか、そのへんが惜しいなあ…のカメラのような気もしますねえ。