一周年記念モデル

リコー・GR DIGITAL
 なんだか多忙が続いています。今月中にまだいくつも仕事を終えてしまわないといけない。でも、忙中閑、少しあり。

 というわけでGR DIGITALの一周年記念モデルで遊んでいます。イラストレータとして著名な寺田克也氏 ―― と、言ってもぼくは不勉強でありまして知らなかった、でも、ウチの娘は「うん、知ってるよ」 ―― がデザインしたという“ぎょっ”とするようなGR DIGITALであります。写真で見るよりも実物はずっといい感じです。実際に手にして眺めてみると(だんだん慣れてきたのだけれど)、なかなか質感もあって、うーんこれもアリじゃないかなあと思える。このカメラをはじめて見る人の驚いたような反応を観察しているとそれもまた楽しい。
 だいぶムカシのことだけど、あるカメラメーカーと漆塗りのカメラを作るプロジェクトに加わっていまして、あれこれ試作してもらったんだけど、その漆塗りのカメラに似た質感と雰囲気があります。そうそう、想い出しましたけど、漆塗り試作モデルの中に「金漆」で仕上げたものがあった。これが良かったですねえ。「金」と聞くと、うへっ成金趣味、と思うだろうけど、いえいえ、これが艶なしのしっとりと落ち着いた金色で仕上がっていて、ああ、もらっておけばよかったなあ…。


 このGR DIGITAL一周年記念モデルで、ひとつ残念だったのはカメラストラップでして、せっかくココまでやったんならストラップもブルーにして欲しかったよなあ(ブラックのストラップにブルーで「GR DIGITAL」と刺繍がしてあるんだけどイマイチ)。で、ぼくはそのストラップじゃなくて、なにかイイものがないだろうかと探していたときに偶然、見つけたのがこのストラップ( ← クリック)であります。
 オリンパス製です。オリンパスの、例の団塊世代向けというふれこみで発売されたμ730が両吊りができるカメラで、その標準ストラップ(同梱)なんです。色がよろしい。渋い利休鼠色です。ブルーの一周年記念モデルにもぴったりですし、もちろんブラックのオリジナルGR DIGITALにもとても似合っていました。さっそくオリンパスに注文して手に入れました。たしか1260円でした。でありますので、GR DIGITALユーザーの方々でもし両吊りストラップをお探しであれば、このμ730用のストラップはおすすめでありますぞ。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL