最短撮影距離1.4メートル

オリンパス・OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 300mmF4 IS PRO

 一般的にだがレンズ設計をするときは無限遠での描写性能を優先する。だから近距離での描写は遠距離よりもどうしても劣ってしまう(正確に言えばソレだけではないのだが)。それを防ぐために考え出されたのが近距離補正のためのフローティングシステム。

 ピント合わせを1枚または1群だけを前後させておこなうのではなく、2枚以上または2群以上のレンズ群を撮影距離に応じて、間隔を変化させながら近距離時に目立ってくる収差を補正する、と、まあ、そんな方式。フローティング方式を取り入れることで近距離時の描写性能を低下させない。
 最近のオリンパスのレンズでいえば、最短70センチのM.ZUIKO DIGITAL ED 40~150mmF2.8 PROがフローシングシステムを採用している。




 ところが300mmF4 ISレンズはそうしたフローティング方式を採用していないのに近距離撮影時の描写性能がめちゃくちゃ良い。

 なぜ600mm相当もの超望遠レンズで最短が1.4メートルなんて超至近でも描写が悪くならないのか、とそのへんのことを設計者に聞いてみたのだけど、うんちゃらかんちゃら説明してもらったのだがぼくにはよく理解できない。
 それはともかく、実際に撮影してみればわかるが至近に近い距離で撮影しても画質がすこぶるいい。600mm相当で1.4メートルだから ━━ 300mmF4 ISはインナーフォーカスなので実質的には焦点距離は約230mm=460mm相当ぐらいになる ━━ マクロレンズなみのクローズアップ撮影が一定距離間隔を保ちながらできる。

 そのような至近距離で手持ち撮影をしようとすると、手ぶれについては優秀だから心配はないがピント合わせが、これが非常に難しい。フレーミングはシャッターボタン半押しをしていれば手ぶれ補正システムが駆動しているから安定しているが、ピントを合わせた後にごくわずか(本人がまったく気づかないほどでも)前後しただけで大きくピンぼけになってしまう。
 このへんがちょっと悩みどころだが、苦労して撮影し、バシーッとピント合った写真をモノにしたときは、ちょっと嬉しくなる。

 ところでピントの話のついでに思い出したことだが、オリンパスのカメラには「持病」があるんだ、とぼくは以前から言っていた。2つあって、1つはシャッター機構によるショックが手ぶれ補正に悪影響を及ぼして"微ぶれ"してしまうこと。これについては、シャッター機構をあれこれ改善することで今ではほぼ"完治"した。
 もう1つの持病はAFだ。通常一般の撮影ではほとんど気にはならないレベルなのだが、特定の撮影シーンや、ちょっとタイトな条件になると、とたんにイクジがなくなる。治療はしているようだが、いまだ治らず。他社の同等のカメラに比べて周回遅れという感じがしないでもない。

 レンズはどしどし素晴らしいものを生み出しているし、魅力的な性能やスタイルのカメラを作り出しているのに、AFに持病を抱えたままってのは残念ですね。近い将来、大幅改善されて懸案の持病は完治するだろうと思うが、いっときも早く元気な姿を見たいです。

 というわけで300mmF4 ISの話の続きは26日、27日、28日のCP+オリンパスのブースで。
 そこでは、オリンパスからレンズ設計担当の加藤さん、手ぶれ補正担当の竹内さんにおいでいただきあれこれお話しを聞いてみる予定です。あ、AFの話はしません……。