感度自動制御モード

ニコン・D40 + AF-S DX 18?55mmF3.5?5.6G II
 標準ズームの18?55mmの外観デザインだけを変えて「II」になってますけど(光学系などはそのまま、とニコンは言っているけど…)、いやあ、ブかっこうになりましたね。見るたびに、ぶさいくぅ、と思ってしまう。見た目で少しでも“ちっちゃく”見せようとしてズームリング部を細くしたのだろうけどこりゃあ、あんまり良くないよなあ。前モデルの「I」のほうがずっと良かったですよ。…ツマらんことですけどね、まったく。
 でも、カメラはいいなあ。小さくて軽くて、しかしホールド感がとってもよい。写りはややハデでシャープネスも強め、ハイコントラストだけど(ディフォルトがD50と同じく「モード3a」になってるんだよね)、このカメラのユーザーターゲットを考えるとそれは正しいでしょう。しかしぼくとしては「モード1a」を選んで、それを基準にしてこのD40を使いたいのだけど、そうしようとるすと仕上がり設定モードの中のカスタム設定でパラメータを変更しなければならないし、それを選んでしまうと他の仕上がり設定モードが自由に選択できなくなる。ま、ソンな使い方をするようなカメラじゃないのだろうけど、このちっちゃさと軽さは大きな魅力でありまして、小さな単焦点レンズと組み合わせて使ってみたいのです。


 ニコンのデジタル一眼には「感度自動制御」というISO感度を露出コントロールに利用するモードがあります。でも、活用している人がどうも少ない。D2Xでは、AEモードで適正露出が得られない状況になったときに、ただ単純にISO感度をアップさせるだけだったけれど(だからあんまり使いもんにはならなかった)、D200からその設定内容が変更されてぐんっと良くなりました。つまり、自動的に変化するISO感度の「上限」と、変化させるときのシャッタースピードの「下限」をあらかじめ自分で設定できるようになった。だから、たとえばシャッタースピードは1/60秒以下になるようなときにはISO800を上限にして感度を自動的に変えて1/60秒以下の低速シャッタースピードにならないようにする、てなことができるわけです。D80にもD40にもこの機能が備わっています。
 ISOオートモードの“理想的”なスタイルだとぼくは考えております。ところが、せっかくの良くできた便利な「ISOオート」のモードなのに、ニコンのカメラの場合、この設定をやろうとするとメニュー画面の奥底までたどっていかなくちゃならない。とってもわかりにくい場所に置いてあるんですよ。ISO感度の設定メニューに入れておくなり、もっとカンタンに設定できるようにしておけばいいものを、そうじゃあないのがD200もD80もD40も不満の一つ。このへんも、ニコンのアタマの固さ、融通のなさなんだろうかなあ。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL