スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内蔵ファインダーは、ぜひ、ほしかったなあ

富士フイルム・FUJIFILM X70

 いま、このブログを書こうとして富士フイルムのカタログをぼんやりと見ていたら、X70の正式名称は「FUJIFILM X70」だったということを、いま知った。
 カタログの最終ページ、仕様表のトップには「型番」として「FUJIFILM X70」と記載されている ━━ これは富士フイルム独自の表記スタイルかもしれない、というのも他社の仕様表は「型式」として「レンズ交換式デジタルカメラ」とかの表記で、それがなくいきなり機種名を仕様表のトップに記載しているのは珍しい。

 それはともかく、X-T1もX-Pro2もX-T100Tも富士フイルム・Xシリーズのカメラには必ず「FUJIFILM」のシリーズ名称が付く。へーっ、そうだったのか…という感じ。FUJIFILMは、EOSとかPENTAX、PEN、OM-Dなどと同じなのか。
 ところで、言うまでもないが「富士フイルム」は社名。富士フイルムの「イ」は公式には大文字表記になり、キヤノンの「ヤ」と同じだ。ちなみに、富士フイルムの「フィルム」、というときはフィルムの「ィ」は小文字で書く。




 X70のイメージセンサーは1620万画素のAPS-CサイズX-Trans CMOS IIで、レンズは固定式で28mm画角相当の18.5mmF2.8(5群7枚)である。重さは約370グラム。
 むろん、ライバルというかターゲットにしたのはRICOH GR/GR IIだろう。GRは1620万画素CMOSセンサーで、レンズも同じ28mm相当の18.3mmF2.8(5群7枚)。重さは約251グラム。X70のほうがだいぶ重いことと、ボディの厚みも相当あることを除けば、とってもよく似たスタイルのカメラだ。価格もほぼ同じ8万円ちょっと。高級コンパクトカメラである。

 X70とGR IIとの大きな相違点はといえば、X70はチルト式液晶モニター(GR IIは固定式)を採用していること。もうひとつは、Xシリーズの"共通点"であるシャッタースピードダイヤル、露出補正ダイヤル、そして絞りリングを備えていること(GR IIはモードダイヤルだけ)。
 チルト式モニターはいい。そのぶん、ボディがぶ厚くなったり重くなったりはしているが、X70を使っていても頻繁に利用する。やはり便利だ。ダイヤル類のアナログ操作については、Xシリーズのカメラをさんざん使ってきたので、ぼくはそれほど感動はしないが、しかしX70の大きな大きな特長だし、魅力のひとつだと思う。

 Xシリーズの"こだわりの1つ"であった「内蔵ファインダー」が、このX70にないことがぼくとしては大変に残念。FUJIFILM Xシリーズの高級コンパクトカメラなんだから、これだけは、なんとしても搭載してほしかった。
 別売の外付けファインダー(VF-X21)が用意されているが、なんですか、あのブサイクで安っぽいファインダーは(リコーのGV-1と同じ)。せっかくのキュートなスタイルのX70を台無しにしてしまう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。