X70とGR II、似たもの同士

富士フイルム・FUJIFILM X70

 X70のライバルはGR/GR IIだ、と前回のブログで"断定"してしまったが、それはぼくの勝手な思い込みだ。
 X70の企画はもっと別なところ(マーケット、ユーザーターゲット)を狙っていたのかもしれない。その可能性はじゅうぶんありそう。両機種とも、価格、スペックがとても似かよってはいるが ━━ 単焦点28mm相当のレンズ内蔵、というのが他社の高級コンパクトにはない強い共通点なのだが ━━ それは"たまたま"だったのかもしれぬ。そのへんがよくわからない(こんど企画担当のOさんに会ったら聞いてみよう)。

 というのも、GR/GR IIのユーザーやそれに魅力を感じている人は、たぶん、このX70には興味を示さないに違いないと思われるからだ。ユーザーターゲットがだいぶ違うような感じがする。




 カメラそのものの性能としては、スペックを比較しただけで「優劣」がわかるが、実際に撮り比べてみてもX70のほうが優れた点がいくつかあった。にもかかわらずGR/GR IIのユーザーはきっとX70には振り向かないだろう…というのが使ってみてのぼくの印象。
 GR/GR IIは強烈な個性、クセや臭いがあるのに対してX70はニュートラルでおだやか、自己主張も感じにくい(もう少し個性的であったほうが良かったかも)。このへんがもっとも似て非なるところだ。

 X70とGR IIを実際に撮り比べてみると、レンズ描写性能にかんしてはGR IIのほうが優れていた。解像力描写はGR IIのほうが良かった。
 GR IIのレンズは沈胴式なので電源ONから撮影スタンバイまで少し時間がかかる。X70は沈胴せず薄型のまま即撮影。GR IIレンズにはレンズバリアが内蔵されていて便利だがX70は被せ式のレンズキャップの脱着がややめんどう。

 しかし、その他の性能や機能についてはX70のほうが優れた点が多かった。
 高ISO感度の画質については、ことノイズという点だけについて比べるとX70のほうが優れていた。X70はややノイズをツブしすぎて解像感が犠牲になっているという気もするが、でも低ノイズである。X70の超高感度域(ISO12800~51200)ではRAWで撮影できないなど変則的なところもあるがGR IIは最高ISO感度ISO25600までRAW記録は可能。

 AFの測距スピードは文句なしにX70が良かった。対してGR IIはAFに少しもたつき感があるしウォブリングも目立つ。GR IIは近接撮影をしようとするとマクロモードに切り替えなければならないというのも欠点だ。X70はGR IIと同じ最短なのだが切り替え操作をしなくてもいい。
 連写スピードはX70が8コマ秒、GR IIは4コマ秒、こりゃだいぶ違う。動画はどちらもフルHD可能だがX70は60p、GR IIは30p。液晶モニターはX70がチルト式でタッチパネル機能あり、GR IIは固定式でタッチ操作不可…と、まあ、こんなところかな。

 で、X70かGR IIか、さあどっちを選ぶか、と言われれば、偏屈なぼくとしてはGR IIのほうを選んでしまう。