CIPA準拠の手ぶれ補正について荒っぽく解説

タムロン・SP 90mmF2.8 Di MACRO 1:1 VC USD+ニコン・D750

 このSP90mmマクロはレンズ内に手ぶれ補正の機構を内蔵し、角度ぶれ補正とシフト(平行、並進)ぶれ補正に対応している。CIPA規格に準拠した測定方法で「3.5段」の補正効果がある。ただし、その補正段数は角度ぶれについてだけの効果で、シフトぶれの補正段数についてはタムロンはいっさい公表していない。……と、いうことは先日ここで述べた。

 CIPA準拠によるぶれ補正効果とは、CIPA(写真機工業会)が定めた測定方法と判定方法に基づいて算出した値を基準にしている。CIPAに参加しているカメラメーカーやレンズメーカーは、この測定方法にのっとって補正段数を公表している。補正段数はの1段ふんはシャッタースピード1段ぶんに相当する。

 補正段数の公表は強制ではない。測定結果が思わしくなければ公表しなくてもよい。しかし、もしCIPA準拠として公表するときには、定められた測定と判定をおこなったうえで、測定条件(測定に使用したカメラ、ズームの場合は測定した焦点距離)もあわせて公表することになっている。




 測定方法は ━━ 内容は大変に複雑で専門的 ━━ CIPAが決めた加振台(一定のパターンで上下左右に自動的にぶれる装置、数社の製品がある)にカメラとレンズをセットして、定められた被写体(平面のチャート図など)を撮影する。ぶれ補正をON/OFFにしたり、シャッタースピードを変えて撮影する。
 ぶれ補正ON/OFFで撮影した画像のぶれ量(ボケ量)をチェックして、ぶれ補正OFFのときとONのときの「差」を判定し補正段数を算出する。
 人間が実際にテスト撮影をすると、個人差などによりいつも安定した結果が得られにくい。「機械」が同じパターンで測定をおこなったほうが、なにかと都合が良いというわけだ。


 補正段数は「0.5段」刻みで切り捨て方式。つまり実際に撮影して測定した結果、たとえば補正効果が「3.9段」だったとしても「3.6段」だったとしても、「3.5段」として公表することになっている。また"約"3.5段などと曖昧な表記はしてはいけないことになっている。
 このCIPA準拠の補正段数は、角度ぶれ補正だけについての補正効果である。かりにシフトぶれ補正や回転ぶれ補正の機能を備えていたとしても、CIPA準拠としての補正効果は角度ぶれ補正だけに限定されている(電子式手ぶれ補正も補正段数は測定しないし公表もしない)。

 なぜ、シフトぶれ補正や回転ぶれ補正も、同じようにCIPA準拠として測定して補正効果を公表しないのか。これについては、ほら、いろいろと「大人の事情」があるわけですよ。どことは言わないが、影響力のある大きなメーカーが採用しているレンズ内手ぶれ補正では、回転ぶれ補正は逆立ちしてもできない。
 せいぜい、できるのはシフトぶれ補正だが、それもまだ採用していない(できない)メーカーもある。そんなメーカーを置いてきぼりにするわけにもいかないし…。皆んなで仲良くやっていくというのがCIPAの望むところなので、不要な波風は立てないほうがいいというわけだ。

 ところで ━━ 話を戻す ━━ 公表しているその補正段数だが、ぼくがいままでたくさんの手ぶれ補正機能を(レンズもボディも)試してみた結果、ほとんどのレンズやカメラで、公表している数値よりも補正効果は良かった。たとえば、ぼくの場合だけど「CIPA準拠で3.5段」と公表している製品では、「4段」またはそれ以上の補正効果があることがほとんどだった。
 タムロンのSP90mmについても、ぼくがテストしてみたところ確実に4段ぶんの補正効果があった(約3600万画素のカメラを使って撮影した画像をピクセル等倍で目視チェック)。
 もし、公表しているCIPA準拠数値よりも低い補正段数しかない、といった場合には、カメラの構え方やシャッターを押すときのタイミングなどを、いま一度、確かめるなり反省してみるべきですね。