オリンパスの新アクションカメラ

オリンパス・STYLUS TG-Tracker

 TG-Trackerは、いわゆるアウトドア派に向けたアクションカメラである。小型軽量で防水、耐衝撃の性能を備えたカメラで、動画も静止画も撮影ができる(おもに動画撮影に重点を置いたカメラで、静止画撮影はオマケ的……このへんの詳しい話はのちほど)。

 アクションカメラはスポーツカメラともよばれ、走ったり、跳んだり、潜ったりする様子を"自分のからだ"に取り付けたりして撮影するのが、おもな目的のカメラだ。
 似たようなカメラとしてはGoProが有名だが ━━ 他にもソニーやパナソニックなどからも発売されている。これらは「カメラ」ではなく、「カムコーダ」にカテゴライズされているので「アクションカム」と言うことが多い。




 数ヶ月前に発売されたリコーのWG-M2も、TG-Trackerと同じアクションカメラで、こちらは内蔵レンズやイメージセンサー、撮影機能もほぼソックリ。この2機種の成り立ちや比較については、いろいろとオモシロイ話がいっぱいある。ちなみに、大型量販店での実販価格はTG-Trackerが約4万3千円、WG-M2が約3万2千円。ほぼ1万円の差。

 それはともかくとして、この2機種は最大画角が204度という超々広角レンズを内蔵していることだ。180度より広い画角を写すことができる。それも、ちっちゃくてカルくて、片手の手のひらに隠せるほど。超々ワイドな画角の写真も動画も気軽に撮影ができるのは「新しい眼」を持ったような気もする。野山を駆け巡ったり水中に潜ったりといったハードなシーン以外でも、日常的に使ってもじつに愉しい、そんなカメラでもある。

 オリンパスとしては防水防塵耐ショックのタフ仕様のカメラ作りは手慣れてはいるが、アクションカメラはこれが初めての製品となる。初めてのカメラにしては大変に良くできている。小さな「不満点」はあるものの、撮影機能、性能は充実している。使ってみて感心することしきりだった。

 アクションカメラ(アクションカム)はGoProが先鞭を付けて大きなブームになったが、世界的な傾向として、最近、需要がやや下降気味。理由はいまいちよくわからないのだが ━━ ぐるり360度が写せる全天球型カメラと、それを利用したVRゴーグルに興味が移りつつあるからだろうか ━━ そんな、冷えつつあるアクションカメラ市場にリコーとオリンパスが参入してきたというのもちょっと興味がある。