トコトンおもちゃのデジタルカメラ

ケンコー・トキナー・DSC Pieni

 トイカメラである。冗談カメラ。
 たぶん数あるトイカメラの中でもトップクラスの写りの悪さだろう。描写性能、なんてコトバでうんぬんするような写りではないが、でも色つき写真が「撮れる」ことは確かだ。

 その「写り具合」はさておき、価格は約3千円。発売元はケンコー・トキナー。
 とうぜんながらケンコー・トキナーが作っているわけではなく、おそらく台湾製だろう。ODM製品である。しかしケンコー・トキナーが立派なのは(こうしたODM製品を多く扱っているのだが)、自社で検査をして、詳しい使用説明書を作って、アフターサービスも責任をもってやっていることだ。




 上の写真を見ればわかるだろうが、カメラサイズは約5cm×3.5cm、厚みは2cm以下。18グラム。メモリーカードはMicro SDを使用して、静止画(JPEG)、動画(AVI)、録音(MP3)が記録できる。Micro SDはボディ横から差し込む。イメージセンサーは1/10型のCMOS。バッテリーは内蔵でUSBケーブルで充電する。磁石内蔵なので冷蔵庫などにくっつけておける。
 有効画素数などは不明だが、静止画のピクセルサイズを見ると約130万画素(1280×1024pixel)。動画は720×380pixelで30fps。ごらんのようにアスペクト比は、かなりヘン。
 内蔵レンズは焦点距離3.2mmでF2.8。画角は、35mm判換算でほぼ50mmレンズ相当。むろんピントは固定式。ファインダーは(いちおう)あるが、どんなに工夫しても「見えない」。だからフレーミングは当てずっぽう。




 こちらの写真を見ればわかるだろうが、写り具合は ━━ 画質をうんぬんするのはヤボなことだけど ━━ 静止画よりも動画のほうが、まだ少しマシ。だけど、期待しちゃあいけない。こちら動画(aviをmp4に変換)

 静止画は横位置撮影したとき左右方向が(なぜか)圧縮されたようにディフォルメする。だから人物を写せば「細面で細身」に写る(利点)。ただし縦位置撮影をすると「ぷっくりと太った顔と体型」に写る(欠点)。くどいようだけどピントとか解像とかを言ってはいけない。そこそこの色つきの画像が写っている程度だ。
 冗談カメラと思えば愉しい、かな(自信はない)。

 じゃあ子どものおもちゃならイイだろう、と思うだろうが、いやいや、使い方は思うほどカンタンではない。子どもじゃあとても無理。電源ONするにしても静止画と動画を切り替えるにしても、撮れたかどうか確認するにしても、相当の熟練とカンが必要。
 でも、酒でも飲みながらこのカメラを話題にすれば盛り上がるだろう。そんなふうに10回ほど盛り上がって愉しめば、1回ぶんが300円だから、ま、安いかな。

 さぁて、また、ぼちぼちブログを再開するか…。中断している間に、たくさんのカメラやレンズを使いましたよ。