使いこなしの難しいレンズだぞ、覚悟せよ

SIGMA・50~100mmF1.8 DC HSM:Art+キヤノン・EOS 80D

 80~160mm相当画角(EOSシリーズでの場合でニコンでは75~150mm相当に)の望遠レンズ。開放F値がズーム全域F1.8という大口径である。F1.8開放からF2ぐらいの絞り値で撮影するときには、生半可な気持ちで使っていると痛いめに合う。
 近い距離のものに正確にピントを合わせて撮ろうとする場合はなおさらで、ワンカットだけで撮って安心しない方がいい。数カット撮っておいたほうが安全だ。
 いやむしろ、正確で確実なピントで撮るなら、AFはやめてMFにしてじっくりと落ち着いてフォーカスしたほうがいいかも。




 50mmや35mm画角のF1.8やF1.4のレンズとは、ピントのシビアさはだいぶ違う。もしAFで撮影するなら、使用するカメラのAF性能の良し悪しに結果が大きく左右される。ヘボな位相差AFにはとくに注意。だから、多少めんどうでもライブビューモードに切り替えて像面AFで撮影することをすすめたい。
 くどいようだが、80~160mmクラスでF1.8~F2の絞りを選んだときは、「心して」撮影をすること。老婆心ではありますが……。

 ぶらさないように撮影することも大切。
 F1.8の大口径だから、高速シャッタースピードで撮影できるじゃないか。ぶれる心配はない。なんて、甘い考えをしてはいけない。このズーム、かなりのフロントヘビーなのでホールディングバランスは決して良くはない。だから、ぶれやすい。

 この50~100mmには手ぶれ補正の機能が備わっていないから、理想を言えばボディ内手ぶれ補正を内蔵したカメラと組み合わせるのがいいのろうが、対応マウントはシグマ、ニコン、キヤノンしかない。いずれのメーカーのカメラも手ぶれ補正を内蔵していない。

 大変に優れた解像描写力を持ったレンズだからこそ、ほんのわずかなピンぼけやぶれでも、やたら目立ってしまう。
 三脚を使って撮影するという方法もあるが ━━ ただし、ヤワな三脚だったり、三脚の使用方法が間違っていたりすると逆効果だけど ━━ しかし、重いレンズだとはいえ手持ち撮影ができない重さでもないし、レンズのサイズも充分に手持ちできる大きさだ。
 いささか否定的な話ばかりになったけど、じょうずに使えば素晴らしい性能を発揮するレンズであることは間違いない。

 それにしても最近のシグマは、やたら、使いこなしの難しいカメラやレンズをへっちゃらな顔をして次々と出してくるよなあ、いやほんと。