スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロマンチックなカメラメーカーですね

SIGMA・sd Quattro+8~16mmF4.5~5.6 DC HSM

 sd QuattroはイメージセンサーにFoveonセンサーを使ったデジタルカメラである。ここがsd Quattroの最大の特徴。Foveonセンサーは、通常一般のデジタルカメラが使っているイメージセンサーとはまったく違った「構造」になっていて、そのために高解像力、ハイコントラスト、深くて豊かな諧調描写と色調の画像が撮れる。

 ただし欠点はある。たとえば高感度が苦手、動画が(いまのところ)撮れない、バッテリーを大食いする、動作が遅いなどなど。しかし、それらをちょいと我慢しつつ、工夫して使いこなせば、他のデジタルカメラとは「一線を画す」別次元の写真画像が得られる。

 Foveonセンサーは ━━ 正しくは「Foveon X3 ダイレクトイメージセンサー(CMOS)」なのだそうだ ━━ 三世代に渡って進化している。
 第一世代は無印センサー、第二世代がMerrillセンサー、そして第三世代がQuattroセンサーである。それぞれのセンサーの画素数については話がややこしくなるので省略するが、世代交代するたびに解像力も高感度画質も(当たり前だが)良くなっている。ただし画質と色調は(ぼくの場合だけど)Merrillセンサーの画像がいちばんいい。しかし解像力はQuattroセンサー、安定性もかなり向上した。




 というわけでsd Quattroに使っているセンサーは、名前の通り第三世代のQuattroセンサーである。APS-Cサイズ判だ。

 sd Quattroが発表になったとき、同時にAPS-Hサイズ判の「sd Quattro H」というカメラの開発発表された。APS-C判が23.4×15.5mmに対して、APS-H判は26.7×17.9mmと"ひとまわり"大きい。むろん画素数も多い。
 sd Quattro Hはきっと今年じゅうには発売されるとぼくは思うが、先日、ひょんなことから福島県にあるシグマ会津工場内を見学させてもらったのだけど、そのsd Quattro Hの試作品ぐらいは見せてもらえると期待していたが、めちゃくちゃシグマのガードが堅くてシルエットも見ることができなかった。でも、久しぶりのシグマ会津工場は愉しかったなあ。

 ところで、あらためて言うまでもないことだが、シグマは歴とした「カメラメーカー」である。交換レンズ専門メーカーだと思っている人がいるようだが、それは間違い。確かに事業規模としては交換レンズのほうが圧倒的だが、でもシグマはフィルムカメラの時代からカメラを作り続けてきているのだ。

 数年前に亡くなったが、創業者の山木道広さん(現社長の山木和人さんのお父様)が「総合カメラメーカー」にこだわり続けていた。キヤノン、ニコンなどのカメラメーカーに「肩を並べる」ようなメーカーにしたいと夢(ロマン)を持っておられていて、他社互換の交換レンズを作るとともに自社マウントのフィルムカメラもレンズも長年、作り続けてきた。
 2000年頃、アメリカのイメージセンサーのベンチャー企業であったFoveon社が設計したイメージセンサーを見て、即断、それを使った初めてのカメラをシグマが作った。2002年発売のSD9がそれ。

 その後、Foveon社そのものをシグマが買い取って、イメージセンサーも自前で調達できる本格的デジタルカメラメーカーとなった。Foveonとの連携はハイリスキーで冒険いっぱいで、だけどロマンのある決断だったと思う。

 先代の山木道広さんは頑固で難しく怖い人だったが(長いつきあいの中で笑った顔をぼくは一度も見た記憶がない)、しかし内に秘めたロマンチストだったように思う。
 その先代山木さんの「夢」を現社長の山木さんはとうぜんのように受け継いで、交換レンズで得た儲けをカメラ開発につぎ込み(というと語弊があるが)シグマを、キヤノンやニコンと肩を並べるというよりは、ひと味違った「個性的なカメラメーカー」として発展させていこうとしている。

 シグマは社員が1600人近くいる(本社と会津工場をあわせると)大きな企業だからロマンや夢だけでやっていけるわけはないのだが、しかしシグマが作る製品、交換レンズやデジタルカメラを使っていると、「ロマンチックなメーカーだよなあ…」と、ぼくはいつもそんなふうに感じる。
 シグマは不思議な魅力をもったカメラメーカーだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。