イケイケどんどん高画素化

キヤノン・PowerShot G7
 G7はいわゆるコンパクトデジタルカメラながら1000万画素です。画質は良い。300万画素を越えると画質は悪くなるばかりだと数年前から言われ続けてきましたが ―― ぼくはとてもそうは思えませんでしたけれど ―― さてこのG7の素晴らしい写り具合を見て、それでもまだ、300万画素のほうがイイのだ、とガンコに言い張るのでありましょうか。なぜ、ものごとをソンなにも“後ろ向き”に考えようとするんだろうか。実際に、高画素化するたびにカメラそのものもぐんぐんと良くなってきているではありませんか。
 じつは、今年中には(たぶん)1/1.8型サイズのCCDで1200万画素以上のカメラが続々と出てくるいわれてます。CCDのロードマップではそうなってます。でも残念ながら(いまぼくが聞いている情報では)高画素になったからできる“画期的な機能”はまだもう少し待たなければならないようです。むろん、用途によっては300万画素の画像でも充分であることは百も承知千も合点でありますし、500万画素のカメラがあったり800万画素があったりしてもよろしいのだが、そうゆーハナシではなくて、ぼくは、もっともっと究極的に高画素になればいいのだよ、と思っております。

 ところで、コンパクトカメラが高画素化していく中で、「サービスサイズ程度のプリントしかしもしないのに800万画素や1000万画素なんぞ必要なぞない、初心者は300万画素あれば充分だ」と、よく聞かされました。いやあ、これを聞くたびに笑ってしまいましたね。そんなことをアンタから言われる筋合いなどありませんよ、と。


 だいたいですよ、プリントサイズと画素数とをどうしてそんなにムリに関係づけようとするんでしょうか。これがぼくは以前から不思議でなりませんでした。A4サイズのプリントなら300万画素(でしたっけ)、A3サイズなら600万画素(でしたか、興味ないからよく知らん)、なんてことを聞いたり読んだりするたびに、おいおい、300万画素の画像をA3サイズやA2サイズにプリントしちゃあイカンのか、と。プリントの品質が悪くなったって、それがどーしたんだ、と。
 300万画素の画像をA2サイズやそれ以上のサイズにプリントしたら、とたんに「写真」じゃあなくなるのでしょうか。そんなムチャなハナシはありませんよね。フィルムでは小さなネガサイズから全倍やそれ以上のサイズに引き伸ばしをして、ごくごくふつーに写真として鑑賞してましたよ。ぼくなぞ、35mmサイズのフィルムから畳1枚ぶん以上の大きさにプリントして、それで写真展をやったこともあります。たしかに、フィルムの粒子はモロに見えましたが、写真は大きく拡大してプリントすればそーなるもんだと思ってましたからへーきでしたよ。逆に言えば、1000万画素の画像をちっちゃなサービスサイズにプリントしようがイイじゃないかということです。そうしちゃあイカン、というようなナニかキマリでもあるんでしょうか。つまりですねえ、以上のようなツマラン理由を付けてデジタルカメラが高画素化することにブレーキなんぞかけるなよ、と言いたいわけです。デジタル写真はプリントして鑑賞しなければならんというキマリもありません。自由自在に好き勝手に写真を楽しめばよろしいじゃないですか。

 デジタル技術の将来性とデジタル写真の発展性にもっともっと期待をしてはどうなんでしょか。もし万が一、だめだったら(そうは思わんけれど)元に戻ればいいだけのハナシ。とにかく“その先”に行って見てみないことにはわからんじゃないですか。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL